劇場版 侍戦隊シンケンジャー&仮面ライダーディケイド

August 22 [Sat], 2009, 1:16
今日、観てきましたなかなか面白かったです。
『ディケイド』は、とにかくド派手な映像・演出のオンパレードでした
ここか、祭りの場所は・・・。

以下、ネタバレを含めた感想です。
『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦』
クサレ外道衆との天下分け目の戦を描いたストーリー。
クサレ外道衆というネーミングがいいね。
しかし、天下分け目の戦と掲げつつ、上映時間は凄まじく短かった
劇場版の戦隊は、ライダーの前座みたいなポジションとはいえ。
お蔭で、状況説明のため、ナレーション大活躍でした。
そうか、格さん大集合だったのね。
伊吹吾郎が格さんを演じたときに、助さんを演じたあおい輝彦も、
いつかゲスト出演しそうだ。ラスボスかもしれない。


『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』
脚本:米村正二 監督:金田治

ポエマー米村正二脚本だけあって、
頭では納得いかないシーンもあったが、視覚が満足できる映画だった
かつて好きだったライダーの勇姿をまた観ることができる・・・
『ディケイド』の魅力はそこにあるので、これでいいのだと思う。
登場キャラが多すぎて、それぞれの見せ場が散漫しちゃったのは残念なところ。
来年6月に発売されるであろうディレクターズカット版が早く観たいねえ

・ファイトクラブ
ディケイドvsアマゾン、ディケイドvsRX、クウガvsX、
龍騎vsゼクロス、ブレイドvsストロンガー、イクサvsスカイ、
ディケイド&クウガ&ディエンドvsV3&スーパー1&BLACK
の対戦が実現。
特に、ディケイドvsRXは圧巻だった
ロボライダー→バイオライダーと姿を変えるRXに対して、
ディケイドはカブトのクロックアップ→ファイズのクリムゾンスマッシュで粉砕。見応えあった。
たった1人で3人ライダーを始末するわ、ディケイドは強すぎるなあ。さすが世界の破壊者。
勝手に参加しといて、不利になるとインビジブルしちゃうディエンド・・・軟弱な現代っ子?

・本当に世界の破壊者だったディケイド=門矢士
記憶を失っていた士・・・その正体は、世界の破壊者にして大ショッカーの大首領
世界中のライダーを抹殺しようとしたのは、妹・小夜の世界を守るため。
これまでも、『龍騎』の神崎士郎・『カブト』の天道総司シスコンな兄貴が出てきたが、
士もまた、平成ライダーの伝統を受け継いだキャラだったわけだ。

・士の妹・門矢小夜(大神官ビシュム)
別の世界を見る能力を持つひきこもり少女
士は小夜を守るために旅立ったのだが、次第に自由に外出する士に憎悪を抱いてしまう。
両親の死後、洋館に住んでることといい、『龍騎』の神崎優衣を思い出した。
演じる荒井萌ちゃんが可愛かったなあしかし、1995年生まれって・・・。

ふと、思った。
本当の主人公は、門矢小夜だったのではなかろうか。
ひきこもりの少女が外に出る勇気を持てるようになったというお話だったわけだ。
この劇場版観終わった後、思い浮かべたのは、『新世紀エヴァンゲリオン』の最終回
使徒と戦うエヴァのパイロットであるというのが、全部、碇シンジの想像の産物で、
現実逃避していたシンジが自分自身を取り戻すという結末。おめでとう。
小夜には、別世界を観る能力があったし、
士やディケイド・仮面ライダー・大ショッカーなどは、全部小夜の妄想だったんじゃないかね。
この劇場版に、門矢小夜以外の登場人物はいなかった・・・とか。
まあ、それこそ、僕の想像ですけどね。

・すべての黒幕・月影ノブヒコ(シャドームーン)
門矢兄妹にうやうやしく仕えながら、胡散臭さプンプンだった闇執事
シャドームーンはディケイド&クウガの最強タッグを一蹴
・・・したまでは良かったが、
番宣のために現れた仮面ライダーWに、壁に生き埋めにされた上、
オールライダーのキックを一身に受けて、フルボッコ。むごい

・光栄次郎・・・その正体は死神博士(?)
この劇場版最大の見せ場は、ディケイドvsRXガクト登場
そして、栄次郎が正体を明かしたシーンだったと思う。
怪優石橋蓮司が演じてるだけあって、迫力のあるシーンだった
番宣もあるからしょうがないが、ここはネタバレを知らない状態で観たかったなあ。
しかし、栄次郎の正体が死神博士だったというのは衝撃だったが、
その設定に意味はあまりなかったね。ディケイドは何の葛藤もないまま、倒してたし。

・地獄大使
大ショッカーなので大万歳!
石橋蓮司大杉漣という渋めの重鎮が
こんなコスチュームの大幹部をノリノリで演じてくれたのが嬉しい。
パンフレットで、死神博士を演じることになって嬉しそうな石橋蓮司と対照的に、
仮面ライダーをよく知らない大杉漣の「地獄の大使って何?」というコメントに笑った。
しかし、死神博士も地獄大使も、月影が新首領になったのは納得してたのかね?

・ジャーク将軍
手下を引き連れ、大ショッカーを追われた士を追撃した大幹部。
しかし、その士こそ、もともとは大首領なので、無謀といえば無謀な話だ
加藤精三の声量が健在だったのが嬉しかった

・士の前に立ちふさがった小野寺ユウスケ(クウガ)
大神官ビシュムの呪いで、クウガライジングアルティメットに変貌、
ディケイドに立ちふさがったユウスケ
ユウスケ相手に士は戦うことができない。
僕は、『ディケイド』での二号ライダーは、ディエンドではなく、クウガだと思うのよ。
クウガがいつかディケイドの前に立ちふさがるときがくればいいなあと思ってた。
そばにいるのが当たり前な状態だったために、価値に気づいてなかったが、
敵に廻ることでやっと存在感に気づく・・・みたいな。
小夜の改心で、あっという間にユウスケが意識を取り戻してしまい、
士の焦燥・危機感がいまいち伝わらなかったのが残念。
TV本編最終章で、ディケイドvsクウガライジングアルティメットはあるのか?
夏みかんの予知夢だと、両者は戦うみたいですが。
ライジングアルティメットはケバケバしくて、大阪のおばちゃんみたいだった。

・キングダーク
シャドームーンがオールライダーにフルボッコされて退場、
これでバトルも終わったかと思ったら、姿を見せた最後の大幹部。
戦隊シリーズで、敵キャラがバトルに破れて巨大化すると、
無駄なあがきと思ってしまうのだが、そんな感じ。もうおなかいっぱいです。
対するは、仮面ライダーJ・・・巨大化するライダーがいたとは知らなんだ。

・アポロガイスト
劇場版には登場しなかった大幹部。迷惑な存在。
あえて言おう・・・大首領の顔も知らないいたみんは、きっと下っ端だ。

・はぐれライダー?王蛇&キックホッパー
大ショッカーと戦おうとする海東が共闘を求めたはぐれライダーたち。
王蛇&キックホッパーは、『劇場版電王』の牙王のように、
山賊みたいな生活を送ってたのだろうか。
だが、大ショッカーの方に魅力を感じたらしく、誘いを断ったため、
ディエンドが召喚したガイ・ライア・パンチホッパーと戦うことに。
王蛇に恨みを持つガイ・ライアはともかく、地獄兄弟同士が戦ってしまうとは。
王蛇は超電王・響鬼の世界に続き、三回目の登場だが、どうも扱いがいまいちだなあ
シャドームーンとの最凶最悪ライダー対決をやってほしかった。
TV本編最終章で巻き返しはあるのか?

・ガクトの世界からこんにちは・結城丈二(ライダーマン)
大ショッカー大首領だった士に右腕を切断され、復讐を誓った結城丈二
しかし、大ショッカーを追われ絶望している士に、ライダーとして生きろと言葉をかける。
ガクトの存在感が凄まじい。切り替えの速さも凄まじい。
アマゾンの世界をわざわざやるんだったら、ライダーマンの世界をやってほしかったなあ
ガクトが主題歌を引き受けてくれたのも、『ディケイド』の成功の一因だろうね。

・番宣のために登場・仮面ライダーW
ディケイド&クウガをシャドームーンが追いつめる・・・
という緊迫した場面にいきなり現れ、
シャドームーンを瞬殺してしまった通りすがりの仮面ライダー覚えておけ
登場のタイミングが悪すぎる
オールライダーがキックする直前にひょっこり現れる程度にしとけばよかったのに。
緑の右半身と黒の左半身・・・理科室の人体模型みたいで、なんか気持ち悪かった。

・頭のおかしい人ではなかった鳴滝さん
ディケイドは世界の破壊者にして大ショッカーの大首領だった・・・
うーむ、鳴滝さんが言ってたとおりだったんだなあ。
しかし、鳴滝さんの正体やディケイドを憎む理由もまだ不明なままだ。
しかも、レギュラーなのに、パンフレットに奥田達士のインタビューもない。ディケイドのせいだ!

・劇場版とTV本編の繋がり・・・
これまで『アギト』から『キバ』まで劇場版を観てきたけど、
『劇場版電王・俺、誕生』を除くと、実はどれもパラレルワールドなのよね
登場人物のキャラやストーリーのテーマなどは変わらないけど、
TV本編と完全には繋がらないストーリー。
たぶん、この『劇場版ディケイド』もパラレルワールドだろう。
『ディケイド』という作品自体が、仮面ライダー史でパラレルな存在になりそうな気もする。
士は、TV本編でも、大ショッカーの大首領なのだろう。
妹を守るために旅に出たというのは、裏話みたいなもので、TV本編には出てこない・・・。
もしくは、別の設定が用意されるか?
大ショッカーとの戦いは、劇場版と違う展開で締めるだろう。そして、また旅を続ける。
どういう決着をつけるつもりなのか、見届けようではないか。大ショッカー、大万歳
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/2142
Trackback
Trackback URL:

 さて,前編に続きまして,ここからは本題,「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」の感想に行きたいと思います。一部ネタバレがありますので御注意ください。
よろずな独り言  August 23 [Sun], 2009, 9:27
シンケンジャー目当てだったはずが、こちらの方が妙に燃えた(笑えた?)というのはナイショwただやはり、わかっちゃいたけどポカーン(ΟдΟ)アレハダレ、ソレハナニ。1号2号(ドッチガドッチ?)・V3とディケイド・ディエンドしかわからなかった私です。あ、アマゾン...
あくびサンの、今日も本を読もう♪  August 22 [Sat], 2009, 17:44
初日2回目の上映で無事鑑賞、パンフもGetしました♪しかもDVD付きwそれにしてもすごい人出だったぁ!!前売りのある人と無い人でそれぞれ、入り口が見えない程の列がズラーッと出来てるんだもの。さて、感想。ネタバレどっさりだと思うので、知りたくない方はご注意くだ...
あくびサンの、今日も本を読もう♪  August 22 [Sat], 2009, 17:42
 侍戦隊シンケンジャー銀幕版天下分け目の戦 観てきました いきなりシンケンジャーのピンチで始まって劇場内、シーン・・・ 始めから時間が足りないを実感でもメインのお客様の年代を考えるとやむを得ない・・ですね。 馬上のシンケンジャーかな...
やっほっほ?  August 22 [Sat], 2009, 11:52
劇場版 仮面ライダーディケイドオールライダーVS大ショッカー  観てきました なかなかのびっくり箱でした。 序盤に展開される仮面ライダーバトル懐かしいライダーが出るたび、声を潜めて大喜びのわたし声を上げてライダーの名前を叫ぶこどもワクワクで...
やっほっほ?  August 22 [Sat], 2009, 11:50
観てきました。
<新宿バルト9>

劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー
監督: 金田治
原作: 石ノ森章太郎
脚本: 米村正二

ディケイドの集大成を楽しみましたよ。

・モモタロス(電王)はかなり優遇されてる。
・イクサと王蛇とキックホッパーも大分イイ扱いになってる。
・大神官は三人出てきて欲しかった。
・最後に出てきたWに文句を言ってる人は「マジンガーZ対暗黒大将軍」を観たことがないのだろう。
・クウガが赤い目に戻ったときはホッとした。
・余計なことは何も言わずにディケイドに向かってうなずく1号2号の貫禄。
・何だかんだ言っても、オールライダーのオールライダーキックには奮えた。
・烏賊でビールは流石にナシの方向で。
・鳴滝・・・。{/face_z/}

お祭りだからこれでイーのだ!

侍戦隊シンケンジャー銀幕版 天下分け目の戦
監督:中澤祥次郎
脚本:小林靖子

3Dを観ました。
目がチカチカした。
神社のシーンがクライマックスで後は3D用の付け足し戦闘。例年で一番内容薄し。

【萌えポイント】
※戦闘員ロケット爆弾。
シュールすぎる。

85点。(ファン補正あり)

公式サイト
お萌えば遠くに来たもんだ!  August 22 [Sat], 2009, 6:53
侍戦隊シンケンジャー銀幕版天下分け目の戦と劇場版仮面ライダーディケイドオールライダー対大ショッカーを見てきました。梅田ブルク7で舞台挨拶の回を見てきましたよ。京都も舞台挨拶あるけど、ディケイドだけだしね、シンケンジャーが見たかったので大阪まで遠出です。...
MAGI☆の日記  August 22 [Sat], 2009, 5:37
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2009年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE