天地人第31話(8.2)

August 04 [Tue], 2009, 1:05
嫡子鶴松を失った豊臣秀吉@笹野高史朝鮮出兵を決定、
上杉景勝@北村一輝と直江兼続@妻夫木聡が無益な戦に虚しさを感じるという話。
淀殿@深田恭子のご機嫌を伺うために、花を用意するというのが、
「空しいのう。これではおなごの花戦と変わらぬ。
珍しい花を集めては、優劣を競うという。
勝ったとて、如何ほどのこともない。
もっとも、この戦は遥かにタチが悪いがのう・・・。」

景勝が朝鮮出兵を嘆息するための前フリだったのに、ちょっと感心した
花戦のシーン、ホントどーでもよかったもんなあ。
あれと変わらぬと評されれば、出兵の無益さが伝わるよ。
とはいうものの、花戦のシーンは短めにしてほしかったよ。
直江家の家族団らんは要らないし。
そんなシーン描くなら、豊臣秀次を出せよ。言っても無駄だろうけどさ

鶴松の死にショックを受ける秀吉、
笹野高史は、老権力者秀吉のイメージにピッタリだなあ
そして、渡海する兼続に「義や愛は通用せぬ」と揶揄する徳川家康@松方弘樹
この大河の兼続は好きになれないから、もっと言ってやれと思ってしまう。
本物の家康はこんなこと言わんだろうけど。
で、深田恭子の淀殿、やはりキツいわ
深田恭子が淀殿を演じているというより、
淀殿を深田恭子のイメージにしちゃったという感じだもんなあ。
鶴松が死ぬと、女御たちの心が淀殿から離れたという描き方は新鮮に感じたけど。
この大河の女性キャラはどれも好きになれない。
演じてる女優さんすら嫌いになってしまいそうだ

秀吉の弟豊臣秀長が病死したのが天正19年(1591年)1月22日
鶴松が病死したのが天正19年(1591年)8月5日
鶴松の死で、もう子供はできないと覚悟したのか、
秀吉が甥豊臣秀次に関白を譲ったのが天正19年(1591年)12月28日
天正19年は豊臣政権衰退の兆しを見せ始めた年ですなあ
鶴松の死の悲しみから決定したみたいな朝鮮出兵でしたが、
天正15年(1587年)の九州平定の頃には、秀吉は決定していたらしい。
朝鮮出兵とよく言うけど、
実際は、明国や南蛮国の制圧が目的で、朝鮮出兵は前哨戦に過ぎなかった。
文禄元年(1592年)に始まった文禄の役
渡海した日本軍は諸城を攻略し、朝鮮の首都漢城をも占領。
天下統一したばかりで、厭戦気分な大名もいたかもしれないけど、
領土を広げるチャンスと考える大名も多かったと思う。まだこの頃は。
鶴松病死に朝鮮出兵、そして、これから起こる悲劇、
豊臣家滅亡のカウントダウンが始まったという感じです

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話

★8月3日(月)の日記★
押尾学、麻薬取締法違反の容疑で逮捕。
しかも、クスリのせいで、女性が死亡してしまっているらしい。
矢田亜希子も気の毒に。こんな男と結婚しちゃうから
これで『やまとなでしこ』は当分再放送できないだろうなあ
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/2113
Trackback
Trackback URL:
好みの分かれる回でしたね。全体の7割くらいは女性の場面だったでしょうか(笑)おっと、感想の前にひとつお知らせがあります。昨日も書きましたが、PCが壊れました。PC以外からも此処の更新は出来るのですが、以前よりも不便になってしまうのは否めません。従って、ボリ...
山南飛龍の徒然日記  August 04 [Tue], 2009, 20:13
大河ドラマ『天地人』第31回:愛の花戦

【 何が描かれていたの? 】

 「女たちの上洛」に続いて、今回は「愛の花戦」

 ”朝鮮出兵”の背景・目的などを直接的に描かず、景勝(北村一輝)が番組終盤に語っていた、「”朝鮮出兵”は、まるで”女の花戦”のように虚しい」というオチで集約されてしまい、なにか焦点が定まらないエピソード・・・。

 嫡男・鶴松を亡くした秀吉(笹野高史)の心模様が主題でもないし(鶴松死亡は意外とさらりと済ませちゃった)、”朝鮮出兵”と秀吉の統治システム、そして家康を初めとする諸大名の心の内が描かれたわけでもないし・・・。(福島正則、伊達政宗、加藤清正らが朝鮮に渡ったくだりは恐ろしく簡略な取り扱い!!)

 兼続(妻夫木聡)が三成(小栗旬)を訪ねて”朝鮮出兵反対”を表明する場面も今ひとつ半端な感じで、主役の兼続が中心に動く展開でもなく、なんか全体として掴み所が無いのです。

【 愛の花戦 】

 淀(深田恭子)の思いつきで、越後からヒメサユリをいっぱい集めて部屋をヒメサユリで埋めた場面。
 なんとなく、志村けんのバカ殿が現れそうな感じさえ・・・。
 享楽とデカダンスの香りが...
★菊姫役の比嘉愛未さんの演技が良かった。
 京で景勝(北村一輝)に再会。
 その抑えたうれしそうな顔ですべてが伝わった。
 他のシーンは退屈だったが、このシーンは引き込まれた。

 それにしても菊姫はどうして北政所(富司純子)に反発したんだろう?
 同じ子のない正室として共感しうる部分はあるはず。
 北政所は「自分に出来ないことは他に任せればいい」と覚ってしまったが、菊姫はまだ若く、その心境に達していなかったということか?
 子がなくても北政所の地位は豊臣家で揺るぎない地位にあることへの反発か?
 あなたはそう言うけど豊臣家で尊敬されている、でも私は上杉家で肩身が狭いのよ、みたいな。
 この菊姫の心情は面白い。
 でも、こうした複雑な心情を視聴者にあれこれ考えさせなければ伝わらないのはイマイチ。
 何も考えずに見ていると、菊姫がわがまま、ヒステリーを起こしているようにも見える。
 
★兼続(妻夫木聡)は相変わらずですね。
 昨年の篤姫と比べてみると一目瞭然。
 篤姫は疑問に思っていること、間違っていると思うことは、たとえ上の地位の人間、たとえば主君・島津斉彬であってもしっかり言った。
 篤姫が言った...
平成エンタメ研究所  August 04 [Tue], 2009, 10:07
百合と云えば…北政所と淀殿の黒百合事件を思い出し
ましたが姫百合もそうだったとは{/cat_5/}
もしかして?黒百合事件をモチーフにしたのでしょう
か??
花が黒百合→姫百合
花探しを命じられたのが前田家→上杉家に変えただけ
かも{/kuri_5/}

それにしても
子の無い北政所に同情された菊姫の反発は腑に落ちま
せん{/cat_7/}
時の権力者の正室に対する態度ではありませんよね。
ドラマでは北政所派と淀殿派による女の戦争(花戦)を
描きたかったのでしょうが、子がいようがいまいが正
室は正室なのです{/hamster_2/}
側室同士の争いではありません{/v/}
ましてや子供を亡くした淀殿に同情の言葉をかけ慰め
るとは{/face_fight/}
言われるのは嫌だが言うのは構わないと言う事なので
しょうか??
全く我儘な女性ですね{/kirakira/}
もちろん、実際にはそのような事があったとは考えら
れませんが、現代に置き換えて嫁姑の争いに周りが巻
き込まれている様をダブらせて描きたかったのでしょ
うか??

秀吉の唐入り、秀吉の天下を盤石にする為だと三成は
言っていましたが、果たしてそれだけなのでしょうか{/eq_1/}

この頃になると兵農分離もかなり進んでいたと思われ
ま...
函館 Glass Life  August 04 [Tue], 2009, 9:56
普通に見ると この「天地人」はそれなりに面白いようなんですが
NHK大河ドラマとしてみると
かなり物足りなく
ice-coffee  August 04 [Tue], 2009, 8:41
九戸政実の乱を扱うことはないと思っていたが、この戦での豊臣方の総大将として赴いたのが、秀次である。秀次ののちの人生、実に悲劇的な最期というものであり、逆に秀吉の梅毒を裏付けるものにもなるという話は、さもありなんということか。そうそう、朝鮮出兵…俗に言う...
政の狼 ?TheWolfwantshisownDandism.?  August 04 [Tue], 2009, 7:36
菊姫とお船は上洛へ----------!!京の女たちはやはり戦いですなぁ。こういうシーンを見ると、昨年の「篤姫」を思い出す華やかさでしたね。まぁやってることは黒いんですけど(^^;)でも菊姫は寂しさを紛らわすのが大変なよう。北政所が何かと気を使ってはくれるものの...
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆  August 04 [Tue], 2009, 5:56
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2009年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE