天地人第25話(6.21)

June 23 [Tue], 2009, 0:10
上洛した上杉景勝@北村一輝は対人恐怖症でダウン
直江兼続@妻夫木聡が見事代理を務め
感心した羽柴秀吉@笹野高史がヘッドハンティングしてきた・・・というお話。
次回に引っ張るようなストーリーとは思えなかったなあ。

景勝の陪臣である兼続を直属の家臣にしたいと考える秀吉。
織田信雄の重臣、そして、徳川家康@松方弘樹の重臣石川数正
引き抜きをかけたときと同じく、
上杉を弱体化させるための陰謀のように描かれてたけど、それは違うんじゃないかね。
信雄や家康のときは、ほぼ戦時中みたいなものだったしね。
兼続の場合は、純粋に才能を認めたのでしょう。
この大河の兼続に、そんな魅力を感じられないのが難点ですが
「天下を取るには、大気・勇気・知恵の三つが必要。
三つを兼ね備えた者は見当たらないが、
直江兼続・小早川隆景・鍋島直茂は二つを兼ね備えている。
上杉の直江兼続は、大気と勇気があるが、知恵はない。
毛利の小早川隆景は大気と知恵があるが、勇気はない。
竜造寺の鍋島直茂は、勇気と知恵があるが、大気はない。」

と秀吉は評してます。
小早川隆景毛利輝元の叔父で補佐役、後に大老となった人物。
鍋島直茂は肥前の大名竜造寺氏の補佐役、後に主家を乗っ取った人物。
そうかあ、兼続は知恵がないのか

上杉家に人質に出されていた真田幸村@城田優は、今度は秀吉の人質に。
徳川家康を敵に廻したことから、
景勝に臣従、次男幸村を人質に出すことで、
上杉の後ろ盾を背景に、徳川軍を破ることができた真田昌幸@岩松了
でも、ちゃっかり幸村を呼び戻し、秀吉に人質に差し出すことで、秀吉に鞍替え。
景勝&兼続は体よく利用された感じです。
そんな真田を「表裏定かならぬ」と秀吉が信用してない様子が描かれたのはよかった
相変わらず、くのいちは要らないですけどね
遠江にあるはずの浜松城が駿河 浜松城って、紹介されちゃうし。
次回のタイトルは『関白を叱る』、またろくでもないストーリーになりそうだ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/2035
Trackback
Trackback URL:
四国決戦の趨勢は完全に決し、この頃は長曾我部氏も秀吉の軍門に降った。四国全土平定を果たした広大な統治下の土地から、祖先に由来する土佐(今の高知県全域)一国のみ領有を赦されただけだった。氏政公にとっては想定内だろう…関東全土の平定を宿願としており、かつ荒れ...
政の狼 ?TheWolfwantshisownDandism.?  June 24 [Wed], 2009, 22:27
 書くのはやめて、見るだけにしようと思っていたのですが、見るのもやめるかもしれません。

★第23回
 好評だった兼続の幼少時の与六が、再び登場。
 「再登場を」の声にこたえて、新たに収録したと、NHKの午後の情報番組で大々的に宣伝していました。節操がないというか、あざといと言うか……

 今回、いよいよ「愛」の文字を前面に押し出したのですが、主の景勝が「義」を掲げたのと、同じタイミングで家老が自分の文字を掲げていいのでしょうか?当時は、こういうことは通例だったのでしょうか?
 さらに、兜まで「愛」を。実在しているのだから、仕方がないのですが、完全に主より目立っています。

 周囲はその姿を、持ち上げ讃えていましたが、この反応も不思議です。
 あの兜を作って、それを着用した兼続の勇気に拍手です。

★第24回
 お涼、登場。
 出しゃばりで、したり顔、初音を思い出してしまいました。しかも、兼続に惚れたと。えっ、そんなに簡単に惚れるの?
 初音はくのいちでしたが、お涼は千利休の娘で、茶道はもちろん、柔道(柔術)にも長けていました。柔道一直線の桜木健一と互角の腕です。


 名刀より、お涼がでしゃばった...
英の放電日記  June 24 [Wed], 2009, 9:01
すっかり景勝の代わりに上杉家を代表する様になった兼続、
何事も過ぎたるは及ばざるが如しですね{/kuri_5/}
いっその事景勝の代わりに上杉家を継いだ方がまどろっこ
しくないのかも知れません。
このままいけば主従に亀裂が入る恐れがあります{/heartbreake/}

人を笑わせながら心の底では人を笑っている秀吉に蹂躙さ
れなければよいのですが{/hiyo_please/}
それにしても登校拒否状態の景勝、この描かれ方はありま
せんよね{/cat_7/}
主役の兼続を引き立たせる為とはいえ、いやしくも豊臣政
権の五大老にまでなった人物なのです。
もう少し敬意を表しても良いのでは…

上杉に人質となっていた真田幸村がどうして大阪城にいる
のでしょうか{/cat_5/}
時間的に飛び過ぎですよね。
その幸村が兼続に秀吉の家来になれと言うくだり。
意味が全く分かりません{/kaeru_shock1/}
景勝の意思ならば別ですが、何故真田の為に秀吉の家来に
ならなければいけないのでしょうか???
いくら義に厚い兼続でも『ハイ分かりました』なんて言う
筈がないのです{/cat_7/}

確かに武田・徳川・北条・織田と渡り歩いた真田ですが豊
臣に臣従したのに北条に人質を出すなんて考えられません{/h...
函館 Glass Life  June 24 [Wed], 2009, 7:30
うちに来ないか?豊臣秀吉最強の武器。。誘い文句。。引き抜きで敵に打撃を与える。。秀吉の甘い誘い文句が兼続を襲う。。上方での苦悩に倒れる景勝。。名代に兼続が諸侯との対面に。。公家との歌会にまで。。さすがに器用な直江兼続。そつなくこなす。。前田利家も認める...
大河ドラマ『天地人』第25回:天下人の誘惑


 ストレスを感じるってのは、それだけ感受性が強いってことで、どろどろの大坂の水が合わない景勝(北村一輝)に共感しておりまする・・・。

【 愚直も極めれば・・・ 】

 千利休(神山繁)が、景勝(北村一輝)のもとに訪れる。
 利休は「器」に例えて、兼続(妻夫木聡)を手元に置こうとする秀吉(笹野高史)の企てを告げる。
 一通り利休の話を聞いた景勝は「所詮、器は器、人にあらず。お知らせいただきかたじけのう存ずる」と。
 利休は景勝の言動や佇まいに感心して「愚直も極めれば、何とも清々しい」と・・・。

 小生は古いタイプの人間(加齢により老朽化しつつある)なので”愚直”にかかる二人の会話に共鳴します。

 他にも、秀吉について兼続と語り合いながら景勝(北村一輝)が口にした「何があろうと、責めは儂が負うてやる」「まぁよい、秀吉には負けぬ」等のセリフがなかなかイイ。

 ”チャラ男”の一番反対側って感じの景勝はカッコイイです。

【 出たっ初音! 】

 初音(長澤まさみ)が北条から逃げてきた。
 幸村(城田優)の”解説”によると、初音は兼続の人柄に惚...
第25回「天下人の誘惑」 視聴率20.7%
またり、すばるくん。  June 23 [Tue], 2009, 16:09
 「天下人の誘惑」

 初音(長澤まさみ)を使うなど多少の強引さがあるが、一応合格点で65点ぐらいはつけられる。
 何より兼続(妻夫木聡)が葛藤し戦っていますからね。
 葛藤とは<秀吉に仕えるか否か>。戦いとは<秀吉との政治的戦い>。
 主人公が迷い、葛藤しているからまわりの人間も動き始めるんですね。
 初音は自分の存在が兼続を苦しめていることに悩み、幸村(城田優)も兼続の優しさにつけ込んでいることに悩む。
 親友・石田三成(小栗旬)はそんな兼続に手を貸し、主君・景勝(北村一輝)は兼続を思いやる。
 悩む主人公を中心にまわりが動き、物語が進行していく。
 プロの脚本家さんに釈迦に説法だろうが、これが物語の基本。
 ところがこれまでそれが出来ていない。
 例えば前回。兼続は何に悩み、何と戦ったか?
 都の政治に戸惑い、お涼(木村佳乃)に助けられただけだった。
 今回の最後に兼続は<自分が秀吉の前で無礼を働いたら自分の首を差し出してほしい>と景勝に言ったが、死で解決することの是非は別の問題として、これぞ主人公。
 まさに<命がけの戦い>をしている。お涼に助けられる様な<ぬるい戦い>をしていない。

 さ...
平成エンタメ研究所  June 23 [Tue], 2009, 10:54
秀吉の誘惑----------。無理がたたり、ついに倒れてしまった景勝。君主の名代で大名家めぐりをする兼続。そつなくその任務をこなす兼続を前田利家は気に入ったよう(^^)で、今回のアバンの話ですが、秀吉は甘い誘い文句で敵の重臣をしっかりスカウトして、その主従関係...
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆  June 23 [Tue], 2009, 10:35
天地人ですが、上杉景勝(北村一輝)の名代として活躍する直江兼続(妻夫木聡)の評判うなぎ上りです。豊臣秀吉(笹野高史)は兼続を自分の家臣として欲しがります。
徳川家康(松方弘樹)は石川数正を引き抜かれたことを思い出しますが、秀吉は道化を演じながら心底では他人を嘲笑って生きている末恐ろしい男です。(以下に続きます)
駿河・浜松城って何ですか???気になって物語に集中できなかったのですが(;^_^Aアセアセ・・・【今週の流れ】・景勝の名代として挨拶回りに出向いた兼続の評価が急上昇・兼続を自分の家臣にしようと秀吉が策略を練る・秀吉が人質にしている幸村を使って兼続を配下にしよ...
山南飛龍の徒然日記  June 23 [Tue], 2009, 1:07
かねたんのいちにち (ブレインナビブックス)おかの あき文苑堂このアイテムの詳細を見る
お久し振りの大河ドラマレビューでございます{/dogeza/}
最後に書いたのが第21話でしたから、丁度1ヶ月振りということになりますねぇ・・・その間何をやっていたかと申しますと?(長くなるので割愛させて頂きます)
ま、ザ・クイズショウも終わっちゃったし、少しずつ「ブルー・カフェ」も通常営業に持って行きたいかな?な?んちゃって☆(しかしそもそも通常営業って・・・?)
そんなワケで久し振りに「ゴタク」を並べてみたい→天地人第25話です。
お習字コーナー「うちに来ないか」・・・はっ{/m_0164/}(ねえ、いつも誰が考えんの?ねえ?)

【秀吉のお気に入り】
無愛想で社交性の欠片も無い表情の怖い、ラブのmy殿は、社交の場がお肌に合わないようで、ストレスでぶっ倒れてしまったんです・・・ね?(メニエール氏病か?)

殿の名代として、しゃしゃるラブちゃん。相変わらず意味も無く世間の評判は絶好調!!前田くんとサルが
「ラブちゃんって、何かいいよね?♪」と、密談まで仕出す有様です!?
そういやあ「ラブ」っていう「兜」はもう発注済で入手したんですか?
1ヶ...
ブルー・カフェ  June 23 [Tue], 2009, 1:03
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
TO:すばるさん
いやいや、僕が『知恵がないのか』と書いたのは、兼続(本物)でありまして、
妻夫木兼続は、今更・・・という感じであります(笑)

>御館の乱の時、武田と和平を結ぼうとしたのも、弟のつぶやきを実行しただけですし。
>本軍を率いて隙を見せておいて、すぐに戻る作戦も、まったく無意味でしたし。

ここら辺が史実と思われちゃうと、本物がお気の毒です。

光秀が謀反を起こさなければ、上杉家が滅亡した
というのは、本物にもあてはまると思いますが、
それに関しては、誰が家老でも、どうしようもなかったかも。

まあ、これほど、魅力や才能を感じさせない主人公も珍しいですね。
June 24 [Wed], 2009, 0:11
>そうかあ、兼続は知恵がないのか

ないでしょw
御館の乱の時、武田と和平を結ぼうとしたのも、弟のつぶやきを実行しただけですし。

本軍を率いて隙を見せておいて、すぐに戻る作戦も、まったく無意味でしたし。

明智光秀が謀反を起こさなければ、上杉家は滅亡してましたし。

あれだけ褒められたり、おだてられているほど、実力があるように見えませんからw
June 23 [Tue], 2009, 16:15
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2009年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE