天地人第24話(6.14)

June 15 [Mon], 2009, 23:03
上杉景勝@北村一輝直江兼続@妻夫木聡が上洛して、
羽柴秀吉@笹野高史に謁見したけど、
人付き合いの苦手な景勝が対人恐怖症でグロッキーしちゃった・・・というお話
「殿はよう辛抱されておる・・・」と兼続が言っていたけど、
辛抱したのは、視聴者の方だと思う・・・。今回もかなりひどい話だった
真田のくのいちがいなくなったと思ったら、利休の娘が出てきちゃったし・・・。

景勝がグロッキーになったのは、
次回、兼続が景勝の代理を見事果たすことで、
「その方、できる男だな。わしに仕えぬか?」と秀吉に言わせるためなんだろうね。
上杉景勝(本物)が気の毒だ
景勝(本物)は口下手ではなく、寡黙な武将だったのだと思う。
無駄話をしなかっただけ。口下手と寡黙はまったく違うべ。
この大河の景勝は魅力なさすぎだ。
北村一輝の雰囲気が景勝に合っているだけにもったいない。
天正14年(1586年)6月に上洛した景勝は、
6月12日に聚楽第で秀吉に謁見、13日に大坂城に招かれている。
秀吉自ら大坂城の天守や黄金で飾った屋敷を案内し、
夜の寝所まで同行したらしい。それだけ気に入られたのだろう。

で、まったく燃える要素はないけど、
景勝&兼続主従、今回、重要な人物たちと初顔合わせしてました。

まず、加賀で出迎えに現れたのは、
景勝と後に五大老仲間になる前田利家@宇津井健
「愛の字を戴く兜など見たこともなかったわ・・・」
利家の台詞にはニヤリとさせられた。
というのは、宇津井さんは、中井貴一主演の大河『武田信玄』
直江実綱(兼続の養父)を演じた際、愛の字を戴く兜をかぶっていたから。
宇津井さん、わかってて、この台詞言ったのかな。
秀吉死後、徳川家康と対立することになる前田利家と上杉景勝だが、
前田と上杉も決して仲は良くなかったようだ。
利家はかつて柴田勝家のもとで、上杉を攻め、魚津城を落城させたこともあったしね

大坂城での秀吉との会見シーン、
後の五奉行石田三成@小栗旬・浅野長政@中島久之のほかに、
OPのテロップだと、宇喜多秀家@須賀貴匡・加藤清正@高橋努
列席してたらしい。全然解らなかったが。
秀家は龍騎か。利休の娘なんかより、秀家との対面を描けばよかったのに。

「人付き合いが苦手でも、話し合いは大事よ」
保母さんのように、景勝を諭していた秀吉の正室北政所@富司純子
よく考えると、景勝&兼続と北政所って、あまり接点がなさそうだなあ。
この大河なので、無理矢理つけるのでしょうが。

で、福島正則@石原良純・・・
福島正則というと、『葵徳川三代』蟹江敬三が熱演したのが印象深い
わかってはいたんだよね、
兼続が主役である以上、
関ヶ原で東軍の主力となる福島正則が道化みたいに描かれることは。
しかし、石原良純ですか・・・泥酔して利休の娘に放り投げられますか
石田三成より福島正則が好きな僕としては、ただただ哀しいですな。
ちなみに、福島正則は石田三成より二歳年下だ。良純はありえん
池内博之あたりに演じてほしかった。

勢力を伸ばす秀吉に対抗して、
同盟を組む徳川家康@松方弘樹北条氏政@伊吹吾郎
家康は娘を氏政の息子北条氏直と政略結婚させている。
一方、家康をも上洛させたい秀吉は、妹朝日姫を離婚させ、
家康に政略結婚させている。しかし、家康は上洛しようとはしなかった。
腹の底の読めない家康と単細胞な氏政・・・キャラが判りやすい。
(実際の氏政はなかなかやり手だったようですが)
やはり、ベテランが出ると、安心して観ていられます。問題は、脚本と演出なんだよなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/2024
Trackback
Trackback URL:
「戸惑いの上洛」

 見ている方が戸惑ってしまう。
 うーむ、どうしてこうなってしまうんだろう?

 物語上、今回しなくてはならないのは上杉側が秀吉(笹野高史)に一矢報いること。
 <義>を見せること。
 前半はまだいい。
 名刀ではなく金の太刀袋を喜ぶ秀吉に対し不快に思う景勝(北村一輝)。
 これで景勝というキャラが立つ。
 お涼(木村佳乃)が「さすが上杉様」と言うのもいい。これでさらに景勝のキャラが立つ。
 しかし、その後は……ひたすら忍従。

 挽回のチャンスは福島正則(石原良純)の饗応の場面。
 ここで福島に一矢報いるのは景勝でなくてはならない。
 上杉の<義>を示して福島を屈服させなくてはならないのにそれをやったのはお涼。
 女性に救われる上杉って……???

 まあ百歩譲って景勝はこれでよしとしよう。
 脇役だし。
 本当は福島などは及ばぬ器の大きさを見せて欲しかったが……。
 ここで存在感を示さなくてはならないのは主人公の兼続(妻夫木聡)。
 その知略もしくは<雪解け水の様な人柄>で福島ら豊臣の人間に「さすが」と言わしめなくてはならないのにただヘラヘラしているだけ。
 <愛>の字の意味を聞か...
平成エンタメ研究所  June 20 [Sat], 2009, 7:08
景勝上洛は,天正14(1586)年6月になります。この時景勝は,甥に当たる畠山義真を嗣子扱いの養子としており,秀吉に対して人質として差し出したのですが,そのあたりは全く触れられず,贈り物に苦慮し諸大名への挨拶回りで倒れてしまう景勝で終わりました。
謹厳居士である石田三成が,気を利かせておねいさんを派遣(あり得ない・・・)。こんなにいろいろとおねいさんが出てきて良いのか・・・と,ついつい思ってしまいます。ま,木村佳乃嬢で人気をとるつもりでもないでしょうけど・・・。利休の娘,という設定でしたがこの時点で利休は60代半ばですから,妙齢の娘が居るというのはかなり無理があります。もしかすると,後の切腹の原因となった娘を差し出す云々・・・というエピソードに結びつけよう・・・というつもりなのでしょうか・・・。でもそれだったら,名前は吟だった筈だし,利休の娘はこの時点で皆嫁いでいたと思われます・・・。
福島正則は確かに荒大名だったのでしょう。しかし,今回の莫迦殿ぶりは極端すぎます。司馬遼太郎の短編に,福島正則を描いた「愛染明王」という作品がありますが,正則(この時点では左衛門大夫と呼ぶべきでしょう)が愛染明王を...
koshiのお部屋2  June 16 [Tue], 2009, 23:27
上杉の義を貫くと宣言して上洛した景勝でしたが、無口では
どうしようもありません{/cat_6/}
ストレスが溜まる一方です{/kuri_5/}

北政所には『黙っているのが得になる事もあるが、話をする
のも駆け引きの内』とまで言われてしまいましたね{/cat_7/}
魑魅魍魎が住む権謀術数の都では義は全く意味を成さないの
です{/kaeru_shock1/}
どうやら景勝は兼続が側にいなければたち行かない様ですね{/hiyo_please/}

景勝主従の世話役・お涼、そのお涼の助言で金の太刀袋に替
えたのは正解でしたが、謁見した秀吉は謙信所蔵の太刀より
も金の太刀袋にしか興味を示しません{/cat_7/}
秀吉らしいといえば秀吉らしいのですが…

そんな秀吉を見て『侍とは言えぬ』と幻滅する景勝{/cat_7/}
上杉にとって神とも言える謙信の刀に見向きもしないのです
から怒るのも当然ですよね。
成り上がり者の金好き、今の時代にも同じ様な事が…

しかし秀吉は単なる黄金好きなだけではありません{/fuki_suki/}{/fuki_suki/}
秀吉は全国の金山・銀山などを直轄地としてしまうのです。
上杉が景勝の代に征服した佐渡も後に秀吉のものとなります
戦を続けるには大金が必要、その金を押さえれば戦は続...
函館 Glass Life  June 16 [Tue], 2009, 16:16
上杉の義を守り抜く-------------!!その一心で、京へ向かう上杉軍。上洛に際し、まずは前田利家と対面する景勝。謙信を慕う・・・なんて言って、共に手を取ろうという利家。でも景勝相手じゃおためごかしは通じない。なかなか難しいようです。そして京へ向かう道中も、...
ついに景勝が、生涯初の京都入りを果たす時が来た。謙信は、用事も兼ねて事あるごとに北陸道を経由して京都へと向かうことがあったが、その道筋が景勝の代になるともはや平坦ともいえようものになっていた。加賀(今の石川県南部、主に金沢市・能美市など)金沢城(今の石川...
政の狼 ?TheWolfwantshisownDandism.?  June 16 [Tue], 2009, 7:41
直轄地だけで222万石。関白・豊臣秀吉。信長より引き継いだ天下統一への道。。更に領土を拡大。。上洛する兼続たち。上杉の「義」を貫くことが出来るのか。。前田利家が上座で上杉景勝と直江兼続を迎える。上杉の武勇は名高く。。お会いするのは戦場と思っておりましたが...
#「戸惑いの上洛」  外出から帰ってきて大河ドラマを一番に見てみれば… モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!
休羽捫虱堂  June 16 [Tue], 2009, 6:40
見事なコント時代劇でした。何だか最近は妙に突き抜けた感じすらありますねぇ。しかし、これを大河ドラマと呼ぶことは拒否します(´・ω・`)【本日の流れ】・上洛途中、加賀で前田利家と対面。景勝を励ます・利家から「兜の愛は愛染明王の愛か?」と聞かれるも、兼続は否...
山南飛龍の徒然日記  June 16 [Tue], 2009, 1:36
天地人ですが、上杉景勝(北村一輝)や直江兼続(妻夫木聡)は上洛します。途中で前田利家(宇津井健)に会いますが、愛の兜など見たこともないと言われます。兼続の兜は京童に「愛やて!」と指差され物笑いの種と化しています。(以下に続きます)
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
TO:本城さん
こちらこそいつもTBさせていただいてます。
ご依頼の件、削除しときました
June 16 [Tue], 2009, 23:00
トラックバック、ありがとうございます。
もう1つのは間違えてしまったほうなので、消していただけないでしょうか?
June 16 [Tue], 2009, 7:41
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2009年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE