アイシテル〜海容〜第7話(5.27)

May 30 [Sat], 2009, 2:52
「僕は死刑になるんでしょ?」
「智也君はこれからも生きていくんだよ。
どうしてだか分かる?
智也君にはまだ知らなきゃいけないことがいっぱいあるから。
人と出会うことの大切さとか
勉強やスポーツ、読書することの意味とか、世界の広さとか、
命はなぜ重く、かけがいのないものなのかとか、
その答えを探すために、智也君は生きていくの・・・。」

智也少年を諭す富田調査官@田中美佐子
やっと智也少年に反省を促すような描き方が出てきて、今回はよかったと思った。

加害者家族側は・・・
野口さつき@稲森いずみは、智也少年と共に、罪を背負っていく決意をし、
夫@山本太郎も再就職できたものの、
引越ししたにも関わらず、
子供(智也)が殺人を犯したことが周辺に知られてしまい、
ドアには中傷の張り紙が張られ、大家から立ち退きを要求されてしまう

被害者家族側は・・・
さつきからの謝罪の手紙を受け取り、
被害者の母小沢聖子@板谷由夏はさつきの気持ちに共感するが、
被害者の父秀昭@佐野史郎は、性懲りもなく手紙を出したさつきに激怒、
手紙をつき返そうと、野口家を訪ねるが、
びっしりと張られた中傷の張り紙に唖然とする。

家族を励ます手前、家では本音を言えず、
居酒屋で思わず愚痴をこぼしてしまう秀昭に感情移入しちゃった。
やはり、同性であることもあり、秀昭に共感しちゃうのよね

智也少年の回想シーンで無神経で不快な台詞を連発していた清貴少年
智也少年はきっと傷つき、ムカついたことでしょうが、
だからといって、殺害していいわけではない。
智也少年がいつの日か出所したら、
今のさつき以上に厳しい現実が待っているのでしょう
それはしょうがないと思うのよ。
でも、さつきたちのアパートに中傷の張り紙が張られてたけど、
加害者家族はこんな目に遭うものなんですかねえ
僕は、身の回りに、こういう家族がいないので、何ともいえないのですが。
世の中こんなもんなのだとしたら、
加害者家族なんかより、張り紙するような人の方が怖いなあと思っちゃいます。
たとえば、隣近所に加害者家族が引っ越してきたら、
そりゃあ、あまりいい印象は受けないけど、
(出所した智也少年がいつの日かそこに住むと考えると・・・いい気はしない)
「出て行け」と訴えるほど、嫌悪感は感じないと思うんだけどなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/1996
Trackback
Trackback URL:
相変わらず、息のぬきようのないドラマなことで
つれづれなる・・・日記?  May 31 [Sun], 2009, 22:12
 今回は、智也(嘉数一星)が最後の扉を開けてくれる前の、揺れ動くそれぞれの家族の姿が描かれました。

 自分が生きていく事の意味を「智也が犯した罪を一緒に背負い、共に生きていく事だ」と気づいたさつき(稲森いずみ)は、小沢家に宛てた手紙を富田(田中美佐子)....
トリ猫家族  May 31 [Sun], 2009, 12:53
進展がない結局トモヤが真相を話すのは来週?なんじゃそりゃー今回何の進展もないじゃん引っ越したらカズ君の仕事どうなるのかなせっかく見つけたのにね!アイシテル?海容?(後編)アイシテル?海容?(前編)「Forgiving」アイシテル?海容?オリジナル・サウンドトラ...
しなもにあ  May 30 [Sat], 2009, 8:34
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2009年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE