天地人第20話(5.17)

May 19 [Tue], 2009, 0:03
本能寺の変から三年後の天正13(1585)年8月
天下を握り、関白となった羽柴秀吉@笹野高史は、越中を攻め落とし、
石田三成@小栗旬ら僅かな部下と共に、越後落水城へやってくる。
秀吉・三成と会見する上杉景勝@北村一輝直江兼続@妻夫木聡
景勝は秀吉の招きに応じて、上洛を約束する。それは、秀吉への帰順を意味していた・・・。

今回もろくでもないところはろくでもなかったけど、秀吉と景勝はよかったなあ
敵の本拠地である越後に僅かな兵と乗りこんだ秀吉は、
このまま殺されてもおかしくないわけで、
よっぽど人のハートを掴む能力に長けた人物だったんだろうなあ
(僅かな兵で落水に行ったこと自体は架空のエピソードかもしれませんが)
直弟子ともいえる三成に、この素質がまったくなかったのが、豊臣家の不幸か
笹野高史の秀吉は、藤吉郎時代は華がなさすぎだろうと思ったけど、
秀吉が天下人となった今回から、なかなかいいなあと感心しました
景勝や兼続の前では、陽気で軽薄な成り上がり者を装いつつ、
三成と二人っきりになると、冷酷な権力者の顔を見せるというのが面白かった。
これから晩年にかけて、いい秀吉が見れるかもしれない。

怒っている訳ではありませんというしょーもない題字で紹介された景勝。
景勝は僕の中で寡黙で冷静沈着な武将というイメージなのですが、
この大河の景勝は、寡黙というより、
不器用でいまひとつ冴えないために、言葉が出てこない・・・という感じだなあ。
補佐する兼続の利発さを際立たせるために、こういうキャラにしてるのだろうか。
でも、今回の景勝が上洛を決意した台詞はよかったと思う。
「わしは秀吉の口車に乗せられたわけではない。
あの顔を見ながら、三年前のことを思い出していたのじゃ。
明智の謀反が少しでも遅れておれば、わが上杉は織田に滅ぼされておった。
あれはまさしく天の恵み。
そうまでして長らえたこの命、わしが意地を通すことで無にしていいのだろうか・・・
この越後のため、もう少し使いどころがあるのではないのか・・・
わしはそう思ったのじゃ。」

この台詞は素直に共感できた。
景勝は、謙信に比べると、戦上手という面では劣るけど、政略では上ではないかと思う。
武田を金と領土で買収したり、秀吉に臣従するという柔軟さは、謙信にはなかったと思う。

懐の広さを見せた秀吉・景勝に対して、三成・兼続は器量が小さかったなあ
「命の恩人の顔を忘れるとは、上杉の義も何もあったものではござりませぬな。
それとも、義とは、都合のよいときだけに振りかざすものなのでございますか。
それに貴殿はでしゃばりすぎじゃ。それでは景勝様の立つ瀬がござりますまい。
まっすぐで正直なのもよろしいが、何事も行過ぎると阿呆に見られまする。」

三成がいじめちゃうもんだから、兼続涙目おまえ、またかよ

それにしても、本能寺の変・山崎の戦いからいきなり三年飛ばすとはねえ。
天正10(1582)年6月2日織田信長が討たれた本能寺の変
天正10(1582)年6月13日、秀吉が明智光秀を破った山崎の戦い
その後、天正10(1582)年6月27日、信長の後継者を決める清洲会議
天正11(1583)年4月、政敵柴田勝家@菅田俊を滅ぼした賤ヶ岳の戦い・・・を経て、
秀吉は信長の後継者として、天下人への道を進む
台詞一つなかった勝家役の菅田俊が哀れだった
この大河では、上杉とまったく関わらないから、お市の方も出番なしか。
勝家の与力だった前田利家は、秀吉の足軽時代からの友人だったこともあり、
賤ヶ岳の戦いでは秀吉軍とは戦わぬまま戦線離脱、以後、秀吉の家臣となっています。

一方、信長の死後、秀吉だけでなく、徳川家康も勢力を伸ばしました。
家康は、秀吉vs勝家をよそに、甲斐信濃に侵攻。
信長急死の知らせに驚愕した織田の武将たちが退散したため、甲斐信濃は空白地帯。
その結果、三河・遠江・駿河・甲斐・信濃の五カ国を領有する大大名に成長

上杉景勝は、信濃北部を手に入れたものの、
家康とはかなり差をつけられちゃいました。やはり、御館の乱の影響が大きい。
ちなみに、この回(天正13(1585)年8月)の時点では、
越後北部の新発田重家の反乱は鎮圧できていません。
賤ヶ岳の戦いの際、景勝は、秀吉・勝家双方から味方にと誘われ、秀吉に協力、
勝家方の佐々成政を越中から身動き取れなくしています。
越後にいながら、秀吉と勝家、どちらが優勢か、見抜いたのでしょう。

その徳川家康は、秀吉に不満を持つ信長の次男織田信雄と手を組んだことから、
天正12(1584)年小牧・長久手の戦いが勃発。
秀吉軍は最大10万に達したのに対し、家康・信雄連合軍は三万程度。
それでも、局地戦では家康が勝利、
しかし、秀吉は攻撃の対象を信雄に絞り、
耐え切れなくなった信雄が秀吉と勝手に講和してしまったため、家康は軍を撤退、
天正13(1585)年8月の時点では、まだ冷戦状態・・・。

あと、武田家滅亡後、織田家に臣従した真田昌幸は、
信長が死ぬと、北条に臣従・・・
・・・したかと思いきや、今度は徳川に臣従して、北条と戦い、
徳川と北条が和睦すると、今度は息子幸村を人質に出して上杉に臣従、
天正13(1585)年8月、上田城に攻めてきた徳川軍を大いに破る・・・
という油断も隙もない動きをしてます。
だから、今回あたりだと、春日山城にでも真田幸村がいるんじゃないかな。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/1974
Trackback
Trackback URL:
怒っているわけではありません。。目付きの険しい人だったと伝わる上杉景勝。。それに対して「人たらし」と云われる秀吉。。 本能寺の変で信長を倒した明智光秀を討ち果たし。。 更に、柴田勝家を倒し。。 大坂に城を築き、天下を手中に収めようとしていた秀吉。。春日...
色んな意味で凄かったですね。酷かった反面、面白く観られた回でもありました。開始1分で3年も飛ばしてしまったのは、ある程度予想していたとはいえ、やはり呆れてしまいましたが(^^;何より、3年間に上杉が全く何もしてなかったかのような描き方は如何なものだろうかと。...
山南飛龍の徒然日記  May 19 [Tue], 2009, 18:55
大河ドラマ『天地人』第20回:秀吉の罠

【前回のサブリミナル】

 話題になった前回の「サブリミナル」に小生の老眼が全く反応せず見逃してしまい、土曜日にわざわざ再放送を録画してチェックしました。
 超スロー再生したらようやく『本能寺が爆発するシーンの直前「天地人」に対応する空、水田、明智光秀の3カットが計0・2秒間挿入されている』というサブリミナル映像を確認できました。
 なんか一瞬パッと青くなったような感じなのに、あんな映像に気付く人がいたのは凄いなぁ。

 で、NHKは、「死を目前にした織田信長の気持ちを印象的に伝えるための演出。短いながらも知覚できるカットで、サブリミナル手法にはあたらない」と説明しているけど、知覚できなかった小生にはモロに『サブリミナル』なのであります。
 『天地人』は、行くとこまで行っちゃった感じです・・・・。

【女忍者来訪】

 直江家の屋敷になぜか堂々と女忍者(長澤まさみ)が訪ねてくる。
 「うらやましい・・・お船様が」
 「やはり天下はあなた様を放っておかぬよう」
 「だから私もあなた様に惹かれるのかもしれませんね」
 と思わせぶりな言葉を連ねて帰...
笹野さん 演技うまーい!ほんと秀吉っぽくてよかったわぁ三成・・・小栗君「び?とくん・・・」って言いそうで怖かったわっていうかあの袴江戸時代の中期虎屋第8代目当主が虎屋に因み虎の模様に焼き上げたどら焼きです。【お宝スイーツ備後虎屋】【冷凍】【送料別】元祖...
しなもにあ  May 19 [Tue], 2009, 16:57
天地人ですが、本能寺の変から三年の月日が流れ去ります。その間に豊臣秀吉(笹野高史)は着実に天下人としての地歩を固めており、三法師擁立、柴田勝家退治、関白など旭日昇天の勢いです。佐々成政も降伏し、越後も秀吉の猛威が迫りますが、三年前と状況が同じです。
この三年間、上杉家が何をしていたかは謎ですが、直江兼続(妻夫木聡)の元に初音(長澤まさみ)がやって来ます。(以下に続きます) 
たった三年の間に天下をほぼ手中にした秀吉{/cat_5/}
九州の島津、関東の北条、徳川、四国の長曽我部をぬかせば
日本の殆どを手中にした事になります{/onigiri_2/}
人心位を極めた感じですね{/up/}{/up/}

関白にまで上り詰め、豊臣の姓も朝廷より賜ったのですから
怖い物なしです。
この頃までの秀吉はまさに天才{/kaminari/}{/kaminari/}
他に追随を許さないほどの勢いを感じますね。

しかし秀吉は横柄にはなりません。(表面上{/kuri_1/})
あくまで低姿勢で威圧を掛けてくるのです{/cat_6/}
その秀吉が景勝に会見を申し込みます{/hiyo_please/}
無下には断れませんよね{/kuri_5/}
それも態々越後まで出向いて来るというのですから驚きです{/ee_2/}

落水の会見、実は史実としては信憑性が殆ど無いらしいので
す{/fuki_oshirase/}
敵か味方か分からない武将の領地に態々出向くなど、時の最
高権力者のする事ではありません{/m_0152/}

思うに
賤ヶ岳の戦いの折、柴田勝家を追いつめた秀吉が勝家の与力
として府中城にいた前田利家を丸腰で訪ねたと言われている
故事に引っかけたのかも知れませんね{/kuri_3/}
脚本家はこの史実から秀吉と景勝の対面を考えたのかも??

...
函館 Glass Life  May 19 [Tue], 2009, 9:45
「あまりでしゃばりすぎると阿呆にみえまする。」
石田みっちゃん(小栗旬)ってば・・
「いうよねぇ〜」byはるな愛

秀吉が景勝に会いに来るといい。
そうなれば、必ず上洛せよというにきまっているという
景勝は会いたくないというんですが、
ここで秀吉に取り言っておくほうがいいんじゃないの?
と兼継はなんとか説き伏せようとします。

そしてお船の助言。
むっつりとしていて何を考えているのか
わからない景勝だからこそ、黙らせておいて
兼継が秀吉と話せばいいんじゃないの?
ということで対面をしたのですが・・・

何かにつけて兼継が返事をするので
秀吉も「何を考えてるのかわからん。」となるのですが
石田三成だけはその二人を見て何かを感じたようですねぇ。

確かに子供じゃあるまいし、何もかも兼継が
答えていると、景勝自身はもしかしたら何も
できないお人形のような殿さまなのでは?
と勘繰られてもしかたないかも・・・

それにしても三成とあったことすら忘れてるなんて
兼継ってば・・・本当にダメダメですわ。

結局最後の最後に秀吉が直球で聞いた
上洛してくれないか?という返事に
景勝自身が答えを出しまし...
Simple*Life ドラマ感  May 19 [Tue], 2009, 9:11
かねたんのいちにち (ブレインナビブックス)おかの あき文苑堂このアイテムの詳細を見る
このドラマは毎週8時になるまで「今日はもう見なくていいかな・・・」という気持ちにさせてくれる、近年稀にみるドラマですよね。先週の『本能寺の変』もイマイチ盛り上がったんだか、盛り上がらなかったんだか(ピントがズレてるっていうか)
今週のお習字「怒っている訳ではありません」・・・というワケでモチベーションはどん底の→天地人第20話です(怒っているワケではありませんが、文句言いながら見るのも嫌なんで、ホントもういいかな・・・)

【豊臣秀吉】
天正10年6月13日。明智光秀を討ち、ライバル柴田勝家さえも討ち果たしたサルは大阪にどデカイ城を建てて、信長亡き後わずか3年で頂点を極めようとしていました。
いよいよサルの軍勢が春日山城まで迫っていると言うのに、ラブちゃん宅には「カステラ」が手ぶらで(多分)しゃあしゃあと押し掛けてきます!?カステラとラブの間を勘繰るお船と飯炊き女。

おバカなラブは世の中が大変だっちゅーのに、ぶらぶらフラフラ帰ってきます。カステラの来訪にアタフタとし、カステラに
「こんな優しいお方と一緒になれてお船...
ブルー・カフェ  May 19 [Tue], 2009, 8:16
ドラマ、漫画、アニメ、いずれにしても景勝様の男ぶりは素敵であるのがセオリーである! ( ̄ー ̄)
休羽捫虱帳  May 19 [Tue], 2009, 5:48
秀吉の天下統一への準備---------!!わはは!!秀吉の高笑いに笑いだわやっぱバカちっくに見えるんだけど・・・この人、たった3年で、信長の勢力を蹴落とし、頂点へ昇りつめてしまったよう。着々と天下統一へ!!でも・・・3年たったんだったらチャンスなんだからもう...
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
TO:なおみさん
うんうん、笹野秀吉、良かったですね。
松方家康もなかなかいい味出しそうだし、
問題ありまくりな大河ですが、もうちょっと観ていられそう(?)です。

ラブ男はねえ、なんとかならないんですかねえ。すぐ泣くし。

>>ヘンな髪型がバッサリ斬って捨ててくれましたね(苦笑)
ヘンな髪型がもはやニックネームと化してるのが笑えました。
May 19 [Tue], 2009, 23:51
まっつーさん、こんにちは。
笹野さん良かったですね。秀吉の嫌らしさが良く出ていました(笑)

>懐の広さを見せた秀吉・景勝に対して、三成・兼続は器量が小さかったなあ

そうそうそう!特にラブ男ね!
口下手ながら「それなりに」考えがある景勝に対して
なんでも分った風な口をきく兼続!
しゃしゃり過ぎにも程があると、視聴者も思っていたところ
ヘンな髪型がバッサリ斬って捨ててくれましたね(苦笑)
仰るとおりどちらも小物というカンジで、どっちもどっちでしたけどね。
May 19 [Tue], 2009, 8:24
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2009年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE