仮面ライダーディケイド第17話(5.17)

May 18 [Mon], 2009, 0:27
『おばあちゃん味の道』  脚本:古怒田健志 監督:田村直己
カブトの世界で、門矢士が出会った少女マユ
そのマユの兄こそ、片目の男弟切ソウだった。
しかし、士は、マユを危うく死なせるところだったソウが兄だとは信じられない。
一方、ソウは、片目を奪ったカブトを激しく憎んでおり、
ライダーのクロックアップを止めるクロックダウンシステムを開発させていた。

士が疑問に感じたとおり、そして、殆どの視聴者が気づいていたとおり、
弟切ソウはマユの兄に擬態したワームで、
カブトの正体こそ本物のマユの兄ソウジだったのでした。
ワームだったマユは、出産間際の母親に擬態したワームから生まれた存在・・・
というTV本編と同じ設定なのかな。
ソウジ(本物)が、蔭ながら、妹を守るために動いていたり、
クロックアップのバトル・人間に擬態するワームが描けていたり、
『カブト』らしさの出ていたカブトの世界編だったと思います
クロックダウンシステムが、ライダーのクロックアップのみを抑制し、
ワームにとって、悪用できるシステムというのが面白かった。ゼクトらしい装置だよ。
そして、クロックダウンシステムのお蔭で、ソウジは通常の世界に戻れるのかと思いきや、
装置を破壊して、元の超高速の世界へ戻っていったのが、切なかったなあ
あの超高速の世界にいたら、早く年を取ったりしないものなのかな?

クロックアップシステムを手に入れたいディエンドこと海東大樹が召喚したのは、
白色コンビのイクサ&サイガ
「その命、神に返しなさい」「待ちなさい」「跪きなさい」
まさか名護さんボイスが聞けるとは思わなかった。
天道総司と同じく唯我独尊キャラではあるが。
クロックアップするカブトを狙撃したり、なかなか活躍しとりました。

次回はいよいよ最後の響鬼の世界
ヒビキ(?)役が変質者を演じさせれば日本一デビット伊東だったのにビックリ。
モモタロスも出るようだし、響鬼vsモモタロスの鬼対決も実現するみたい。
『超電王』、まだ観てません。そろそろ行かないと・・・。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/1973
Trackback
Trackback URL:
今回は第17話「おばあちゃん味の道」。
ストーリーは仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」で!


カブトの世界の2回目。
前回は弟切ソウがマユの兄というところで終わりました。

でも結局、弟切ソウは兄ソウジの擬態…ということでした。
まぁ、オリジナルのカブトを見ていた人には想定内の設定ですね。

オリジナルと同じように、ソウジの妹マユがシシーラワームでした。
自分自身ワームであったことに気付いていなかったようで驚くマユ。

ワームであっても妹を守る兄というところも同じですね。
全世界を敵に回しても…って、その辺のセリフは門矢士がほとんど持って行ってしまいましたがwww。

オリジナルでも思ったのですが、日下部ひよりがワームであっても特に最強とか特別の力で何かをするわけでもなかったでしたよねぇ…。
今回も、ワームであるけど特に変わらない…という感じでしたね。

ワームであっても妹を守るカブト=ソウジ。
でも近くに居られるわけではなく、闘いの後遺症かソウジはクロックアップの世界から抜け出せなくなったようでした。

そうか、そういう設定だったんですね。
近くにいるのに速すぎて見えてない?!www

オ...
OPUS MAGNUM  May 24 [Sun], 2009, 18:49
 以前に書いたBlackBirdFlyのディケイドピンクモデルの限定発売ですが、BlackBirdFly公式の紹介サイトが立ち上がっておりました。ディケイドピンクモデルの販売価格は標準モデルより少し高い14,700円、ちょっと欲しくなります(笑)【第17話  おばあちゃん味の道】 仮...
<月曜日>
どこかのブロガーさんが言っておられたように、マユちゃんはワームでしたね。
ひより的立場だから・・という事でしたが・・ビンゴ!
そして、ゼクトのソウ(オリジナルは”矢車想”だったけど、デイケイドでは”弟切ソウ”・・・弟切草!?ホラーゲーム?)も、その正体はワームで、マユの兄では無かった。
妹を心配しない兄なんて、変だと思ってました。
それに、妹とおばあちゃんは、カブトに居たはずなのに、何でザビー?
ザビーの筈ないんだけどなあ・・って。

本当のソウは、やっぱりカブトで、マユが見た殺された(?)兄というのは、ソウに擬態したワームをカブトが倒そうとした場面だったのです。

で、その時からクロックアップ状態から抜けられなくなったカブトは、家に戻る事も出来ず(動きが高速で、普通の人の目に見えない存在になっていたので)1人孤独にワームと戦い、妹を守っていたのでした。

偽ソウは、マユを囮にカブトを誘い出して、ダウンシステムで動きを止めて捕獲しようとしますが、おかげでクロックアップから脱出。
でも、敵を倒した途端、ダウンシステムも止まって、再びカブト(ソウ)は、家族の目に見えない存在に戻ってしまう...
大吉!  May 19 [Tue], 2009, 9:27
ZECTの仮面ライダーザビー・弟切ソウ(川岡大次郎)を「お兄ちゃん」と呼んだマユ(菅野莉央)。光夏海(森カンナ)と小野寺ユウスケ(村井良大)は彼女のお兄さんが生きていたのだ、と喜ぶものの、門矢士(井上正大)は彼が兄の筈がないと呟く。つまり、士はソウがワームだと気付
無限回廊幻想記譚  May 19 [Tue], 2009, 0:42
仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」
Hybrid-Hills  May 18 [Mon], 2009, 22:19
「おばあちゃん味の道」

脚本:古怒田健志
監督:田村直己
アクション監督:宮崎剛
フィロキセラワームデザイン:韮沢靖

「おばあちゃんが言ってた。汁の味は目で見ただけではわからない、てな」

ザビーの資格者弟切ソウは、カブトに殺されたはずのマユの兄だった。カブトを恨むソウは、クロックダウンシステムを開発し・・・・。

【今週のレシピ】
※天堂屋のおでん。がんもに大根、玉子。

【今週の変身】
※ディケイド
※カブト ライダーフォーム
※カブト マスクドフォーム
※ディエンド
※DEイクサ
※DEサイガ

【今週の萌えポイント】
※「その命、神に返しなさい」 ホンモノ来た!?録音か?


※やっぱりアイパッチ君は偽者でした。
そしてマユはワーム。カブトが本当(?)の兄、と。
ぶっちゃけ想定内の展開だったわけですが、家族のために孤独な世界に留まって闘い続ける男。熱いドラマでしたねえ。
個人的にはオリジナルのエッセンスを一番濃く感じた世界デシタ。

※二役演じた川岡大次郎クンは、絶対ワルイ方をノリノリでやってましたよね!
楽しそうだったもの。

※それにしても、このカブト編はおばあちゃんに尽きる!!

「おばあちゃんは全...
お萌えば遠くに来たもんだ!  May 18 [Mon], 2009, 7:52
仮面ライダーディケイドの第17話を見ました。第17話 おばあちゃん味の道ザビーの放った流れ弾がマユに向かって飛んでいくも、現れたカブトがマユを助けてザビーを倒す。そして、変身解除されたザビーの正体であるソウの姿を目撃したマユは驚く。「お兄ちゃん…!?」ゼクト...
MAGI☆の日記  May 18 [Mon], 2009, 5:51
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2009年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE