相棒3第15話

March 22 [Sun], 2009, 1:57
『殺しのピアノ』  脚本:櫻井武晴 監督:和泉聖治
ピアニストの柴耕太郎の遺体が、自宅近くの崖下から発見される。
深夜に散歩する習慣のある柴が崖下に転落したかに思われたが、
検死の結果、他殺であることが判明。
死亡直前に柴は妻に携帯電話をかけていたのに、その携帯が見つかっておらず、
携帯の電源も入っていないことを知った杉下@水谷豊は、
ピアノの調律師の幸田紀夫@吹越満に会いに行く。

これも傑作のうちの一つ
杉下に追いつめられていく幸田に感情移入しちゃうのよね。
最初から、幸田=犯人と判っているし、『古畑』っぽい作りだ。
杉下がいやらしいくらいネチネチ追いつめていくし。
前日徹夜したはずの幸田が、杉下が来たときに、まだホールにいたのは、
柴が死亡しており、調律し直す必要があることを知っていたから。
ピアノを勝手にひいたときから、杉下は真相を突きとめてたのね
柴の携帯がピアノの中にあることも見抜いていた。
それなのに、わざわざ自分の携帯を忘れたフリして、幸田を追いつめて・・・。
あんなの、幸田が犯人である証明にはならないだろうに。知っててやってるんだろうな

幸田が柴を殺害したのは、突発性難聴であることを見抜かれ、
調律師の道を断たれそうになったから。
しかも、柴の才能の前に、ピアニストの道を諦めた過去もあった。
僕も数年前から突然右耳の耳鳴りが鳴りやまなくなって、
声や音を聞き取りにくくなってしまったのよね。
音楽の道を歩んでいるわけではないし、生活に支障はないけど、やっぱりショックだった。
歌や音楽、映画etc、以前ほど楽しめなくなっちゃった。
だから、幸田が柴を殺害しちゃった気持ち、わかるなあ。放映当時よりも

★土曜ワイド劇場枠の感想★
第1話

★相棒1の感想★
第10話

★相棒4の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒5の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 最終話

★相棒6の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★相棒7の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/1862
Trackback
Trackback URL:
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2009年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE