仮面ライダーディケイド第6話(3.1)

March 01 [Sun], 2009, 23:03
『バトル裁判・龍騎ワールド』  脚本:會川昇 監督:長石多可男
門矢士ご一行が次にやって来たのは、龍騎の世界
光夏海ATASHIジャーナルの編集長桃井玲子を訪ねたところ、
桃井編集長が殺されてしまい、
夏海はフォークを握っていたことから、容疑者として、逮捕されてしまう
弁護士の役割を与えられた士は、仮面ライダー裁判制度によって
判決が下されることから、ディケイドとして参戦を決意する。

『仮面ライダー龍騎』は、2002年放映の平成ライダー第3弾作品
メインの脚本家は、『電王』『侍戦隊シンケンジャー』etcの小林靖子
鏡の中の世界ミラーワールドのモンスターが人間を襲い、
人知れず失踪事件が続発する中で、
たまたまカードデッキを拾ったOREジャーナルの見習い記者城戸真司が、
モンスターから皆を守るために、龍騎として戦うことを決意。
だが、この世界での仮面ライダーは、自分の望みを叶えるために、
他のライダーを倒し、最後の1人になるまで戦い続ける存在だった。
真司君はライダー同士の戦いをとめようと奔走する・・・というストーリー。
仮面ライダーには見えない龍騎のデザイン、
極悪人でも仮面ライダーになれるという設定、
13人の仮面ライダーのバトルロワイヤルetc・・・から、賛否両論だった作品。
でも、僕は、『龍騎』が好きでしたねえ。
ストーリーの完成度の高さでは、平成ライダー屈指だと思う。
ナイトこと秋山蓮ゾルダこと北岡先生王蛇こと浅倉威
オルタナティブこと香川教授etc、個性あるキャラも揃ってました
ちなみに、僕の中で、平成ライダーの順位は、
アギト=龍騎 ≧ 555 >>> 剣 >> カブト=電王=ディケイド >>キバ>>クウガ>>響鬼

で、『ディケイド』の龍騎の世界は、仮面ライダー裁判制度が運用されている世界。
この仮面ライダー裁判制度というのが、
仮面ライダーに選ばれた検事・弁護士・事件の関係者がミラーワールドで戦い、
最後に勝ち残った一人が判決を下す・・・というとんでもないシロモノ。警察要らないじゃん。
週刊誌の見出し犯人が死ねば「景気が良くなる」が凶悪すぎる
裁判員制度が騒がれてるこの時期に、
こういうネタを持ってくるのが白倉プロデューサーらしい

龍騎こと辰巳シンジは、やはりATASHIジャーナルの記者。
ライダー同士のバトルが嫌いなのか、仮面ライダー裁判制度反対の立場みたい。
なるほど、女編集長だから、ATASHIジャーナルなのね

ナイトこと羽黒レン(語呂が悪いなあ)は、なんとATASHIジャーナルの元記者。
秋山蓮なら、絶対ありえない職種だ。
「蝙蝠には蝙蝠ってね・・・」
と、キバ(ディケイド)vsナイトの蝙蝠対決を見せてくれました
キバパッシャーフォームが役に立たなかったのが、GOOD(笑)。
ディケイドチーム、よく研究してるわ

ATASHIジャーナル副編集長鎌田が変身するアビスがオリジナルライダーとして登場
龍騎の世界のラスボスでしょうか。オーディン程、強そうには見えませんでしたが。

『龍騎』に出た他のライダーも、
シザース・ゾルダ・ライア・ガイ・タイガ・インペラー・ベルデ・ファムが登場。
裁判員は、皆、ライダーなんだよ。
シザースは、出るたびに、美味しいネタを提供してくれるなあ
今回は、命乞いと見せかけ、不意打ち、なんとベルデを撃破。
あのベルデが「卑怯・・・」と罵り、散っていったのもご愛嬌。
そして、出るたびに、倒されるのも、シザースのお約束
ナイトに攻撃され、「じゃあ、無罪・・・」と主義を変えるが、あっけなく倒されてしまう。
ゾルダは、検事のようだ。スーパー弁護士ならぬスーパー検事か。
インペラーはディケイドに倒され、ここでも幸せになれずに退場(やっぱ、悪魔だ・・・)
オーディンは次回予告に映ってましたね。
オーディンこそ平成ライダー最強に思えるのですが、ディケイドには敵わないのかな。
出なかったのは、王蛇リュウガか。
王蛇は召喚ライダーとして、絶対出てくるでしょうね
ゾルダは召喚ライダーとしては出てこないかあ。
ディケイドにエンドオブワールドを喰らわしてほしかったのですが

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/1832
Trackback
Trackback URL:
今回は第6話「バトル裁判・龍騎ワールド」。
ストーリーは仮面ライダーディケイド 第6話「バトル裁判・龍騎ワールド」で!


今回からは「仮面ライダー龍騎」の世界です。
物語的には面白いのですが、残念ながら龍騎は見ていなかったのでいまいちのめり込めませんでした。


物語はなぜか光夏海が殺人犯にされてしまうところから始まります。
雑誌(?)の編集長に会いに行っただけなのにいきなり苦しみだして死んでしまいます。
その部屋に居た光夏海が犯人に…。

龍騎の世界に来た門矢士は弁護士になっていました。
弁護する相手は殺人犯の光夏海…。

しかし、その世界での裁判はなんとミラーワールドでライダー同士が戦って裁判を決める…そうです。
さっそく始まっている戦いに加わる門矢士。
やっぱりいつの間にかこの世界のことを熟知していますね。

戦いはすでにヒートアップしています。
色々なライダーがミラーワールドでバトルを繰り返していました。


この辺から龍騎ファンにとって楽しいところでしょう。
懐かしいライダーがたくさん出てきていたようですし。

さらに、鎌田という男が変身する仮面ライダーアビスというライダーは新キャラだそうで、単なる...
OPUS MAGNUM  March 08 [Sun], 2009, 18:46
 うーむ、今回は冒頭に書くネタがない(苦笑)【第6話  バトル裁判・龍騎ワールド】 "龍騎の世界"へと転移した士たち。夏海はこの世界における"仮面ライダー"について調べようと、仮面ライダーを取材している『ATASHIジャーナル』の編集部を訪ね、編集長の桃井玲子に...
<月曜日>
龍騎の世界にやって来た士達。
この世界のライダー達の情報を集めに行った夏海は、話を聞きに行った「Atashiジャーナル」の編集長が目の前で謎の死を遂げた為、容疑者として逮捕されてしまう。
この世界では「弁護士」になっていた士、夏海の弁護をする事になったが・・この世界の裁判というのが、検事や弁護士が仮面ライダーとなってミラーワールドで戦い、勝った者の意見が採用されるというむちゃくちゃな方法で判決がされるのだ。
なんだそりゃあ{/face_ase1/}!?
「仮面ライダー裁判制度」というのだそうですが、それが一番公正だとか言って・・恥ずかしくないのか?と、思ってしまいました。

まあ、いろんなライダーがそれぞれの考えがあって、戦っているようですが。
(裁判なんてどーでもいい、という奴も当然居る)
ライダー達も見たような、見覚え無いような・・。
すいません、記憶が朧です★
ナイトと龍騎は覚えてましたよ!特にナイトは格好良くて好きでした!
シンジとレン役は、今回も微妙でしたが・・まあ、頑張った方?

ユウスケの突っ込みが、何だか大阪芸人と化してましたが・・。
すぐ「さすが?!」と驚いたりしないように!
全く、オリ...
大吉!  March 03 [Tue], 2009, 21:56
仮面ライダーディケイドの第6話を見ました。第6話 バトル裁判・龍騎ワールド龍騎の世界にやってきた夏海はこの世界のライダーを調べようととある編集部の桃井玲子に会いに行く。話をしようとした途端、頸を抑えてそのまま倒れてしまった玲子は死んでしまい、殺害の容疑者...
MAGI☆の日記  March 03 [Tue], 2009, 14:15
「バトル裁判・龍騎ワールド」

脚本:會川昇
監督:長石多可男
アクション監督:宮崎剛

ライダー裁判員制度!藤岡弘、サンに裁かれたい!!

キバの世界の次に訪れたのは、ミラーワールドで複数のライダーが戦う、龍騎の世界。夏みかんは、この世界のライダーの情報を集めようと、ATASHIジャーナルという雑誌の編集部を訪ね・・・。

【今週のレシピ】
※地鶏の鍋?

【今週の変身】
※ディケイド
※Dキバ キバフォーム
※Dキバ ガルルフォーム
※Dキバ バッシャーフォーム
※Dキバ ドッガフォーム
※龍騎
※ナイト
※ゾルダ
※タイガ
※シザース
※ベルデ
※インペラー
※ガイ
※アビス
※ライア

【今週の萌えポイント】
※街頭モニターに映し出された「容疑者 光夏海(20)」 すっごいブンむくれ顔。

※今回はすっかり傍観者なユウスケ。
彼もライダーで容疑者の知り合いなんですけど。
ちょっとくらいはミラーワールドに行けるか試してもいいんじゃない?

※「コウモリにはコウモリ」
トリックベント対イリュージョン。分身対決が楽しいッス。
ちゅうか、異種カードバトルってドコか変ですよね。

※龍騎と言えばなんといってもライダー同士のバトル。...
お萌えば遠くに来たもんだ!  March 03 [Tue], 2009, 7:04
桃井玲子(高橋佐衣)編集長に話を聞きに来た光夏海(森カンナ)ですが、いきなり目の前で苦しみだして死亡。二人きりの部屋でフォークを手にしていたせいで、夏みかんはいきなり容疑者です。夏みかんは仮面ライダー裁判制度に掛けられる事になりました。仮面ライダー裁判制度仮面
無限回廊幻想記譚  March 02 [Mon], 2009, 1:55
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2009年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE