相棒7第6話(11.26)

November 27 [Thu], 2008, 23:37
『希望の終盤』  脚本:櫻井武晴 監督:長谷部安春
将棋の龍馬戦の最終日に、挑戦者の西片名人@水橋研二の死体が発見される。
旅館の屋上から、飛び降りたか、突き落とされたかによる死亡。
西片の宿泊先の部屋が荒らされ、指紋が拭き取られていたことから、
何者かに突き落とされたのではないかと思われたのだが・・・。

『相棒』では、すっかりお馴染みの櫻井武晴脚本の回
なので、安心して観ていられる回でした。
やはり、輿水泰弘・櫻井武晴・戸田山雅司・古沢良太etcはいいねえ。
『相棒』は、毎回、脚本家が違う作品。
だから、回によって、出来不出来の差は出ちゃうのよね。

死亡した西片名人は、かなり神経質で自分に厳しい人柄だった。
マスコミ嫌いだった西片は、観戦記者の畑@蟹江一平だけを信頼しており、
死亡当日には、真剣師の大野木@松田賢二が西片を訪ねていた。
そして、西片と畑・大野木は、棋士の養成機関の同期だったことが判明する。

で、西片の死因は、自殺・・・。
西片には、大野木の八百長のお陰でプロになれたという負い目があった。
周りにいる畑・龍馬戦に現れた大野木の存在が、
自分は棋士であってはいけない人間なのだという思いに追いつめ、自殺した。
そして、遺書を見つけた畑が、西片の名誉を守るために、自殺の痕跡を消した・・・。

でも、大野木は八百長したわけではなく、単に初歩的なミスをしてしまっただけだった
畑も大野木も、自分たちが果たせなかった棋士の道を進んだ西片を、希望として見ていた。
それなのに、畑と大野木の存在は、西片には重荷だったのね・・・。
「自分の人生を読みすぎて、読み違ってしまったのかもしれません・・・」
事件が終わって、語る杉下@水谷豊
西片が大野木の手を単なるミスだと読んでいれば、こんな結末にはならなかったのになあ。
杉下が名推理で難事件を解決しても、
すべての問題を解決することはできず、切なさややるせなさが残る・・・。
それが『相棒』のいいところなんだと思う。

観戦記者の畑を演じた蟹江一平は、蟹江敬三の息子さんだそうだ。
親子二代続いて、『相棒』で隠蔽工作をしたことになる。
蟹江敬三が演じたバーテンダーは、二度、隠蔽工作を行ってる(一度は、殺人まで)。
まだ服役してるのかな?
大野木を演じたのは、『仮面ライダー響鬼』の斬鬼・『キバ』の次狼松田賢二
賭け将棋で稼ぐ真剣師という役が、松田賢二らしかった。
あと、西片役の水橋研二も、『キバ』に出てました。
人間の女性を愛してしまい、クイーンに命を狙われたファンガイア。
次回は、金山一彦がゲストのようだし、『キバ』の出演者が続きますね

ということで、面白かった回でしたが・・・次回予告の方が気になってしまった。
小野田官房室長@岸部一徳・大河内監察官@神保悟志が登場、
そして、亀山@寺脇康文「右京さんは強いですね、そして正しい・・・」
という苦さのこもった台詞・・・次回が楽しみです

★土曜ワイド劇場枠の感想★
第1話

★相棒4の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒5の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 最終話

★相棒6の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★相棒7の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

★11月27日(木)の日記★
紅白の司会者・出場歌手が決まったそうだ。
なんだかんだ言って、紅白への注目度は高いね。
相棒効果か、水谷豊も出場決定。
しかし、今年は、よくよく考えると、ヒット曲のない一年だったなあ。
ドラマの主題歌で印象に残ってるのは、堺正章の『忘れ物』くらい(※紅白には、出ません)。
あと、今年は、司会は、宮崎あおい&堺雅人だと思ったんだけどなあ。
それだったら、絶対、観ただろうになあ。そういう人、多いと思う。
NHKは、あまり賢くないねえ
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/1666
Trackback
Trackback URL:
 相棒 season7

 第06話 『希望の終盤』


 この手の話好きですよ!
 

 ?キャスト?
 杉下右京:水谷豊
 亀山薫:寺脇康文
 ?...
荒野の出来事  December 01 [Mon], 2008, 23:43
プレステージはWOWOWでして鑑賞したが
結論はのフリと思わない結末だったね

内容は19世紀末ロンドンで奇術師ミルトの弟子の
若い奇術師のアンジャー&ボーテンが事件を境に
互い激しい憎悪で対立にマジック入れる展開だ


のが途中でショー以外でも演技してる
別館ヒガシ日記  November 28 [Fri], 2008, 19:15
将棋のタイトル戦最終局を控えた棋士・西片(水橋研二)の遺体が、
会館の旅館で発見される。
屋上からは西片以外の足跡と、指紋が拭き取られた跡が見つかった。
右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は現場に急行し、何者かに荒らされた
西片の部屋を調べると、床の間の花器が倒れ
ぷち丸くんの日常日記  November 28 [Fri], 2008, 7:19
将棋とかっていうからチェスの時みたいに
理解できない対局を繰り広げられるのかと思ったら
結構あっさりした話を持ってきましたねぇ。
と?...
§相棒馬鹿  November 28 [Fri], 2008, 0:58
第6話「希望の終盤」 視聴率15.7%
またり、すばるくん。  November 28 [Fri], 2008, 0:44
「相棒」オリジナル・サウンドトラック(通常盤)池頼広,TVサントラエイベックスイオこのアイテムの詳細を見る
今回は『将棋』の世界が舞台です。将棋というと、真っ先にハチワンダイバーを思い出してしまうんですが・・・まあ今回は「あの手の笑い」は一切無い息詰まるような物語でしたね・・・。
今回の「事件」に関わった人間にしてみれば「そんなつもりじゃなかった・・・」と、いわば「ボタンの掛け違い」だったように思われます。
前回は「間違い殺人」今回は「善意の誤解」・・・こういうテーマがこのドラマ独特な相棒第6話です。


『将棋のタイトル戦を戦っていた棋士・西片(水橋研二)の遺体が最終局の朝に発見された。ひどく荒らされた西片の部屋を調べた右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、犯人が将棋に詳しい人間ではないか、と疑いを抱く。事件当夜、賭け将棋で生活する真剣師・大野木(松田賢二)が西片を訪ねてきていたことがわかった。大野木はプロ棋士の養成機関・奨励会で西片と同期。将棋の観戦記者・畑(蟹江一平)も2人と同期だった。タイトル戦の裏に一体何が?チェスだけでなく将棋にも精通している右京の名推理ぶりは必見!』(番組公式HPより)

...
ブルー・カフェ  November 28 [Fri], 2008, 0:37
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
TO:池亀宏昭さん
返信遅くなってごめんなさい。
この回はやるせない回でしたね。
西片さんはストイックな人だったんでしょうなあ。
僕も自殺する必要なんかないのにと思いましたよ。
大野木さんは、西片さんが八百長で買ったと思っているとか、
悩んでいるとか、想像もしてなかったから、
説明する気にはならなかっただろうしなあ。
松田賢二顔で何も話をしないというのは、
かなりプレッシャーを与えてますけどね(苦笑)
May 15 [Sun], 2011, 22:51
池亀宏昭
今回は本当に悲しい話だったと思います。しかも、大野木は本当は八百長などしていなかったのに、西片は自分がプロになれたのは大野木の八百長のおかげだと勘違いしてそれに追い詰められて自殺したことを考えるとなおさらだと思います。でもたとえプロのなれたのが八百長のおかげだったとしても死ぬことなんてなかったと思います。むしろ大野木の分までプロで頑張らなければならなかったのではないかと思います。人間は一度死んでしまったら二度と生き返ることはできないのだから。
それにしても大野木のほうもいくら久しぶりに西片にあって言葉が出なかったとはいえ自分から会いにきたのなら何か話せばよかったと思いす。そうすれば西片が勘違いすることもなかったのではないかと思います。
May 11 [Wed], 2011, 20:06
TO:なおみさん
2人にとっては、名人となって活躍する西片の姿が希望だったのに、
西片にとっては、そんな二人の姿が苦痛だったんですからねえ。
もうちょっと話すればいいのにと思っちゃいましたよ。
(それだと、ドラマにならないのですが)

たぶん、次回は、それこそ、
引っ掛かり感が後を引くストーリーになると思いますよ。
November 28 [Fri], 2008, 23:07
まっつーさん、こんばんは。

>すべての問題を解決することはできず、切なさややるせなさが残る・・・。
それが『相棒』のいいところなんだと思う。

ああ〜そうだと思います。そのスッキリしない
引っ掛かり感が後を引くんでしょうね・・・。
それにしても悲しいですね。あの2人にしてみれば
「なりたかった自分」「なれなかった自分」だから
憧れと期待とで見ていたのに、全部裏目に出ていたとはねぇ。
November 28 [Fri], 2008, 0:42
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE