相棒4第13話

August 31 [Sun], 2008, 2:08
実は、昨日は、亀山薫、相棒卒業のニュースで一日、落ち込んでました

『相棒』新シリーズをもって寺脇康文が水谷豊とのコンビを“卒業”
俳優・寺脇康文が、水谷豊とのコンビで難事件を解決していく人気ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)を卒業することが28日(木)わかった。同作は10月より新シリーズ「season7」がスタートするが、寺脇の出演は同シリーズが最後に。放送前に主要キャストの卒業発表は異例だが、同局プロデューサー・松本基弘氏は「社内外から批判があったが、リアリティを追求するには亀山(寺脇)は去らなければいけない」と説明し、寺脇も承諾。「亀山薫の生き様を、皆様の目に焼き付けて頂ければ」と最後まで全力で演じきることを宣言した。
同作は、00年に『土曜ワイド劇場』の一作品として産声を上げた。02年には連続ドラマとしてスタートし人気が定着、今年のGWに公開された映画『相棒―劇場版―』も08年度上半期上映作品として興行収入・観客動員数ともに1位という大ヒットを記録した。
優秀なキャリア組でありながらも、その“変人”ぶりが災いし、出世コースから外れた杉下右京警部(水谷)と、警視庁のリストラ対象にされた上に、杉下と組まざるを得なくなった亀山薫巡査部長(寺脇)。“人材の墓場”とまで言われた特命係に追いやられてしまった2人の活躍を描く。寺脇演じる亀山の卒業について松本プロデューサーは「(ドラマ設定では)“変人”杉下の下について6人の刑事が辞めていった。常にリアリティを追求してきた作品だし、さらに進化をするために決断しました。賭けですね、ハッキリ言って」と苦渋の決断であったことを明かす。
松本プロデューサーから直接“卒業”を言い渡された寺脇。当初は困惑したようだが「亀山薫のこと、俳優・寺脇康文のことをとても大事に、そして真剣に考えてくれているその“思い”を受け止め、気持ち良く卒業させて頂くことにしました」と、今回の決断に対し前向きに共感した。8年間に渡って“相棒”としてコンビを組んできた水谷にとっても、今回の寺脇の卒業は、まさに寝耳に水。だが「確かに今や亀山君も特命係に流されて2人が出会った頃の僕の年齢になりますしね。彼の更なる進化を期待します」と“相棒”の新たな門出を祝福した。
ファンにとって気になるのは、具体的な“卒業方法”。これまでの刑事ドラマといえば、壮絶な“殉職シーン”が通例だが、松本プロデューサーは「こればかりは観てのお楽しみとしか言えないのでご了承下さい! ですが『相棒』は、これまでの刑事ドラマに捉われない形で制作してきたので、卒業に関しても期待して欲しい」と胸を張る。亀山が卒業してもシリーズはそのまま継続し、タイトルもこれまで通り『相棒』のままだという。松本プロデューサーは、具体的な明言を避けたが、新たな“新・相棒”の登場も予感させるものがあり、新シリーズ「season7」に俄然注目が高まる。
ドラマ『相棒 season7』は、10月より毎週水曜日、夜9:00より放送開始(初回は2時間SP予定)。

杉下を新レギュラーと組ませるのでしょうねえ。
杉下右京と亀山薫、このコンビだからこその『相棒』だと思うんだけどなあ。
伊丹の「特命係の亀山ぁー」の嫌味ももう聞けなくなっちゃうのね。寂しい
相棒ファンの声が届いて、この構想、ひっくり返らないかなあ


で、第13話『最後の着信』  脚本:櫻井武晴 監督:西山太郎
脇幸太郎@桐谷健太が、公園の階段からの転落による打撲により死亡。
この脇、3年前に覚醒剤所持の逮捕歴があることがわかり、
麻薬の売人だった可能性が出てきたため、
捜査本部は、事故と事件の両面から捜査することに。

しかし、脇は、実は、警察の情報屋(エス)だったことが判明。
3年前に逮捕された際、出頭扱いにして、罪を軽くしてもらった代わりに、
以後、麻薬捜査のエキスパート菱沼刑事@中西良太のエスとなった。
そして、脇を利用して違法捜査も行い、菱沼刑事は功績を挙げてきたらしい。
この裏事情を杉下@水谷豊たちに教えたのは、
同業者(警察)から最も嫌われている人大河内監察官@神保悟志
大河内監察官のラムネを噛む音だけでも、頬が緩んでしまう

脇は結婚を機に、足を洗おうとしていた。
裏事情を知りすぎてる脇を、菱沼刑事が殺害したのではないのか?
・・・と思わせておいて、
犯人は、お好み焼き屋さん
動機は、関西育ちの脇に、お好み焼きの味をけなされたから。
でも、この犯人、同情しちゃったよ。
店を出た後に、ばったり出会った脇に、更にケチをつけられて、
階段で絡んでくるのを振り切ったら、脇が階段から転落死。
うーん、僕も同じシチュエーションだったら、やはり逃げちゃうと思う。

何より、この犯人が可哀相に思えるのは、
違法捜査をやっていた菱沼刑事はお咎めなしになってしまったこと。
菱沼刑事の方が余っ程悪質に見えるんだけどなあ
「いいんですかね、それで?」と異議を唱える角田課長@山西惇
「自分の立場が判って言ってるのか?
所轄の薬物担当が違法捜査をした。
そうなったら、その責任は誰のところにくるんだ?
上に立つ者は、よく考えてから、口を開け!」

と、叱咤する内村刑事部長@片桐竜次
この人って、ある意味、日本の社会を象徴してる人だよねえ。
こういう人のいる役所や会社が、謝罪会見とかする羽目になるんだよ

脇が売人の世界から足を洗おうとしたのは、
白坂由美@黒坂真美という女性と結婚を考えていたため。
しかし、由美は、脇がヤクの売人だったことを知ると軽蔑し、
結婚しようと言ったのは、お酒の席での嘘に過ぎなかったと告白。
「刑事に言いように利用されたのも、彼女にあのように言われたのも、
薬物に手を染めた報い」
と冷淡な杉下。
そう聞いても、割り切れない亀山@寺脇康文
「そこがキミのいいところなんでしょう・・・」
と、杉下は声をかける。
うん、ある意味、超越している杉下に、
庶民目線で会話できるのは、亀山だけだと思うんだけどなあ。
やはり、引退は撤回してほしいですよ

★土曜ワイド劇場枠の感想★
第1話

★相棒4の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第12話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話

★相棒6の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/1472
Trackback
Trackback URL:
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE