相棒4第6話

August 07 [Thu], 2008, 0:32
『殺人ヒーター』  脚本:櫻井武晴 監督:近藤俊明
今回は、ヒーターを使った連続放火事件
標的は企業のオフィスであることから、
トリオ・ザ・捜一は、その企業に恨みのある客や従業員を探すが、
該当しそうな人物は見当たらない。
途方にくれる捜査陣に杉下@水谷豊が与えたヒントは、
「従業員になれなかった人では?」
その結果、その会社に不採用になった男を逮捕することに成功
この男、筆記試験は満点・簿記一級の資格はあるのに、
人格的にかなり問題があるのが明らかで、面接で落とされており、
自分を不採用にした会社を人を見る目のないバカ扱いして、放火を繰り返していた。
確かに、こういう協調性のない人は、たとえ能力があっても、不採用にするだろうね。
でも、こういう勝手な人、結構、いそうだよなあ

この放火魔、犯行は認めたものの、死者の出た3件の事件は関与を否認。
そのうちの一件、ヨツバ電機の火災で労働組合長が死亡した事件を調べる中で、
杉下と亀山@寺脇康文は、3件がまったく違う事件だと知る。
3件の火災は、ヨツバ電機の開発した充電式暖房機の欠陥によるものだった。
この暖房機、ある周波数の電波を飛ばすと誤作動で勝手に点火、
その周波数が、タクシー無線に使われる周波数と同じで、火災を引き起こしていた。
しかも、ヨツバ電機の社長@峰岸徹・元設計部長@嶋田久作・工場長@笹野高史は、
この欠陥を労働組合長から指摘されながら、あえて無視していた

杉下曰く「無責任の連鎖」
勝手に点火する殺人ヒーターも怖いが、
この無責任な企業体質がそれ以上に怖いと感じさせられた。
殺人犯や放火魔はすぐ逮捕できても、ヨツバ電機の面々をすぐに裁くことはできない。
切れ者の杉下にも、熱血漢の亀山にも、それ以上は何もできない。
この不条理が、『相棒』らしく感じさせられました

★土曜ワイド劇場枠の感想★
第1話

★相棒4の感想★
第2話 第3話 第4話 第5話

★相棒6の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/1414
Trackback
Trackback URL:
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE