相棒4第2話

July 31 [Thu], 2008, 23:25
昨日から、東京では『相棒4』の再放送が始まりました。
10月から『相棒7』が始まり、
来年には鑑識課の米沢@六角精児を主役にしたスピンオフ映画が公開
されるそうで、今から楽しみです。

『殺人講義』  脚本:古沢良太 監督:長谷部安春
マンションで服毒自殺と見られる女子大生島田加奈子の遺体が発見され、
遺書もあったことから、捜査1課は自殺と断定するが、
納得できないマンションの管理人が現れ、
杉下@水谷豊亀山@寺脇康文が捜査を開始する・・・という内容。

で、真犯人は、加奈子の愛人だった春日教授@石橋蓮司
心理学の教授である春日教授は、加奈子のメモを遺書に利用するわ、
プレゼントした毒入り紅茶にカビを混ぜることで、
加奈子本人に紅茶を破棄させるように仕向けるわ、
知的に犯行を企てており、杉下でさえ、証拠を見つけることができない。
石橋蓮司の怪演が素晴らしい
鷹揚な春日教授が次第に追いつめられていくところが観ていて楽しい。
毒入り紅茶を飲まされたと思って、慌てるところとか最高。
そういえば、石橋蓮司は、『ゴンゾウ』の第1話でも、
大学教授っぽい犯人役で登場してましたね。
杉下が紅茶という趣味から、犯行手段を見抜いたり、
名刺入れについていた指輪の跡から、春日教授を犯人と気づく
という推理も、『相棒』らしさを感じました
「流石だね、杉下君・・・」

鑑識・米沢が右京&薫の本家『相棒』コンビに宣戦布告? 『相棒』スピンオフ映画誕生
2000年に2時間ドラマでスタートし、その後連続ドラマとしてシリーズ化された「相棒」。今年5月には劇場映画『相棒−劇場版−絶体絶命!42.195km東京ビッグシティマラソン』が公開され、44億円を超える興行収入を記録し今年の上半期No.1に輝き、“相棒”ブームが日本中を席巻した。この人気作品において、主人公の杉下右京と亀山薫コンビに次ぐ人気を誇るのが、鑑識課の米沢守である。このたび、この米沢を主人公にしたスピンオフ映画『相棒シリーズ「鑑識・米沢守の事件簿」』が誕生。2009年の春に公開が予定されている。7月23日(水)にクランクアップ間近の本作の記者会見が行われ、主演の六角精児、萩原聖人、そして水谷豊、寺脇康文、長谷部安春監督が出席した。
長きにわたる「相棒」シリーズにおける初のスピンオフ企画で、主人公を演じることになった米沢役の六角さん。普段と異なり、この日の会見でも5人の出席者の真ん中に立ったが、少し落ち着かない様子。初めてこの企画を知らされたときの気持ちを「最初は正直、実感がわかなかったです。『いったいどういうことなんだ? そんなことってあるのか?』って気持ちで他人事のようでした」とふり返った。実際の撮影に入ってからについては「いつも通りの気持ちで演じようと心がけて撮影に臨んだのですが、出番の多さに目が回りました(笑)。主役を演じる人たちが精神的、肉体的にいかに大変なのかということが、ほんの少しではありますが分かりました」と語った。さらに、普段の撮影との違いについて聞かれると「メイク直しの回数が増えました。脇役のときはほとんどメイクを直されることなんてなかったんですが、『いままでは一体何だったんだ?』と思うくらい(笑)、増えました」と語り報道陣の笑いを誘った。
今回の物語は、劇場版でテロ予告が起きた東京ビッグシティマラソンからスタート。そこで米沢は、かつて自分の元から逃げていった妻によく似た女性を見つけるが、その女性が死体で発見される。この事件を追う中で彼は、萩原さん扮する千束署の刑事・相原と出会い、互いに協力して事件の解決に挑んでいく。
萩原さんは撮影について「うんざりするほど毎日、六角さんと顔を合わせています」と苦笑交じりに語った。そんなに毎日会っていながらこの2人、休みのときにも一緒に出かけたりするそうで「一体どういう関係なんでしょう(笑)?」(六角さん)と、本人たちも不思議そう。これについて水谷さんは「この会話聞いているだけでこのコンビの素晴らしさがよくわかりますね。よっぽど楽しかったのか、不安だったかでしょう(笑)」とコメント。さらには監督が「毎日同じ顔ぶれで、うんざりしてたのは僕だけじゃなかったんですね(笑)」と語ると、六角さんは「うんざりしてなかったのは僕だけですか!?」と心外そう。このやり取りに会場は再び笑いに包まれた。寺脇さんは「六角さんは、主演なのにいまだに電車で現場に通ってて、マネージャーさんが付いて来ないときもあるんですよ」とその変わらぬ素朴な様子について語り「『相棒』のロゴの横にあるいつもの薫と右京さんのシルエットが、今回は米沢・相原コンビになってますが、この2人の佇まいにぴったり合ってます」と米沢・相原コンビに賛辞を送った。
ちなみに、長谷部監督は本作の原作小説「相棒シリーズ 鑑識・米沢の事件簿 〜幻の女房〜」(宝島社文庫刊)を執筆したハセベバクシンオーの実の父。「ハセベバクシンオーさんと映画について話をしたか?」という質問に監督は「いや、うちはあんまり父と子の間の会話がないもので…」という身もふたもない答えで再び会場を笑いに包んだ。
今回ばかりは主役の座を六角さんに譲った水谷さんと寺脇さん。水谷さんによると2人の出番は「いくつかのポイントでチラッ、チラッと出るだけ」とのことだが、ポイントごとに重要な役割を果たすという。水谷さんは今回の企画について「ドラマが映画化され、それがさらにスピンオフになるなんて、一生経験できないことですし嬉しいです」とコメント。寺脇さんは「最初は、どれだけ調子に乗ってんだ? と思いました(笑)。撮影は今日だけだったんですが、もうちょっと出たかったな、という気持ちです」と残念そうな表情を見せた。10月からはTVシリーズのシーズン7もスタートすることが決定。薫&右京のコンビもまだまだ楽しませてくれそうだ。
萩原さんは、本家の水谷さん&寺脇さんのコンビと自分たちを比較しつつ「僕と六角さんのコンビは短いですが深い付き合い。即席には即席のおいしさがあります!」と意気込みを語った。さて、その味やいかに? 『相棒シリーズ「鑑識・米沢守の事件簿」』は2009年春、全国にて公開予定。

「相棒」第7弾 10月から放送決定
水谷豊(56)寺脇康文(46)の名コンビで人気の刑事ドラマシリーズ「相棒」(テレビ朝日)の第7弾が10月から放送されることが決まった。このほど、東京・東大泉の東映撮影所で行われた映画「相棒―劇場版―」のスピンオフ作品「鑑識・米沢守の事件簿」(監督長谷部安春、09年春公開)の製作発表で明かされた。今年3月に放送を終了した第6弾がシリーズ最高の平均視聴率16・1%を記録したことや、公開中の劇場版が21日現在で動員368万人、興行収入44億2000万円を叩き出し08年上半期の劇場公開作品の興収で1位になったことが追い風となった。会見に出席した水谷は「映画の第2弾?誰かが言いだすのを待っている状況です」と笑顔。一方「鑑識…」で映画初主演する米沢守役の六角精児(46)は「出番の多さに目が回っています」と語った。

★土曜ワイド劇場枠の感想★
第1話

★相棒6の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/1398
Trackback
Trackback URL:
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE