仮面ライダー龍騎VOL.10

July 17 [Thu], 2008, 23:58
第37話 眠りが覚めて  脚本:小林靖子 監督:長石多可男
神崎優衣の命を狙う擬似ライダー・オルタナティブ登場
擬似ライダーという設定ですが、
『龍騎』に出てくる仮面ライダーより、仮面ライダーっぽい造型。
契約モンスターサイコローグは、コオロギのモンスターだし。

「ライダーになった以上、戦い続けなければ、死ぬしかない。
それに、無かったことにするには、戦いすぎた・・・」

小川恵里が意識を取り戻したものの、は戦い続けることを宣言。
実は、小川恵里はいつ意識を失ってもおかしくない状態だったんですなあ。
そもそも、なぜ昏睡状態に陥ったのか、なぜ意識を取り戻したのか、まったく不明。
蓮としては、戦い続けるより、しょうがなかった

蓮を戦わせたくない真司君が、頼りにしたのは、
「私たちは知ってるんですよ、ミラーワールドを閉じる方法を」
と話していた香川教授
そんな真司君に香川教授は語る。
「ミラーワールドを閉じるのは、まさに英雄的行為が必要なんですよ。
例えば、10人の命と1人の命、
どちらかだけを救えるとすれば、どちらを選びますか。
いいですか、多くを助けるために、
一つを犠牲にできる勇気を持つ者が、真の英雄なんです。
あなたにその勇気が認められたとき、
私たちはあなたにすべてをお話しましょう。」


いよいよ出てきましたねえ、英雄というキーワードが。
この回は、龍騎サバイブファイナルベントドラゴンファイヤーストーム
初披露された回だったのですが、
(赤龍がバイクに変形、ウィリーして火炎弾を吐くという凄いシロモノ)
この香川教授の台詞の方がインパクトがあった。
神保悟志の演技がまた素晴らしい

あと、大久保編集長が、無断欠勤の続く真司君をクビにせず、
「できることはなるべくやっとけよ」と言ったのも、かっこよかったです。

第38話 狙われた優衣  脚本:小林靖子 監督:長石多可男
真司君にミラーワールドを閉じる方法を明かす東條悟
その方法とは、神崎優衣の死
「大勢の人が助かるとしたら、小さな犠牲だよね。」
とあっさり言う東條悟だが、期待していた真司君は愕然としてしまう。

その神崎優衣を狙うオルタナティブ
オルタナティブの正体、真司君は東條悟だと思い込むが、実は仲村創
そして、オルタナティブを倒したタイガの正体こそ、東條悟。
チーム香川がタイガのカードデッキを三つ持っていましたが、
そのうち二つは、香川教授が作った試作品という設定だそうだ。
てっきり、三人が変身&合体して、タイガになるのかと思ってました。
同じチーム香川の一員である仲村を殺害し、
「僕も優衣ちゃんを殺してしまうのがいやになったんだ。
仲村君には、悪いことをしたかも・・・」

と涙ぐみながら、呟く東條悟、不気味なヤツです
平成ライダーで一番何考えているのか理解できないキャラだ。
あと、この回ぐらいから、真司君に、心の余裕が無くなってきてるね。

複数の人の命と1人の命・・・
1人の命を犠牲にして、複数の人を救おうとしたのが、香川教授で、
複数の人の命を犠牲にして、1人の人を救おうとしたのが、神崎士郎だったのよね。
思えば、昭和ライダーは、複数の人を救うために、1人(改造人間)を犠牲にしてきた。
香川教授は、龍騎ワールドの中の昭和ライダーのような存在に思える。
オルタナティブが、仮面ライダーっぽい造型なのは、深いのかもしれない。
そして、真司君は・・・複数の命と1人の命、どちらを選ぶべきか、最後まで迷い続ける・・・。
 
第39話 危険のサイン  脚本:小林靖子 監督:鈴村展弘
「あなたみたいな人間には、到底理解できないでしょうね。
私達の英雄的行為が・・・」
「英雄?優衣の命を奪うのが、英雄か?」

神崎優衣の殺害を目論む香川教授に戦いを挑もうとする
しかし、香川教授に「お父さん」と駆け寄る少年が!
後から、優しそうな奥さんも登場。
香川教授が妻子持ちであるのを知り、愕然とする蓮。
でも、香川教授が良き家庭人であるという設定が、
ミラーワールドを閉じようと奔走するのを納得させてくれるのよね
香川教授は、偶然、神崎士郎のファイルを見てしまい
内容は理解できなかったものの、その記憶力からカードデッキを作成し、参戦。
きっと自分の家族を犠牲者の一人にしたくなかったのでしょうね

香川教授の変身したオルタナティブ・ゼロと戦うナイトは、
序盤は優勢に戦いを進めるが、
攻撃パターンをも憶えてしまう香川教授の記憶力の前に、次第に劣勢に。
記憶力が戦いにも活かせるという設定は、いいですね

一方、真司君は、東條悟と共に、レイヨウのモンスターと戦う。
この回、香川教授と東條悟の変身シーンが初披露されましたが、
両方ともかっこいいのよね
香川教授がカードデッキを宙に投げるのは、まったく意味がないと思うけど(笑)、
それを言っちゃうと、変身ポーズそのものが意味がないので、まあいいでしょう♪

龍騎はモンスターを倒し、ホッとしたのも束の間、
仲間と思っていたタイガにいきなり背後から攻撃されてしまう。
・・・やると思ってました
東條悟は、絶対背中を見せちゃいかん相手だと思う。
「君も仲村君と同じだから。
一つを犠牲にする勇気を持たない人間にライダーはやってほしくないかなあ。
仮面ライダーは英雄でないと。」
「仲村君の為に泣いたのは、本当なんじゃないかな。残念だったし。
城戸君の為にも泣くかも。」

もう何がなんだか、全然わかりません
東條悟に比べると、まだ芝浦淳が可愛く見えてくるよ。
だいたい、タイガは、斧といい、虎の爪といい、
標的を引きずり回すファイナルベントといい、重くて痛そうなんだよ

第40話 兄と妹の記憶  脚本:小林靖子 監督:鈴村展弘
タイガの奇襲で変身解除&失神してしまい、絶対絶命の真司君
香川教授東條悟を制止したお蔭で命拾いしたものの、
「ライダーは、皆、自分が正しいと思ったことをやってるだけなんだ・・・」
と、真司君は落ち込んでしまう。
が寂しそうなのが印象的。
真司君が戦いをとめようとすると邪魔に感じるのに、
何もしようとしなければ、それはそれで気になるのでしょうね。

北岡先生の妨害も空しく、浅倉威はまたも脱獄に成功。
この回の浅倉の台詞「ここか、祭りの場所は・・・」は、
「人間は、皆、ライダーなんだよ」と並ぶ平成ライダー史に残る名台詞だと思う
でも、この回の主役は、浅倉ではないのよね。

「香川、おまえが英雄になるチャンスを与えてやる。
おまえの家族にモンスターをつけておいた。
オルタナティブのカードデッキを渡し、全て破棄するか、
このまま、俺の邪魔を続けるか、おまえが選べ。
多くを助けるため、一つを犠牲にする勇気・・・だったな。」

香川教授に苛酷な決断を迫る神崎士郎
最後の「多くを助けるため、一つを犠牲にする勇気・・・だったな」が強烈だ
優衣を殺して、英雄になろうと考えている香川教授への復讐でしょうな。

対峙する士郎と香川教授のもとに駆けつける蓮と東條悟。
「神崎君、そんなの無駄な脅しだよ。
香川先生は英雄なんだから。
一つの犠牲だよ、それぐらいいいと思うけど。ね、先生♪」

人の命の重さを感じない東條らしさが出てるよ
「簡単に言うな!」
香川教授とはそりは合わないものの、東條悟に怒りを感じるのも、蓮らしい。

そして、香川教授の出した結論は・・・
「答えは出てるんですよ、最初からね。」
と、言い放つや、オルタナティブ・ゼロに変身
「邪魔を続けるというわけか。家族に伝えることは?」
と言う士郎に、
「・・・ありませんよ。」
と、背中越しで答えるオルタナティブ・ゼロ。
香川教授はたぶん家族がモンスターに襲われる可能性を考えて、
英雄になろうと考えたんじゃないかと思うのだ。
それくらい、家族思いの人なのに、この決断をするとは・・・かっこよすぎる

オルタナティブ・ゼロ&タイガは、ナイトサバイブと戦闘開始。
ナイトサバイブがトリックベントで分身の術を使うと、
オルタナティブ・ゼロは、アクセルベントで瞬間移動し、分身を一体ずつ倒していく。
圧巻だったのは、フアイナルベント対決。
オルタナティブ・ゼロのフアイナルベントデッド・エンドは、
サイコローグがバイクに変形し、コマのように高速回転して体当たりする
という、何というか、開いた口が塞がらないシロモノ。
変身ポーズといい、インパクトがあります。

オルタナティブ・ゼロ&タイガvsナイトサバイブの祭りの場所に、
王蛇・ゾルダ、そして、龍騎が続々参戦
「香川さん、あんたの家族、無事だよ・・・」
と、モンスターを追い払ったことを知らせてあげる真司君。
真司君と香川教授はいつか手を組む日が来ると思っていたのになあ

★今までの感想★
VOL.1 VOL.2 VOL.3 VOL.4 VOL.5 VOL.6 VOL.7 VOL.8 劇場版 SP VOL.9
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/1361
Trackback
Trackback URL:
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE