あんどーなつ第2話(7.14)

July 15 [Tue], 2008, 23:45
満月堂ほおずきという菓子を買いに女性客鈴子@大森暁美が来店。
しかし、ほおずきは、満月堂の先代の主人が弦担ぎで封印した菓子。
もうほおずきが売られていないことに傷心の鈴子。
実は、余命いくばくもない鈴子の父にとって、ほおずきは思い出の菓子であり。
亡くなる前に、食べさせてあげたかったんですなあ。
事情を聞いて、「何とかします」と口約束をしてしまう奈津@貫地谷しほり

そして、奈津は・・・こっそりほおずきを見様見真似で作ろうとするが、
案の定、梅吉@國村隼に見つかり、こっぴどく叱られてしまう。
事情を知った梅吉は、鈴子に渡すほおずきを作ったものの、
「こいつを届けたら、おまえさんの仕事は終わりだ」
と、奈津に破門を宣告をしてしまう。
そりゃあ、そうでしょうねえ
奈津が個人的にほおずきを渡すのならともかく、
満月堂のほおずきとして、渡しちゃったらいかんでしょうね。
鈴子の父親だって、思い出の味と違うとがっかりするだろうし。

破門を言い渡したものの、梅吉にも奈津に共感するところがあったのでしょう。
心を入れ替えると誓った奈津にほおずきを食べさせると、
「そいつは俺が作ったんじゃない。
満月堂というのれんが作らせてくれてるんだ。
明日から、そのこと忘れずに、作業場に立て。」

と諭し、破門は取り消し
ほおずきは、満月堂の新作に決定
梅吉の厳しさ・温かさが伝わるストーリーが心地よかったです。

梅吉は、奈津にこんなことも言ってましたね。
「おまえさん、何のために店に立ってるか、考えたことがあるか。
満月堂の饅頭を食べたいと来てくださるお客様の顔をたくさん見るためだ。
饅頭こさえるときにそれを知ってると知らないでは、まるで違う。」

のれんを大切に思う気持ち・お客様を大切に思う気持ち、
それがあったら、食品偽装問題など起きないんじゃないかなあと考えちゃいました

★今までの感想★
第1話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/1356
Trackback
Trackback URL:
満月堂で修行を始めた奈津に、
ほおずきの試練が訪れる!
奈津は福井出身って原作通りなの?ネタなの??


あんどーなつ 2?江戸和菓子職人物語 (2) (ビッグコミックス)
西 ゆうじ
JUGEMテーマ:エンターテイメント
fool's aspirin  July 16 [Wed], 2008, 7:44
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE