劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINALディレクターズカット版

June 17 [Tue], 2008, 23:48
シリーズ最終章と銘打たれて、公開された作品。
なので、TV本編は、この劇場版のちょっと前という中途半端な段階で
終わっちゃうのかなあと、当時、思ってました。

以下、ネタバレを含めた感想です。
脚本:井上敏樹 監督:田崎竜太
この劇場版が始まった時点で生き残っているライダーは、
龍騎・ナイト・ゾルダ・王蛇・その他2名の計6人。
真司君と霧島美穂の恋模様、神崎優衣の秘密、ライダー達の最期
がストーリーの中心となっていました
僕自身は面白かったけど、ヒロインが自殺というのは、
子供向けの作品としては、キツイ内容だったかもしれない。
公開当時は、これが最終回だと思ってたので、
こんな凄惨な結末になっちゃうのかあ・・・と衝撃を受けちゃったもんなあ

あとは、思ったことをいくつか

・実は、物語のきっかけを作っていた真司君
TV本編では、たまたまカードデッキを手にしてしまったために、
物語に巻き込まれてしまったと思われてきた真司君でしたが、
どうやら龍騎になったのは、偶然ではなく、必然だったらしい。
子供の頃、ある少女と遊ぶ約束をしたのに、雨が降ったため、真司君は行かなかった
その少女こそ神崎優衣。
真司君が行かなかったために、優衣はミラーワールドの呪いがかかってしまった。
真実を知り、苦悩する真司君。本当に、この人は、苦悩の人だ

・あまり見せ場はなかった蓮
蓮の見せ場は、ラストくらい。
真司君を唯一の友と認めた上で、宣戦布告。
TV本編の二人の関係を考えると、
最終回でここまで変わるかという感じだ。
真司君の「死ぬなよ、蓮・・・」という台詞も熱い。
井上敏樹は、男の友情を書かせると上手いなあと思う。
しかし、それでも、真司君を倒してでも、恋人は救いたいのね

・呪われた神埼兄妹
神崎優衣は、少女時代、真司君に遊ぶ約束をすっぽかされ、
ミラーワールドに入った結果、20歳の誕生日に消える運命にあった
モンスターは、自分を守ってくれるものとして、優衣が描いたもの。
優衣を呪われた運命から救うために、神崎士郎はライダーバトルを始めた・・・と。
妹のためなら、手段を選ばない士郎は、『カブト』の天道総司のモデルだったのかな?
士郎をとめるために、自殺する優衣ですが、
描き方は違うものの、ある意味、TV本編も同じような選択をしたんだよねえ。

・脱落した北岡先生
病状が更に進行している北岡先生は、
ライダーとして戦うことが虚しくなり、脱落。
TV本編と違い、浅倉が死亡してるから、戦う理由もなくなっちゃったのね。

・結構、あっけなかった浅倉威
劇場版での浅倉は、姉を殺害したことから、霧島美穂に命を狙われてます。
もっとも、浅倉本人は、それも楽しんでるようでしたが。
数々のライダーを葬ってきた王蛇ですが、真っ先に退場。
ユナイトベントで合体させたジュノサイダーが、
リュウガファイナルベントで倒され、ファムにとどめを刺されてしまう。
消滅が確定しても、笑っていたのは、浅倉らしかったですけどね。
ジュノサイダー、結構、弱いのよね。
ファイナルベントドゥームズデイのお披露目は、またお預けになってしまいました

・仮面ライダーファムこと霧島美穂
TV本編では登場しなかったライダーにして、初の女性ライダー。
『アギト』の翔一君の姉さん沢木雪菜岡村可奈のことは、触れてはならない(笑)。
霧島美穂は、姉を浅倉に殺害されており、姉の復讐と蘇生のために、戦いに参戦。
演じた加藤夏希の存在も含めて、いいキャラでした。TV本編にも出てほしかった。
ファムは、女性ライダーらしく、優美な造型。
ただ、強くはなかったね。
美穂が、龍騎のカードデッキを盗もうとしたのも、無理もない。

・仮面ライダーリュウガ
TV本編では登場しなかったライダー。
公式本によると、偽真司は、『ミラーワールドが生み出した邪悪な心を持つ鏡像の真司』
ミラーワールドのモンスターは、少女時代の優衣が描いた絵が実体化したものだったので、
優衣が真司君の似顔絵を描いたのかなあと、僕は勝手に思ってます。
“漆黒の龍騎”という造型のリュウガは、存在自体が強そうでした。
「俺達が一つになれば、最強のライダーになり、神崎優衣を救うことができる」
なんて、殺し文句も言っちゃうし。
人間ではなかったせいか、龍騎が唯一倒したライダーになりました。
リュウガのスーツアクターは、岡元次郎
『アギト』のG4、『龍騎』のオーディン・王蛇、『剣』のレンゲル、『カブト』のコーカサスetc
強敵キャラを演じさせたらピカ一ですな
イクサも頑張ってほしいものです。

・龍騎サバイブ・ナイトサバイブ
龍騎サバイブは、この劇場版が初のお披露目。
しかし、ラストに唐突に出てきちゃったお蔭で、
龍騎vsリュウガの緊張感が消えてしまった気がする。
だったら、サバイブのカード、使えばいいのにと思ってしまった。
二人のサバイブ体が、モンスターの大群に突撃していきましたが、
世界は救われたのかねえ

・ゲスト
『劇場版アギト』では、藤岡弘が警視総監役で出てましたが、
この作品では、『アギト』の出演者がゲスト出演。
今では、恒例行事となったものの、公開当時は、嬉しかったなあ。
北條透焼肉を食べようとしてたことが笑えた。
青海苔まみれになっちゃってたけど

★今までの感想★
VOL.1 VOL.2 VOL.3 VOL.4 VOL.5 VOL.6 VOL.7 VOL.8
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/1295
Trackback
Trackback URL:
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE