仮面ライダー龍騎VOL.7

May 27 [Tue], 2008, 22:56
第25話 合体する王蛇  脚本:井上敏樹 監督:長石多可男
かつて火事で家族を失っていた浅倉威
桃井令子から、弟が生きてることを聞いた浅倉は、
「弟に会えば、変われるかもしれない・・・」と漏らす。
ライダーの気持ちを変えることで戦いをとめたいと考えていた真司君は、
兄との対面を渋る暁を令子と共に説得。
浅倉兄弟が無事再会しますが、浅倉はやはり浅倉だった
火事は、浅倉自身が火をつけたものであり、
暁と会いたがったのは、暁を殺害するためのものだった。
哀れ、暁は、ベノスネーカーに丸呑みにされてしまう
うひゃあ、兄弟で観てたら、不信感ができちまうぞ。
というか、わざわざ暁を連れて行った真司君と令子が悪いね。
余計なことをやっちまったって感じです
『キバ』で、ルークがお世話になった定食屋親子を殺害したのと同じく、
浅倉の凶悪さを視聴者に印象づけるためのエピソードだったのでしょうね。
『超光戦士シャンゼリオン』を観ていた僕としては、
萩野崇が演じた主人公涼村暁と同じの名前が使われていて、
浅倉が吐息混じりに「暁・・・」とつぶやくのに、ニヤっとさせられました

浅倉の凶行に怒る真司君と
北岡先生もなぜか参戦して、龍騎&ナイト&ゾルダ vs 王蛇の戦いに。
「悪く思うな。おまえにはうんざりなんだよ。」
北岡先生の心底うんざりしてる口調がGOOD
しかし、王蛇は、ライアの契約モンスターだったエビルダイバーとも契約。
三枚も契約のカードを持ってたんですなあ。
更に、ユナイトベントで、ベノスネーカー・メタルゲラス・エビルダイバーを合体させ、
ジェノサイダーを誕生させてしまう。
王蛇は、ただでさえ、厄介なのにのう

第26話 ゾルダの攻撃  脚本:小林靖子 監督:佐藤健光
浅倉威の考え方を変えるのに失敗した真司君は、
ターゲットを北岡先生に変更。
しかし、北岡先生は、真司君の手に負えるような人物ではなかった(笑)。
「ライダー同士、助け合おうよ♪」
という北岡先生の言葉に乗せられて、
真司君は、散々、雑用係として、こき使われてしまう
でも、北岡先生の考え方は変えられなかったものの、
真司君と北岡先生がだいぶ親密になったような感じがしました

北岡先生に脅しをかけた大滝
演じてたのは、『相棒』の伊丹こと川原和久。放映当時、全然、気がつかなかった
第27話 13号ライダー  脚本:小林靖子 監督:佐藤健光
が変身するのを目撃して、ライダーに憧れる少年に、
ライダー同士のバトルを見せることで、戦いは過酷なものだと教えるストーリー。
普通の特撮番組なら、ヒーローは子供にとって憧れの存在として描かれるものだが、
少年ライダー隊とか結成されちゃったり)
そこは、戦いを否定する『龍騎』・・・描き方も異色だ。

よくよく考えてみると、少年との触れあいが描かれたのは、今回くらいだ。
少女と絡むストーリーは多いのに。
真司君は、母親を失った少女の姿を見て、戦う決心をした。
そして、最終決戦でも、やはり少女が絡んでいる。
神崎優衣も、真司君が救おうとした少女といっていいだろう。
恋人を救おうとしたナイト同様、
龍騎も女性を救おうとした騎士だったということなのかな

「戦いを続けろ。
生き残った者は、私と戦い、力を得られるだろう。
13人目であるこの私と・・・」

13人目のライダーこと仮面ライダーオーディン登場。神々しい
龍騎・ナイト・ゾルダ・王蛇を四天王とすると、オーディンは別格という感じだ。
○○ベントの声も担当している小山剛志の声が、その存在感を際立たせている。
・・・オーディンと最後に戦うライダーは、当然、龍騎だろうと思ってました

第28話 タイムベント  脚本:小林靖子 監督:鈴村展弘
オーディンタイムベントで過去に吹っ飛ばされた真司君が、
運命を変えようと奔走するが、やはり運命は変わらない。
またしても、シザース・ガイ・ライアが散っていく。
元の時間に戻り、
「おまえたちの戦いは何も変わらない・・・」
と告げるオーディンに、
「いや、一つだけ変わった。
重さが・・・消えていったライダーたちの重さが二倍になった。
これ以上は増やさない。
人を守るために、ライダーになったんだから、ライダーを守ったっていい。」

と言い放つ龍騎がかっこよすぎる
そんな龍騎を見つめるナイト、無視するゾルダ
やりとりに興味なく、無性に戦いたがる王蛇
そのキャラクターらしくてGOOD

総集編でありながら、ただの総集編の域を超えたストーリーでした。
オーディンにタイムベントという能力があることが、
実は、ドラマの重要な伏線になっているのよね
それにしても、オーディンは、卑怯なくらい強い。
時間を操れることのできる敵というのが、一番手強いと思う。
『ジョジョの奇妙な冒険』も、ほとんどのラスボスは時間を操れるしなあ

★今までの感想★
VOL.1 VOL.2 VOL.3 VOL.4 VOL.5 VOL.6
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/1239
Trackback
Trackback URL:
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE