瓶花 

March 27 [Thu], 2008, 16:41
ユキヤナギ、鶏頭、ドラセナゴッド・・・


葉の整理が左右してきます。

鶏頭も1本で決めていて緊張感がありますね。

あぁ… 

February 17 [Sun], 2008, 16:58
着ぐるみが着たい・・・

直島☆パート1 アート編 

February 13 [Wed], 2008, 9:50
アートの島 直島(香川県にある小さな島)に行ってきました〜!!

一言でいうと 不思議な島でした。


写真何枚かUPします☆


1枚目・・巨大かぼちゃのオブジェが海の側にあります。
2枚目・・こんなオブジェもあります。
3枚目・・よく解らないこんな空間もあります。
4枚目・・可愛いイスがおいてありました。
5枚目・・鏡に私と家プロジェクトの「はいしゃ」が映ってます。
6枚目・・こんな赤いかぼちゃのオブジェもあります。
7枚目・・赤いかぼちゃの中から見る夕陽です。
8枚目・・こんなオシャレなイスもありました。

スポーツ 

January 30 [Wed], 2008, 12:03
には普段あんまし関心が向かないのだが、昨日の亀田戦はリアルタイムで見たかった。

 前日だか前々日あたりのワイドショーから亀田対内藤ってニュースを聞いたのだが、実際もてはやされてる亀田兄弟がホントに強いのか??なんてことはスポーツニュースすら見ない僕にとっても疑問だったワケで。長男の試合も怪しい感じだったしね。

 それにしてもあの記者会見は酷かったな。亀田ムダ口叩き過ぎ。対照的に内藤選手は何言われてもうまいこと流しちゃうところが大人の男だった。「弱い犬ほどよく吠える」なんて名言があるが、実際ホントに強い人は自分のことを強いなんて思っててもいわないしね。ムダ口叩いて負けてちゃかっこ悪すぎだから。
 ま、僕は亀田家みたいなヤツらがキライだからね。あんなのが目の前にいたらぜってー気分が悪くなる。内藤選手はこだわらないってオトナなこと言ってたけど、亀田に少しでもプライドがあるなら僕はしてほしいね切腹。生中継で全国ネットでさ。TBSさん、よろしく。



 今日は田中真紀子と福田総理の対決がニュースになってたけど、なんか亀田の記者会見みたいなことになってたな。ベラベラまくし立てる田中とうまいこと流す福田さん。

 田中真紀子には知性を感じないな。なんでこうマスコミがもてはやす(はやした)ヤツって知能が低いんだろう。福田さんがつい『カッ!』となっちゃうくらいにまで持ち込めないんじゃただの無能なおばさんだ。そんなのはウチの大学の事務塔にいる教務のSだけで充分だ。
 まぁそんなのを適当にあしらっちゃう福田さんはオトナだね。二人は犬猿の仲らしいけど、そこらへんを隠して答弁するのはさすがと言うか政治家らしい。この調子じゃ田中真紀子はただの引き立て役で終わりだな。アイツの給料こそ税金の無駄だ、議員クビにして永田町からつまみ出してほしいもんだ。



 ま、ダメなまま終わるならそれもよし、ダメならダメなりにがんばればいいさ!

31渡辺俊介 

January 17 [Thu], 2008, 15:21
僕の好きなピッチャーは、渡辺俊介です。なんと言ってもあのアンダースローがすごいですよね!

渡辺 俊介(わたなべ しゅんすけ、本名:渡邊俊介(読みは同じ)、1976年8月27日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手。ポジションは投手で、背番号は31。右投右打。






プレイスタイル
“世界一低い”アンダースロー
渡辺の投球フォームは山田久志らを彷彿とさせる現在では希少な「サブマリン投法」(アンダースロー)だが、渡辺は一般的なアンダースロー投手よりも更にリリースポイントが低い(地面から僅か5cm)。これは世界一低いと称され、打者のミートポイントより低い。
交流戦で対戦した谷繁元信(中日)は、渡辺のリリースポイントの低さについて「変な言い方ですが、渡辺君は一般的に言う『アンダースロー』じゃありません」と、その特異さを説明している。また、マウンドに手をぶつけてしまい、投球があらぬ方向に飛んだこともある。
調子が悪いときなどはリリースポイントがばらつき、手をマウンドに擦ることがあるらしい。また他のアンダースロー投手よりも体を低くして投球するため、投球する際に右足が地面に擦れて出血してしまうことがあった。そのためユニフォームの膝の部分にはパットが入っている。
球界でも彼だけが持つフォーム・球筋ゆえ打者から見て通常の投手とは打撃のタイミングの取り方は全く異なる。また特殊なアンダースロー投手ゆえに他球団の打者は彼を想定した打撃練習を行うことが難しい。
最大の武器は緩急である。彼独特の投球フォームによる技術として、モーション開始からリリースまでの時間を相手打者からほとんど気づかれずに変化させることで打者のタイミングを狂わすというものがある。
高低・左右を使った投球と比較して『前後』を使った投球としている。(テレビ番組「ZONE」の特集より)
球種は浮き上がるようなストレート、カーブ、高速シンカー、スライダー。
ストレートはMAXで135km/h前後であったが、投球スタイルの変更(後述)に伴い現在は130km/hに達するか否かという程度である。またこのストレートはフォーシームジャイロである。以前は回転がシュート回転していたり、ジャイロ回転していたりと安定しなかったが、2007年より意識してジャイロ回転のボールを投じるように修正したという。
シンカーは120km/h中盤でストレートと球速差がほとんどない。(ストレートよりも速いときもある。)このシンカーについて、橋本将捕手は「このシンカーは魔球です」とインタビューで答えたこともある。打者にとっては対策の取り辛いフォームからストレート並のシンカーが来る。よって対処するのに厄介である。また、たまに高めからストライクゾーンへ落とすこともある。
スライダーはストレートと同じ軌道・速度だが浮き上がらず低めに決まる。
スローカーブは90km/h前後。ストレート及びシンカーとの球速差は約30〜40〓/hとかなり大きい。
カーブは握りを微妙に変え、通常のカーブ、スライダーに近いもの、あまり曲がらずチェンジアップ気味に落ちるカーブなどを投げ分ける。
このカーブは2シームジャイロであると言われており、本人もそれを認めている。
また2007年シーズンより小宮山悟に教えを仰ぎ左打者対策として2001年から研究していたチェンジアップを使うことに決めた。
しかし、これらの変化球は風の無いドーム球場では曲がりが悪く効果の薄いことが2007年6月11日の対中日戦の試合後、中日の落合博満監督から指摘されている(この日の試合は3回6失点とシーズン最悪の出来)。
ロッテは風の強いことで有名な千葉マリンスタジアムを本拠地としているもののドーム球場の多い日本(特にパ・リーグは4球団が本拠地としている)では「ドーム不利」の改善またはそのイメージの払拭が課題となる。
通算奪三振率5点台前後という数字が示すようにアウトを三振で取るスタイルではなく、打者のタイミングを外して“打たせて取る”タイプのピッチャーである。本人曰く、三振が多いときはむしろ調子が良くないとのこと。
力投する投球スタイルではないが、アンダースローのため体力を消耗しやすい。しかし打たせて取るスタイルのため、自然と少ない球数で抑えることも多い。
試合中はポーカーフェイス。

著書
アンダースロー論(光文社新書 ISBN 4-334-03371-7)

エピソード
「アマチュア時代の恩人は宮田さん(國學院大学の先輩で同じアンダースロー投手。元日産自動車)と恩田さん(新日鐵君津時代の先輩)」と、事あるごとに公言している。
入団から2003年シーズン序盤までは球速と奪三振にこだわり、本人も「本気で140km/hを目指していた」と言う。そのため一時はプロの壁に阻まれるもこの年からフォームを改造。その基本となったのはプロアマ合同のコンベンションに参加した際に黒木知宏(千葉ロッテ)と工藤公康(横浜)が体の開きなどについて話していたのを偶然耳にしたことらしい。主に体の開き方や重心移動などを変え、「スピード」よりも「最強な打ちづらさ」の追求をするようになり現在のスタイルが出来上がった。
アンダースローという特殊なフォームのため、メジャーリーグでも通用するという評論家は数多い。しかし、渡辺本人はメジャーリーグに行くことに特に強いこだわりはない。
DH制を取るパ・リーグでは打撃の機会がなかったが、DHのなかった2005年5月8日のセ・パ交流戦の横浜戦で打席に立ち、5打席連続三振(1試合中)の日本タイ記録を作った。(投げる方では完封勝利している。)2006年5月28日の巨人戦ではプロ初安打を放った。
日本テレビ系列の「スポーツえらい人グランプリ!」という番組の企画で投石での水切りの世界記録に挑んだところ日本記録を更新。現日本記録保持者。ちなみに、応援VTR出演したのがロッテ監督に復帰したばかりのボビー・バレンタイン。
体が柔らかく、それは渡辺がアンダースローに転向した理由のひとつであり、本人曰く唯一の取り柄である。(球団公式HPの選手紹介ページでも特技:柔軟体操とある)そのため細身だがケガに強い。
実家は土建屋をしており、父親の実家は畳屋。
2006年4月29日の楽天戦では6回までノーヒットノーランのピッチングを続けていたものの、7回先頭の鉄平への危険球(頭部への死球)によって退場処分を受けた(ちなみに渡辺は第2打席にも鉄平に死球を与えていた)。試合は救援投手陣の好投で完封リレーで勝利し、渡辺はロッテ初の「被安打ゼロの降板投手」「退場処分の勝利投手」という珍記録を樹立(“日本初の「無失点降板した投手」”は日本初の一覧#スポーツ参照)、「退場者のヒーローインタビュー」という珍しい事態となった。ちなみに、そのヒーローインタビューでの第一声は「鉄平君、すいませんでした」で、笑顔は見られなかった。
2006年、雑誌週刊ベースボールにて、自身のコラム「KEEP ON MY PACE」を嶋重宣の「赤GODZILLAの挑戦」と1週ごとの交代で執筆。
2004年の日米野球で、ボストン・レッドソックスのデイヴィッド・オルティズに推定飛距離160m弾を東京ドームの右翼席に叩き込まれた事がある。
新日鉄君津の先輩でありオリンピック日本代表でチームメートだった松中信彦(福岡ソフトバンク)が大の苦手。2005年は4本塁打を献上している。だが、2004年には10打数1安打に抑えている。渡辺自身、インタビューで「松中さんには『ソロホームランならしょうがない。スリーランや満塁は論外。他の打者を抑えればいい』という気持ちで対戦しています」と話している。また、北海道日本ハム時代の実松一成(現巨人)にも2004年のチームの10連敗を止めた試合で実松のこの年唯一の本塁打を打たれたり、別の試合でタイムリーを食らうなど苦手としていた。
アンダースローについて「変則」と呼ばれることを好まない(あくまで正統な投げ方の一つという理念があるようである)。ただし、野球少年へのアドバイスなどでは最初の内はオーバースロー投法を練習することを奨めている。
渡辺のアンダースローの投げ方は独特で下半身に大きな負担がかかる。そのため本人も土台となる下半身を重点的にトレーニングしている。本人曰く「上半身の筋肉はあまり重要ではなく、下から徐々に力を加え腕を鞭のようにしならせる投げるイメージ」らしい。また解説者高木豊は「こんな体力の使うフォームで涼しい顔して投げられるということは、相当下半身が鍛えられてないとできない投げ方。オーバー(スロー)で生きていけないと思い転向したんだろうけど、わざわざこんな辛い投げ方を選ぶとはね。本当はオーバーで活躍できれば良かったんだろうけど。」とすぽるとで渡辺のフォームについてコメントしている。
投球練習の1球目はサイドスローで投げることもある。
現実の世界でも稀なアンダースロー投手であるが、ロッテには近年の架空の世界でも下手投げの投手がいる。渡辺はドカベンにおいては里中智とピッチングフォームが被るため登場していない。その後、スーパースターズ編になってやっと登場している。ちなみに同じ水島新司作のあぶさんには出演している。またTVゲーム実況パワフルプロ野球シリ−ズにも同じアンダースローの早川あおいというオリジナル女性選手がロッテに在籍していた(現在は引退)。これらは渡辺がいたからロッテに入団したわけでなく、両名とも渡辺が入団する前にロッテに入団している。しかし、2006年にはアンダースローの相原勝幸が入団し、さらに2007年から小宮山悟がアンダースローで投球する可能性があると報道された。もし、小宮山がアンダースローで投球した場合、ロッテは架空の世界だけでなく現実の世界でもアンダースロー投手が三人になったことになる。

071022日比谷公園 

January 11 [Fri], 2008, 6:34
071022日比谷公園

かばん。 

December 28 [Fri], 2007, 17:13
カバンが、昨日破れました。

重かったのね…。
パソコン入れたりしたし。

いちお、縫いましたが、もう無理です。
学校では使えないです。
重いものを入れなければ大丈夫だと思いますが、
そんな自信ないです。


さてどうしようか…。


カバンに合うよう、飾りを作ったのにな。
行き場が無くなってる。


.o_o.

(´ω`) 

December 18 [Tue], 2007, 0:49
今帰ってきた!←ドウデモイイ


今日わトレでまあまあマシなほうやったあ〜(`ω´)/


やっぱリ何か代休明けわだるくて眠いぞ、、←


授業中寝てしま〜うっ汗


ちゆかイイことあったあ(゜∀゜)!?


嬉しすお〜ん(^0^)/


まじ毎日がエブリデイや、、、←黙

世界にひとつだけの♫ 

December 11 [Tue], 2007, 4:28
どこの書庫に入れようか迷ったけど、ほとんど使うことない。。。というか




存在すら忘れてたこの書庫へ・・・。





先日、あるブロ友さんに依頼してあるものを作っていただきました。





世界にひとつしかないあたしだけのもの♪







裁縫箱(ソーイングボックスですな)






一般に売られてるのでコレって言うのがなかったのでお願いしました。




しかも超細かい注文つけて^^;










           上からみた感じです↑↑↑




イニシャル入り&お花のレリーフ入り♪可愛いっしょ??




中はリクエスト通り2段になってて、上の段は取り外しできてトレイっぽくなってます。



下の段も大容量です。↓↓↓



 




で、上にトッテをつけるんじゃなくて引き出せるようにして欲しいとお願いしましたら










こんなに可愛いウサギで抜いてくれました♡♡




横からみたらちょうど跳び箱っぽい感じのゆるやかな台形です(写真なし)





一番拘ったのがサイズ。。



細長い感じなんです。








これはあたしがどうしてもこのサイズってことでお願いしました。




我が家の収納を考えて、あえてこの形にしていただきました。





今までは100均にプラカゴに乱雑に入れてたんですが早速入れ替えました。




今まで入りきらなかったミシン糸やボビン、編み針などい〜〜っぱい入るようになりました。




本当にありがとうございました!




大事に使わせていただきますね♡




ありがとうですEさん♪(名前だしていいのか迷ったので^^;)

おもしろ画像 

December 05 [Wed], 2007, 8:30
脱走ですか(笑)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:waroco925
読者になる
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 瓶花 (2008年10月19日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 瓶花 (2008年10月11日)
アイコン画像めーたん
» 瓶花 (2008年10月08日)
アイコン画像きりひと
» 瓶花 (2008年10月03日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 瓶花 (2008年10月01日)
アイコン画像ハム太郎
» 瓶花 (2008年09月22日)
アイコン画像MASA
» 瓶花 (2008年09月19日)
アイコン画像えびふりゃー
» 瓶花 (2008年09月18日)
アイコン画像名前
» 瓶花 (2008年07月31日)
アイコン画像洋二郎
» スポーツ (2008年01月31日)
Yapme!一覧
読者になる