小沢一郎TPPの本質をズバリ見抜く!「米の狙いは農業ではなく郵貯、医療分野」農業はダミーだ

January 04 [Wed], 2012, 12:48

小沢氏がTPPに関して言及し、アメリカの狙いは郵貯と医療で、「農業問題は日米工作員による捏造」と指摘した。
農業問題で騒いでいる連中は国民の目を本質からそらし誤魔化すための工作員である可能性が高い。
この手の連中は農業でアメリカに譲歩させ、国民を騙して郵貯と医療を売り飛ばそうという魂胆なのである。
農協にも顔は立つし、アメリカの覚えもめでたく、一石二鳥ということになる。

ただし、郵貯と医療は周知のごとく既成利権の巣窟であり、医師会や土建屋系の連中は必死の抵抗を試みることになるだろう。

売国奴小泉の郵政民営化の時と同様、水面下で血で血を洗うような抗争が繰り広げられ、無数の「自殺」や「事故死」、「病死」報道がなされることになる。

小沢一郎氏 「米の狙いは農業ではなく郵貯、医療分野」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1325632491/-100

≪ ――――TPP参加論者たちは、小沢さんはもともと市場開放論者だったじゃないかという物言いをする。

小沢:そう。僕は開放論者ですよ。

――――かつてのウルグアイ・ラウンドの時も、いち早く開放して有利な交渉権を獲得しようとした。

小沢:僕はそう主張した。だけど、日本政府はそれをいえなかったわけだ。
あの時は自民党内で話が全部でき上がっていた後だから、そこから動かす余地はあまりなかったんだけれど、僕は自由貿易に原則賛成したうえで交渉すればいいという意見だった。

今だって政府に交渉能力があるんだったら何も心配ないです。

――――しかし……。

小沢:ないから心配になる。

――――アメリカの言いなりになると、どういう問題が考えられるか。

小沢:協定書に載っているとおりですよ。23分野かな。でも、実はマスコミが一番騒いでいる農業なんて、アメリカにとっては大したことではないんですよ。

――――それでアメリカが儲かるなんてことはない。

小沢:日本の農林水産業の年間総生産高は13兆円です。だから、金額だけでいえば大したことではない。
ただし、それに関わっている日本の農家は直接的な打撃を受ける。その対策は十分に講じなければならない。

でも、アメリカの狙いはそれじゃないんです。案の定、アメリカは挙げてきたでしょう。
郵貯とか医療とかですよ。アメリカは自分の都合のいいところの規制撤廃を求めてくる。すでにその国の市場に入り込んでいる分野は黙っている。≫

日本の神話には天津神と国津神が登場するが、天津神は外国勢力の工作員で国津神は地域のボスであったと考えられる。
お互いに利権争いをし、最終的に天津神が勝利したが、伝統的に日本国は天津神が勝利してしまうのが慣例になっている。
自民党の歴史でも、清和会のような天津神グループと旧田中派のような国津神グループが激しい利権抗争をし、最終的には国津神派は逮捕されたり追放されたりしている。
政権交代しても、民主党の中で両派が争い、やはり天津神派が優勢になっている。

小沢氏も旧田中派なのでまさに国津神である。

国民は、「今後も日本医師会の横着と傍若無人ぶりを容認し、無駄なハコモノ行政に我慢する」か、「全ての利権をアメリカに献上して奴隷として生きていく」かの二択を迫られているのである。

(巷間の声)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
そんなわかりきったことを今頃ドヤ顔で言われましてもwwwwwwwww
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

TPP=農業問題ととらえてる国民が大半だわ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

そこまで馬鹿か?国民
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

そこまでバカな国民だから今のこの状況だろうがよ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テレビで農業に関する問題のみを大きく取り上げてるから、
勘違いしてる人は多いと思うよ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

近所の集まりで50ぐらいのオッサンらがTPPの話になってて、俺も入った。
したら参加してJA潰した方がいいと言ってたが、そこで思考停止状態だったよ。
「農家保証で別にまた金が流れるだけで郵政や医療も危なく、細かくは国民を守ってきた輸入牛肉規制とかも危うい。
条約は法律よりずっと重く日本側が何か問題あると言ってもアメリカ議会で勝負だから必ず負けますよ」
と言っても意味ワカラン感じだった。そして〆に貰った言葉がまたふるってる。
「参加して色々話し合って通せばいい」だと。
凍結は今年の秋ごろで話し合いの場も怪しいと言えば「そんな訳がない」とか。もう色々と駄目だわ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



今回は小沢氏関連の記事だったので売国奴系工作員バカウヨが異様に張り切っていた。ついでに紹介しておく。しかし、売国奴とはよく言ったもので、「目先のわずかな報酬に目がくらんで国を売り飛ばす奴隷」という意味にまさにふさわしい。

(売国バカウヨの声)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
今頃岩手の被災地に入って
住民に無理やり握手求めて
一人悦に入る小沢さんて
素敵やん
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
よっ、こわし屋!

日本を壊すTPPとグルかw
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
昭和天皇暗殺未遂テロリストの墓参りをした稀代の逆賊・小沢一郎

「小沢・日本 自由党首 白凡墓参拝する」
あす訪韓、日本大物政治家としてははじめて
6日韓国を訪問する日本・自由党の小沢一郎党首が18日ソウルヒョチャン公園・
独立運動家の墓地を訪れ白凡・金九先生墓所に参拝する。
小沢党首はまた尹奉吉、李奉昌、白貞基義士がともに眠る「独立3義士墓」
訪れる予定である。
日本の大物級(註・原文は巨物級)政治家が白凡墓所など独立運動家の墓地に
参拝するのははじめて。
東亜日報1999年4月15日(木)A2総合面
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
いつものように郵貯と国民の間に入って金儲けか。
今度は議員100人集めてアメリカにでも行くのか。
前回の中国ではどうなったか国民に説明しろ。
今年になり自分の選挙区に戻る売国奴。
宮城県(※原文ママ)の有権者をバカにしている。
(※このバカウヨは日本国籍ではなさそうだ)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
そもそも、オザワ王国の前身は、悪名高い朝鮮進駐軍オザワ部隊。
とにかく、破落戸の難民朝寇、親の代から、寝返りの寝業師、黒門一家の猫糞イチロ。
成り済まし、従軍慰安婦に朝鮮進駐軍、恥知らずの恩知らず、日本でも朝鮮でも。

それこそ、日本人と朝鮮人を仲違いさせ、漁夫の利、その似非同和の基本戦略。
とにかく、例の朝聯本部ビル乗っ取り事件で、バレバレ。
だから、もう、小沢一郎、その祖国北朝鮮に、帰れない。

<内容確認>
http://www1.dpj.or.jp/policy/manifesto/images/Manifesto_2007.pdf
http://www2.dpj.or.jp/policy/manifesto/images/Manifesto_2007.pdf
http://www3.dpj.or.jp/policy/manifesto/images/Manifesto_2007.pdf
念のため、この放置、共謀の隠避罪。
その隠避で、政治団体の共謀を証明。
とにかく、汚沢一掃、民主再生、急げ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
この話はアメリカに限らず、民主党政府も狙っているバンクだからなw
正真正銘の埋蔵金、朝鮮人のための朝鮮人による政策が実現できる!

結果的に小泉が民営化した事はよかったよね
そうでなかったら、今頃外国人含む子ども手当を満額支給とかで使われていたね
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking

  • URL:https://yaplog.jp/warabidani/archive/1949
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:warabidani
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
緊急時の対応こそ、その人の人間性が問われます。
2012年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像反環境利権、反エコ利権、森田研究員
» 原発より悪質なエコ利権の実態!太陽光買取1kw時42円で電気料金値上げに (2018年09月29日)
アイコン画像豊岳正彦
» 林芳正文部科学相のキャバクラヨガ健康法 (2018年04月26日)
アイコン画像名無し
» 自民壊滅でどうなるバカウヨの末路? (2018年04月23日)
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ