第35回日本観賞魚フェアの3部門受賞!!!

April 18 [Tue], 2017, 9:43
先日ブログでも速報でお知らせしましたが
水槽レイアウトの全国大会で学生が3部門で表彰されました

まずは喜びの写真をお届けします!!!


水槽コンテスト【60pの部 準優勝】



葛西臨海水族園長賞【90pの部】




日本観賞魚振興事業協同組合代表理事会長賞【60pの部】




水槽を制作した学生のインタビューの様子は後日お送りしますね!


ぜひ全国レベルのレイアウト水槽を動画でご覧ください(^^)/

【Youtubeで公開中】

世界でここだけの教育連携


【WaNチャンネル】小さな水槽に込める大自然への想い


◆WaN公式ホームページはコチラ
◆オープンキャンパスの申し込みはコチラ
◆WaN新着ニュースはコチラ
◆WaN公式facebookはコチラ
◆WaN公式instagramアカウントはコチラ
◆WaN公式twitterアカウントはコチラ

【未経験から】アクアリウムのプロになれる!

December 01 [Thu], 2016, 16:30
最近注目されているお仕事「アクアリウムクリエーター」

【ADA】小さな水槽に込める大自然への想い

毎年全国からプロを目指すためにWaNへ入学する高校生、社会人の方ががたくさんいます!
なぜ数ある学校の中からWaNが選ばれるのでしょうか?


【WaNが選ばれる3つの理由】
@1人1台、自分専用の水槽を管理

自分専用の水槽が用意されています。
好きなレイアウトを組み、好きな観賞魚を飼育できます。

A世界で唯一の教育提携

ADA(アクアデザインアマノ)
と教育提携を結んでいるので
まさに最先端のアクアリウム技術・知識を習得できます。


Bプロからの直接指導、水槽ギャラリーでの実習

現役のADA講師から教わり、ADAの水槽ギャラリーでの実習も。
在学中からプロ同様の環境で学びます。


水槽に興味があるけど「水槽管理経験がないし...」「自分は不器用だし...」と思っているそこのあなた!
実は入学前まで水槽管理経験の無い学生が多数!
3つの理由の通り、めきめきと水槽管理の腕が上がっていきます

【学生作品】



★2017年4月入学はまだ間に合います!

毎月【オープンキャンパス】、新潟県外では【県外学校説明会】を開催中!
学校スタッフが就職先・取得資格等について詳しくご説明します。
ご入学をお考えの方はぜひ1度ご参加ください


お申込についてご不明な点等あれば学校までご連絡ください♪
TEL:0800-111-0075
MAIL:wan@nsg.gr.jp



◆WaN公式ホームページはコチラ
◆オープンキャンパスの申し込みはコチラ
◆WaN新着ニュースはコチラ
◆WaN公式facebookはコチラ
◆WaN公式instagramアカウントはコチラ
◆WaN公式twitterアカウントはコチラ

【Youtubeで公開中】
世界でここだけの教育連携


【WaNチャンネル】小さな水槽に込める大自然への想い

【2016年】日本観賞魚フェア準優勝! 受賞学生インタビュー【60pの部】

April 14 [Thu], 2016, 9:00
先日ブログでも速報でお知らせしましたが
水槽レイアウトの全国大会で学生が2部門で表彰されました

【60pの部 準優勝】

水槽を制作した学生のインタビューをyoutubeにアップしました!

https://www.youtube.com/watch?v=ooVNBmoZgoE&nohtml5=False

・水槽の見どころは?
・制作のポイントは?
など受賞した水槽についてインタビュー!


ぜひ全国レベルのレイアウト水槽を動画でご覧ください(^^)/


◆WaN公式ホームページはコチラ
◆オープンキャンパスの申し込みはコチラ
◆WaN新着ニュースはコチラ
◆WaN公式facebookはコチラ
◆WaN公式instagramアカウントはコチラ
◆WaN公式twitterアカウントはコチラ

【Youtubeで公開中】
世界でここだけの教育連携


【WaNチャンネル】小さな水槽に込める大自然への想い

【水槽管理】エントランス水槽★第二弾

February 08 [Mon], 2016, 11:00
みなさんこんにちは

最近、WaN周辺では雪が落ち着いてきました
まだまだ風が冷たくて外は寒いですが、これから春に向かってだんだん暖かくなっていくのがとっても楽しみです

さて、12月24日のブログにてエントランス水槽の制作過程第一弾をお伝えしていましたが、
今日はその第二弾です
(第一弾のブログはこちら


この日はアクアデザインアマノの杉本先生指導のもと、
ネイチャーアクアリウム・海洋生物学科 ネイチャーアクアリウムコースの1年生が植栽をしていました

構図を確認しながら水草を植えていきます
 
第一段のブログでもお話しましたが、ネイチャーアクアリウムは『構図通りに水槽をレイアウトすれば完成』ではなく、水草などが成長していき、見ごろをむかえるまでに月日がかかっての完成なのです

なので、水草を健康に美しく生長させるための育て方や種類・性質についてもしっかりと学びます!

そして、学校内だけではなく、外部の小学校や施設・店舗に設置している水槽管理も実習で行うので、多くの人に魅せる水槽作りを意識しながら学びます!!


現段階はこんな感じ


ここから水草が成長し、お魚さんたちを水槽に入れて、完成に近づいていきます

3月26日のオープンキャンパスで見ごろを迎えますよー

学生が手掛けた水槽を、是非実際にご覧いただきたいです



◆WaN公式ホームページはコチラ
◆オープンキャンパスの申し込みはコチラ
◆WaN新着ニュースはコチラ
◆WaN公式facebookはコチラ
◆WaN公式instagramアカウントはコチラ
◆WaN公式twitterアカウントはコチラ

【Youtubeで公開中】
世界でここだけの教育連携


【WaNチャンネル】小さな水槽に込める大自然への想い

【フィールドワーク】サケの遡上見学・人工授精!

January 07 [Thu], 2016, 15:00
こんにちは!

すっかり寒くなりましたね…
そんな中、いつでも元気いっぱいなネイチャーアクアリウム・海洋生物学科の1年生
新潟県柏崎市谷根川(たんねがわ)にある『柏崎さけのふるさと公園様』へフィールドワークへ行ってきました!
 

柏崎さけのふるさと公園は川に堰があり、川から施設内にサケが入ってくるように魚道が引いてあります
(※「堰(せき)」とは…水を取るため、また、水深・流量の調節のため、川の途中や流出口などに設けて流水をせき止める物です。)
 

魚道は川底付近にガラスの窓があり、サケの様子を観察できるようになっています。
 

堰付近はサケが勢いよくジャンプをして上る様子が観察でき、それを見て学生たちも大興奮
 

その後柏崎市農林水産課の方より、谷根川の歴史についてや日本のサケ事業、サケの生態などについて詳しくお話しをしていただきました!


そしてサケの人工授精です!!


まずはメスから卵を取り出します。採卵刀を使って、お腹を切って手で取り出すのです。


次に、オスの精子を絞って卵にかけ手で優しくかき混ぜます。
そして、水に沈めて授精完了となります!
 
今回人工授精の体験をさせていただいた卵は、春まで学校で大事に育てまた谷根川に放流してきます☆

また、今回のフィールドワークでは検卵作業も特別に体験させていただきました


帰りはお土産をいろいろと物色し…


卵を学校へ持ち帰り水槽へ…
 

新潟だからこそできるこのフィールドワーク

ネイチャーアクアリウム・海洋生物学科は出張オープンキャンパスも開催しています★
「『興味がある・入学を考えている』…でも新潟までは遠くてなかなかオープンキャンパスに参加できない。。。」
というあなた!! あなたの住んでいるお近くにWaNが伺いますよ
詳しい内容や、お申込みについてはコチラから♪



◆WaN公式ホームページはコチラ
◆オープンキャンパスの申し込みはコチラ
◆WaN新着ニュースはコチラ
◆WaN公式facebookはコチラ
◆WaN公式instagramアカウントはコチラ
◆WaN公式twitterアカウントはコチラ

【Youtubeで公開中】
世界でここだけの教育連携


【WaNチャンネル】小さな水槽に込める大自然への想い