お笑い芸人とテレビ局の裏事情がわかりました!

2013年03月24日(日) 11時13分
テレビ局の裏事情がわかりました。

お笑い芸人達の使い方!


最近は、テレビの何処をスイッチオンにしても
お笑い芸人の顔が出ていますよね。


そして、何の印象も残らず、ただ騒々しくその時間の番組が
終わっているとう現象です。

どうして、このようなお笑芸人が頻繁に画面に
出るようになったのでしょうかね?


それはテレビ局の裏事情にワケがありそうですよ。

そして、ひな壇芸人のギャラにヒントがありそうです。


関係者の話によりますと〜。
2009年のリーマン・ショックがきっかけで、テレビ局の広告収入が減り、
制作費が削減された結果です。

バラエティー番組でいちばんお金がかかるのは、大勢のスタッフによるロケや、
コントをやる際の衣装代やセット費用らしいです。

その点、ひな壇番組は、スタジオでのトーク主体ですから
ひな壇芸人のギャラは高くても50万円程度なので
かなり制作費を抑えられます。

1時間のドラマ1本分の制作費は8000万円ほど。
それに対して、バラエティーなら2000万円から3000万円程度で済むという。


バラエティーの中でも、とりわけ制作費を抑えられるのが「ひな壇番組」なのだ。

だから、どこのテレビ局も似たような番組が多く増えるのは、
テレビ局側の苦しい懐事情ゆえだというのだ。

季節の変わり目に、番組改編期でもないのに2時間、3時間のスペシャルが
増えているのもテレビ局側の事情です。

1時間3000万円かかるとして、それを2時間番組にすればセットや
出演者はそのままですから、4000万円程度で作れるわけです。

そうすれば1時間当たりのコストは下げられます。
だけど、その分だけ、確実に内容が薄まりますネ。
だから、ひな壇番組が制作費を安く済ませることができるのだ。



又、“大人の事情”がまだある。
それは、例えば、日曜日の午前に放映されている『サンデージャポン』の
ひな壇に座るタレントの場合だ。

テレビを見ていても、全然話せないのになぜこの人が?という人が
度々出ていたりしてる時がありますよね。
それは、事務所とのつきあいだったり、大手事務所だと売れっ子を出す代わりに
売れないタレントも抱き合わせで出すパターンもある。

番組改編期になると、新しく始まるドラマに出演している役者を、
ドラマの宣伝活動の一環として破格のギャラで出すこともザラにあるという。
 
トーク力なんか全然考慮に入れていません。
結局、純粋に力量があるから呼ばれている人はごくわずかなんです。 
8割くらいは“ワケあり人物なのだ。

これらを知ると、テレビ局もいい加減な世界だとう事だ。
テレビを観る時はその辺をチェックしながら見るのも、
逆に面白いかもしれませんね。


口臭で悩む解決局



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:管理人
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:4月8日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:
読者になる
いらっしゃいませ!
ヤブログにお仲間入りしましたアンアンです。