パシフィックコースト

February 12 [Tue], 2019, 3:24
知ってる人は少ないと思う。
ホンダパシフィックコースト。
直訳すると太平洋沿岸。
バイクのサイドにはPACIFIC CORSTと記載されてる。



V型2気筒800cc。

これもフルカウルと呼んでいいんだろうな。
良さそうなの見つけたから買ってみた。ほぼ衝動買い。
しいてイイワケをすれば、長男がフルカウルのGPZ1100の買ったので、俺もカウル付きが欲しい。
GPZに試乗させてもらうとカウルのありがたさをしみじみ感じた。


長男専用GPZ1100

今まで僕はカウル経験はゼロなのよ。
CB750があるからイイじゃん、と思ってた。
ただパシフィックコーストは昔から見た目がエグ過ぎて好きだった。
共感してくれる人は少ない。
家族は全員「パシフィックコーストはカッコ悪い」との評価。
俺は「カッコイイ」と思う。
俺が買うんだからなんと言われても構わん。
最近のバイクの顔って、目がつり上がってて、漫画に出てくる悪役キャラみたいで怖いよ。
空力とかコスト的なものなのか?
もっと優しい顔のバイク作って欲しいよ。時代がそう言う顔を要求してるのかな?

おそらくだけど、サイドミラーにウィンカーランプを埋め込んだのはパシフィックコーストが世界初だと思う。
最近の自動車にはウィンカーミラー当たり前になってるけど最初に付けたのはパシフィックコーストだもんんね、とひねくれた優越感。

インチキくさい中古バイク屋で買ってきた。
バイク屋から自走で帰ってきた。
さっさと多摩陸運局で名変を済ます。

プラスチックの外装が多過ぎて回転数によってビリビリと振動音がするがそれほど気にならなかった。
現車はあちこち直したいところがある。
社外のグリップヒーターがこの時期すごくありがたいのだが、熱のせいかアクセルパイプとグリップゴムが滑ってアクセル開けられない、死ぬほど強く握らないとアクセル開けられないのでバイク屋さんでなんとか直してもらった。ついでにETC車載器も装着してもらう。
タイヤがヒビだらけなのでナップスで交換。
変なタイヤサイズのため、ダンロップK555という聞いたことないバイアスタイヤを前後装着。
なんだ、ラジアルじゃなかったんだ。ま、アメリカンベースらしいから。(シャドウ750がベースとの噂)
チョークワイヤーがすごく重いのでバイク屋でワイヤー交換。




スピードメーターがマイル表示なので、時速何キロかわからん。
マイル表示は光るのに、km表示は暗いので尚更見えない。
65マイルが100キロくらいということだけ覚えた。


ヤフオクでkm/hメーター見つけたので交換。
バッテリーが弱ってたので中華バッテリーに替えたのだがハズレだったらしく、結局バイク屋でユアサ新品購入という無駄遣い。



1月の暖かい日に千葉ツーリングに行ってきた。
結論から言うとめっちゃ乗りやすい!
買ってよかった。
ハンドルはアップ気味で見た目は大違いなのにオフ車ポジション。グリップヒーター重宝する。
ステップもチャリペダル並みにでかくて楽チン。
意外とバンク角深いのでコーナーもグイグイ寝かせられる。
エンジンはホンダ伝統ロングセラーのV型2気筒は低〜高回転までフラットトルク。ぶん回す楽しみはないが高部ギヤで低回転からトルクがあるので楽チン。ただ若干ギヤ比が不満、5速しかないのはイイけど、もうちょっとワイドレシオでもイイかなぁ。
レブリミット7500なのに100km/hで4000rpmちょいだから少し回りすぎな気がする。3500くらいがイイよな〜。
6速欲しいかも。
カウルの恩恵はお見事。首から下は全く風を感じない。
真冬なのに寒くないのはイイね。
みんながカウル付きに乗る気持ちが今さらわかったよ。
ちょとかっ飛ばすと二の腕から背中にかけて風が回り込んでくるのが気持ち悪い。

初めてシャフトドライブなのだが、シフトチェンジ時に遊びがない感じがまだ慣れない。
サイドミラーは畳めないのですり抜けを諦めていたが、意外と難なくイケたのがイチバンの予想外。

特筆すべきはリヤのトランク!さほど気にしてはいなかったが、ちょっとしたお土産を放り込める。5L携行缶もスッポリ入る。
今までのバイクは小さなキャリアにぐるぐるゴムひもで巻いてた手間がなくなった。

見た目はねえホント賛否両論。
メカニカルな男らしさ皆無。
カワサキ好きは絶対選ばないよね。
確かにスクーターみたいだよね。
フュージョン800?
エンジン・マフラー・ディスクローター・ドライブチェーンが見えないからね。
どこかのサイトに「究極の隠蔽体質マシンです」って書いてあった。
船に乗ってるみたいな気分。

ワインディングは予想外に楽しい。
もっとヨッコラショって曲がるのかなと思ったが、ヒラヒラ感抜群。
乾燥重量265kgはチト重いよな。

自分にとっては、ルックスヨシ、走りヨシ、買ってヨシだった。







さよならカロゴン こんにちはアコード

September 03 [Thu], 2015, 13:40


4万キロで買ったカロゴン、現在97000キロ、4年半ほど乗った
つい先日ホイールをアルミに換えたばかりだった
そろそろ10万の大台超えるところだし、クラッチもヤバそうな感じ
フロントガラスが割れて交換したくらいで、特に故障はなかった
さすがトヨタ車
バッテリーすら一度も換えてない
ブレーキパッドは一度換えたかな
1速2速でアクセルオンオフすると車体が前後にプルプル揺れるのが気に食わなかった
道具として、アシとしてはサイコーだったカロゴン
ちょっと飽きてきたってのもあるけど名残惜しい
今後は外国に輸出されてしまうとのこと


次のクルマをちょいちょい探してた
できれば同じくらいのサイズのマニュアル車

で、見つけたのがアコードセダン
いちばん低グレードの1800cc
走行距離12000キロの極上車
屋内保管されてたようで内装外装ピカピカ
14年間ほとんど乗ってなかったようで、24カ月点検の記録簿が14枚
昨夜カロゴンと引き換えに納車した
全長がカロゴンより40cm長いのが気になるがそこはガマン

★アコードのインプレッション★
まず気付いたのがシフトノブがじゃっかん遠い
1速に入れるのに手を伸ばし切る感じ
シートが平らな感じでホールド感が足りない
エンジンはSOHC4バルブのV−tecでシュンシュン回る
室内は静か
クラッチの繋がりが自然で好感触、スムーズに発進できる
ブレーキはほんの少しカックンブレーキ、慣れが必要だな
電動パワステのハンドルはめちゃ軽い、片手でクルクル
しかもパワステの重さが3段階に手動で切り替えられる
車体が良い意味で軽く感じられる
運転してて人車一体感があってよく曲がる
ほんのり新車のニオイがする
純正オーディオは4スピーカーだが音が薄っぺらい
エクステリアはとにかく顔が男前、この顔が購入決断のかなりのウェイトを占めるかも
リヤデザインはゴチャゴチャしてていまいち
メーター周りのデザインがカッコイイ
ホイールがテッチン+ホイールキャップなのでいまいち


初めてのホンダ車、しばらく付き合ってみよう

チビがアコードを見てひとこと
「オッサン臭い」
若者が見ればそう思うよな〜

ブログ更新

June 27 [Fri], 2014, 14:36
一ヶ月以上更新してないと、広告が載っちゃうみたいです
ということでとりあえず更新

スーパーカブ復活

April 22 [Tue], 2014, 17:09


10年近くカミサンの実家に置きっぱなしだった
大学の時に買った初めての新車バイク
わけあって実家に置けなくなり引き取ってきた
当時でも珍しい純正色の黒
色の判別ができないくらいホコリかぶってた
屋内保管だったのでダメージは少ないようだ
長いこと放置してたので、見るのも怖かったし復活は難しいと思ってた
ガソリンも腐ってるだろうし、バッテリーも死んでるだろう
タイヤもパリパリボロボロかと
メーターを見ると走行距離は2万キロ超えたあたり
自賠責は平成15年で切れてる
とりあえず、ダメモトでヤフオクで中古のタンクゲット
バッテリーは新品を用意した
タンクを覗くとキョーレツなガソリンの腐ったニオイ

今まで一度も外したことの無いガソリンタンクを外してみる
タンクの底がコックとゴムホースで繋がってるので、コック側ホースを外す
10年前の少量残っているサビ混じりのガソリンがボタボタ
腐ったガソリンをバケツに移す
バッテリーを新品に交換する
ニュートラルランプ、ウィンカー、ブレーキランプは点灯する
電気系は生きてるみたい
アクセルワイヤー、ブレーキワイヤー固着ナシ
中古タンク付ける前にコックからキャブクリ流してエンジン始動試みたがダメ
プラグ外して火花飛んでるかチェック→OK
ガソリンタンクを仮組みしてフレッシュガソリンで始動試したがココでもダメ
キャブOHの覚悟
その前にエアクリ側からキャブクリ吸わせてみた
エアクリ外して、キャブクリ吸わせたら、なんとエンジンかかった
キャブOHせずに済んだのはラッキー
エアクリ組む、タンク装着シート装着、タイヤエア注入
タイヤの空気漏れは無かった
早速試走
アイドリングも安定してるし、エンジンも高回転まで吹けあがる
再生にもっとてこずる思ったのにあっけなく復活した
さすが世界のスーパーカブ

ツヨシ高校入学

April 11 [Fri], 2014, 2:28


ツヨシが高校に入学しました
無事に第一志望の都立校合格
ホッとした

ついこの前小学校卒業したことブログに書いたばかりな気がする
ずいぶんオッサンになりました

これからも息子共々よろしくお願い致します


なぜかチャリ&リュック姿

ロードバイク買った

April 09 [Wed], 2014, 16:46


念願のロードバイク!?
フェルトF90
ロードバイク初心者向きらしい
2006年モデル
新品で売ってた当時は8万円くらい
FELTというブランドは創業者のジムフェルトさんが元モトクロッサーのメカニックだったそうだ
そんなエピソードも気に入ってた
ツヨシにFELTのBMXを買ってあげたことがあったな
2006年当時ホンキでロードバイクを買おうか悩んだが、結局は買わなかった
色んな自転車屋にロードバイクとはどういうモノなのか訊ねた
速く走るための自転車
脚力を如何にスピードに代えられるかを追求されている
ただ、軽さを追求するためにMTBほど頑丈ではないらしい
そこがイチバンのネックだった
MTBやオフロードバイクは頑丈だからね
乗り物の扱いが雑な自分には不向きだと判断
ドロップハンドルにも不安があった
オフロードバイクやMTBのような横一文字のハンドルに慣れた自分には抵抗があるのではないか
ちょっとハの字くらいならまだしも、縦のバーを握ってハンドル操作なんて自信がない

2月初旬ヤフオクを覗いてたら8年前にもかかわらずキレイな状態で出品されてる
安いので買ってしまった
届くのを楽しみに待っていた
実物もキレイだった
前のオーナーはほとんど乗ってなかったんだろう
いざ乗ろうと思ったら、例の立て続けの大雪
しばらく家の中で眠ってた

3月に入り初めて乗ってみる
確かに軽くて速い
もっと脚力が欲しくなる
全身で乗るというより、太腿の筋力だけで乗る感じ
上半身の力の入れ方がわからん
心配してたドロップハンドル
案の定乗り方に迷った
どこ握ってイイのかわからない
初心者向けとあってステムの横あたりに補助ブレーキレバーが着いてるは助かる
メインのブレーキレバーはどうやって握るんだ?
とっさのブレーキができなくて怖い、これも慣れかな
ギヤチェンジはメインのブレーキレバーを横に曲げて行う、これがやりにくい
メッチャ手を前に伸ばさないとシフトチェンジできないよ
補助ブレーキレバーがあるなら補助シフトレバーもつけてくれー
タイヤが細すぎて段差や溝に気を使う

なんだかネガティブな面ばかりだ
しょっちゅう乗れば気にならなくなるのか
1度ツヨシに乗らせたことがある
若さと脚力に任せてみるみるスピードを上げてく
「ちょー速ぇ」とのコメント
ヤツは何でも乗りこなすなぁ

っつーことで初めてのロードバイクはすでに熱が冷めてます

でっかいVT

October 16 [Wed], 2013, 18:35
でっかいVT買った



昨年買ったSDRはけっこう楽しかったが、ちょっとぼろかったので早々と手放した
小柄なオンロードバイクがまた欲しかった
前からずっと気になってたブロス650
SDRよりマイナーかもしれん
今年5月に購入
買って1ヶ月ほどしたら、8000からレッドゾーンのエンジンが5000回転
以上でバラバラと吹けが悪い
2カ月馴染みのバイク屋に修理依頼した
キャブOHやらなんやらといろいろと試してもらったが症状変わらず
半ば諦めかけてたとき、俺の勤め先近くに過去にブロスを所有していたバイク屋発見
電話すると、見てみないとなんともいえない、、とのこと
まあ、バイク屋さんはだいたいそう言うよね
んで、早速見せに行く
店先に着いてすぐに症状を確認してもらった
「あれ、これリミッター効いてるな」と、バイク屋さん
メーターをバラし始めた
ライトも外して配線コチョコチョいじってる
バラしたパーツを組む前にエンジン始動
バイーン!とキレイに吹けあがった
「ほらね」と、バイク屋さん
要はリミッターカットしたらなおったわけだ
簡単にリミッターのしくみを説明してもらった
リミッターは速度リミッターのこと
180キロ以上出ない仕組みになってる
トップギヤの5速5000回転で180キロに到達する
タコメーターが5000回転になると点火カット
今回の故障はどのギヤでも5000回転になるとリミッター作動して点火カット
してしまう
そこをリミッターカットしたわけだから、180キロ以上出てしまうことになった

ウシシシシ

ブロスは地味なバイクであんまり期待してなかったが、乗ってみたらチョー楽しい
まんまVTをでっかくした感じ
排気量のあるツインだから中間加速がいいね
ヒラヒラと車体は軽いし、エンジンもよく回る
シフトがスコスコ入るのでシフトダウンが楽しい
シフトダウン〜旋回〜加速がとにかく楽しい
VTもそうだけど、この時代のバイクは言葉に出来ない良さがある

ゆいまーるもやしそばツーリング

November 16 [Fri], 2012, 16:13


朝準備して出かける直前にアズに電話したら寝坊してドタキャン
カミサンと二人で行くことになるのでCRMとVTZをサニトラに積んで出発
保土ヶ谷BP、アクアライン経由でうぐいすイレブンをめざす
道は空いてたのでサニトラハイペース走行
7時過ぎに出発して8時半頃にはうぐいすイレブンに到着
ジョーさんがいたのでおっちゃんの家の場所を確認
駐車場に停めさせてもらいバイクを降ろす
おっちゃんガレージで一服
カセットコンロで温められた缶コーヒーをもらう
チョー熱くて飲めそうにないのでポケットに入れる
マコッチャン、R6のお兄さんがいた
あとからジョー様、サイタカさんたちも来る
本日は神奈川チームも合同らしく、数キロ離れたローソンで合流
総勢23台とか
顔見知りのみほたさん、鈴菌さんがいた
そいえばサイタカさんはいつものVTRではなく買ったばかりのCRFだった
新車で半年も経ってないらしくピカピカ
おっちゃんが仕切って注意事項説明後サイタカさん先導で出発
しばらくして最初のフリー区間
サイタカさんのCRFが予想外に速い
ムキになって着いていく
後ろからはR6、TS200に煽られる
舗装の荒れた狭いワインディングで
コケた!
得意の右タイトコーナー、アクセルは全開でトレースしてると
何の前触れもなくリヤから滑ってバイクが視界から遠のいていく
突然の出来事でアタマのなかカラッポ
慌てて10mほど先に停まったバイクに走って駆け寄る
おぉ、走れるってことはカラダはヘーキっぽい
左のガードレール脇に右側に倒れたバイクはエンストしておらず、リヤタイヤがカタカタ回ってた
ハンドルは左へ切れた状態だった
倒れたバイクのクラッチを握ると同時にエンジン吹かす
そのまま起こして発進できた
走りながら、ダメージを探してみたが特に異常はなさそうだ
おそらくコケてから再スタートまで30秒も経ってない一瞬の出来事だった
走りながらあれこれ反省点を探す
走り始めて1時間も経ってないのに、調子に乗りすぎたかな
さらに細かい原因としてはシフトポジションのミスだったと思う
3〜4速を選ぶべきところを2〜3速でアクセルを開けたのがまずかった
低速ギヤの選んだ為に最もバンクしてるときにパワーバンドで全開にしてしまったからかな
もう1速高いギヤを選んでいればパワーバンド手前低回転域の緩いトルクでリヤが滑り出すことはなかったは

ずだ
もうひとつは下半身ホールドも足りてなかった
車体をしっかり股に挟んでいれば滑り出しにすぐ対応できた気がする
う〜む、悔しい
とても悔しい
しばらくして最初の休憩
コケたことは後ろを走ってた2〜3人くらいにしか気付かれてなかった
何かあったんじゃないかと悟られてはいた
改めてバイクのダメージを確認してみると思ったより少ない
割れたり曲がったりはゼロ
ハンドルバーの曲がりを心配したが曲がっていなかった
あちこちアスファルトに擦れて削れただけだった
ハンドルバーエンド、チャンバー、右ステップ裏、リヤキャリア、ナンバープレートガード
修理代を必要とするものはひとつも無かったのが奇跡に近い
もしこれがCBだったら諭吉さん数人消えていくと思うとゾッとする
バイクのことばかり気になって自分のカラダのことをすっかり忘れてた
ちょっと右足の中指、薬指あたりが痛い気がするくらい、ふくらはぎが筋肉痛ってところ
心配そうなカミサンの顔を見たときは心苦しかった
休憩を終えて今回目玉の住吉飯店に向かう
気持ち良く飛ばせるワインディングの途中でパトカーが停まっており、バイク全てを停めていた
まさか全員検挙か?と不安になったが注意勧告のプリント一枚渡されるだけのことで済んだ
フリー区間ではR6、CRFを追いかけるがビビッて思い切り飛ばせない
なんとか追いつくのがやっとな感じ
住吉飯店で二十数人で食事
もやしが大量で食いきれないほどあるので有名らしい
俺は海鮮焼きそば、カミサンはもやしそばを注文
確かにどのメニューもまるで大盛
オッチャンのトークで盛り上がる
喋りながらではとうてい食いきれないと思い、黙々と平らげた
腹いっぱいで苦しいくらいの状態から次のルートに向かう
ネットには今回のルートが詳しく書かれていたがよく見てないのでどこを通ってきたのかチンプンカンプン
ローソン休憩
希望者だけがグリーンライン往復する
ポタポタと雨が降り始めてグリーンラインどうするか迷う
さっき転んだばかりだしなー
ビビリモード脱却の為に走りに行く
目の前にはおいちゃんのTSR
なかなか追いつけなくて結局抜けなかったけど悔しくて楽しかった
1往復だけして戻ってきたときにはうっすら汗ばんでいた
解散場所の朝の集合場所のローソンにひたすら向かう途中は大雨に遭った
ローソンに着いた時には雨は上がっていた
みほたさんの今日の走りはじゃっかんおとなしかった気がする
まこっちゃんもサイドカバーを付け忘れたとかでノンビリ走行だったようだ
カワサキ乗りのご夫婦とトーク
うちのVTZと同世代のGPXに乗ってる奥様
XJR1300のお兄さんはウン十万円もするオーリンズのフロントフォークが付いてた
まだまだ喋りたかったが、雨雲がやってきたので解散
おっちゃんちでドリンクご馳走になり、ここでもトークに花が咲いてしまった
ちょっとでも時間があるとハナシが止まらないメンバーでいつも同様楽しいツーリングだった
帰りのアクアラインはゲロ混みで帰宅までに3時間かかった

大盛もやしそば

ゆいま〜る伊豆ツーリング

October 16 [Tue], 2012, 12:07


MIXIチームゆいま〜るのツーリング
朝9時に海老名SA集合
ギリギリ9時に間に合った
が、探してもいない
少なくともおっちゃんの姿はすぐわかるはず
ケータイで確認すると、奥のほうのゼブラにいるとメールがあった
移動してみるとオッチャンをはじめ10人ほど集まってた

東名−小田厚−箱根新道−伊豆スカイライン
そんなルートで土肥に向かう

途中のワインディングはみんなで飛ばして楽しかった
CB400レディがめちゃ速い
排気量の差があるのにあそこまで速いとは、しかも女性だから驚き!

土肥の魚重で昼飯
深海魚刺身定食を食った
前にもボラしめじさんのツーリングで来たことあった
この店は定番なんだろう

食事を終えた後、給油したのが14時頃
海沿いワインディングを通って沼津ICに向かう

インター手前でオッチャン、しょーくん、俺の3人が道を間違える
直進すべきところを右折してしまった
右折したとき後ろからクラクションが聞こえた気がする、がすでに曲がっちゃったし

先の土産店でみんなは待っててくれた
ここで夫婦タンデムマジェスティで来ていたsamさんは先に帰られた

沼津から東名に乗る
前半空いてる東名をガンガン飛ばす
アベレージぬうわkm

カミサンが着いて来れるか心配だったのでケツ持ち
御殿場から渋滞だったがすり抜けも激しかった
みほたさんは海老名手前の厚木ICで離脱

海老名SAで長めの休憩後解散
解散後もみんなですり抜け

途中見知らぬSRらしきバイクがすり抜け中に目の前でコケてた
クルマに轢かれやしないかヒヤヒヤしたが車はノロノロだったので避けられていた

町田ICでなぜか再び集合したが、全員揃わずにこんどこそ解散

この日の走行距離330km
さすがに300km越えるとしんどいな
でもえらく楽しいツーリングだった

オッチャンに逢うのは今年の3月に初めて会ったとき以来だ
もう半年以上経ってる
あいかわらずオチャメなキャラだが意外と細かい気配りをしてくれて頼りになる

仕切り役のサイタカサン、VTRがキレイでうらやましい

CBR900のミスターMさん、顔は覚えてるけどバイクは覚えてない
確か前回逢ったときはTRXでめっちゃ速かったような記憶がある
前回走ったときCRMが速かったと褒めてくれた

初代ジスペケ1100のまこっちゃん、あいかわらず速い
この日は風邪ッぴきの上に二日酔いで体調不良でかわいそうだった
なのになんであんなに速いの?

☆しょーくん☆さん、二十歳のZX10乗り、まだ乗り始めて3ヶ月だそうで、乗りこなせてないことを嘆いてた
いいバイクなんだから走り込めばうんと早くなりますよ〜

みほたさん、女性であんなに速い人はオンロードでは初めて見た
CB400を上手く乗りこなしてる
立ちゴケなんて気にしない気にしない
ただ、予備レバーを持ってるところはさすがだと思いました

次回のラーメンツーも行きたいな〜

ポルシェブレーキパッド交換

June 06 [Wed], 2012, 16:41


車検の際、フロントブレーキパッドの残量が少ないと指摘されました
ここ数年ディスクローターも換えなきゃいけないんじゃないかとビクビクしてましたが、メカニックが言うには「ローターはまだまだ平気」

とのことで少し安心しました
ショップで替えてもらおうかとも思いましたが、純正だと部員代が高く付きますし、工賃もかかりますので、この際自分でやってしまおうと

決断しました
純正の値段は知りませんが、ネット通販で1万円でおつりが来ました
さて、購入したのはいいのですが、自分で装着した経験はありません
ネットでポルシェのパッド交換方法を検索して探してなんとなくつけ方の手順はわかりましたが不安は拭えません
なんせ最重要保安部品ですから
友人数人に電話して教えてもらいました
どうやらそれほど難しくなさそうです
で、当日友人のガゼール兄貴に来てもらうことになりました
とても心強いです
簡単な手順は
・ホイールナットを緩める
・ジャッキアップ
・ホイールを外す
・パッド間を広げる
・ロックピンを外す
・パッドセンサーケーブルを外す
・パッドを外す
・ピストンを押し戻す
・新パッドにパッドグリスを塗る
・新パッド装着
・パッドセンサーケーブル装着
・ロックピンでロック
・ホイール装着
・ジャッキを外す
・ホイールナット増し締め
・ブレーキペダルを何度か踏み込む

以上です
あっけなく装着できました
ガゼール兄貴ありがとう
2019年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
vtcrm
» ツヨシ高校入学 (2015年05月27日)
CBですが・・・
» ツヨシ高校入学 (2015年05月27日)
vtcrm
» ロードバイク買った (2014年04月13日)
vtcrm
» ツヨシ高校入学 (2014年04月13日)
ゲディ@緑忍
» ツヨシ高校入学 (2014年04月11日)
ハリー嫁
» ロードバイク買った (2014年04月11日)
vtcrm
» ツヨシ高校入学 (2014年04月11日)
Shadowflare
» ツヨシ高校入学 (2014年04月11日)
スバル
» ツヨシ高校入学 (2014年04月11日)
vtcrm
» ロードバイク買った (2014年04月11日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:vtcrm
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
https://yaplog.jp/vtcrm/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

ムービーボード