夏の演奏会予定

July 07 [Sat], 2018, 6:47

前回のブログ更新から、3か月あいているという事はないぞ

それでも3週間空いてしまった。。。

もっと頻繁に更新したいのだが

なかなか日々の練習や色々なことに追われてパソコンに手がつかず。



演奏会の案内をさせてください。

朝の光のクラシック 牧野葵美

2018年9月7日(金)午前11時開演
クラブ関西

(プログラム)
テレマン 無伴奏ヴィオラによるファンタジー 第7番
ノックス ヴィオラスペースより No.8 “Up, down, sideways, round” / No.4 “Nine fingers”
ブリッジ ペンシェロ / アレグロ・アッパッショナート
ヴュータン ヴィオラソナタ

入場料:1,000円
出演:牧野葵美(Va)・新ゆう(Pf)

問い合わせ ハーベストコンサーツ 090-7487-3832
チケット取り扱い チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード 117-795)



BBCフィルハーモニックで仕事が決まってから、初めてするリサイタルです。

仕事が決まるまではビザのことやこれからのこと

ともかく全てが未定だったので色々なことが考えづらかった。

今思い返すと、あの不安定だった就職活動中の一年が色々な意味で懐かしかったりするけれども

決して戻りたいとは思わない

ともかく今は、色々な心配をしなくてすむので

おかげさまでやっと自分のやりたいことができる状況になりました。

そんな私の組んだ今年のリサイタルのプログラムはハッピープログラムです

ヴィオラのソロのレパートリーは暗い曲が多くて

主題も重いことが多くて

もちろん私もそういう重い・暗い曲も大好きなんですけど

今回は朝ですし、聴いた後にお客さんが素敵な週末を過ごせるような

そんなプログラムにしてみました。

中でも、ガース・ノックスのヴィオラスペースは私にとって思い出深い曲であり

もちろん彼はマンチェスターでの私のヴィオラの先生でした

つまり、自分の先生が作曲した曲を弾くわけです。

ヴィオラスペース、このエチュードは若い人たちのために

楽しんで現代音楽の特殊奏法を勉強してもらうための教材としてガースが作曲したもの。

8つのエチュードそれぞれが、それぞれのテクニックを集中して習えるようになっており

これが結構(いや、かなり)難しいのです

この曲を初めて弾いたのはフィンランドでのクフモ音楽祭のマスタークラスでガースに習ったとき。

練習したものの、かなりいろんなところが難しくてお手上げだったのですが

その後マンチェスターに来てから、クラスのみんな+ガースで演奏会で弾いたり

今はおかげでだいぶ上達したと思います。

それで、これが弾いているうちに結構ハマるんですわ

たまに自分はもしかしたら打楽器奏者になった方がよかったのではないか、と思ったり(笑)

真相のほどは演奏会に来て確かめてください!

クァルテット澪標

2018年8月24日(金)午後7時開演 アートスペースハーゼ (京都)
2018年8月25日(土)午後2時開演 島之内教会 (大阪)
(プログラム)
ハイドン 弦楽四重奏曲 作品33-3 “鳥”
ドヴォルザーク テルツェット
ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 作品57-2 “ラズモフスキー第2番”
入場料:一般前売2500円・学生前売1500円・一般当日3000円・学生当日2000円
出演:大岡仁(Vn)・東珠子(Vn)
牧野葵美(Va)・佐藤響(Vc)
問い合わせ:info@quartet-miotsukushi.com





大学時代に組んでいたクァルテットを再始動することになりました。

みんな30歳になって、まさに9年ぶりにクァルテットを弾くことになり

なんか素敵な夏になりそうな予感です。

“澪標”とは江戸時代に大阪港で水路を示すために立てられた杭のことで、自分たちの道しるべとなることを願ってつけられた名前ですが

今はそれと同時に自分たちのルーツを表す言葉にもなっています。

この名前をつけてくれたのは、私が大学生だった当時、日本音楽史の先生だった小野功龍先生です。

今から考えると、そういえば私は先生の授業がすごく好きでした。

だから色々話したり、相談したりしていたと思う。

そのうちの一つが、クァルテットの名前だった。

みんな関西の出身だし、なぜか日本ではクァルテットの名前も横文字が多くて

日本語の名前をつけたいと思っていたけれど、良いアイディアがなかったころ。

先生が、その名前の語源なども説明してくれて、みんな気に入って決めた名前。

それはもう10年以上前のことで、今思えばこの名前が再始動まで連れてきてくれたような気がします。

その小野功龍先生も、何年か前に亡くなられてこの世の方ではない。

卒業してから一度もお会いすることもならなかった先生に、今は感謝を申し上げたい気持ちでいっぱいです。

武生国際音楽祭2018



9月9日〜16日 ウェブサイト

福井県・武生国際音楽祭にも行きます。

ブラームスのヴィオラソナタや、シューマンのピアノ五重奏、現代音楽はシュタウトの室内楽など弾きます。

私が学生時代の頃から知っている音楽祭ですから、そこに帰られる喜びというのはひとしおです。

とても楽しみ。



ところで、今週はオーケストラがお休みで

毎日スケールやアルペジオをさらえる時間がありがたい私です。

そんなのちっともさらわなくてもいい人も世間にはいっぱいいますが

私はスケールをさらっているのと、そうでないのとでコンディションが全然違うタイプの人です。

それにゆっくりスケールがさらえるっていう事、私は今はすごく幸せに感じるなぁ

こういう時間が好き。

オケは曲がたくさんあって大変だけれど、こういうスケールを弾くような時間を確保することを忘れずにこれからもやっていきたいなぁ。

もっとうまくなりたい。



関西のほうは大雨で各地被害が出ている様子ですね

くれぐれも気を付けてお過ごしください。

良い週末になりますように!



人気ブログランキング参加中です!
投票してね↓

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kimi makino
  • アイコン画像 趣味:
    ・水泳-これがなくては、働けない。
    ・お酒-飲みすぎには注意。
    ・サボテンとの語らい-日々少しずつではあるが成長する彼らとの会話。
読者になる
牧野葵美。

気ままなヴィオリスト。
性格は「粘り強いけれど、反面しつこい」と友達に言われ、はや15年。
熱中すると周りが見えないバカ。
4年間のスイス・ジュネーヴで生息の後、マンチェスターにて放浪。
自由な人生を満喫する現在31歳。

free counters
最新コメント
アイコン画像kimi makino
» シュトラウス メタモルフォーゼン (2014年05月31日)
アイコン画像藤田伊織
» シュトラウス メタモルフォーゼン (2014年05月15日)
アイコン画像
» 人に対して (2014年04月30日)
アイコン画像
» 人に対して (2014年04月30日)
アイコン画像kimi makino
» NHK「リサイタル・ノヴァ」収録* (2013年12月16日)
アイコン画像yasu
» NHK「リサイタル・ノヴァ」収録* (2013年11月22日)
アイコン画像キウリ
» 10月4日リサイタルのお知らせ (2013年06月12日)
アイコン画像キウリ
» Le conte de Cendrillon / Frank Martin (2013年02月10日)
アイコン画像kiuri
» 12年度青山音楽賞・新人賞 (2013年01月25日)
P R
♪演奏会予定♪

メールフォーム

TITLE


MESSAGE

2018年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
https://yaplog.jp/violalunettes/index1_0.rdf