生活リポート

October 31 [Sun], 2010, 6:35
ボクへのこのあらゆる環境の変化は思ったより大きく、到着してから今まで睡眠時間も食事時間もバラバラで、ボク自身もリラックスしておらずピリピリ緊張気味

まずは、だんだん戻っている時差ボケを完全になおし、日本で過ごしていたタイムテーブルを取り戻すことに最善を尽くしています。

そんな訳でこの数日は遠出もせず、近くの市場やスーパーに買物に行ったり、車で近くのデパートやショッピングモールへ行ったり、公園へ行ったり散歩をしたりと、フツーの生活をしている訳ですが、その様子を少し!

徒歩3分ほどのところにある市場。
ここには何軒もの八百屋さんや、魚屋さん・肉屋さんなどがあるのだけど、それぞれお客には行きつけというのがあるよう。

アブエラ行きつけのハムやチーズなどのお店
スペインのハモンやチョリソなどはたまらなくウマイ!!



ここは行きつけの八百屋さん。



このときはいなかったけど、威勢のいい看板娘?!のお姉ちゃんはとてもフレンドリーで楽しい人。
ボクと同じくらいの年の娘さんがいるので、何かとよくお話をします。

ボクはここでも歓迎してもらい、自然食屋さんでビスケット一箱、八百屋さんではブドウをほぼ一房、お肉屋さんではキャンディーをもらいました


アブエラ宅付近は沢山緑があり、公園も沢山あります。

これは、ここ数年前から増えだした、年配の方用の公園。



これは子供用。



子供用の公園の入り口は、だいたいこのような金属の格子みたいなのがあるのですが、何かわかりますか?



犬や動物が入ってこないようにするためのものだそう。
なかなかいいアイデア

また数日前には、Ambulatorioという、ボクの診療所へも行ってきました。

こちらの医療事情は日本とは全く違い、すべて国や住む地域でまかなわれています。
病気をしたり、何かが起こると、まずその地域で決められているAmbulatorioという、いわば診療所のようなところへ、個人の担当の先生とアポイントを取り行くそうです。

そして、必要であれば、病院へ行くとかの指示があるそう。

何だかちょっと面倒くさそうではあるけれど、自分の担当の先生がいるということ、費用は全くかからないということ、それはかなりの良点でしょう。

今回アブエラが色々な書類手続きをしてくれ、ボクにもその権利が与えられ、予防接種のこと、その他聞きたいことなどあり、向かいました。

予防接種については、日本でしているものを英語でリストアップしたものを渡し、そこでここで数ヶ月過ごすなら、ましてや保育園に行くのならしておいたほうがいいという、日本ではしていない予防接種をその場でチクリ

「とても感じのいい、できる先生」という印象を受けた女性の先生。
ボクも一スペイン人として、何かが起こったときに行けるところがあるというのは、随分安心です。

マドリードでの日々の生活リポートでした

こっこ郷に入る

October 29 [Fri], 2010, 5:02
スペインに到着してまだ数日だけど、今回気付いたのが、「郷に入ったら郷に従え」の言葉通り、自分がかなり「郷に入ってる」ということ。

謙虚・遠慮・建前などがよろしいとされている日本に比べ、スペイン人は正直・ストレート・ダイレクト
初めの頃は、それにカルチャーショックを受けたこともあり、「ノーと言えない日本人」の一人である私は、「ノー」と言うのをためらったり、失礼になると思い、要らないものも断れずもらったり、ちょっと苦手な料理でも苦手と言えなかったり、おかわりどうと言われて、欲しくてもいいと言ったり。。

そんな日本人も、スペインに来る度にスペイン式に段々慣れていき、今は「イエス&ノ−」がちゃんと言えるように成長しました(?!)

そして話し始めると、勢いあまるこちらの人達
待っていては自分のしゃべる番などきません。そこを割り込んでてしゃべってナンボの世界です(失礼!)

もちろん私の場合、スペイン語のレベルの問題もあるけれど、以前はしゃべっている人に割り込んでしゃべるなんてことはできず、聞いているだけだったのが、今回割り込んでしゃべっている自分がいた

そして特に旦那ママはストレートで裏表のない人。
スペイン語が全くわからない初めの頃は、コミュニケーションも旦那なしでは取れなかったし、何だか怖い人という感じを受けたけど、今となってはとても付き合いやすいお義母さんだと言えます。

実は日本滞在時に、一度ボクが私の言うことを聞かず、その事に関して旦那ママが良かれと思ってしたことが私には納得がいかず・・・
でもさすがにそれを私の口から「やめてほしい」と言えず、これから二ヶ月半一緒に暮らすことを考えると同じことが起こってほしくないし、どうしたらよいものかと思い・・・

その夜に旦那にも言ったのだけど、その場にいなかった彼の口から、事情も知らず間接的に言うのは良くないし、自分から言ったほうがいいよと。私もそう思うのだけど。。

胃が痛い一夜を過ごしたのだけど、翌日の朝、その話になり、「今が言うチャンスかも」という一時があり、思い切って自分の意見・考えを言ってみると、ママは全面的に理解してくれ、「何か思ったことや、自分のすることに気に入らないことがあったら、必ず遠慮などしないで言って!」と言ってくれた。

そのときからママは私の考えを尊重してくれ、それにそってくれ、その後も何度も「私、それに私に限らず、スペインに行って誰かのすることや行動が気に入らなかったら、少なくとも私には全部言うのよ」と言ってくれ、雨降って地が固まった。

そのお陰もあり、今回はこれまでのどの時よりも、ママと一緒の毎日が過ごしやすくなりました。

忙しくしている時に、たいした用事でもなく話しかけられると、「今忙しいから、後にして〜」
疲れていて服のコーディネートなんてどうでもいいときに、色々持ってきて薦めてくれるときには、「疲れていて今そんな余裕ないから・・・」
など言える私は、数年前からは考えられないわ。。

ちょっと寒いと、「上着着なさい」
ちょっと暗いところで何かしていると、「電気付けなさい」
大半のスペインのセニョーラに言える、小さなおせっかいは一日何度もあり、「大人なんだから寒かったら言われなくても上着着るよ・・・」など思うのだけど、そこは黙って聞くことにしています(笑)

ウェルカムランチ

October 26 [Tue], 2010, 21:35
翌日は、おじおば家でランチ

そう、こちらのランチ時間は14:00〜14:30開始・・・
11:30〜12:00にランチを食べて、13:00位から昼寝というリズムを維持していたボクの習慣を、どう変えるか今後の課題かな。

オリーブ、いわしの酢漬け、サラダ、フィデワというパスタのパエリアと赤ワインでスペイン無事到着を祝い、乾杯〜
そして思いもよらぬプレゼントの山。


誕生日でもクリスマスでもないのに、次から次へと渡されるプレゼントセレモニーで、今すっかりはまっている「Toy Story」のリュック、バスタオル、ボール、お絵かきセット、お皿セット、人形、POCOYOのDVDをもらいました。

旦那の親戚全員が、「初めての孫」といって、特別扱いを受けているボクさん、これが当たり前と思ってはいけません。とても幸せ者です。

おじおば家にはうさぎもいて、「conejo! conejo!(うさぎの意)」と大喜び!
そして、従姉妹が飼っているワンちゃんもきて、「perro! perro!(犬の意)」と大はしゃぎ!

でもその後、ボクの大事なToy Storyのボールを何度も奪われ、怖いもの知らずのボクもさすがに逃げまくる。。。
いつもなら犬を追い掛け回し、犬の方が逃げるのに

家族、うさぎ、犬からの手厚い歓迎!
なかなか会えないからこそなんだろうけど、本当に嬉しく、感謝です

ボクは・・・

時差ぼけが結構ひどく、この二日間は朝4時起き、5時起き・・・
その後も昼寝時間もバラバラだし、時折起きる何が原因か良くわからない機嫌の悪さの爆発・・・

この爆発にヒヤヒヤし、イライラし、アブエラも母も疲れるけれど・・・

よく考えると、この長旅の疲れ、時差、環境もまったく違い、家も違い、会う人会う人知らない人。
そして耳に入る言葉は、すべてスペイン語。。

この大きな大きな変化は、二歳児にとって、想像もつかないほど大きなものでしょう・・・
それを分かってあげなければいけないな。。

今朝はやっといつもと同じ7時過ぎに起きたので、これで時差ぼけがなおってくれることを祈り。。。

現在朝の9時、8時半ごろまで薄暗く、やっと日が明けたスペインからの第二便でした〜。
(アップは午後になってしまいましたが)

☆8時過ぎてもこの暗さ



サバイバルの旅から二夜

October 26 [Tue], 2010, 1:07
日本を経ち、20時間近くたった現地時間夜中の1時過ぎに、マドリードのアブエラ宅へ到着!

なんと長い旅・・・

今回、スペイン母子プチ留学計画の最大の心配だった長時間の旅、成田→アムステルダム12時間、乗り継ぎ時間2時間、アムステルダム→マドリード2時間半、本当に長い時間を何とか乗り越えて、辿り着きました。

アムステルダムまで結構寝てくれるかと思いきや、あまり寝なかったこと、一度泣いてヒヤヒヤしたこと、重いのを抱っこしてゆらゆらもしたし、楽チン楽チンではなかったけど、12時間という長い時間のほとんどはおとなしくビデオみたり遊んだりしてくれたこと、乗り継ぎ時間からマドリードまではほとんど寝てくれたこと、まぁ合格ではないかと思います。

親の大変さばかりを考えていたけれど、今回実感したのは、この長い旅、子供がとてもかわいそうだったと。。

アムステルダムに着いたのが日本時間の夜中12時、乗り継ぎ時間にせっかく寝たのに、次に乗るため起こされ、また熟睡したの着陸のためシートベルトをつけろと起こされ、スーツケースをピックアップしたり待たされ、家まで車にのり寝そうになったころに家について起こされ・・・

もうつかれてぐったりしているボク、やっぱり時差あり、乗り継ぎありの旅はかわいそうでした

さて、マドリードの空港に着くと、おじおば、その娘(従姉妹)とその彼が迎えに来てくれていて、

本当ならスペイン人の熱い歓迎

大きな歓声とハグとキスでこの一年半ぶりの再会を満喫するところだけど、すっかり疲れきって敏感になっているボクへの大きな声での熱い歓迎は危険だと、アブエラがおばに電話して、静かに迎えてね、と言ってくれ、スペインでは珍しく比較的静かなお迎え&再会!!

ボクの好きなスペインの3Dアニメの「POCOYO」のバルーンでのお迎えでテンションが急に上がり、ご機嫌でみんなにもすぐになつき、そこら中を走り回り。。どこにそんなエネルギーが残っていた?!?!

車に乗るとまたテンションは下がり、眠りそうになったときに自宅到着。。
すぐにパジャマを着せて寝かしたいけど、スーツケースを乗せている従姉妹の車は道に迷って、なかなか着かない・・・

やっとスーツケースが着き、パジャマを着せて寝かしつけたのは、すでに夜中の二時近く・・・

はぁ・・・長いアドベンチャーの一日でございました。。

まだ時差ぼけもあり、落ち着かない数日。
またこの数日の様子をアップします!

生きてます@成田

October 22 [Fri], 2010, 21:40
我が家族、アブエラ共々生きています!

アブエラの日本滞在二週間も、もう最終日…
明日の出発に備え、今日成田に旦那も一緒に前泊しています。

もう少し、アブエラ@JAPONの様子をアップできるかと思いきや…

できなかったね。。

ボクは早くにアブエラになついたものの、拒否することもあり…
いつも三人だけの生活に、知らない人(と言っていい?)がずっといることにどこかでストレスを感じていたのか?!

とても扱いにくい人になって大変!!

それに加え、風邪から気管支をやられ、一日に二回小児科へ行き、夜に呼吸困難みたいになり、救急へ駆け込むことも。

一時は行けるのか??と思ったけど、今日何とかここまで辿り着きました。

明後日にはマドリードにいるなんて信じられないけど…

母子プチ留学、行ってきます!!

またスペインからのアップを、気長に待っていてください。

Hasta luego!

アブエラ(おばあちゃん)到着

October 11 [Mon], 2010, 22:38
金曜日、スペインのアブエラ(おばあちゃん)が日本に到着

海外旅行にもそう慣れていない日本語どころか、英語も全く分からないおばあちゃんが、一人で飛行機を乗り換えはるばる日本までやってくること、どれだけ心細かったでしょう・・・

前日にチャットしたときに、旦那に「明日迎えに来るの、忘れないでよ!!」と念を押していたのも、半分冗談、半分本気だったのでしょう。

当日ボクはちょっとおめかしして、花束を持って、最寄り駅までお迎えに行きました



「アブエラが来るよ!行こう!」とずっと言っていたので、道中は「アブエラ!」「アブエラいく!」と待ちきれない様子で、事情を分かっているのかどうか分からないけど、とても楽しみにしている様子。

駅に着き待っていると、向こうからアブエラとパパが近づいてきて手を振っているのを見て、花束を握り締め、まだ笑顔。

だんだん近づいてきて、5mくらいにさしかかった時、当然花束をポロリと落とし、「うぇ〜〜ん」と泣いた・・・

何だ???

そして、「パパ!パパ!!」と助けを求めるようにパパのところへ行き、抱っこ。

ある種の人見知りだったのだろうか??

でもその後、その場でお土産(賄賂?)を渡したこともあり、すぐに慣れ、ありがとうのチューもしたし、すぐに手をつないで歩き出し、パパママもホッ。

毎週ビデオチャットで見ているとは言え、実際会って、見て、触るのはビデオとは全然違うでしょう。
とても嬉しそうなアブエラでした

ちなみに、「ビデオで見る方がもっと欧米顔で、本物の方がアジアっぽい」とのこと。
どうかな〜〜?!?!


翌日はあいにくの大雨・・・
吉祥寺の新しい駅ビルや、ショッピングモールでウィンドーショッピングへ。

そして、思い出す。。。旦那ママとのショッピングは大変だったと。。。

ショッピングが好きで、超こだわりやさんの彼女とのショッピングはなかなか疲れることを忘れていた

ボクもショッピングは退屈でおとなしくついて来ないので、私たち夫婦のどちらかがボク担当、どちらかがママ担当、それをどうするか?と、こそこそ旦那と相談。

「どっちも同じくらい疲れるよ」と(笑)。
でもやっぱり旦那は店のこととかも知らないので、私がママ担当で、旦那がボク担当となり、土曜日半分と日曜日半分はショッピングとお土産探しにお供しました。

今こうしてブログを書いていると、ママが「ブログを書いてるの?」と聞いてきたので、「そうだよ」というと、「私の事でしょ〜?」というから、「まさにその通り」と。

するとママが 「アブエラは食事の用意も皿洗いも何にもせず、横になって・・・」
そして私が続ける 「ライオンみたいなイビキをガーガーかいて・・・」
そして旦那が続ける 「時折、機械のようなプシューというような音をたて・・・」

大笑い

ママ 「そこ(ブログ)で、(ママに対する)ストレス発散するつもりでしょ」と。
私 「そうそう!まだT(旦那)にはブログの日本語文は難しいし、私が何を書いても二人には分からないからね」と。

彼女自身が気を遣わない人なので、私も気を遣わずに済むし、何でもいい意味で言う人なので、私も遠慮がないし、全く気を遣わず何でも言えるというとウソになるけど、こうしてこんなジョークを言い合えるのも、こんなママだからこそ。

食事のこと、毎日のプラン、まぁ大変なこともあるけど、これから二週間弱、いや、+スペインでの二ヵ月半も、アブエラ、嫁、孫で楽しくやっていきたいと思います

どちらのママも忙し忙し

October 05 [Tue], 2010, 13:13
いよいよ、《2010年 ビッグ計画の準備》も大詰め!

今週、日本にやってくる旦那ママは、その後の帰国に一緒にやってくるボクと私を迎える準備、また日本滞在2週間の準備に大忙し。

また私は数日後にやってくる旦那ママを迎える準備と、その後二ヵ月半のスペイン滞在の準備にちょびっと忙し。

週末にママとビデオチャットをした時、彼女のここ数週間の忙しさ、大変さは、カメラを通してでも伝わってきました。

★まず、彼女好みのオシャレなインテリアで統一された家、沢山のデコレーションが置いてあるのだけど、ボクの魔の手が届く範囲にあるものを一掃。

★家を占領するパラサイト二人の部屋やベッド等の準備。

★チャイルドシートやらボクに必要なものの準備。

★到着が土曜夜になり、翌日日曜日は全てのお店が閉まっているため、今から考えておかないといけない食事の準備。

★ボクの保育園を探したり、申し込んだりの全ての手続きに、ボクのスペインでの健康保健などのややこしい手続き。

★そして、日本へ来る準備。ちょうど気温も変わりやすい時期に重なり、余計に手がかかる・・・

完璧主義の彼女のことだから、抜かりなく緻密に行われているのだけど、故にかなりのプレッシャーがのしかかっていることも、手に取るように分かります・・・

一方私たち、以前に今回の宿泊をどうするかママと相談:うちの住宅事情から、うちに宿泊するとなるとリビングでのソファベッドとなってしまい、朝ボクが起きてしまったらもう寝れなくなってしまうけど、それでも大丈夫か?
それとも近くのホテルを取った方がゆっくりできるのではないか?

でもママはやっぱり一人でホテルは心細いし、できたらうちで宿泊する方がいいとのことでした。

なのでママを迎える準備===
と言っても、そうたいしたことはなく、シーツやカバーなどをもう一度洗っておいたり、洋服掛けを移動させたり、いつもより念入りに掃除したりする程度。

誕生日を迎えるので、誕生日パーティ(食事会)やイベントの準備。

スペイン行きの準備===
本格的な冬を越さないといけないので、かさばる冬服を持っていくか送るかの覚悟をしていたけれど・・・

ママがボクの服を、既に上下合わせて10着以上買っていると!!
そして、冬物のジャケットもかわいいのをいくつか見つけて、どれにしようか迷っている、なんて言っていたので、「もうあまり持っていかなくてもいい〜?」と完全にAbuela(おばあちゃん)に甘えることに。ニヤッ

私の冬物については、いつも行くたびにママが「その服にはこれが合うよ」って色んな上着を貸してくれ、結局自分のをあまり着なかった・・・なんてことが多いので、今回も「持っていかないので、貸してくれる〜?」と言うと「秋物でも冬物でも、何なら春物でも何でもあるから」と言ってくれ、こちらも完全に甘えることに。ニタッ

あとは食事のこと。私は日本食がなくても、数ヶ月なら何の問題もないけど、なんせボクが日本食好き。。。
今他のものをあまり食べなかったりするので、少しの食材は送っておこうと、色々買出ししました・・・

醤油・酒・ダシの素・味噌・カレールー・子供用レトルト食品・わかめ・唐揚げ粉
子供用のお菓子なんかもあるのか分からないので、スナック菓子やいざという時に助かるラムネ等。



などなど詰め合わせて、二弾に分けて送りました。

準備はそれなりに順調なので、あとは誰もが体調を崩すことなく、全てが計画通り進みますように・・・
P R
2010年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こっこの居候日記♪
読者になる
Yapme!一覧