挫折

March 21 [Sun], 2010, 22:11
2010年が明け、私は今まで経験をしたことのない、ある小さな決意をいたしました。

『NHK大河ドラマを見る!』

小さな決意です・・・

歴史はとても面白いものだとは、分かっているのだけど、まるでダメで・・・
学生の時も《試験対策まる覚え》しかしておらず、全く頭に残っていない・・・

何度か《この一冊で日本の歴史が分かる!》的な本を借りたりしてみたけれど、やっぱり進まず・・・

今まで一度も大河ドラマに興味を持ったこともなかったのです。

ところが、今年はあの福山雅治氏が坂本龍馬を演じるということが、昨年から話題になっていて、歴史アレルギーの私にもちょっと興味がそそられる、そんな感じ。

龍馬に?
それとも、雅治に?

まぁ、動機はさておき、見始めました

結構面白い。

でも、日曜日20:00は、大体スペインとビデオチャットをする時間。でも強い見方のHDレコーダー!録画をしようとしていたら、その時間は、旦那が唯一見る大好きな番組『大改造!劇的ビフォーアフター』と重なり、再放送のある大河の私は、録画権を彼に譲る。

そして、次の土曜の再放送を撮る。

それが重なり、うっかり土曜の録画を忘れたり・・・

そして、溜まり・・・

見る時間もなく・・・

溜まる・・・

そして、挫折しました!

見る時間がないというのは、やっぱり言い訳だよなぁ〜。
週に1時間弱の時間って、取れるし、実際、『ビフォーアフター』は旦那とちゃんと見てるもん。。

やっぱりそこまでの興味がないんだわ、所詮。。。

と、新年の小さな決意は、2ヶ月ほどで消え失せました。

またいつか挑戦するかっ

初日の悲劇

March 12 [Fri], 2010, 0:12
旦那が、アメリカへの6日間にわたる出張に出たその日・・・

心細さと少々の不安を拭うように、『まぁ、中4日の辛抱。あっという間に過ぎるさ』と自分に言い聞かせているときにその悲劇は起こりました・・・

午後の便だったので、昼過ぎに一緒に家を出て、私は友達との約束へ場所へと向かい、夕刻家に帰る途中、気付いたのです・・・

家のカギを、家の中に置いて出てきたことを・・・

旦那からはちょうど空港に着いたとの連絡。
泣いても叫んでも、もう旦那からカギを受け取ることはできません。

うちのマンション、家に入る玄関のカギはオートではないので、自分で閉めないといけません。
なので、一人で出かけるときに、玄関のカギは絶対に閉める癖がついているので、家の中に置いて出てしまうということはないのですが、旦那と二人で出るときなど、相手が閉めてしまうと、自分が持っていないのに気付かず出てしまうことがあります。

もしそんなことが起こっても、仕事から帰ってくる旦那を、何とかどこかで時間をつぶして待てさえすれば何とかなるものの、どうしてこんな日に限って!!!!

パニックになりそうな自分を抑えつつ、近くにカギの110番的なお店があったことを思い出し、希望の光。

小走りで行ってみたら・・・無くなっていた

夕方になり急激に寒くなり、あまり厚着をさせてこなかったボクのことが気にかかり、何とかして早く家に入りたい!

管理会社の電話番号も分からず、頭には「カギ屋」を頼ることしかなく、友達に電話をして、いくつかの電話番号を調べてもらって電話をしてみた。

結論は、30分前後で行けると。
防犯対応のカギでなければ、1万円程、防犯対応なら2万円〜・・・・・・・・・・・・・・

うちは築浅なので、防犯対策がされていて、高値の可能性アリと・・・・・・
その値段にびっくらこいたけど、もう背に腹は変えられない。
30分で解決するなら、いいさ・・・・・・

そして来てもらったところ、やはり防犯対応と判明。
そして、開けられないものもある、やってみないとわからない、とプチ脅し・・・・・

もうその待っている間のあの気持ちたるや・・・
手が震えていたかもしれない・・・

そして、開いた!!!

(ちなみに、ちゃんとその人の家なのか、もちろん開ける前に身分証明書の提示を言われます。
開いてから、本当にそこに住んでいるのか、公共料金などそういうものの名前の入った領収書などの提示も求められます。)

ほんの数分の作業に、結局福沢さんが二枚に消費税が飛んでいきました・・・・
痛い出費。でも、本当に寒くなって、震えそうなボクと一緒に待っている間は、涙も出そうになり、こんな早くに解決したのだから、しょうがないと、これで今後、もう二度としないだろうという、高い授業料と思うしかないと、思うのでした。

後から思うと、どうにかして管理会社や不動産屋の電話番号を調べて連絡を取れば、そんな高額のお金を払わなくても何とかなっていたかなとも思うけど、状況と時間を考えれば、これまたしょうがないと言い聞かせているわたくしです。

ちなみに来た担当者に、『痛い出費です・・・相場はこんなものなんですか?』と聞いてみたところ、そうだと言う。
でも、こういう値段のあってない商売、ぼったくられてはいないか?と思いが払拭できず、ある大手のカギ屋に聞いてみたところ、やっぱりそんなものでした。

そして、うちのカギのタイプは、その大手カギ屋では開けらないタイプだとも言われ・・・
もしそこにまず電話していたら、完全パニくっていたな。。
不幸中の幸いでした。

早速、管理会社の電話番号をケータイに登録しておかないと!もしも、また起こったときに・・・
って、それが起こらないため、高い授業料を払ったのでしょう?!

皆さん、くれぐれもカギにはお気をつけ下さい。
そして、管理会社の番号は、ケータイに登録を!

カッコいいコンサートと小噺

March 06 [Sat], 2010, 23:30
やってきました

大物アーティストが、うちから徒歩10分ほどの、小さめの古いコンサートホールへ

コンサートホールというか、『公会堂』と呼ばれるそのホールは、駅からは徒歩30分ほどの場所にあり、どちらかというと地域密着型的で無料コンサートや落語を催しとしてやっているイメージ。

そんなところへ

ジャズピアニスト『小曽根真』が管楽器のメンバーを10数名率いてやってくるという

『小曽根真 featuring NO NAME HORSES』

ジャズに関しては、知識はないけれど、大好きなジャンル。

そして小曽根真を知ったのはTVCM。
『こういう顔の人で悪い人はいない』と個人的に思わせる、甘いマスクに、しなやかでエネルギッシュなピアノ演奏。

そんな彼の生演奏と、大好きな管楽器のコラボ!
行くしかない

でも、平日だったら行くことができないママのサダメに希望の光。

なんと、託児所付き!!それも託児料500円!

結局、19:00〜だから、終演頃の21:00過ぎまでボクを預けるのは、就寝時間の関係もあるしちょっと難しいのだけど、旦那に会社帰りの20:00頃に迎えに行ってもらうということで解決。

そして、昨日ママチャリを颯爽と走らせて行ってきました

コンサートはやっぱり予想通りパワフルでエネルギッシュで、スタンダード・ブルース、そして特にラテンジャズのナンバー達、めちゃめちゃカッコよかったです

それにチャリで行けて、子供までみてくれるなんて、

満足度100%



実は、これにはまたまた《小噺》があります。

ボクを迎えに行くことになった旦那に、「迎えに行った時、何て言ったらいいか分かる?」と聞くと、「う〜ん、分からない・・・」と考える彼。

まあ普通なら『子供を迎えに来ました。とか、引き取りに来ました』ですね。

スペイン語では、動詞『recoger(レコヘール)』を使います。
そしてこの『recoger』には『集める・片付ける』などの意味もあることを、前知識として頭に入れておいて下さい。



彼が言った。

『あっ、《子供を片付けに来ました》?』

大爆笑

スペイン語をそのまま直訳してしまったぁぁぁ。

外国人が来て、『子供を片付けに来ました』と言った、その場を想像すると・・・

その場にいる人たちの顔が目に浮かび、一人爆笑してしまいました。

『迎えに来ました』と言うんだよ、と教え、その後の旦那の話によると、託児室の前でもう一度復唱しながら向かっていると、託児室から一人の子供が脱出し、それを追いかけていた保育士さんが、旦那を見て

『あっ、○○くんのパパ!』

と、彼が言葉を発する前にそうおっしゃり、手続き等速やかにしてくださったそうです。
(ボクのパパが早めに迎えにくることは、事前に伝えていて知っていた)

これ、いつものオチだわ。。

うちのカメラ小僧

March 01 [Mon], 2010, 14:19
子供が生まれることをきっかけに、2006年6月に購入した一眼レフ
カメラの知識なぞ全くなかった私も、購入以降は、なんだかんだごまかしながらこれ一筋で写真を撮っています。

旦那は色々教えてくれようとするのだけど、「あ〜、今ちょっと頭に入りそうにない・・・」「また今度頭が冴えてる時に教えて」など逃れ逃れ、随分前に本も購入したのに、数ページしか読んでいないという始末・・・

いい写真を撮りたい!だから、学びたい!という気持ちはあるのだけど。。

始めに購入したカメラは、本体と標準レンズがセットになっているもので、ズームが18-55mm(3x)のもの。


私はこれで十〜分満足なのに、どんどんハマっていく旦那は、ズームが18-200mm(10x)を買うと言い出す・・・

そして、半年後に購入。

と〜っても満足な旦那は、写真をどんどん撮り続け、ますますハマリ・・・

今度は、「今のレンズは、室内できれいな写真が撮れない」「もう一つレンズが必要!」と言い出す・・・

私達と同じく、赤ちゃんが生まれることをきっかけに、レフの購入を考えていた友人夫妻が、「アドバイスして欲しい」と言ってくれ、先日大喜びで買い物に立会い、新しいモデルのカメラセットと、もう一つレンズを購入した彼らにまたまた感化され・・・

今度は「今持ってる本体を売って、彼らが買った新しいモデルを買いたい」と言い出す・・・

それはあっさりばっさり却下したけれど、その室内できれいな写真が取れる、専門的なことは全然わからないけど、絞り値(F値)というのが関係するらしい、そのレンズを購入することになりました。

☆奥がソレ 手前がズーム18-200mm


今まで苦労していた室内や暗い場所での写真が、確かに見違えるほどキレイになり、旦那はまたまたと〜〜っても満足な様子。

週末にボクを連れて、散歩がてら電車を見に行くのにも、「カメラ!カメラ!」と持ち出し、撮る撮る撮りまくる。
最寄の駅では、フェンス一枚越しに電車も見られるし、線路をまたぐ、古くからある有名らしい橋もあり、電車好きにはなかなかたまらない場所で、そこへも初めて行ってみた。

そこで、カメラを構えてバシバシ写真を撮っている彼は・・・
まるで、鉄道マニア=鉄ちゃんでした






その一時間強の散歩で撮った写真は、100枚を超え、

先日、結婚記念日のお祝いをしてくれたお友達のおうちで撮った写真は、150枚強、

そして、昨日大勢で集まった友人宅では、またまた150枚以上・・・

もちろん、これからセレクトし、削除するのですが、一体今まで何枚の写真があるのでしょう。。
ボクが生まれてからの写真は、5000枚ほどありました

これからどれだけ写真が増えていくのでしょう・・・
ま〜、すべて良い想い出となるからいいか
P R
2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こっこの居候日記♪
読者になる
Yapme!一覧