第九を聴きながら・・・

December 29 [Tue], 2009, 22:23
気付けばあと三日で2009年も終わり。

年の瀬と言えば、『ベートーベン第九』
何度も何度も聴いているけど、何度聴いても飽きず、その度涙が出そうなくらい感動してしまう一品
今年はコンサートへは行けなかったけど、今BGMで流しながら、このブログを書いています。

とは言え、実のところ全〜く年の瀬という実感のない私・・・

昔はお店も三が日はお休みで、その分の食料を買い込んで、何だか年末という風情らしくものをあったけど、最近はそういうの感じない・・・
うちの近所のスーパーも、元旦朝から空いてるし、今どき三が日をお休みするところもあまりなく・・・

便利は便利だけど、便利になりすぎて、情緒も何もない今の日本、とても寂しく感じるの私は、昔人間なのでしょうか・・・

さて、ベートーベンに戻り、年末の象徴とも言える『第九』
この、年末に第九を聴くというのは、日本だけの風習だそう。
世界共通だと思っていたのだけど・・・

そして、年末の大掃除。これもスペイン人の旦那に言わせると、『ありえない!』そう。
「一年の汚れを落として、新年を迎えるという意味がある」んだと言っても、「クリスマスなどの楽しい行事でめいっぱい盛り上がり、それが終われば、ゆ〜っくりリラックスするものだ!」と。

お国柄でしょうか?文化の違い、こういう所にもあります


2009が終わり、2010の幕開け。

思い起こせば、10年前の1999年に私、人生の一大決心をして、イギリスに行ったんだ〜。

そして、今の旦那に出会った。
もう10年も前のはなし・・・

そして、記念すべき『2000年』の幕開けを、初めてのスペインでお祝いしたんだ〜。

その時に、この10年後の私達の姿を、誰が予想していたでしょう。

日が経つのが本当に早い。
一日一日を大事に、2010年も家族みんな元気に笑って過ごしたいものです。

明日から大阪の実家へ帰省します。
前回の帰省にできなかった、パソコンを新しくする作業を行うもんで、いつインターネットにアクセスできるか分かりません。

次にここでお会いするのは、来年になるでしょう。

今年も沢山の人たちにお世話になりました。どうもありがとう

2010年も皆様にとって、よい一年となりますように・・・

よいお年を〜

X'mas in 2009

December 25 [Fri], 2009, 17:48
メリークリスマス

一年で一番ロマンティックで、気分浮かれるクリスマスも今日が本番
そしてover・・・

一ヶ月ほどムードを盛り上げてくれた街中のデコレーションやイルミネーションも、明日から一新、お正月ムードに切り替わるのでしょう。

一夜ですべてが変わるこのシステムというのか、それもすごいな〜と思うし、25日の深夜に沢山の人が力仕事をしていると思うと、それまたご苦労様です。

スペインではまだまだクリスマスは続きます

クリスマスが終了を告げるのは、1月6日の「Los Reyes Magos (ロス・レジェス・マゴス)」の日。
以前にも書きましたが(コチラ)、1月5日に東方の異国に住む3人の賢人が、幼子イエス・キリストの元を訪れ、神の子と崇め、贈り物をしたといい、その翌日6日にそれをお祝いするといいます。

そして、子供たちはクリスマスではなく、この日にプレゼントももらいます。

街ではパレードなども行われ、一大イベント

そして、この日をもってクリスマスが終わるという訳です。


さて、こちら我が家のクリスマスはというと・・・

妊婦時代からのお友達と、子供の遊び場のグループルームを借りて、プレゼント交換をしたり・・・
輪になって、歌を歌いながらプレゼントを回すなんて、何十年ぶり〜?!

お友達ファミリーと3家族で、丸ごとチキンを用意し、シャンパンも開けたりと、ちょっと本格的持ち寄りのクリスマスパーティを開いたり・・・





これまた輪になって、歌を歌いながらプレゼント交換。
しかも大人もそれぞれプレゼントを用意し、「真っ赤なお鼻の〜」で回したよ!楽し〜〜

イブには、これまたお友達と子供たちと持ち寄りパーティをしたり・・・

去年は旦那がひどい風邪にやられ、なんだか悲しいクリスマスだったのだけど、今年はらしいことができました。

子供がいると、今までとまた違ったイベントになり、楽しいなぁ。

肝心のボクは『花より団子』で、食べものばかりを欲しがり、相当のいやしんぼぶりを発揮してましたが・・・


以前紹介した、旦那ママのお友達からの手編みのツーピース。

とっても手の込んだ素敵なかわいいお洋服だけど、普段にはなかなか着れず、また来年になるとサイズが合わなくなるだろうし・・・
これはクリスマスに着せるしかない!!
と、すべてのクリスマスイベントにおいて、これにて参上〜。


今日は『クリスマス』

スペインではお店もぜ〜んぶ閉まり、電車も止まり、すべてがOFF。
国民全員が家族と一緒にお祝いする日です。(たぶん)

一方こちらは、お仕事もある普通のとある一日・・・

一応、それなりのことはしたいので、昼からビーフシチューを仕込み、二人+オチビには大きすぎるケーキを購入し(私が3/4ほど食べるという魂胆)
今夜はファミリーでささやかにお祝いしよう

ウキウキプレゼント♪

December 22 [Tue], 2009, 14:08
先日はマドリードの街のクリスマスの様子を少し見ていただきましたが(3年前の)、先日そのマドリードから、クリスマスの香りの詰まったプレンゼント達が届きました

旦那ママと、おじおば夫婦のコラボレーションです。

ん〜〜〜、あの荷物を開ける瞬間、それも海外からだと特に・・・たまんない
またまたこんなに沢山のものが詰まっていました!



旦那・私・ボクへの服。

スペインに滞在していた時、旦那ママが持っていたスカートを気に入り、同じのを買ったのだけど、結構個性的で、どんな服に合わせたら良いのかピンとこず一度も着ないまま・・・
そして、数ヶ月前に旦那ママにどういうトップスと合わせているか聞いて、アドバイスをもらったのだけど・・・

今回その事を覚えていて、そのスカートに合うトップスを探してくれたらしい。
そのスカートを持って、色んなお店を回って探してくれたという

首元にシルバーのビーズがちりばめてある、ちょっとエレガントな黒のニット。

他には、スペインが誇る『TOUS』というブランドのスカーフ。
クマがモチーフとなっている、元はジュエリーのブランド、スペインでは『かなりの』シェアを占めてます。

ペンダント・ピアス・バッグ等々、スペインの街行く女性はみんな何かしら持っているのでは?!というくらい、良く見かける、このクマちゃん。

このスカーフにも密かにクマちゃんが居るのが分かりますか(良く見えないね・・・)?

ちなみに私は今までに、バッグ・ペンダント・ブレスレットもプレゼントでもらいました。


とても嬉しかったのが、DVD
カルロス・サウラという監督の、ダンス映画。

セビジャーナスという、フラメンコの中の一つの踊り?民舞みたいなもので、実はスペイン滞在時にママと習いに行っていたことも記憶に新しい・・・(←コチラ

そのセビジャーナスの映画。ストーリーなどはなく、ダンスの短編がいくつか入っているのだけど、その映画がとても好きで、ママが持っているVHSを良く見ていた。

そして、とても欲しくて、ずっとDVDでないだろうか?と、色々探していたのだけど、VHSしかなく、それも廃盤になっていたようで、入手不可

そのDVDデジタルマスター版とやらが出たようで、その『セビジャーナス」と、同じ監督作品『フラメンコ』『イベリア』のDVD三枚が入っていた!

私がセビジャーナスのDVDを探していたことは、ママは知らないはずなのに・・・
以心伝心の嬉しい一品。

あと、私が腰を悪くしていると知って、「ヨガがいいよ!」と、ヨガのDVDも。

ボクが生まれたとき、出産祝いにもらった『cantaguego』というDVD。スペイン版、『おかあさんといっしょ』みたいなの。
小さい子供が沢山でてき、お兄さんお姉さんと歌ったり踊ったり

でも出てくる絵や映像が手書きで・・・とても安っぽく・・・
何とも低予算な・・・

な〜んて思って見ていたのですが、
ボクがハマリまくり

じっとしていないあのボクが、これを見せるとテレビにかぶりつき、いつまでもジィ〜〜っと見ているのです。

ちょっと用事をしたいときは、とても助かりました。

が・・・

あまりに見たためか、part1と2、飽きてしまいました・・・

ので、3,4,5をアブエラ(おばあちゃん)に頼んだのです。

そのほかには旦那がママに頼んだ、子供を持つ友達から進められた、子供が良く寝るようになるためのHow to本も。

あとは、クリスマスになるとお店に溢れ、クリスマスが終わると一掃される、アーモンドお菓子の『トゥロン』

等々、沢山どれもはずれのない、素敵なプレゼントを頂きました。

マドリードのクリスマス、今年はちょっと寂しいパーティになりそうです。
私たち三人は帰れず、カナダに住む旦那の弟も帰らないそうで、またいとこの一人は現在南米滞在中。

来年の私達の目標は、クリスマスをマドリードで過ごすこと
全員集合できればいいなぁ。

雰囲気だけでも!

December 15 [Tue], 2009, 14:08
あっという間に師走

近くの商店街も木にイルミネーションが取り付けられたりと、それなりにクリスマスらしい演出がされているけれど、いまいちクリスマス→年末→新年がやってくるという実感がないなぁ・・・

周りの国際カップルは、今週辺りからぞろぞろと帰国
旦那の友達の間でもベビーブームで、去年・今年と子供が生まれた友達が結構いるんだけど、大半が子供を連れて初めてor二度目の帰国をするという。

私もスペインに帰りた〜い

でも・・・この歩き始めて、とにかくじっとしていないチビ怪獣を連れての直行便のない、もれなく付いてくる乗り換えアリのトータル15-17時間のフライト・・・

それを考えると、おとなしく日本で地味なクリスマスを過ごそう・・・と思い直すのであります。

クリスマスはとても大事な家族行事であるスペイン。

そして、プレゼント文化のスペイン。

先日、旦那ママから『大きな荷物を送ったから、届いたら知らせてね!』と。
今年は何が入っているんだろう〜〜〜。

こちらも毎年の誕生日・クリスマス、そして帰国する時のお土産と、もうほんとネタも尽きてしまって、毎回頭を悩ますプレゼント。。今年も何とか調達し、昨日無事郵送!
ぎりぎりクリスマスに届くかなぁ・・・

きっと今年も、街中ダイナミックに美しく飾りつけされてるだろう、私の大好きなスペインのクリスマスに思いを馳せて・・・
3年前の写真で雰囲気だけでも味わってくださいな。
(3年前のブログにも載せてますが・・・)





美しい秋日和

December 03 [Thu], 2009, 23:30
秋、一番好きな季節。

なんとなく哀愁の漂う季節。
人肌の恋しくなる季節。

パステルな明るい春とは違って、くすんだ寂しい感じの秋だけど、ある日ひんやりとした風が吹き、冬の匂いがしたときに、何とも言えない気持ちになる

またこの季節がやってきたな〜

関西に居た頃は、紅葉と言えば『赤』のイメージだった。
紅葉の見所が多い京都でも、イチョウよりもみじの方が断然多く『赤』

それがこっちに来ると、この紅葉の季節は『黄』のイメージ。
イチョウがもみじより断然多く、『黄』

最近チャ〜リ〜でよく行く公園は、この黄の紅葉が素晴らしい

落ち葉の絨毯、初めて見たときは、ため息が出たくらい。

それをお裾分けしま〜す。




気付けばもう師走・・・
もう街はクリスマス一色、そして年末がやってきて、新年がやってきます。

早いな〜〜。

残すところあと少し、今年もみんな元気に2009年を越せますように・・・
(気が早い
P R
2009年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こっこの居候日記♪
読者になる
Yapme!一覧