ボクの逆襲?!

September 29 [Tue], 2009, 21:02
さて、こちら東京。

実家でストライキをしていたボクも、やはり安心したのか、帰った途端今までのように食べるようになりました。
大阪でも、私が居なければ誰とでも遊び、普段と変わりなかったみたいだけど、私が居ると甘えなのか?!、『ママ!ママ!』

う〜ん、やっぱり違う環境で、チビなりに何か感じていたのかなぁ。

この週末には、妊婦時からのママさん友達グループの、《子供が生まれてから始めての『ママだけランチ』》が開催されました

母親学級で同じグループだった8人のママ、妊婦時は週に一回ペースで一緒にランチをしていたけれど、子供が生まれてからは、ゆっくりランチということもなく・・・

今回そのうちの一人が、しばらくの間帰省することになり、『その前に、一度みんなでランチしよう!子供はパパに預けて、ママさんだけでしよう』ということになり、地元のこじんまりしたフレンチレストランで、そのランチが開催されることに至ったのです。

『子供が生まれてから、ヒールは履いてない』
『ネックレスやピアスができない』

ママの宿命です・・・

なので、この日はそんなうっぷんを晴らすため《ちょっぴとオシャレ》をドレスコードに集まりました。

子供ちゃんたちはみんなパパとお留守番です。

ドキドキしたパパも、どうやって過ごしたらいいの?と迷ったパパも、びびったパパもいたでしょう。

そして、一人が事情があり来られなくなり、7人でお店に入ると、テーブルの各席にバラ一輪とカスミソウが!
なんて粋なレストランの演出〜

と、みんなで『おぉ〜!』って言いながら、よく見てみると、『ママ達いつもお疲れ様。今日はゆっくり楽しんでね』と、来られなくなったお友達からのメッセージが。
泣かせるね〜

行けなくなった彼女に、何かしてあげないといけないのはこっちなのに・・・





そして、久々のママだけのおしゃべりに二時間半も花が咲き、『また定期的にしようね!』と解散。

一方の男子たちは、公園行ったり、デパートのプレイルームで遊ばせたりし、夕方に帰ってきました。
そしてボクを抱き上げると・・・

熱い・・・・

めちゃ熱い・・・

熱を測ると、38.5℃もあり、ガ〜ン!!!

さっきまでの余韻は一気に吹っ飛び、、一気に新型インフルエンザの心配ばかりが頭をよぎり、焦る焦る
こんな時に限って日曜日・・・

新型インフルのこともあるし、いてもたってもいられず、救急へ駆け込む事態となりました

結論は・・・
新型インフルの場合、熱がでてすぐは検査をしても反応が正常にでないので、今してもあまり意味がない、ということで、内診だけで、翌日にかかりつけに行くようにと言われ・・・

内診で他に悪いところはないし、近くにインフル患者がいるとか、学校・保育園など行っていなければ、まぁ大丈夫ではないか、とは言われたものの、その夜は、さらに熱があがる可愛そうなボクを横に、落ち着かない一晩を過ごしました。

翌日は早朝診察へ行き、検査。
そして、《陰性》との結果!

とりあえず、よかった〜〜
ただの風邪か、1歳前後の子供がなる突発性湿疹というものか、だそう。

優雅にランチをしていたママへの、逆襲でしょうか

ちょっとしばらくおとなしくしておきます。

シルバーウィークも・・・

September 23 [Wed], 2009, 0:09
前回のブログと話が前後しましたが・・・

旦那がこっちにやって来ました。

ボクの後追いが始まり、ボクの面倒は両親にも見てもらえるし楽になるかな〜、なんて甘い考えは現実とはならず・・・
はやく旦那よ来て〜!とお待ち申しておりました私。

ボクに携帯に入っている旦那の写真を見せ、「パパ!パパ!」というと、すごく嬉しそうに「キャッキャッ!」と笑い、写真でもちゃんとパパを判別していたボク。他の人や、私の写真でさえ笑わないのに、パパの写真を見せると本当に嬉しそうにする

なので、久々のご対面を楽しみに駅に迎えに行き、

【ご対面〜〜〜】

パパが向こうから名前を呼び、近づいてきたとき一瞬泣きそうに私のほうに手を伸ばし、その後パパを見つめ、今までに見たことのない見事な愛想笑いを二度ほどしたボク。

そして、わ〜〜〜と笑顔になり、その後に抱っこされたらもう私が手を差し出しても来ず、パパにべったり。

しかし、忘れていたとは思えないけど、あの泣きそう顔と、その後の愛想笑いは何だったのでしょう?!

さて、こちら関西での日々。
毎度のことながら、やっぱり関西人は違うわ〜と、改めて感じる日々。

洋服などの販売員さんとの会話にも、ツッコミやオチあります。

魚屋さんや八百屋さんの客寄せ、思わず笑みをこぼしてしまうような事をポロッと言います。

ボクを見て、「外人さんや〜」と普通の声で言った人、何人かいます。
東京で「外人さんや〜」と言われたことはありません。

タクシーの運ちゃん、しゃべりすぎ。
京都で乗ったタクシーの運転手にめちゃめちゃタメ口で、全然面白くないことしゃべり続けられ・・・途中からそっけない返事をしてたのに、ボクが泣いてるのに、気にもとめずめげずに話す、KY運ちゃん・・・

いつ行っても、笑みがこみ上げる寿司屋(以前に書いてます コチラ
相変わらずネタ、大きすぎます。

☆携帯がミニチュアな訳ではありません

☆こんなでかいエビが存在するのか?!

☆ハマチ、大きさもさることながら、厚過ぎちゃう?!


そんなこんなの日々も気が付けば明日で終わり・・・
シルバーウィーク幕締めと共に帰りま〜す。

生まれ変わるはずの・・・

September 20 [Sun], 2009, 22:36
はぁ・・・
パソコンの動きが遅い・・・

そんな理由でほとんど開けず、ブログもアップしていない訳ですが、実は今回の帰省の目的の一つに【パソコンを変える】ということが組み込まれていました。

もう7年にもなるパソコンちゃん。よく働いてくれました。
通常使っている両親は、それほど不便も感じていないようだけど、そろそろ引退の時期ではないでしょうか。

パソコン関連にとても詳しい旦那に任せ、この連休に合わせインターネットでパソコンを購入し、この休み中に何とか時間を見つけて、全てを新しいパソコンに入れなおす作業を担った旦那

時間もかなりかかるだろうと、着いた夜に作業にとりかかろうとしたところ・・・

まずしなければならないOSのインストール、そのCD-ROMが見当たらない!!
何故かそれだけがない!!
これがないと、な〜んにもできない!!

家族総勢で探したけれどなく・・・
買うしかないと夜に車を飛ばして電気屋に行ったけれど、もうそれは古いバージョンで置いてないという。。

そして、他の電気屋にあたってみたけれどどこにもなく、関西最大規模のところに電話して聞いてもなく、仕方ない、ネットなら買えるだろう、最短なら二日で届いて間に合うかもしれないし、と急いで探してみたものの、ない・・・・・・・

そんな、全くもって想定外のことが起こったのです

使い勝手の全く違う新しいバージョンは、両親には使えないだろうし、この連休にできないどころか、ずっと使っていたものがもう手に入らないかも?!どうしたらいいのか?!

とナーバスに一晩過ごし、今朝一番でパソコンを買った通販ショップに何とかならないかをダメもとで聞いてみると、特別に対応してくれると言ってもらい、一件落着。

それでも一週間はかかるということで、この連休に変えることは不可能となってしまったのだけど、またいつになるか、旦那と帰省したときに新たなパソコンに生まれ変わる予定です。

もうしばらくこの年老いたパソコンちゃんに頑張ってもらおう!
そして私は、辛抱強く、このパソコンちゃんともうしばらく付き合う事としよう。

実家での様子

September 16 [Wed], 2009, 12:41
@実家です

実家へ来ると、このパソコンの起動が遅いため、開くのさえおっくうになってしまい・・・気付けば、着いてから早一週間が経とうとしています・・・

もっと前に帰省する予定が、インフルエンザが関西で猛威を振るったりで延ばし延ばしになっていた訳ですが、とある用事で母親が東京へくることになり、その帰りに合わせて一緒に帰り、その後のシルバーウィークの連休に旦那が来て、最終日に一緒に東京へ帰るという、絶好のタイミングでの帰省。

やはりボクを連れて、一人で移動するのは大変・・・
行きは母親、帰りは旦那という強い見方で、気楽に帰省することができました。

あまり人見知りをしないボク。
久々のばぁばとの再会、人見知りすることもなく、その後の新幹線でも私が席を外しても平気な様子。

その後のじぃじとの再会、これも問題なし。

それが、徐々に警戒心を高めていっている様子で、三日目くらいから、私にべたっとくっつき出し、後追いをする始末・・・

近所の人たちが話しかけてくれても、警戒顔して、あまり愛想を振りまかなくなってしまった・・・

やっぱりいつもと違う環境に、違和感を感じているのでしょうか?!

離乳食もここにくる前から、選り好みをしだし、白ご飯ばかり食べて他のものをあまり食べなくな
ったのだけど、ここに来てからさらにひどくなり、白ご飯ばかり。

一種のストライキ?!

ご近所さんにもらった手押し車でご機嫌よく遊んで・・・


4回目のお誕生日会もしてもらいました。


今はばぁばとお散歩。私はしばしゆ〜っくりと。

楽しい週末→悲しい週末

September 10 [Thu], 2009, 12:31
先週末は楽しい予定でビッチリ

もうすぐ三歳になる男の子がいるお友達家族と、車を借りてドライブしながらコストコ(アメリカの会員制スーパー)へ行こうと前から話していて、この土曜日に決行することが決定!

友達が大きな車を手配してくれ、二つのチャイルドシートを積んで、ボクにとっての東京での始めてのドライブ、そして私達も初めてのコストコ。とっても楽しみにしてたのに・・・

旦那が朝からおかしい・・・

黙ってソファに座って目をつぶって、じっとしている・・・

どうしたん?と聞くと、めまいがすると・・・

前日は飲み会があったけれど、翌日も早いし、少ししか飲まず、帰宅後も酔っている様子はなかった旦那。
なのに、二日酔い?!

とりあえず、すぐにベッドに戻り横になるけれど、外出なんてできない様子・・・

半日も寝ていれば治るだろうから、と仕方なく私とボクとでドライブ&コストコへ出発

途中、少し渋滞があったり、ボクはチャイルドシートで大泣き、お友達が車酔いしちゃったりと、少しハプニングはあったけど、コストコへ到着〜!

聞いていた通り、倉庫みたいな広〜い、でか〜い店内には、ビックリするようなサイズの日用品や食品がところせましと並べられている。

大きくて安い!そして色々目移りするけれど、結局『置くとこないわ〜・・・』『冷蔵庫or冷凍庫に入らんわ〜・・・』で大部分を断念せざるおえない、悲しい結果

結論は、やっぱりこれはアメリカンな生活に向いているのであって、日本人の生活環境には合わんな。。

それでも、洗剤・柔軟剤・ドリンク・食品などゲットして帰りました。

旦那は相変わらず不調で・・・

そして翌日を迎えました。

すっかり元気になっていることを祈りながら起きると、あまり変わらないと・・・

こんなに続くのは絶対二日酔いではないと、めまいだけに心配で、看護婦の友達に電話してちょっと相談してみたり・・・
結局、日曜日で病院も空いていないし、今日一日ゆっくり寝て様子を見て、翌日になっておかしかったら病院へ行こうと。

でも日曜日はピクニック

一ヶ月スペインに帰っていた友達たちと、どこかでランチしようという話から、公園でBBQしようか〜!でも用意が大変だしピクニックにしよう!じゃぁ、色んな人を呼ぼう!と結局、15人以上集まることになったピクニック。

これまた旦那は楽しみにしていたのに・・・

結局、ボクがいてもゆっくりできないからということで、少し後ろ髪を引かれる思いで私達はピクニックへ。

初めての新宿御苑、みんなで食べものを持ち寄り、あの新宿にこんな緑いっぱいのきれいな公園があったのか〜と、東京に住んで5年も経つのにしみじみ・・・

太陽の下、芝生の上で自然と外での美味しいごはんと楽しいおしゃべりを満喫し、帰路に着きました。

旦那は一時はちょっと悪化したものの、私達が帰った頃には半復活し、翌日はなんとか会社へも行き、やっと完全復活を遂げました。

一体何だったのだろう・・・

楽しい週末も、彼にとっては寝たきりのしんどい二日間となってしまいました。
お酒のせいではないとは思うけど、「しばらくお酒はいらん!」とちょっとトラウマになっているようです・・・

さてさて、私とボクは今日から大阪へ帰省します。
あと15分後くらいにでなくてはならず、走り書きで失礼しました。

また大阪から〜〜!

特別なプレゼント

September 02 [Wed], 2009, 11:20
8月・・・
ボクのお誕生日に一生懸命で、なんも計画していなかった、旦那と私の誕生日

今年は一日違いの私達二人の誕生日が、ちょうど土日に重なる、何年に一度しかやってこないちょっと特別な年。

でも、ホームパーティはボクのお誕生日会でしたばかりだし・・・
どこかで特別な食事ってったって、ボクちゃん付きではなかなか・・・

まぁ、みんなで公園とか行って、家族で楽しくすごしたいいか、なんて思っていると、思いがけないプレゼントが私達二人に届いた

そのプレゼントとは、旦那の友達三人が、うちに来て、ボクのベビーシッターをしてくれるという

以前に私がオペラに行った時に、上野動物園で旦那のお付き合いをしてくれた二人(コチラ)、そしてその日に来れなかったもう一人。以前から「いつでもボクのベビーシッターをしてあげるから、必要な時は言ってね」と言ってくれていたものの、なかなか実際に頼む機会はなく、

その友達たちが、今回のボクの誕生日会に来てくれ、またそういう話になり・・・

じゃ、私達の誕生日の日に見てあげる、と

三人のうち女性二人は、甥っ子や姪っ子がいて、よくベビーシッターをしていたそうだし、ボクと遊ぶ様子を見ていても心配はなく、ボクも人見知りをしないので、大丈夫でしょう!と頼むことにした。

この貴重な時間に何をしようか?!小さな子供がいたらできないこと・・・
コンサート、映画、ちょっといいところでの食事etc、でも何かがあったとき、連絡がすぐ取れないといけないし、コンサートや映画は却下。そして、ちょっといいところでのランチと決まり

前もって、することや注意などのリストを作成し送り、当日はベビーカーや抱っこひもの使い方などなど説明し、私達二人、12:30頃、こそりと家を出る。

頭の片隅で気になるボクの様子。
でも、イタリアンのランチコースを、二時間かけてゆっくり頂きました

時々メールでボクの様子を伺うと、両親がいないのを気にする様子もなく、ずっと元気に遊びまわり、その後眠くなり、ベビーシッター三人の唯一の男性の抱っこひもで寝たという。

「全く問題ないので、好きなだけゆっくりして、楽しんでおいで!」と言ってくれる、《ありがたいお言葉》に甘え、食事の後は少しウィンドーショッピングをして、なんと6時間後に帰宅をしたのでした

ボクのリアクションが楽しみで帰ると、家に入るなり『し〜っ』
ボクはソファに座るお友達の大きな胸の上で、口を開けて寝ていました

さぞかし気持ちが良かったのでしょう

その6時間の様子は、ずっと遊びまわり、眠くなった時に少しぐずっただけで、抱っこひもに入れて家の中を歩くと、5分くらいで寝たそう。その後、ベッドにそ〜っと置くとすぐに目覚め、その後はそのお友達の胸で寝続けたとのこと。

3人さん曰く、とてもいい子にしていて、全く手を焼くことも問題もなかったということで

良かった〜〜〜〜〜

こんな風に、好意で半日も子供をみてくれるなんて、本当に感謝感激です
電車の中やレストランでもぐずらないかなど気にする必要なく、心置きなく食事を楽しめるなんて、ほんと一年ぶり!

大変貴重な時間で、私達にとって特別な誕生日プレゼントとなりました
P R
2009年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こっこの居候日記♪
読者になる
Yapme!一覧