スペインのクチコミ事情

April 26 [Sat], 2008, 17:40
スペインのクチコミ威力はスゴイ
いや、「スペイン」というと語弊があるかも。旦那ママの住む「○ル○ル○ン」という町と言ったほうが良いだろうか?
いや、それも語弊があるかも。結局は「旦那ママ周辺」・・・だけ?!

まず一つを例に・・・

数年前に私達が買ったデジタルカメラ、とっても使い勝手が良く気に入り、その話を旦那の弟にちらっと話すと、弟はすぐに同じものを購入。

そしてその後、ママの誕生日に兄弟でプレゼントしようと同じものを購入し、プレゼント。すると、近くに住むママの弟家族が同じものを購入。

そして私がスペインに居る時、買いもの途中で出会ったママ友の70歳近くのおばちゃまが「こっこ、今度旅行に行くのにあのみんなが持ってるカメラを買おうと思ってるのよ。今持ってたらメーカーと型番を教えて!」と、それらをメモし、早速購入。

そんな感じで、誰かが「良いよ」というと、そのクチコミはあっという間に広がり、みんなが同じものを所有する。

なんか面白い

また、旦那ママの家にあるものと、近くに住むママの弟一家にあるものは、ほとんどかぶっている。
生活用品から電化製品、化粧品なども同じものが沢山。どちらかが良いといえば、どちらかが買うシステムが根付いているようだ!

そんなこんなで、ママ周辺の「クチコミ事情」は何より宣伝効果が高いと思われる。

(ここまで前置き・・・)

数年前、あるデパートでセラミック包丁のデモをやっていて、目を奪われた。あのおもちゃみたいな、全然切れそうにもない白の刃、しかも私達が見たのは、パステルカラーと白がストライプになっていて、まさしくおもちゃ。これが薄いパンもすらりと、熟したトマトもすらりと切っちゃうじゃありませんか

心を奪われた私達は早速購入。それまでも刃では一流といわれる「ヘンケル」とか使っていたけど、セラミックの切れ味はそれ以上。手放せなくなってしまった。

で、去年の旦那ママの誕生日に、そのセラミックの包丁をプレゼントすることに。
ちなみにこの包丁、京セラの製品で、刃の部分は白一色、そしてハンドル部分が赤・黄・オレンジ・青・緑と5色ある。キッチンを黄色に統一しているママにはもちろん黄色をチョイス。

イギリスやスペインを訪れた方なら分かろうが、向こうの包丁はまぁひどい・・・
小さいステンレスの超切れ味の悪いプチナイフみたいなので、全ての料理をまかなう。・・・旦那ママのところにもいくつがナイフがあったけど、どれもひどい・・・料理をしながら何度も挫折しそうなくらい。

日本では普通サイズの三徳包丁と言うのかな?それしかなかったもんだから、スペイン人には大きすぎるかな〜とも思ったけど、送ったところ、到着後早速電話があり、「すごい!切れすぎる!早速指まで切ってしまった」と。初めはあまりの切れ味の良さと、サイズに慣れていなかったようだけど、日が経つにつれ、使いこなすようになったみたいで、それからはなんとママらしい!友達や親戚に宣伝&自慢をしまくったようなのだ

そして・・・

年末年始に旦那の従姉妹たちが日本に遊びに来ているときに、ママ友から旦那に直でメールがあり、「こないだママに例の包丁を見せてもらったんだけど、あれが欲しいのよ〜。私達一家に一つと、妹一家に一つ、計二つを従姉妹に頼んで、買って&持ち帰ってもらえないかしら〜?」と!

そして、その後、今度はその従姉妹のお母さんから電話があり、従姉妹に「あの例の包丁が欲しいから、うちに一つと親戚の誰々にもう一つ買って帰ってきてよ〜」と、さらに二本の注文が!!

出た〜!宣伝効果抜群の「クチコミ」だ!!

そんな訳で、荷物い〜〜〜っぱいだった従姉妹とその彼は、さらに包丁を4本を買い込み、スペインへ帰ったのです。

そして、まだまだ続きが・・・

先日ママから電話があり、「急がないので、あの包丁を買って欲しいの。赤とオレンジと黄」!!!

ママ友からのご要望か、さらに三本の注文が!

その後、お店に行ってみるとプチナイフのサイズが新製品で出ていて、早速ママに「プチナイフのサイズが新製品で出ていたんだけど、スペインの人たちには、こっちのサイズの方がいいんでは?」と確認してみると、「じゃぁ、そうしようかな。それだったら私もそのサイズのも欲しいから、黄色をもう一本追加してくれるかしら?」と、今回は4本の注文が入ったとさ。

ママのクチコミ威力、す・すごい・・・

これって私、ママとタックを組めば、スペイン相手にいい商売できるんじゃないの〜〜〜?!
「こんなに切れる日本製セラミック包丁売ります!」ってね

至極のひととき

April 22 [Tue], 2008, 18:45
最近めっきりハマっている手縫い裁縫。もともと割と好きな方で、時間がある時ちょこちょこはやっていたのだけど、自分の子供が生まれるとなると俄然はりきってしまう!本を見てはこれも作ってみたい、あれも作ってみよう、そして生地屋へ行くと、かわいい生地の誘惑・・・

産着・甚平さん・そしてベビーキルトも完成したところ。

でも、手縫いをしていると避けられないのが「肩こり」なんだぁ・・・

それに最近の急なお腹の成長により、腰にも負担がかかってきて、少しの腰痛も・・・

そこでちょっと贅沢だけど・・・
マタニティーのアロママッサージなんてやってみたいなぁ〜、と思い立ったら吉日!

妊婦さんへのマッサージは特殊だし、アロマオイルも妊婦さんは使ってはいけないものなどもあり、なかなかやっている所は少ないのだけど、インターネットで調べてみると、一番初めに出てきたのが、なんと私の住む市にある小さなサロン

住宅街の一軒家の中のワンルームで個人で先月から開いているという、アロマテラピーのサロン。
ホームページから見る雰囲気も良さそうだし、バスで行ける距離だし、今ならオープン記念でディスカウントも 
早速予約をしてみることに。

ちょっと不便な場所にあるので、前後の予約がなければ、車で最寄の駅までの送り迎えもしてくれるとある。でも私が予約をお願いした時には、妊婦ということもあり、よければ自宅までお迎えにいきますが・・・とも言って頂き、家まで来てもらっちゃいました。

外観の可愛らしい一軒家の2階部分のサロンには、外の階段から直接入ることができ、キッチン・バスルームとトリートメントを行う、白木の家具で揃えられた優しい感じのお部屋があり、暖かい光が灯されている。

ナチュラルなベージュやラベンダー色のタオルやバスタオル、雑貨なども私好み

そして用意されているガウンに着替え、ハーブティーを頂き、足浴をしながらコンサルティングが始まります。

体調や気分で選んでくれるアロマの匂いを確認しながら、調合してもらい、妊婦さんの場合は、仰向けになれないため、抱き枕を抱き、横になって背中からトリートメントをしてもらいます。紙ショーツだけになるけれど、うま〜く大きなタオルで体を覆い・隠してくれるので安心です。

背中・肩・腰、そして足先から大腿部までのマッサージ。

は〜、気持ちい〜〜

トリートメント終了後には、またハーブティーを頂きながら、体の様子やアドバイスをしてもらい終了。

セラピストはとても感じの良い素敵な女性で、贅沢なひとときを過ごさせてもらいました。そして帰りもまた送ってもらっちゃいました。

こんな贅沢はそうできないけど、短く・時々大変でもある妊娠期間。たまにはこんな贅沢をさせてもらっていいんじゃないかしら〜

隠された秘密

April 17 [Thu], 2008, 14:39
妊婦と言えば=オーバーオール(?ワンピースのアレ、なんて呼ぶのだったかな・・?)、の時代はいつの間にか過ぎ去り、今は妊婦さんなのかの区別もつかないくらい、妊婦さんファッションもオシャレになっています

そしてさらに、今ちまたではチュニック(丈の長いブラウスやトップス)が大流行で、道を歩いていても、テレビを見てていても、半数くらいが着ています。

なんてラッキー

マタニティ服を買わなくても、そのゆったりしたチュニックが大きなお腹をカバーしてくれるし、おしゃれなのも、安いのもあるし、バラエティーにも富み、その辺のお店で買えるのです。

でもパンツやスカートはそうはいきません・・・

初期にはけていたパンツももうこのお腹ではダメ・・・

でも妊婦さんらしき人がジーパンとかをはいているのを見て、あのきついジーパンをどうやってはいているんだろう、どうなっているんだろうと思ったこととかありませんか?私もいつも不思議に思っていました。そして妊婦になり、この構造を始めて知りました。

そこで隠された秘密を暴きましょう

よく見るこういうスタイル


トップスを取ると・・・

じゃじゃ〜ん


なんとお腹の部分がリブ編みになっていて、伸びるようになっているのです。
またウエスト部では、ゴム調節もでき、これで初期から臨月まで対応できるようになっていたのでした〜。

これで謎は解けましたか?
これはなかなかのアイデア賞でしょ

儚い命

April 12 [Sat], 2008, 12:33
一気に豪勢に花をつけ、日本人全てを魅了し、未練なく散っていく桜・・・
2週間ほど楽しませてくれたけど、先週末はもう見納め。

最後の桜を楽しみに、友人夫婦と近所の名所【深大寺】&【神代植物公園】へ行ってきました。
(アップが遅い・・)

深大寺付近では【じんだいフェスタ】というのをやっていて、いつもより少〜し賑わっており、青空説法・ゲーム・盆栽展示会などが意外に質素に行われて、その辺りを散策→お寺参拝。





そして隣にある【神代植物公園】へGO
植物公園の芝生の上に敷物を敷き、ランチタイム
友人夫妻は今話題の【富士宮焼きそば】【おにぎり】【スペインのサラミ】を持参してくれ、私達は【スペインオムレツ】と【ハンバーグ&パン】でハンバーガーを作り、野外ランチ、美味しく頂きました。


その後は恒例(?!)UNO大会〜
旦那が会社の花見でやったあの罰ゲーム=買った人が負けた人に、変装セットのカツラやメガネを指名し、それをつけて野外でゲーム続行=を一度してみたくて・・・張り切って我が家のグッズを持っていき、やっちゃいましたっ。

負けた人は一つづつ身につけていきます。一度つけたものは取ることはできません。

最終的に私は侍ヅラ&レイバン風サングラス、旦那はハゲヅラのみ、友人奥さんがでかい蝶ネクタイ&牛乳瓶メガネ、旦那さんの方が町娘ヅラ&仮面舞踏会風メガネ&アフロヘアがきたけど既にヅラをかぶっていたため、胸にいれモジャモジャ胸毛に・・・

で終了しました

また来年も桜の下でバカをしましょ〜ね

聴く?眠る?

April 07 [Mon], 2008, 15:05
【あなたは聴きますか?それとも眠りますか?】

このキャッチコピー、どこのものだと思いますか?

答えは・・・

とあるコンサートホールのものです。

コンサート、特にクラシックというと心地良いメロディーに眠くなったり、あまり好きでない人は退屈で眠くなったりと、実際眠っている方々をよく見かけます。でも、やっぱり本当はご法度でしょう。

でもこんなに堂々と、「寝てもいいよ」みたいな意味が込められたキャッチコピーを目にし、「えっ?!」

実はこの渋谷区にある「Hakuju Hall」というホールは、17列ある中、後ろの9列はなんとシートがリクライニングシートになっています。ここで定期的に行われる【リクライニングコンサート】では、この後列ではシートを45度まで倒すことができ、くつろぎながら、あるいは寝ながらコンサートを楽しめるという訳です。なんと画期的!

(コンサートによっては、リクライニングシートにロックがかかり、倒せないものもあります)



リクライニングの場合は、1列ごとに空列が作られ、倒しても前の人の頭もあまり気になりません。

これを知り、音楽好きの私達は「こりゃ、どんなもんか行ってみんと」と、先日行われた【リクライニングコンサートシリーズ トランペットの日−ブラス界のヴィルトゥオーゾによる華麗なるソロ】に足を運んだわけです。もちろん、リクライニングシートを予約して・・・

とても新しいホール。
まず入ると、木とガラスが調和した美しいデザイン性とモダンさとに目が奪われます。


ライトダウンされると


そして、リクライニングシートを倒し、リラックスムードにしたところに、ピアノ伴奏でのトランペット演奏が始まります。

選曲も、「G線上のアリア」「トゥーランドット」等、よく耳にする曲も含まれ、あきさせません。

音響効果も相当良いと思われ、澄んだトランペットの深い音が果てしなく広がります。

そして、心地良く、睡魔に・・・

っていうのはウソです。

1時間のコンサート、たっぷりしっかり《聴かせて》いただきました。

隣の相方は何度か目をつぶっていたけど・・・・・・まさか寝てた??

1時間2000円のこのコンサート、
あなたなら聴きますか?それとも眠りますか?

タイムスリップ

April 04 [Fri], 2008, 21:12
前回ブログの最後にふれた、小金井公園内にある【江戸東京たてもの園】

江戸時代から昭和初期までの、現地保存が不可能な文化的価値の高い歴史的建造物27棟がここに移築され、公開されています。

ここに入ると、何だかタイムスリップしたようだわ

国内最古の茅葺き民家&内部。
こんな時代に生きてはいないけど、なんか懐かし〜。こういう暮らしもいいかも?!


昭和初期の商店街。
荒物屋に花屋に文具屋に・・・
旦那が看板を見て「ナハって何?」と。この時代は左から右へ書くのでした。よって「花」です
せんだみつおの「ナハナハ」が頭から離れなくなったのは、私だけ・・・?!

文具屋の内部には何十・何百の引き出しがあり、映画「千と千尋の神隠し」で釜爺が薬を調合するシーンのモデルとなったらしい。


醤油屋さんには、古めかしい瓶やら、缶詰やらが沢山。


この銭湯が気に入った
ここも「千と千尋〜」のモデルになった銭湯らしい。
普通の博物館と違い、大抵のものは触ったり、風呂にも入ってみたり(?!)できるところが良い


ここもまた、映画で千尋の両親が豚になるシーンの居酒屋とのこと。


400円で十分楽しめる、スポットでした。

やっぱり花見

April 01 [Tue], 2008, 23:09
この時期の話題と言えば・・・
やっぱり花見

東京は先週末が満開。それも今年は咲き始める過程を見ていなかったので、気付いたら満開になっていてビックリ

3/28(金)、職場の花見が井の頭公園であるという旦那。
家が近いせいで、場所取り係を打診され、あっさり引き受けたが、朝7時集合・・・他二人と待ち合わせ、戦場に向かった彼。(しかし、9時くらいまで誰もいなかったらしい・・・
花見開始の12時までの5時間!!一体どうやって時間をつぶすの?日常の勤務よりきつそうな花見日勤務・・・

9時ごろ帰ってきたので、家で待機かと思いきや、「かつらとUNOを取りに」と。UNOをして時間をつぶし、また例のヅラで盛り上がるらしい(?)

帰宅後聞いてみると、他の人も面白ろ変身グッズを持ってきていて、UNOで買った人が負けた人に「これとこれをかぶり(つけて)」と指名し、負けた人はそれらをかぶり(つけ)、行き交う人の視線を受けながら次のゲームをしなければならないとのこと。めっちゃ面白そう!関西魂が燃えるわっ

翌日土曜日は二人で小金井公園へ



ここの桜を見るのは初めて。お弁当もって、UNO持って、ヅラはさすがにやめたけど、桜の前でお弁当を食べた後は二人でUNO勝負!


二人でするUNOは面白くなさそうだけど、それがなかなかイケて、(負け続けていた旦那の反応が面白かっただけ?!)、私が勝った場合の罰ゲームは【ゲーム(XBOX)と、彼が今はまっているアメリカのドラマ「スタートレック」のDVD鑑賞を1週間禁ず】、それに対し、旦那が差し出した私が負けた場合の罰ゲームは【テレビを一週間禁ず】。テレビはニュースとかもあるし、ちょっとフェアじゃないと抗議し、最終的に【一週間、私がテレビを見たいときでも、彼がゲーム、スタートレック共に、したい(見たい)時、したい(見たい)だけできる(テレビ使用権を全面的に彼が持つ)】ということで協定締結。

そして、土曜日以来ゲームもスタートレックもして(見て)いない彼は・・・
そう、loserです

その後は小金井公園内にある、江戸時代から昭和初期までの復元建築物を保存・開放している【江戸東京たてもの園】へGO!

その様子は後ほど
P R
2008年04月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こっこの居候日記♪
読者になる
Yapme!一覧