入国管理局 初体験

July 30 [Mon], 2007, 22:28
先日、「東京入国管理局」なるお堅いところへ旦那と行ってきた。

「入国管理局」というと、外国人の出入国を管理し、ビザに関わること、外国人登録に関することを行っているので、外国人には切っても切れない場所である。もちろん旦那も来日してから何度も足を運んでいる。

しかし、私は今回初めて!

聞くところによると、結構行きにくい場所にあるという。
ここからだと電車で何度か乗り換え、モノレールに乗り15分くらい歩くか、あるいはバス。

遅く行くほど人が多くなるらしく、旦那はいつも窓口が開く15分くらい前に着くように行っているらしい。
が、待っている人は数人しかいないのに、その時すでに順番待ちカードが60番台や70番台で、1-2時間待ちは普通と言う・・・
(なぜ人がいないのに、番号が60-70なのかは、いまだ謎・・・

はぁ・・・一仕事だ

と、前日準備万端にして、心準備をしながらネットを見ていると、思わぬ発見。
なんと、立川に出張所があるみたい。
立川は結構ここから近いし、天王洲へ行くよりずっと便利じゃない?!
でも、出張所では内容によってはしていないこともあると書いてあるし・・・

とりあえず、翌日電話で聞いみると、私たちがしたい申請は立川でもできるということで、随分労力が削減できた

さてさて、目的について・・・

今回の目的は《永住許可申請》
《永住許可》・・「永住者」の資格により日本に在留することができ、在留活動や在留期間が制限されない。要するに勤務先や配偶者など誰かに頼ることなく、ビザの更新もせずに日本に滞在できる。

でもこの申請には色々な条件があり、この日を待っていたのだ。

まず、それぞれのケースによって変わるらしいけど、基本的に10年間日本に継続して在留していること、また配偶者が日本人の場合は、婚姻後継続して3年以上日本に在留していること。

やっと、結婚3年。クリア

そして、

1:素行が善良であること

ふむふむ、彼の素行かぁ。
はい、善良です。
私も時々感心するくらい、まじめな青年です。あ、もう青年じゃない?!?! 中年?? えぇっ?!

本当の所は、納税や公的義務をきちんと果たしているか、前科がないか等、だそう。

2:独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること

資産?!そんなたいそうなものはないけれど、まぁ生きていける技能はあり、不自由なく暮らしています。
ふむふむ、「お金持ちである必要はありません」かぁ。良かった

3:永住が日本国の利益に合すること

ほぉ〜、彼の永住がニッポン国の利益になるかって?!
まぁ・・・会社に勤め、その会社の利益に貢献しているから、良しとしましょう

って、私が認めたところで、な〜んの足しにもなりません・・・
ただ後は、法務大臣という方の判断を待つばかりです。

東京入国管理局立川出張所は小さな小さなオフィスだったけど、やっぱり来る人も少なく、8:45位に着き、待ち番号「11」

向こうで渡される書類2枚もその場で記入し渡し(私はその為同行したのです)、9:40位には全て終了!

この結果、6ヶ月−1年かかるらしい。
忘れたころにやってきそうだけど、法務大臣さんの裁量で認められることを祈るのみだ

週末小旅行

July 27 [Fri], 2007, 11:04
江ノ電近郊・鎌倉・江ノ島 一泊二日の旅

週末、江ノ電沿いの、湘南の潮の匂いの漂う、なんとも素敵な友人夫婦の新居にお邪魔し、一泊二日の観光+スローライフを体験させてもらった。

都内で働くご夫婦、毎日通勤には毎日2時間近くかかり、毎日帰りも遅いそうだけど、その分週末となると、こののんびりした町の素敵なおうちで、の〜んびり過ごすんだそう

お庭にある手作りのウッドデッキで、蚊取り線香をたき(この匂いがなんとも懐かしい!)、江ノ電が通り過ぎるのを見下ろしながら、スローに流れる時間の中でビールを片手に話をし、一日目は手作りのスモークした鴨やチーズ、二日目は炭火BBQを楽ませてもらった

あ〜、スローだぁ

何でも、旦那さん、週末は朝の6時に起きて自分の時間を満喫しているのだそう。芝生を刈ったり、庭の手入れをしたり、家のものを手作りしたり、かな?そして、時には、自転車にサーフボードをのせて、大好きなサーフィンをしに行くんだそう。

あ〜、スローだぁ


ちなみに影響を受けやすい私、”マイホームのウッドデッキでビール”はまだまだ先だけど、我が家にももう少しスローを取り入れよう!と、早速4ヶ条を取り入れたのであります。

1)朝早起きして、朝ごはんを食べ、気持ちのよい朝を送る(二人共)
2)パソコンの使用時間を少なくする (旦那・・)
3)くだらないテレビ番組をだらだら見ない (私・・)
4)食事をゆっくり楽しむ

小さなことから、始めよう〜

つづく・・・

@鎌倉観光

July 27 [Fri], 2007, 10:58
江ノ電に乗って、海を眺めながら、降りた駅は【極楽寺駅】

【極楽】響きがいいな〜

そこから歩いて、江ノ電が通る踏切のまん前にあるのは【御霊神社】
普通の電車だと嫌なところが、さすが江ノ電。マッチしている。


近くにはこんな老舗。
木の引き戸に、木とガラスのショーケース。なくしてほしくないなぁ、こういうの。


次に向かうは、かの有名な【高徳院の大仏】さん。
正面の写真は何度も見ているだろうから、あえてこんなんどうでしょ


そして次、江ノ電最終駅の鎌倉駅から向かうは、【鶴岡八幡宮】
木々の緑と、社殿の朱色のコントラストが美しい。


睡蓮で敷きつめられた池。ちょうど花も咲いている。
は〜、オランジュリー美術館で見た、モネの【睡蓮】みたいっ。


この日の夜はサッカー観戦『日本VSオーストラリア』に燃えた燃えた

スペイン人というのに、サッカーに全く興味のない旦那さえも、この日ばかりは、日本人並みに応援!
必死で応援していたのに、トイレに行った数分の間に、オーストラリアが1点、日本が1点とたて続きに2点入り、見逃す旦那・・・
なんだこのタイミングの悪さは?!

結局、PK戦に突入。
胃が痛くなるような緊張と緊迫のこの数分間。
大声で叫び、飛び跳ね応援し、勝った〜〜〜〜

A江ノ島観光

July 27 [Fri], 2007, 10:42
翌日は、江ノ島観光

目の前に見えるのが、あの【江ノ島】
この曇り空も、数時間後にはチクチクさすような太陽の光に変わる


名物「生しらす丼」を食べた後、この小路の左右の店の誘惑にかられながら、


登る登る


すると海が〜


江ノ島にはネコもいっぱいいます。


こんなに晴れ、江ノ島観光日和となりました。
帰ってから、旦那の首がやけどのように焼けているのを見、すごい〜!ひどい〜!と言ってると、自分の胸元もえらいことになってました

夏本番、日焼け対策もちゃんとしなくっちゃ〜

プチ告白

July 21 [Sat], 2007, 1:02
告白します!!

実は私・・・

ジムに通ってます。。。


なんじゃ〜、たいそうに!と思わないで下さい。
これは一大事です

私をよく知る人なら今頃「え〜、あのこっこが〜?!」と言っているでしょう。。
【ジム】なんて、一番私と結びつかない単語であり、場所であり、私自身も一生お世話になることもないと思っていた。

しかし・・・

スペイン滞在時のたっぷりのオリーブオイル&毎晩11pmの夕食がしっかりと身に付き、帰国後は日本食のおいしさに目がキラキラ・・・
スペイン滞在初期にはいていたパンツもピッチピチ・・・

そんな訳で、引き締めるためと体力をつけるため、某ジムに5月末から通い始めた訳です。

今どきのジムは(前がどんなだったか知らないけど・・)流行のヨガ・ピラティス・ヒップホップ・太極拳などもたくさん取り入れられ、すご〜い 飽きさせないよう工夫も凝らしてある。

今のところ、マシーン、ジョギングにそういったクラス(ピラティスやエアロなど)を1つ2つ加えてやっているのだけど、しかし、ま〜、鏡に映るエアロをしている私の姿のみっともないこと・・・!!
な〜んかサマにならないというか、なんちゅうか・・・いやんなるわ・・・

あとジョギング、あのベルトコンベアーみたいな上で走るんだけども、今どきのは、消費カロリーなんてものまで出る

年頃の女の子なら気になるカロリー、私今まで気にしたこともなかった・・・
食品買うときも裏面のカロリーなんて見たこともなかったし、何がどのくらいのカロリーがあるなんていうも知らなかった。

そんな小さなことを気にしたって、どうせ痩せへんも〜ん、と、小さな努力の積み重ねができない子だった訳です。

しかし・・・

30分程、死ぬほどしんどい思いでジョギングをして、出てくる消費カロリー300kcal。
そして、その後スーパーで恐る恐るチョコレートの裏面を見てみると、一枚300kcal、アーモンドチョコ一箱750kcal、ポテトチップス一袋400kcal、プリン200kcal・・・

うわ〜
あれだけ頑張っても、チョコレート一枚でおじゃん・・・
ポテトチップス食べた日にゃ、マイナス値だわ・・・

と現実にさらされたのでした・・・

それから我が家では、買い物に行くたび裏面を見ては「これ○○カロリー」「こっちは○○」とチェックをする日が続いたけれど、そんなのも疲れたのでやめました。。

1ヶ月の努力も「ブロイラー生活@実家」で水の泡となってしまいましたが、また気を入れなおして頑張らなくっちゃ

帰省の日々

July 16 [Mon], 2007, 12:11
数日前、【帰国】しました

いえ、【帰京】なんですが、関西(いや、大阪?)は日本ではなく外国ではなかろうか、という、ここ数年ある感覚が払拭できず・・・

その中にいると分からないことが、一度離れてみると気付くことがある。
30年近く大阪に住んでいて、あそこがよそと違うなんて感じることはなかったし、特別に思うことはなかった。

だけどそこを離れ、3年東京に住んでいると、帰省するたびに人々のキャラの濃さに笑みがこぼれ、パワーに驚かされ、どこにもないこの関西独特の雰囲気に和むのであります。そして同時にどこにもないこの独特の人々、雰囲気に「ここは外国ちゃうか?」と感じさせるのであります。

面白く、人懐っこく、パワフルで、おせっかいで、おしゃべり好きの関西の人々(特におばちゃん)、知らない人でも平気でしゃべりかけてきます。数日の滞在で何人の知らない人とおしゃべりしたでしょう。

例えば、母とコンサート会場でトイレの列に並んでいたとき、私(小さな声で)「数少なそうやな。2-3個しかないんちゃう」するとすかさず隣のおばちゃん「いや〜、5個はあったと思いますよぉ。いや、4つかな〜。え〜と・・」後、トイレが見えるようになったとき、「あっ、4つやったわ」と。

を手押し車みたいのに乗せ、押しているおばあちゃんとすれ違ったとき、母に「見て、可愛いな〜」と小さな声でいったところ、おばあちゃん「こうしな(こうしないと)電車に乗せてもらえへんねんわ〜。(犬を電車に乗せるには、カゴかこういうものに入れないとダメということ)」その後、何かを独り言のように良いながら駅へ向かっていったおばあちゃん。

スーパーで大根1本を買うためにレジに並んでいたら、前のおばちゃん「あんた、それだけか?ほな先行き〜」私「いえ、いいですいいです」おばちゃん「いやいや、行きぃ!」と譲ってくれたおばちゃん。

その他もろもろ。

そんな関西が大好きです


さて、今回の帰省、堪能してきました。1週間強では、行きたい所に全て行き、会いたい人全員に会い、したいことを全部することはできないけれど、それでも満足

◎家族団欒
姉が外国暮らしのため、全員集合〜!はできなかったけど、兄も来てくれ久々の揃っての食事など。
母とは毎日のように夜中までおしゃべり よくこんなに話すことがあるなぁ〜と我ながら感心。

◎家の片付け
家の一部をプチ改装するということで、要らないものをドカッと捨て、お片付け〜
ものを捨てれる私と、捨てれない母・・・私、かなり頑張りましたが、どうしても説得できない時も・・・

◎友人との再会
友人とお食事やおうち訪問

友人が計画してくれた京都御所でのピクニック。お弁当、フリスビー・バトミントン・ジャグリング・フラフープなどの遊具を持ち寄り、健康的ピクニック

☆京都御所
 砂利道、松の木、京都らしい

 Aちゃんのジャグリング



◎散策
地元散策・・駅近くにもな〜んにもなかった田舎町がえらく変わっていっている・・・
京都散策・・これまたちょっと行かない間にお店などどんどん変わっていっている。けどやっぱり京都は落ち着くな〜 大好き

☆祇園周辺

この京の町独特のお店の前の竹のコレ↓(なんて呼ぶのか分からない・・)何のためのものが知っていますか?

答)雨宿りをさせないため。
でもケチだからではありません。いちげんさんお断りのこの種の飲食店、昔は極秘の話をするために来ている人が多かったとか。そこで雨宿りをしている人に、中での話を聞かれないようにするためだとか。

 
最後にみ〜んなありがとね めちゃ楽しかった
やっぱり地元はええもんです・・・

笑える寿司屋

July 10 [Tue], 2007, 1:27
実家に帰るといつも「ここに連れて行って〜♪」とパパにおねだりする(血の繋がったパパです、念のため)、地元の寿司屋さん

もうかれこれ10数年のお付き合いでしょうか。

何が違うって・・・・・

コレです!
とにかくでかいんです!
 (カメラ忘れ、携帯メールでごめんなさい)

大好物のイカは、肉厚1cm強!!


あなごは、シャリをぐるっとほぼ一周半!!(サイズ比のため、爪楊枝置いてます)


大きいと分かっていても、この日出てきたエビを見て、「伊勢海老ちゃうん?!」とほんまにつっこんでしまった、このエビ。


ハマチはでかすぎ、半分に切られ、その肉厚1,5cmといったところ・・・


赤だしまでも、こんな〜〜〜ん!!
【赤だし(アサリ】とメニューにありましたが、これでは【アサリの赤だし蒸し】と違いまっか??


もちろんできけりゃいいってもんではありません!寿司は鮮度が命です
でかいだけで質は??と思ってる皆さん、ネタも新鮮で美味しく、そりゃもう文句なしなのです

確か・・・初めて行った日、とにかく次々出てくるこのサイズの寿司たちに「え”〜〜?!」「うそ〜〜〜?!」と笑うしかなかった記憶がある。

そして、食べ終わった後は、「もうしばらく寿司はいいわ・・・」「見るのもちょっと・・・」と思うんだけど、また必ず行きたくなる、魔性のお寿司屋。

はぁ〜・・・ブロイラー生活、そろそろ本気でヤバイです。。。
東京帰って、質素暮らし始めよっ。

@実家

July 07 [Sat], 2007, 1:47
現在、実家にて「ブロイラー生活中
 ブロイラー・・・ブロイル(丸焼き)に適する食肉用の若鶏。日本では、養鶏のひなをほとんど運動させずに、配合飼料で40〜70日間育てたものをいう。(国語辞典より)

生まれ育った大阪。
家族も友達もいるここはいつも恋しく、密かにこっちに移り住めたらな〜、と思っているここ故郷。
東京−大阪はそう遠くないようだけど、実際はそんなに頻繁に帰省することも出来ないんだな・・・

今回はスペイン帰国からまだ一度も帰省していないし、実家の用事もあって、旦那を残してちょっくら里帰り。
久しぶりに帰ると、親というのはありがたいもので、「何が食べたい?何でも言いなさい、作ってあげるから」「どこへ食べに行きたいの?どこでも連れて行ってあげるよ」と。そしてお腹がすくヒマもなく、あれやこれや出してくれ、あちこちへ連れて行ってくれる。

そして私はブロイラー。。。

最近ちょっと気にしてダイエットもどきをしていた努力も、この数日で水の泡でございます


さて、実家に帰り驚いたのが、コレ


母が、前々からNHKのスペイン語講座を見ているという話は電話などでしているので知っていた。
電話に出ると「オラ!ケッタル?(実際は[ケッタル]ではなくて、[ケタル]だけど・・)」と言ったり、学んだスペイン語をちょこちょこ言っていた。けど、こうして毎月テキストブックまで買って、ちゃんと勉強しているとは

そして、昨日の晩スペイン語講座の日で番組が始まると「ビデオ、ビデオ。ビデオ撮って何度か見ないと忘れるから」と【スペイン語講座】と書いたビデオを出したきた。毎週録画していたのだった!

そして父の書斎にはコレ


かれこれ10年近く前、姉が中国人と結婚した年から、中国語の勉強を始めた父。
中国での結婚式に招かれ、熱烈歓迎を受けた私たち一家。そんな時、通訳なしでは言葉も交わすことができず、お礼もまともに言えなかった事が心残りだったのでしょうか。NHKテレビ講座とラジオ講座を今尚これまた録音・録画して勉強中

この2人のバイタリティー、好奇心、行動には子供の私もびっくりさせられます。

父は早朝からゴルフに出かけ、家でも狭い庭で打ちっぱなし、パター練習に余念はなく、映画・コンサートなどにしょっちゅう出かけ、ぼけっとしているときを見ることがない。

母はボーリングにピアノのレッスン、オペラの講座など通い、ボランティアなどにも精を出している。これまたじっとしていることがなく、腰をひょいと上げて、どこへでも行く。

すでに古希を迎えている父と、古希を目の前にしている母。
本当にスゴイです、貴方達
体力でも完全に負けていますが、追いつくよう日々精進していきます

PS.スペイン語と中国語、バイリンガルになってもらおうとまでは期待してませんが、向こうの家族と会話ができるくらいに頑張ってよね〜

近所の名所

July 03 [Tue], 2007, 18:12
先週、大阪から友人が遊びに来てくれた

二泊三日の旅、一応前もってどこへ行こうか、何をしようか、少し話していたけれど、毎度のこと東京は沢山色んなものがあるけれど、いざ観光とかとなるとなかなか難しい・・・
私が胸を張って案内できるのは、吉祥寺くらいだし・・・

「関西にはない美味しいもの巡り」という彼女の意見をふまえ、私の中での新名所(?!)をはじめ、定番吉祥寺ブラブラ、話題のスポットなどをまわった。

まずは近所の新名所

わりとうちから近い所に「深大寺」という歴史と由緒のあるお寺があるというのは聞いていた。
蕎麦屋や土産物屋が並び、なかなか風情のある所だと

先々週の週末に久しぶりに会った友人と初めて訪れたところ、緑が溢れる中に、昔ながらの建造物が立ち並び、この暑い日でもひんやりとする、なんか田舎を思わせるこの場所に感動





バスで10-15分くらいだから、歩けるよ!と早速友人と再訪。っても、歩くと結構あったんだな・・・1h15くらいかかったな・・・

でもやっぱりええとこやった〜
都会からはずれ、ホッとできるところ。
今度から友人が来たら、ここへ案内するとしよう!

その後は、井の頭公園へバスで向かい、公園内のタイレストラン「ペパカフェ・フォレスト」でランチ。
ここも緑に囲まれ、オープンエアになっていて気持ちいい〜〜〜

最近は街に繰り出すよりも、自然・緑のある場所に惹かれる。年なのかしら

その後はひたすら吉祥寺をブラブラ。
路面店が沢山あって、ちょっと小道に入っても何かしらある。いつ行っても新たな発見のある吉祥寺!何度行っても飽きません!

ちなみにこの日のグルメ情報は
ランチ --- タイレストランの「カオマンガイセット」

ディナー --- スペインから持って帰ったパエリア用パスタ「Fideua」スペインのおばのレシピで初挑戦


つづく・・・

ナウなスポット

July 03 [Tue], 2007, 17:57
翌日、私たちが訪れたのは、新スポット「東京ミッドタウン

六本木・高級専門店・・・と、あまり縁を感じていなかったこのナウなスポット。

でも六本木という立地にして、敷地の40%がガーデンだとか。
店内にたくさんあるデリでテイクアウトをして、そこのガーデンで食べたりできるとかで、一度旦那が昼休みに行って、まあまあ良かったと。それなら行ってみよう

☆ミッドタウン(写真一つも撮ってなかった・・・ネットより拝借)



1階にある食品街には目移りしまくり
1階のカジュアルな雰囲気とはうって変わって、2,3階のレストランの敷居の高いこと

さんざん迷った末、1階のカジュアルな方の、人も並んでいて、いい香りが漂っていた、カウンターだけのハヤシライスのお店に行った所、これが大当たり〜
チョコレートのような色の濃厚なソースに、ホロッととろけるお肉が入った「東京ハヤシライス倶楽部」の黒ハヤシライス。クセになりそ〜

その後、2,3階のお店に足を延ばしたけれど、
お呼びでない・・・ お呼びでない・・・

私たちが入れそうな(買えそうな)お店なんて、一つもなかったよ・・・

ブティックに並び、まるで宝石店のような店構えのチョコレート屋さんを発見。興味本位に入ってみると、白い手袋をはめ、チョコレートを宝石のように扱う店員さんと目を疑うようなプライスが〜〜〜〜!!4粒、6800円??7800円??もう覚えてもいませんが・・・

きっと、間違いなく、キットカットとかきのこの山とかの方がおいしいはず、私には・・・
貧乏人の独り言です・・・

さて、そんなミッドタウンを後にして、近くにある、「国立新美術館」の外観を見に。
あの東京都知事に立候補した、ちょっと、いや随分変わったおじさん(失礼!超有名建築家でした!)デザインの斬新な美術館。




これが目の前に現れたときは、ちょっと鳥肌だった。
全面ガラスでできた、このモダンな建築、私は好きだな〜。
P R
2007年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こっこの居候日記♪
読者になる
Yapme!一覧