きっと私が死んだ時に。

August 12 [Fri], 2011, 22:31
残せる数少ない遺産になるんだなぁなんて思うんですライブで演奏するだけの曲は残せないけど形に残せた曲っーのは私という唯一無二の価値観が確かにこの世に存在した証なんであって作詞を任されてる身の特権であってだからまぁメンバーにも歌詞書けばいいのにって言ってんだけどね。決してめんどくさいからじゃないぞ今回のアルバムには個人的にとても思い入れのある曲がふたあって一は前にも書いたけどある傷を抱えた女の子との関係を基に着想して最終的に壮大なダブルミーニングに仕上げた曲でもう一は人生最大の挫折を味わって自分が崩壊していた時に洋介がプレゼントしてくれた曲。私の気持ちを代弁してくれてる部分と当時私がどうやっても持事が出来なかった前向きな気持ちを見事に同居させてくれていて今も変わらず大事に歌ってる曲です。ライブでの盛り上がりを逆算して組み上げる作り方もあるし目にいた情景から物語を作った曲もあるけどやっぱり詞っていうのには私のひん曲がった人間性と培った価値観が宿るもんで正直、そうそう頻繁にコレだって歌詞は書けないもんです今までにリリースした音源にもそれぞれそうそう意味深い曲は収録されてはいるけど長くやってきた中で形に残せて本当に良かったと思う曲達がまたみんなの手元に届けられるのを嬉しく思います。その自分的に大きな意味を持言葉を音楽に乗せて表現するにあたって自分の表現力はまだまだ納得には程遠いレベルでだからこそまだまだと思うわけです私達みたいな誰にも指図を受けずに自力で音楽をやってる奴らみんなが持ってる気持ちだと思う今回もが出来上がったらで全国流通に乗せるもりだから是非手元に取り寄せて聴いて欲しいです今回も前作同様時勢の流れに合わせて歌詞はネットワークに乗せてフリーアクセスにしてイメージカット入りの歌詞カードはライブ会場限定販売の形をとりますライブ会場に足を運んで貰えるのならそちらも手にとって下さいな。気合い入れて作りますよ。リリースまでヶ月以上あるけど楽しみにしててね。
  • URL:https://yaplog.jp/vhlwg9csg6/archive/4
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vhlwg9csg6
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/vhlwg9csg6/index1_0.rdf