川縁だったらな

2019年05月31日(金) 1時27分

これまたの合間は、いっそ気前良くのまわり道に充てました。


どこかしら何かしらの思い出やら、来し方行く末への交々やら、光合成促進までもね


しかしつくづく思うのは先々、そう多く時間が残されてるわけでもないよなあということ。


悲観ではないですよ。


相まって沁みる真島昌利。彼の季節です。


(この後、自転車のサドルが壊れました。泣)




うたた寝挟んでスタジオへ。


向こう3本、それぞれ別のメニューなので


サポートチームには相応のお手間を取らせることになっちまうんですが


2人ともあれこれアイディアをくれつつで、まあ喋りも達者で(笑)


ふむふむと取り組ませてもらっています。


どれかでも、ぜひお目にかけたいですね。ぜひね。


6/16 仙台enn 3rd


6/22 盛岡club change


7/5 高円寺ROOTS




なつサイクルはばっちり継続中


本筋とは別に、見習雪次郎君の奮闘記に興味が向いています(笑)


何とものんきに見えるでしょうけど、まあそれは的を得てるんですけど


そういえばいけ好かない輩のこととか、前ほどよぎらなくなりましたっけね。


いいことじゃないかあ、そうそう時間は残されてないんだろ(笑)

そこのけ雨雲

2019年05月29日(水) 23時22分

初夏にも雨上がりにも映えるね


メレンゲを聴きながら。


宵っぱりのダメージはそりゃもうてきめん(笑)


ですが、歩いて帰れる友達が何人か思い当たる。貴重ですよね。




うまいことすり抜けて青空にたどり着いたけど、お湿りはあんなもんで足りたのかしらん


生まれ月だからといって、梅雨を容認出来るわけではなく(笑)


ほんとにおれを躱しつつ降ってよね。


ちょっぴり日焼けを見つけて歓喜。この調子で行きたいんだってばよ




日曜日は、エイコヤマ先輩を観に行く予定


それから来週末、何とかこいつを覗けないかを算段中です。




6/16(日)仙台enn


【Here Comes The Sound vol.125〜enn18周年記念祭〜】


18:00/18:15 ?2000/?2500+1D?500


Rooster Call


群青(東京)


One-pay&Watermelons


赤間泰樹


tiptop


八重樫拓央(ザ☆たんぱくしつ)




7/5(金)高円寺ROOTS


【Here Comes The Sound出張版〜十年埋伏・東京編〜】


18:30/19:00 D別?2000/?2500


Rooster Call


ドントクライベイベー町田


The SeleCtions


geru

ならぬものは

2019年05月28日(火) 20時59分

すっかり雨雲一面の空だけど、それより先んじて


出がけに飛び込んで来たニュースが今日の出鼻をどんよりに塗りつぶしてしまいました。


最悪の結末となってしまいましたね。子どもたち、怖かったろうなあ…


何の変哲も無い日常こそが、最も奪われてはならないものだ。


動機はどうあれ、事件を起こした人にはそれをわかってほしかった。




暑さというより湿気を飛ばしたくって、


アップ始めるにはずいぶん早いですがこいつがお出ましです。


うたた寝で整って、下がる気圧もなんのその


ほんのちょっとだけ宵っぱりの気配。


だもんで雨はほどほどにね。要るだけのお湿りにまでとやかくは言いませんから。




なんだか細々とした揚げ足取りばっか目につくけどさ


ダメなもんはダメだ


って通念、言い換えれば道徳?ってのはそんなに脆弱なもんなんだろか


やんちゃの過ぎる私ですらつく見境が、目に留まらんはずなかろうよ


とまあお目汚しの愚痴ですかね。いやはや、ごめんなすって。

げえっ タンク

2019年05月27日(月) 17時03分

暑いのとっても嬉しいんだけど、夜風のひんやりはまだ5月だなあって思わせるよね。


ってのは一昨日までの話でした。だんだん風も湿り気を帯びて来てますっけ


明日にかけてちょっと崩れるらしいけど、ひとまず猛暑は到来したぞ


どんな夏になりますかね、今年は。




そしてこちらも情報解禁


今年で丸10年を迎えるルースターさん、その記念祭を東京と仙台とで開催する運びとお伝えしていましたが


東京編の詳細を発表いたします!


ゆかりの深いみなさまと、未来を指しつつ臨む一夜としますよ。


ぜひあちこちから!おいでくださいませ!!




7/5(金)高円寺ROOTS


【Here Comes The Sound出張版〜十年埋伏・東京編〜】


18:30/19:00 D別?2000/?2500


Rooster Call


ドントクライベイベー町田


The SeleCtions


geru




この日のルースターさんは、


Ba:クドウヒロオ


Ds:佐藤泰裕


Og:みんみん


のスペシャルカルテットでお届けいたしまーす!!




よーしよしよし


ブッキング完了と景気づけ兼ねて、昨夜逃したビールをば。


いいよね?だって今日とてビアスカイだもの。

奇跡は25日に

2019年05月26日(日) 0時37分

毎月25日はね、心待ちにしてるんです。


月刊アフタヌーンの発売日!


しつこいぐらいに話題に上げてる、フラジャイル・波よ聞いてくれ


今月のお話も最高でした…(余韻)




しかしたまげたのは!!


波よ聞いてくれの作者、沙村広明さんの大傑作


『無限の住人』の再アニメ化とスピンオフ新連載!!


本誌の表紙見て、まじかよ…って思わず声が出たぞ(笑)




スピンオフは脚本作画共に別の方が携わっていて、沙村先生は協力という名義になっていました。


本編から80年後の幕末真っ只中が舞台です。


そりゃあの人もこの人も出るんでないかね…


だったらいっそう!ご本人に筆を取って欲しい!!という気持ちもありますが


そんな唯一無二も味わいつつ、偉大な挑戦と捉えて追っかけるつもりでいます。




アニメの方は、前回が原作の3分の1ほどまでを辿っていましたっけ。


エンディングはGRAPEVINEが歌ってたんですよ!


さて今回はどこまでやるんだろうか…馬絽は、馬絽は出るのか!などと、早くも鼻息が荒くなっています(笑)




ややバイオレンスさもあるので(殺し屋1なんかの方がもっともっとえげつないけども)


もしかしたら人を選ぶかもですが、それ以上のエンタメ(と、敢えて言う)が詰まっています。


ちょっと長いお話だけどね、おもしろいですよ!!




やー、バンドマンのブログだということを忘れそうになるな(笑)


ちゃんとやることはやってますぜ


次回はこちら!ご期待くださいよーだ




6/16(日)仙台enn


【Here Comes The Sound vol.125〜enn18周年記念祭〜】


18:00/18:15 ?2000/?2500+1D?500


Rooster Call


群青(東京)


One-pay&Watermelons


赤間泰樹


tiptop


八重樫拓央(ザ☆たんぱくしつ)

靄がくる

2019年05月25日(土) 1時03分

何につけ、俯瞰を気取りたがるところがあります。いつからだろうねー


それは秘訣にも敗因にもなりうるもので。


性格と言っちゃえばそれまでだけど。もう少しもの思わせてくれよ(笑)




困憊の自覚はさほどなかったけど、夕方からびっくりするほど寝こけてしまって


疲労感らしいものといえば唯一の、ずっと靄がかかったような眠気はすっかり払われました。


ただの睡眠負債だったのかな?


ついでに今回は会心の出来で、めんつゆ最強説。


にんにく摂れる日もなんだかんだ限られますものね、


後づけになっちゃったけど、リセットのタイミングってことで料簡するか。




あとはちょっとだけワインを飲んで、寝つけるかなあ


もっぱら白が好みですが、今夜は久慈産の山ぶどうワインだじぇじぇじぇ

初夏ロイター板

2019年05月23日(木) 20時50分

夏日に有頂天だぞ、さあ連なれ連なれ


つるかめさんは丸11年を迎えたそうで、


公二さんに連れてってもらったのって、ほんとにオープンして間もない時だったんだなあ


それを思うと、えらい長いことお世話になっています。


めでたし、ありがたき。




なんだか終日眠気がついて回るおつむながら、それでも色々調って来たよう


何せ今年ももうじき折り返し、出来ることなんて知れたもんだなあと思いつつも


それぞれがならではだから。感情移入はなかなかですよ。


そいつがしばしば災いするとも、こないだの宴でご指摘もありましたが(笑)


ありきのわたくし、一笑担えたら幸いですよ。


なーんて、へうげもの読んだ直後なもんだから。




じゃじゃじゃあちょいと繰り出すとします


犬っころも一緒なら、きっといっそう出来上がるんだろな


悩みったらそうだなあ、霰粒腫?ってのがなかなか、治らない。

べらんめえごっこ

2019年05月22日(水) 2時20分

ファンを自認してはばからないというのに、このシリーズには至っておらず


(某シンガーからも、アホかお前は早よ読めやという旨を大変丁重な文言で頂戴してました笑)


いやいやいや!待った甲斐があったと敢えて言わせてもらうだよ


浅田次郎さん『天切り松』シリーズ、満を持して!!


こーんなにおもしろかったのかよ!!おれのアホー!!と叫ばんばかりのおもしろさでした。


まだまだあと4冊も待ち受けているうれしさ。


当分の楽しみは約束されたようなもんですね。




そもそも、ここんとこは


所謂名作の呼び声高いものには今さらだろうとふれたいという思いが強いです。本も映画も音楽も。


で、大体納得の唸りへと到達しますもの。


誰でも多少はあるだろうと思いつつ、それでも多感な時期ゆえのヒネっぷりを張り倒したいな!(笑)


まあ、この歳ながらの感慨で割増しつつ堪能するだけだがね




精彩を欠く、というよりかは元来のボンヤリが顔を出した日だったってところだろ


敏腕・周到、なんていつからそんな気でいたんだか。ちゃんちゃら可笑しいってもんですね


これっぽっちのコツだけは掴んだようで、まあ今宵はそれで良しとしない…




なーんてな、うーむ。


浅田さんのべらんめえ、使ってみたくなるけれど


やっぱりそいつもからっきしのようですなあ(笑)

さあたのしく

2019年05月21日(火) 0時58分

びゅんびゅん吹きやがるねえ。やませなぞ、ゆるさんからな…


それに気を取られて、満月にはちらっとしかお目にかかれなんだ


もったいないことをしましたね。ちゃあんと見上げようよなあ




掻いくぐるようにスタジオへ。


でも街中は思ったよりものんびりしてました。


拍子抜けもいいとこだったけど、ひしめくよりかはてんでマシさね


改元直前の渋谷に自分がいたなんて、今でもほんとにか?って思うくらいだもの(笑)




答え合わせならたのしく


ひろおとやっちゃんと、久々のルースターさんお稽古でありました。


6/16 enn18周年祭


6/22 盛岡CLUB CHANGEヤナギサケビ企画


7/5 高円寺ROOTS ルースターさん10周年祭東京編


と連なりますよー、各地のみなさまぜひ!


東京はオルガンにみんみんさんが加わってのカルテットですぜ!!

タコまっしぐら

2019年05月19日(日) 11時44分

尻に火がついてから気づいたことを、さもしたり顔で言うから


そりゃまあみっともないんですけどね。


あれこれ、時間はどんどん限られて来るもんだから


口汚いのとか、揚げ足取りとか


そんな気配をチラッとでも感じたら


もう一目散で良さそうですね。


でもってその行く手は好きなことへ、会いたい人へとめがけてだ


大切にする方法だってまだまだ色々ありそうです。




といった話も交え、思いも馳せながら昨夜はしこたま飲みました。


宿酔上等!どうにか免れましたけどね(笑)




帰り道もこうやって彩られるのよ


今日はいだてんへまっしぐらだけど!




6/16(日)仙台enn


【Here Comes The Sound vol.125〜enn18周年記念祭〜】


18:00/18:15 ?2000/?2500+1D?500


Rooster Call


群青(東京)


One-pay&Watermelons


赤間泰樹


tiptop


八重樫拓央(ザ☆たんぱくしつ)

2019年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像タンク佐々木
» 地獄のクローゼット (2019年01月09日)
アイコン画像おーちゃん
» 地獄のクローゼット (2019年01月09日)
アイコン画像タンク佐々木
» 泣き笑い持参 (2018年04月05日)
アイコン画像
» 泣き笑い持参 (2018年03月16日)
アイコン画像タンク佐々木
» いい機会です (2017年12月26日)
アイコン画像
» いい機会です (2017年12月26日)
アイコン画像タンク佐々木
» 桜最前線 (2017年04月12日)
アイコン画像
» 桜最前線 (2017年04月11日)
アイコン画像タンク佐々木
» ここから春が (2017年04月06日)
アイコン画像
» ここから春が (2017年04月06日)
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タンク佐々木
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1980年6月24日
  • アイコン画像 現住所:宮城県
読者になる
仙台在住バンドマン。 「Busstop Tour」 「武田」 というグループのギターボーカルを担当してます。 ここではいささか空振り気味の独り言を。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/very-tank/index1_0.rdf