われらリスキー

2018年11月28日(水) 14時55分

ここ何年かは健康診断受けるようにしてまして、


そのあとは北目町にある、俺たちのナポリタンで空きっ腹を満たすってのが恒例になってます。


バッタリ出くわしたポジティブ米と一緒に、思いがけずいいランチになりました(笑)




診断の結果は、前回よりわずかに向上(笑)


でもいわゆるアラフォー、万事万全とはなかなか行きませんね。油断ならん


よく耳にするリスクよりも、


・Tシャツ似合わなくなったら終わりだ


・酒が飲めなくなったら困る


といった、より身近な懸念がささやかに繋ぎ止めてくれています(笑)


でも今夜は泡盛を飲みます。きっと




さて


Rooster Callの今年の歌いおさめが


12/27(木)仙台enn 3rdにて決まりました。


この日はベースに高橋亨典・ドラムにライド助川が参加


いつもより長い尺でとびきり豪華にお届けする予定です。


イベントの詳細はまた追って。


年末のお忙しい時期ですが、万難を排してみなさまぜひ!!

さいならアソート

2018年11月26日(月) 18時46分

朝一番でもたらされたのは、私にとっちゃ朗報だ


転勤が危ぶまれてた後輩の仙台残留がもう1年なのかな?決まったようで。


彼の出世を思うとどうかわかりませんが(笑)、とにかくもう少しだけ楽しく過ごせそう。っつうか過ごしたいぞ




今月はなかなか読書も牛歩なんですが、こないだの山形行きのお供はこちら。


浅田次郎さん『降霊会の夜』


雨宿りのお礼に、生きてる人でもそうでない人でも会わせることが出来るといざなわれ


すっかり記憶の隅に追いやられていた人々の口を借りて、


主人公のどこか引っかかったままの過去が明るみになって行くお話です。


『伽羅』など、初期の浅田さん短編を長編に膨らませたようなテイスト。


私も知らぬ昭和半ばの空気感が本当に濃いですね。?


少年期・青年期の、形容も出来ない喪失が描かれていて


ひょっとすると、ご本人の禊ぎも忍ばせてあるのではと思わせるほど。


前半は息を呑み、後半は半ばのたうちながら一気に読み終えました。ズタズタですよ、ええ(笑)




少し煮詰まったがゆえの遠出でしたが、めぐり合わせってあるものなのか


ちょうど欲していた一冊だったんでないかな


今回は回避出来たさよなら


告げられなかった・受け取らなかったさよなら


必ず待ち受けるさよならと、色々ありますね。


盛大に花道こさえるか、手を振るくらいがせいぜいか


いずれにせよ、その時の自分の流儀でしっかりやりたいもんです




ああ、野狐禅のシーグラス聴きたくなった。


聴きまーす

お布団具足

2018年11月25日(日) 2時14分

一切合切を済ませてからと決めていたのに、あっけなく止まり木に引き寄せられた金曜日


そのかいあってか今日はよく体が動いたし、動かないとやばい日だった


暮れへの加速はにわかに、一気に。


掛け布団出して抗いますぜ。今んとこ、それが精いっぱい(笑)




憧れてたふるまいなんだろね


気っぷのよさなんかもひと通り済ませたように思います。


吝嗇にはなりたかないが、ここぞって時に出遅れたくもないですからね


それひとつ決め込むのに、ずいぶんと逡巡がありましたが(笑)その分しっかり根づけばいいなあ




先週あたりから突如のきつねうどんブーム


神田で蕎麦を頼まない日が来るとは(笑)


そういや件のお店のメニューにもあったような…


看過は出来ませんねこいつは。ありつけるかなー

ぼやけた縛め

2018年11月22日(木) 21時07分

幼少の頃を思えばずいぶんと頑健に思える今現在ですが、


やっぱり低気圧にだけはされるがままです。昨日はこてんぱん


何なんでしょうねあの、誘われる心地よさが一切伴わない眠気はねえ


後れは痛いが、やむなし




そのせいかどうかはわからないけど、やっぱり沸点下がってるような気がします


人にせよ場所にせよ、粗ばかりが目につくようになってるなら


立ち去るか、出来る限り遠ざかるかが賢明なのかなあ


さもなくば、恩義もたのしい記憶も上書きされちゃいそうで。




なんて中でも進捗ありましてね。粘ってみるものです。


この記事仕上げたらキリがよさそう


飲んでいいかな、いいですかな

まじめか姉弟

2018年11月20日(火) 17時26分

朝寝はそこそこに、姉貴分とコーヒータイム


あれこれ案じてくださってるようで(笑)


忘年会出来ればって話でお開き。叶うかな、叶えたいなあー




しかし平日の日中であることを疑うような混雑でした、アーケードは。


年末商戦の幕は上がってるのだな


思えばそれこそ、忘年会の幹事も二つ三つ請け負ってしまってる


それも半ば自分から(苦笑)


優先順位を違えてる自覚はあるんですけどね、それありきの道中ってことには出来ぬものかしら


虫がいいのもわかってるわい(笑)




おやっ、と見渡した頃には


すっかり時代の移行は済んでるんだろうな


先見の明なし。どこまでも泡食っての後追いに過ぎないながらも


流れる景色は見飽きなさそうです。


出来るだけユーモアを、との今日の結論に則って


次の約束もたのしく達成を目指します




夜も夜でね、邂逅ありでして


待ち合わせまでに浮かぶかな、もう一手なんだよなー

ハウツーストーム

2018年11月19日(月) 21時04分

ちょっとの間、黙ってられるかだろうなあ


誰しも胸の内に嵐、ってな時はあるでしょうから。


仮にそいつに気づかれちゃっても、口にしないうちは窓越しに出来てるはずだ


今日はまあまあ、合格




デビュー当時から聴いているんですが、ここへきてまた


まきちゃんぐさんでグッと来ています。


慌ただしさで心が波立つ朝なんて、それをきちんと正して研いでくれるよう


スピーカーを飛び越えてくるような歌声です。


中でも「ちぐさ」がお気に入り。




嵐は凪ぐよ、でもってそこにはお月さまだ


いい夜です。


繰り出してよーし

おひさまはそっち

2018年11月18日(日) 1時18分

慮外立て続け。叶ったのは散髪くらいのもんで、むむう


前夜の痛飲も尾を引きましたが、それは納得ずくゆえ悔いなし


メコンウイスキーもボジョレーヌーボーも初めて飲みました。


はしゃぎすぎた気がするぞ…




憚ることなく言いたい放題、それが何をもたらすかはまあわかってる


打ちひしがれるのは筋違い


ですがね、何が・誰が大切で走って


心を摧いてるかもわかってるからね


ちょっぴり言い換えて、打ちひしがれる必要なんてないのだ


いくつか拝めた笑顔があったろ、今日だって。




なんとなくの赤ら顔はたぶん、先だっての長谷堂城探訪ゆえかな


思えばおひさまたっぷり浴びましたものね。


酩酊じゃありませんぜ、こればっかりは!



大音声全権

2018年11月16日(金) 10時41分

いささか体が重たくっての昨日


でもそういう時は、要らん世話を焼く気も起きなくていいもんだ


お酒も抜いて、ちょっぴり深く眠れたようです。


今夜はお祝いひとつ。たぶん飲みたおすかと思われるし(笑)




ポジティブ米くんからの熱心なお誘いがあり、


彼が来仙前に盛岡で活動していた、モノクロフィルムというユニットのステージを観てきました。


相棒のヤナギサケビくん、先陣務めたソロも含めてとってもすばらしかった。滾ってしまっただよ


待ちわびてたことがとても伝わるお客さんの雰囲気もまた好ましくって、いい夜を仕立てていました。


彼らが叫ぶと銘打つなら、おれはどんな切り口だろう


そんなことを考えたりもしつつ、聴いていましたよ。


各々の流儀でこそ、おもしろくなるはずだ




朝からひらめき好調で、


それこそわたくしなりの一曲にもつながりそうです


でかした休肝日!本日は冴えているー

りんけん行くけん’18秋

2018年11月14日(水) 1時15分

きっかけは、吉川永青さん『裏関ヶ原』の中の一編


そこから一気に興味が湧いて、今回の遠出に至りました。


本命は、出羽山形藩初代藩主・最上義光公。


おらいのお殿様、独眼竜の叔父御です。


鮭が大好物だったそう。ゆえに、鮭様と親しまれているとか。




駅近くの、鮭様歴史館


それから、慶長出羽合戦(上杉軍・直江兼続vs最上軍・志村光安・鮭延秀綱+伊達軍・留守政景)


の舞台となった長谷堂城跡まで足を伸ばしました。


戦国シミュレーションでは南部藩から始める私なので(壬生義士伝の影響ですね)


見知った武将の名が連なります。


肝心の古戦場跡は低山ながら、傾斜のキツさの上に敷き詰められた落ち葉も相まって


山登りなど素人の私には難所のひと言


そりゃあ堅固でしょうよ。これを踏破しつつ、敵方を打ち破れってか…


どちらかといえば守備側の最上方に与する気でいたのですが、


味わったのは寄せ手の直江方の心地に近かったのではなかろうか。


だからやっぱり、当地に行かねばわからんのですよ。




この合戦で落命した方々を祀る場所も多く、全てを廻れは出来ないながら


直江方の上泉泰綱


(当代随一の剣豪として名高い武将。岩明均さん『剣の舞』にて祖父信綱がとりあげられています)


伊達軍からの援軍で、撤退する直江軍と激戦を繰り広げた湯目重旧の石碑にはお目にかかれました。


見受けた感じでは、敵味方分け隔てなく弔ったような印象

今でも手向けられている花を目にして、ほんの少しだけ安堵しました。


徳川・石田の覇権争いの余波であろうこの戦。将兵はどんな思いだったのかなあ


あまりにも早い関ヶ原の決着には、誰もが『まじかよ!』って思ったろうなあー




最寄りの(といってもえらい歩きましたが)百目鬼温泉に立ち寄り、駅前でお蕎麦をいただき、仙台へ。


鮭様にちなんだ締めくくりを、と思うも


ちょうど鮭から鱈へ変わったところ(笑)


ようし、鱈様なるお殿様を探すとしよう!!




ともあれ良い遠出でした


毎度のことだけどやっぱり煮詰まるから、ちゃんと風通しして敏腕なわたくしを保ちたいぞ


悠々堂々、健やかに。鱈美味しかった…

さざめきありき

2018年11月12日(月) 10時49分
すっかり白い息か

フリース買い込みます。お洒落は二の次と、話はまとまりましたので(笑)


似たような柄買っちゃうのは、音楽の好みとよく似てる気がしますねえ


ひとまずだな、酔っぱらってフジファブリックを聴いてはいけません。悶絶するぞ…




大脱出の行き先は決めた


言ってしまえば、いつもの歴史探訪がメインっちゃあそうですがね(笑)


どうしても上方のあれこれに目を惹かれるものですが


なあに、あれもこれも地続き。


おらいのお殿様との因果もだいぶあるようですし


名作との呼び声高い独眼竜、きっちり追わねばなりますまい




さあ些事は放り投げてだ、心の水面を平らげよう


たまのさざ波くらいはよし、むしろ風情よ風情です


かえってその方が静謐も際立つように思いますしね。

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像タンク佐々木
» 地獄のクローゼット (2019年01月09日)
アイコン画像おーちゃん
» 地獄のクローゼット (2019年01月09日)
アイコン画像タンク佐々木
» 泣き笑い持参 (2018年04月05日)
アイコン画像
» 泣き笑い持参 (2018年03月16日)
アイコン画像タンク佐々木
» いい機会です (2017年12月26日)
アイコン画像
» いい機会です (2017年12月26日)
アイコン画像タンク佐々木
» 桜最前線 (2017年04月12日)
アイコン画像
» 桜最前線 (2017年04月11日)
アイコン画像タンク佐々木
» ここから春が (2017年04月06日)
アイコン画像
» ここから春が (2017年04月06日)
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タンク佐々木
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1980年6月24日
  • アイコン画像 現住所:宮城県
読者になる
仙台在住バンドマン。 「Busstop Tour」 「武田」 というグループのギターボーカルを担当してます。 ここではいささか空振り気味の独り言を。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/very-tank/index1_0.rdf