あかゐ糸 

2006年02月28日(火) 11時40分

君との間には、赤い糸が一本繋がっている。
迚も迚も細い糸だった。赤い糸を渡る道化師は、転落死した。君との間の糸は切れてしまった。



沈滞 

2006年02月28日(火) 11時35分

私は停止する
沈滞し、己の思考を止める
止まらぬ指針も針金で固定した
私は沈滞する

嫉妬 

2006年02月05日(日) 0時27分

己に無いモノを持つ人間に対して、私は憎悪に近い嫉妬を燃やす。
丸で、玩具が手に入らない子供のように。例え、その玩具を手に入れたとしても、私は新たな玩具が欲しくなるだろう。
相手が傷付くのも、死ぬのも瑣末な事でしかないのかもしれない。



血の粘りが、喉奥に張り付く。

嗚呼、美しき青春! 

2006年02月02日(木) 3時07分


嗚呼、悲しきかな。過ぎさる青春の日々!人生は一度きり、後悔することはしたくないというのに!笑
甘酸っぱい恋に友情、そして金八先生(と、その外の仲間たち)夕陽に向かって土手を駆け上がり、青春を謳歌するという、私の人生計画は何処へ……いえ、友人には恵まれているのですが。笑

携帯からブログをレンタルする際に、瑣末な苦労を体験し、苛つきからか疲労するも、その日の内に初の記念投稿はきっちりすると言う、己の図々しさに乾杯。
もう、時計の針は三時を指しております。良い子は寝る時間帯ですよ、小唄さん。勿論、良い子なんて言いません。

写真は、先日食べた“花日和”。小豆風味が何とも云えぬ、美味しさで御座いました。
さて、機種変更をしたのですが、この携帯の使い易いこと!重宝しそうな予感。大事にしたいです。

- - - - - - - - - - -

吸血姫の愛咬

天使を煮詰め、崩れた屍肉に毒婦の血塊で色を塗り、出来上がった赤い靴。さあ、殺戮舞踏会を開きましょう。
罪人に舞踏を踏ませ、悲鳴で飾り、締め括りには断頭を!血と腐臭と臓物に彩られた、罪人たちの殺戮舞踏譚。

天使は歌う、
『終焉は近い』

- - - - - - - - - - -

発行予定の電子雑誌です。小説は三月に始められたら、と観望して居りますが、何しろ筆無精ですから。上記の紹介文を、推敲すべきだったと今更後悔。


2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vampire-queen
読者になる
Yapme!一覧
読者になる