イントラネットのファイアウォール

August 26 [Thu], 2010, 17:36
インターネットの技術を利用して、社内におけるネットワークを行うと言う意味の物をイントラネットと呼んでいます。intraは「内部の」と言う意味、netは「ネットワーク」の意味で「内部のネットワーク」と言う意味で作られた造語になっています。



インターネットが普及してきている今、インターネットの技術を企業内でも取り入れる事で、費用も低額で抑える事が出来ますし、ネットワークサービスも高度な物が使用できるようになります。またイントラネットを導入する事で、企業内での情報の共有が出来る様になりますし、情報提供等も制限付きで行える様にもなります。



インターネットと、イントラネットのアクセスはとてもスムーズに行う事が出来るのも魅力ですが、インターネットからアクセスが自由に出来てしまうと、社内情報が漏れてしまう可能性も出てきます。そう言った事を阻止する為にも、イントラネットの入口付近にファイアウォールを設けて、インターネットからはアクセスが制限される様にする事も出来ます。また、VPNと言う機能も有って、内部の機密情報は守られるのに、外からイントラネットにリモートアクセスできる様な仕組みも出来るのです。



そのファイアウォールについてですが、イントラネットのネットワークが、インターネットにIP接続されているのですが、その接続に対して安全性を考慮してアクセス制限機能を設けると言う装置になります。



サーバーにしているパソコンはインターネットに接続されているので、自由にアクセスが可能です。ですからネットワーク上のセキュリティが低下してしまう可能性があるので、そのセキュリティを確保する為にもアクセス制限が必要になるのです。




  • URL:https://yaplog.jp/valerie-h/archive/15