イントラネット使用についてのセキュリティ2

August 01 [Sun], 2010, 10:28
イントラネットを使用するにあたって、セキュリティ対策をする必要があります。そのセキュリティの1部をご紹介しますので、是非参考にして実行してみて下さい。



【ウィルス対策】

サーバーにウィルスが侵入してしまうと、重要な書類が破壊されてしまう可能性があります。近年、ウィルスに関する被害は増大していて、対処しても新たなウィルスが発生してくると言うイタチごっこ状態になっています。とは言え、何もしないとただ危険に身をさらしている様な物ですので、サーバーやクライアントには、ウィルスバスター等のソフトをインストールしておく必要があると思います。



ウィルス対策ソフトの機能には、侵入してきたウィルスをチェックして駆除すると言う機能が付いています。また、手動でチェックする訳ではなくて、メールが受信された時、ファイルをコピーする時、ファイルを書き込む時等、そのタイミングに合わせて自動的にチェックしてくれるので、サーバーやクライアントがウィルスに感染するのを防ぐ効果が期待できます。



それでも、ウィルスに感染する事はあると思いますので、その場合は早急な対処をする様にしましょう。



【バックアップ】

サーバーに重要な書類や情報等を置いておくのも良いですが、万が一ウィルスに感染するとか、クラッシュしてしまってサーバーが故障するとか、間違ってファイルを削除してしまうとか予期せぬ出来事と言う事があります。そうすると大切な物を失ってしまう事になります。



そう言った被害を最小限に抑える為にも、高頻度でバックアップを取っておく必要があります。定期的にバックアップする様にシステム上、イントラネットのスケジュールを組んでおく事が大切です。




  • URL:https://yaplog.jp/valerie-h/archive/12