LANとネットワークについて

July 21 [Wed], 2010, 10:57
日本国内の会社に導入されているパソコンに入っているOSは、そのほとんどがマイクロソフトウィンドウズであると思われます。逆にマイクロソフトウィンドウズ以外のOSを使っている会社と言うのは、独特な仕事をしている所ではないかと推測されます。



もちろん、ウィンドウズ以外を使っているからと言って悪いと言っている訳ではありません。ただ、今の日本ではウィンドウズがやはりシェア率がかなり高い事も有って、使いやすさと言う点から見てもウィンドウズを使う人が多いのは事実です。



イントラネットを導入するにあたって、サーバーにOSを入れるのであればMicrosoft Windowsを入れた方が無難であると言えます。それをどう活かしてイントラネットを構築していくかは設計者の腕次第と言う事になるでしょう。



ウィンドウズをイントラネットで使うには、コスト面からみると結構な痛手となる事が多いと思いますが、管理面や利用者が使う面を考えたらウィンドウズはやはりメリットが大きいと言わざるをえません。



とは言っても、セキュリティ面を甘く見てはいけません。社内だけでも色々な情報が錯綜しているのですから、イントラネット上でもセキュリティはしっかり行わなくてはならないのです。



実際に、ネットワークを社内で構築する場合、初心者であるならばドメインやワークグループと言った、用語についても覚えていかなければならないと思いますので、整理しておく必要があります。




  • URL:https://yaplog.jp/valerie-h/archive/10