「生涯現役の秘訣」指南、6月から介護予防講座―東北福祉大(医療介護CBニュース)

May 28 [Fri], 2010, 20:27
 東北福祉大は6月12日、介護予防や健康増進について学ぶ「生涯現役エキスパート講座」を開講する。定年退職後の高齢者などを対象とし、認知症予防を中心に新たな健康増進モデルを提案。地域で活躍する生涯現役の秘訣を指南する。

 新たな健康増進モデルを、定期的な健康状態の確認とその結果への適切なアドバイス、効果的な運動のサイクルと位置付け、心身を活性化する土台をつくることを目的とする。

 健康状態の確認は、「脳機能測定」と「体機能・運動機能測定」を実施。これを受け、目的別の運動などから成る「メディカルフィットネス」や絵画などの「臨床美術」を行う。

 講座は、土曜コースを6―8月と9―12月、木曜コースを来年1―3月に開く。場所は同大ステーションキャンパス館。定員は40人。受講料は2万8000円。


【関連記事】
介護予防チェックリスト、実施率は約3割―厚労省調査
介護予防モデル事例をヒアリング−東京都の推進会議
介護予防マニュアルを改訂−厚労省
要介護認定非該当者を特定高齢者の候補者に―厚労省
介護予防事業「聞いたことがない」6割近く

有吉九段がプロ引退 現役最年長の将棋棋士(産経新聞)
従業員ら4人を起訴=一家3人強殺、遺棄―長野地検(時事通信)
<サイバー大学>世界遺産学部の募集停止へ(毎日新聞)
汚職で損害、前生駒市長らに4千万円支払い命令(読売新聞)
杉並区長が記者会見で辞職表明 参院選出馬意向も(産経新聞)

口蹄疫で追加支援策 赤松農水相 一律補償を撤回(産経新聞)

May 24 [Mon], 2010, 21:28
 赤松広隆農林水産相は21日の閣議後の記者会見で、宮崎県での口蹄(こうてい)疫に関連し、被害農家に対して殺処分までの餌代などを国が負担することや、埋却に要した費用を補填(ほてん)することなどを盛り込んだ追加支援策を発表した。

 農水省は同日、ワクチン接種後に全頭殺処分する牛や豚について、牛1頭当たり約60万円など、一律の水準で補償するとしていた方針を事実上撤回し、時価評価方式を適用するとした。経営再開までの生活支援として、肉牛1頭当たり5万9千円などを支給する方針も正式発表した。

【関連記事】
C大阪が口蹄疫被害者支援の義援金
近隣県、口蹄疫で防疫を強化 イベント中止、市場閉鎖
口蹄疫 農水相の自発的辞任要求 公明・井上氏
口蹄疫ウイルスはどこから? 輸入の「わら」? 観光客?
ワクチン接種見送り 準備間に合わず 口蹄疫問題

大地震の長期確率を公表=太平洋沿岸で上昇―政府地震調査委(時事通信)
<時効成立>気付かずに逮捕 警視庁が謝罪(毎日新聞)
橋本元首相が草葉の陰で泣いている 鳩山首相の普天間対応(産経新聞)
米次官補来日中止、関知せずと鳩山首相=平野官房長官、普天間への影響否定
<訃報>黒田善弘さん85歳=元住友製薬社長(毎日新聞)

専門家と一般消費者つなぐマッチングサイト人気(産経新聞)

May 19 [Wed], 2010, 10:07
 弁護士や司法書士、ファイナンシャルプランナーといった専門家と一般消費者を、インターネット上のサイトで結ぶマッチングサイトが人気を集めている。ネットを通じて専門家に有料相談などを依頼するだけでなく、質問に専門家が答える無料のQ&Aのコーナーもある。敷居が高い印象の強い専門家に気軽にアクセスできるようなつくりとなっている。(森本昌彦)

 「弁護士などの専門職に知り合いがいない人がほとんどです。サイトを通じて気軽に専門職と出会うきっかけをつくりたいと考えています」

 弁護士と司法書士、社労士、税理士のマッチングサイトを運営するオーセンスグループ(東京都港区)の社長で弁護士の元栄(もとえ)太一郎さんは話す。平成17年に弁護士とのマッチングサイト「弁護士ドットコム」を始め、その後、ほかの専門職のサイトも開設した。

 サイトでは、弁護費用などの見積もりを依頼すると複数の専門家から結果が届き、その中から気に入った専門家を選ぶことができる。比較・検討する際の参考になるよう、各専門家の経歴や取り扱い案件、趣味などの情報を見ることができる。ユーザーの口コミ評価も参照できる。

 インターネットでの有料相談のほか、弁護士ドットコムには無料で利用できるQ&Aコーナー「みんなの法律相談」もあり、質問内容と弁護士らからの回答を一覧できる。弁護士ドットコムだけで月間約3500件の見積もり依頼、相談、問い合わせが寄せられるほどの人気で、登録弁護士数は1900人を超える。

 多分野の専門家をそろえているのはオールアバウト(渋谷区)が運営する「All Aboutプロファイル」。「マネー」「キャリア」「医療・健康」など7ジャンル、約60職種の専門家が登録され、専門家のコラムや無料のQ&Aコーナーを読んだり、仕事を依頼することも可能だ。

 今月27日のリニューアル後には、登録専門家の数やジャンルが増えるほか、ネットショッピングのような感覚で仕事を依頼できるようになる。見積もり方式ではなく、サイト上で仕事内容と料金が明示された商品を購入するイメージ。オールアバウトの松田俊明さんは「ユーザーからすると、『5千円〜』『1万円〜』という料金では二の足を踏んでしまうし、取引上の間違いが起こる恐れがある」と、定額料金のサービスを導入する理由を話す。

 将来的に両社とも専門家の登録数増加やジャンルの拡大を目指しており、さらに一般消費者と専門家の距離が近くなりそうだ。

 ■8割近くが「専門家に関心あり」

 オールアバウトが平成21年5月に全国の20〜59歳の男女1600人を対象に実施したインターネット調査によると、専門家への関心は高い。

 「行動を起こすときに専門家を使いたいか」という質問に対し、「特に相談や仕事の依頼はしたくない」と答えたのは22%。17%が「相談はしないが専門家に興味はある」、46%が「無料なら相談したい」、8%が「有料でも相談したい」、7%が「仕事として頼みたい」と答えている。

 8割近くが関心を持っているものの、有料でも利用する人は15%にとどまっている。

【関連記事】
僧侶に税理士…“専門家バー”活況 ほろ酔い気分でお勉強 
「子ども手当」はビジネスチャンス 「将来の学資積み立て」−教育にニーズあり
嫁不足…狙われる東北の農家 純粋な男心を弄ばれた被害者の心の叫び
人気の美容皮膚医療 リスク含め医師と相談を
ストレスは旦那に八つ当たりで解決? 毒舌記者の子育て論
中国が優等生路線に?

「解決いつになったら」=全国の原告が記者会見−B型肝炎訴訟(時事通信)
<転落>ホテルの見晴らし台崩れ7人重軽傷 山梨・富士吉田(毎日新聞)
<中国>温家宝首相、30日に来日 31日首脳会談(毎日新聞)
<B型肝炎訴訟>国側、和解勧告受け入れ表明 札幌地裁(毎日新聞)
高橋洋一の民主党ウォッチ あてにならない民主の公約 「総人件費2割減」どこに消えた(J-CASTニュース)

郷田九段、寝坊で不戦敗のペナルティーでファンと対局(スポーツ報知)

May 13 [Thu], 2010, 16:35
 今年1月、寝坊で対局に遅刻し、不戦敗となった将棋のA級棋士・郷田真隆九段(39)が7日、日本将棋連盟からペナルティーとして科せられた異例のボランティア活動を行った。

 くしくも、昨年挑戦した名人戦と同じ日に、東京・新宿将棋センターでファンに無料で指導対局。現役A級棋士の妙手を見ようと、130人のファンが集まる中、4時間で10人のアマチュア腕自慢に胸を貸した郷田九段は「(不戦敗は)とても大きな出来事だったので、これが区切りとは思えませんが、ファンと触れ合えてよかったと思います」と振り返った。途中、アマチュア三段の一手に「いい手ですね。20年間、気づかなかった。これは定跡に加えてもいいな」と感心する場面もあった。

 1月21日の第23期竜王戦ランキング戦1組・森内俊之九段(39)との対局前夜、対策を考え過ぎて寝付けず、寝坊。「いままでも寝付けないことはあったけど、年になったせいか、熟睡して起きられなかった」。連盟からは対局料の不払いと手当50万円の返納、ボランティア活動1日を命じられた。

 苦い思い出となったが、悲願の名人位を目指す郷田九段は「プロ棋士としての在り方を、考え直すようになりました」。以前は多くとも2個だった目覚まし時計。今は枕元に6個がスタンバイしている。

 ◆郷田 真隆(ごうだ・まさたか)1971年3月17日、東京都練馬区生まれ。39歳。大友昇九段(故人)門下。82年に奨励会入会。同期には羽生善治、森内俊之、佐藤康光ら後にA級棋士になる強豪がいた。90年に四段(プロ)昇段。92年に史上初めて四段でタイトルの王位を獲得。98・01年に棋聖獲得。07年には森内名人(当時)に、09年には羽生名人に挑戦したが惜敗。通算659勝369敗。A級は通算8期。独身。

 【関連記事】
羽生名人3連覇にあと1勝…将棋 名人戦
郷田真隆 日本将棋連盟 ボランティア活動 を調べる

九尺藤 カーテンのような花房 兵庫・丹波で見ごろ(毎日新聞)
<穀物被害>ホルモン散布で高温障害防止 東北大チーム(毎日新聞)
福島、亀井氏に説明を=外相が首相に助言−普天間(時事通信)
としまえん「フライングカーペット」で少年転落(読売新聞)
室内から複数足跡 横須賀の男性殺害(産経新聞)

TBS社員装い20万円詐取=容疑の41歳男逮捕−警視庁(時事通信)

May 11 [Tue], 2010, 0:53
 TBS社員を装い、ホームページ(HP)を開設するだけで広告収入が得られると偽り、埼玉県川口市の男性(43)から20万円をだまし取ったとして、警視庁赤羽署は7日までに、詐欺容疑で、同県鳩ケ谷市坂下町、アルバイト大村智容疑者(41)を逮捕した。
 同署によると、容疑を認めている。ほかにも同様の手口で、4人から計35万円をだまし取った疑いがあるという。
 逮捕容疑は昨年10月、TBS社員を装い、アルバイト仲間の男性に、「HPを開設するだけで、月15万円の広告料が入る」と偽り、HP作成料金として現金20万円をだまし取った疑い。 

豊川一家殺傷 長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ(毎日新聞)
<国会>与野党攻防の激しさ増す 普天間で審議混乱の可能性(毎日新聞)
詐欺容疑で山口組系組員ら逮捕=住宅ローン名目で4600万円−大阪府警(時事通信)
谷氏「やってみよう」 出馬決断は4月下旬 (産経新聞)
マンション敷地内に女性の遺体 岡山、頭から血(産経新聞)