事務畑

January 22 [Thu], 2009, 0:51
準大手ゼネコン西松建設の外為法違反事件は、経営トップの国沢幹雄容疑者(70)の逮捕に発展した。東京地検特捜部は同社が海外の工事を通じて捻出(ねんしゅつ)した裏金十億円の使途の解明に全力を挙げており、政治団体をダミーに使った脱法献金疑惑、タイ政府高官への四億円のわいろ提供、原発関連事業をめぐる不透明な融資などを中心に捜査を続けるとみられる。 

 二十日午後六時から東京都港区の本社で開かれた臨時取締役会。国沢容疑者は、五年半務めた社長を辞任する意向を示し、了承された。この後、特捜部の取り調べに出向いた。

 二代前の社長に引き上げられ、出世の階段を駆け上がった国沢容疑者。土木部門の技術者が社長を務めてきた老舗ゼネコンの同社で、事務畑出身のトップは初めてだった。

 「当時、公共事業が減少し、経営のために数字に明るい人物が必要とされた」。元部下は「国沢社長」誕生の背景を語る。数字に強く、「コンピューター」と呼ばれた。

 「クールでドライな切れ者」というのが一致した評判だが、腹心を重用し過ぎたという批判も根強い。すでに外為法違反容疑で逮捕された元副社長の藤巻恵次容疑者(68)ら「国沢一派」と呼ばれる取り巻きで周りを固めた。「昔から秘密主義だった。仲間同士でコソコソやってきたツケだ」(元幹部)。側近だった藤巻容疑者の逮捕後も、説明責任を果たそうとせず、社員の間には不満がたまっていたという。

 一九九三年のゼネコン汚職事件で、仙台市長への贈賄容疑で当時の副社長が逮捕された際、国沢容疑者は常務としてマスコミ対応を担当していた。十六年後にあらわになったのは、自浄能力の欠如だった。「政治団体を使った献金や巨額の裏金づくりを最近までやっていたことは驚き。ほかのゼネコンの多くはすでに決別している」。あるゼネコンの幹部は同社の体質の古さを指摘している。

東京新聞

経理って、ホント会社の内部事情丸見えですからねぇ。

東北大荒れ

January 11 [Sun], 2009, 21:21
発達した低気圧が三陸沖を進んだため東北地方は10日、各地で風が強く、交通機関などに影響が出た。11日も冬型の気圧配置は続き、東北全域が強い寒気に覆われる見通し。仙台管区気象台は、太平洋側は雪を伴った風が非常に強く、日本海側では山沿いを中心に大雪の恐れがあるとして警戒を呼び掛けている。

 10日午後5時現在の最大瞬間風速は白河30.5メートル、郡山28.4メートル、仙台市新川27.4メートル。24時間降雪量は福島県猪苗代25センチ、米沢17センチ、八戸13センチなどだった。

 JRは東北、常磐、奥羽、羽越線などで運休が相次いだ。八戸自動車道は大雪で通行止めとなった。仙台空港では札幌往復の2便が北海道側の降雪のため欠航。大間(青森県)―函館間のフェリー4便も欠航した。

 岩手県内では雪の重みで木が高圧線に接触する事故が相次ぎ、久慈や一関など9市町村で約3000世帯が停電。山形県庄内町では強風で約350世帯が一時停電した。

 管区気象台によると、11日は、最大風速がいずれも陸上で太平洋側北部17メートル、同南部と日本海側15メートル、波の高さは太平洋側北部7メートル、同南部と日本海側5メートルの見通し。午後6時までの降雪量は日本海側が山沿い40センチ、平地20センチ、太平洋側山沿い20センチと予想される。

河北新報

天気の事はどうしようもないですものね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:v6eipfgw
読者になる
2009年01月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像康之
» 桃子 波に乗れないまま1日目終える (2008年02月24日)