特徴の中で特筆すべきはクラスター値の低さ

December 15 [Mon], 2014, 13:41
桜島活泉水は以下の4つの特徴を持つミネラルウォーターです。

1つ目はクラスター値が小さいということです。
クラスター値とは水の粒子の大きさを示します。
桜島活泉水はこの値が通常の水の1/2以下という世界最小クラスの小ささなので、非常に浸透性がいいです。

2つ目はミネラルが非常に豊富だということです。
桜島活泉水は火山層に貯まっていた温泉水なので、カリウム、マグネシウムをはじめとした人体に有益なミネラルを豊富に含んでいます。

3つ目は野菜並みの高アルカリ水だということです。
体をアルカリ性に保つと健康に良いとされていますが、桜島活泉水はph8.8〜9.5というキャベルやリンゴ並みの高アルカリ性を持ちます。
ちなみに普通の水のphは中性である7前後です。

4つ目は天然のマイナスイオン還元水だということです。
普通の水道水は300〜600mV程度の酸化水なのですが、桜島活泉水は-316mVの天然マイナスイオン水です。


この中で特筆すべきは1つ目のクラスター値の小ささです。
説明したとおりクラスター値が小さいということは身体の奥深くに浸透していきやすいことを意味し、
ミネラルなども吸収されやすくなるのです。

水は毎日飲むものです。
少しでも良いものを飲むのなら桜島活泉水はまさにお薦めと言えます。

鹿児島の活泉水の詳細はこちらからどうぞ!






桜島活泉水の評判をひとつ紹介すると

December 11 [Thu], 2014, 13:53
健康状態を整えることに苦労している人間は、様々な薬剤やサプリメントに頼っている事が有ります。
それが悪いとは言いませんが、それ以外にも例えば飲用する水を変えることで、薬剤等から開放されることも多いのです。そのなかでも人気の高い桜島活泉水と言う水は、体の内側へと天然に吸収させていく事が出来る水ですから、安心して飲む事が可能です。又、アルカリ性の水ですから、飲む野菜とも評価されています。人々の間で、評判が良くなっている水ですから。

評判の一つを紹介すると

もともと家族で飲んでいましたが、とある時に友人に送って見たところ
とても飲みやすくて美味しい!と喜びの声が!!
今では友人もすっかり虜になっています。
この間久しぶりに会ったら胃腸が楽になったと嬉しそうに言っていました。

と言う声が。

桜島活泉水には、抗酸化作用や酸化防止力が備わっていて、からだを酸化させにくい仕組みになっています。桜島活泉水を継続して飲むことで、体の様体が天然に整っていくのです。血液をサラサラの状態、スッキリした状態に変えていく力も有ります。体の中に蓄積されているコレステロール、老廃物等を排出させるはたらきも持っているのです。様々な成分がはいっている水とはいえ、まろやかで飲みやすいのが特徴です。健康の為には、桜島活泉水を毎日飲み続ける事がたいせつですからす。

鹿児島の活泉水の詳細はこちらからどうぞ!