引越しというかとりあえず移送したというか。

November 07 [Sun], 2010, 15:50
もう、こちらを見る人はいないとは思うけど、一応ご連絡。
プロバイダーを変えることになり、niftyの有料アカウントを月末で削除されることになったので、
今までにココログで書いていた分を無料アカウントに移しました。
URLも変わったので、こちらを今後は見てください。

http://minaraikikan.cocolog-nifty.com/blog/

ラスト。

February 15 [Sun], 2009, 11:51
もう、こっちを見る方もほとんどいないと思うけど…
下記のブログに引っ越しました。
http://tsuredure-shonen.air-nifty.com/blog/

これがこちらのブログにはおそらく最後の投稿でしょう。
向こうではマイペースに何か書きたい。

************************

・付記
上のアドレスからだと飛べません。
URLをコピペすれば飛べますが、
面倒ですので、新たしいブログを見たい奇特な方は
こちらから移動してみてください。


2009年2月26日追加

アクセス数。

February 06 [Fri], 2009, 14:32
一昨日ぐらいから異常に増えている。
昨日は100近かった。
いったい何があったのか。
これといって書くこともなかったが、
これには驚いたので書いてみた。

ほんの少しご無沙汰。

February 03 [Tue], 2009, 13:46
書きたいと思いつつ、なかなかまとまらず。

まず、一部の人向けになってしまうが。
…不本意な結果に終わりました。
後述するように、能力以外の要素が原因です。
能力もありませんが。
しかしながら、悔しいとは思わない。
むしろ、腹が据わりました。
覚悟を決めました。

今年度、一番学んだことは、
「他人は自分の思い通りに動いてはくれない」である。
あるいは、周りの環境はそう簡単には動かないと
言い換えてもいいかもしれない。

そのはずが、そのことを頭に入れていなかった自分は
相手が自分のことを認めてくれると信じて、
一方的に自分を押し付けていた。
一度決めた相手が、自分に対して関心を示さなくなると
意地でも振り向かせるつもりで、
半ば脅迫に近い形で、相手を平気で追い詰め、
攻撃するような態度を取っていた。
その結果、人間関係が破綻してしまった。

具体的にいえば、上に書いたのは
自分が昨年度から連絡を取っている
ある先生とのコミュニケーションのことである。
その方を仮にA先生としておけば、
当初、A先生は自分の研究テーマに関して
強い関心を示してくれ、連絡先を初訪問のその場で
すぐに教えてくれ、書類の手直しもしてくれるとのことだった。
ただ、その当時まだ自分は専攻レベルで何をするのか
はっきりとはしていなかったということと、
今になって言えることではあるが、資料が乏しく、
先行研究がまだ体系化されていないような分野に
取り組もうとしていたことにA先生は気づいたようで、
自分が時折研究計画などを送っても、
まったく反応しなくなってしまった。

さらにいえば、明らかに自分に非がある部分ではあるが、
研究領域や研究する意味をろくに考えず、
研究対象を選ぶことに力を注いでいたため、
好きなことばかりかいつまんで調べようとする自分に怒りを示し、
ついにはA先生に「ふざけるな」と言われてしまった。
これが昨年五月の出来事であり、
以来直接会うこともなければ、手紙やFAXなどのやり取りもない。


自分のしたいことはある。
当然、研究の必要性もある。
研究結果は社会に還元できるものであり、
現代社会の問題点に近づけるようなものであると
勝手にではあるが確信はしている。
だけど、それは使える資料の量の不足、
分析方法あるいは先行する研究の乏しさ、
文学なのか、社会学なのかなどの
いわゆる大学内における専攻領域の決定が難しい
などの点から今の自分には難しいことも事実なのだ。
時間が経ち、もう少し学問の社会の状況が変わるか、
自分が実力をつければきっとできるかもしれない。
今回、このテーマを見送ったことで、
もう一生このテーマは取り組まないと決めたわけでもない。
ただ、今は難しい。
今迄のように自分の意地を押し通すことは、
かえって自分を精神的にも苦しめ、
人間関係を破綻させてしまうことに気がついた。


では、今後どのようにするのか。
選択肢はいくつかあるが、
研究テーマを変えるというのが最有力候補だ。
既存の枠組みの中で用語等が既に一般化されている分野。
自分が求める、現代社会における他者の表象をめぐる物語
をすでにある枠組みの中でよい例を挙げて考える方法。
去年の秋ぐらいから実は少しそっちの文献を読んでいたし、
一般的な文学理論や現代思想の本で、
比較的最近出たものにはほぼ確実に言及があり、
その分野に関する意識が高いものでは
すでに目次の部分で項目が立てられている。
自分の中では第二希望だが、
これまでのテーマと比べて認知度が高く、
一つの分野を形成しており、
なによりも大学の内外を問わず、
人に説明をしてすぐにわかってくれそうな分野なので
今までよりもだいぶ負担が減るかもしれない。

その他、いま取り組んでいるテーマで、
本当は映像資料を中心にしたかったが、
ほとんどが公開されていないため、
新聞や雑誌などの資料が収集できそうな紙資料
を中心とした調査にシフトし、
その中で紋切り型やステレオタイプ批判をする
という選択肢もある。

あとは自分の雑多さを認めてくれる先生や研究機関を
探してみるというもの手であろう。

今回は素直に敗北を認め、
一からいろいろやり直します。


かっこいい。

January 29 [Thu], 2009, 19:50
以前、一緒にアルバイトをしていた方が
独立してフリーペーパーの仕事をしているらしい。
凄い。

文芸関係で、小説家や詩人、ノンフィクションライターなどだけでなく
フリーペーパーという形でも成果が出せると気付かされ
本当に世の中には面白いことを考える人がいると
つくづく感心してしまった。


結局は。

January 26 [Mon], 2009, 13:01
昨日は特に何もする意欲が起きず、
洗濯と風呂掃除以外はひたすら家でグウタラしていた。

だけど、休みのはずがやはり研究計画のことなど考えてしまう。
一段落し、体が軽くなって良かったとは思うが。

久々に休日。

January 25 [Sun], 2009, 12:19
専門の本を読まず、ボーッとしたり
趣味に没頭したり友人と遊んだりするのが休日ならば、
実に2ヶ月ぶりぐらいかも。
少なくとも昨年末からずっと「何もしない日」はなかった。


明日の午前中までは休みたい。
提出書類セットが必要になる可能性があるため
そうゆっくり休める訳でもないが。

家帰ろうかと思った。

January 24 [Sat], 2009, 19:46
でもまあ、何とかなりそうだ。

出掛ける時点で泣きそうになったが
とりあえず行って良かった。

蛇の足。

January 23 [Fri], 2009, 20:57
チョコと紅茶が三つずつ入ったセットを買った。

チョコは明日持って行こう。
紅茶はバイト先で味わいたい。

自分は自分になろう。

January 23 [Fri], 2009, 16:36
他の誰でもない、自分になろう。
自分で書こう。
自分で語ろう。

P R
最新コメント
アイコン画像チェブ
» 100万回生きたねこ。 (2007年11月16日)
ブログパーツ
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
https://yaplog.jp/uwanosky/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:見習い期間
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-讀賣巨人軍
読者になる
家族との会話も、
アルバイトも、
批評理論も現代思想も、
スナック菓子も、
毎日の食事も、
洋服を選ぶことも、
すべてが楽しい。
最近は映画や文学に夢中かも。