心が汚れている

June 10 [Sun], 2018, 8:15
感動できなかったり、妬んだりして疲れる。

日常の中に、色々な意味でレベルが低いと思われる問題が山積みで、地道に解決するように動いていることもあるけれど、どう進んでもスッキリしないことの方が多すぎて、頭で考えるとおかしくなりそうだ。

思考を停止させると、心の安定は保てるけど、同時に無気力になる。

外の世界に、成功とかそれによって得られる幸せとかがあると思っているから、こういう事になるんだよね。

もうすでに、今ここにすべての愛があるのにね。

今、なにかが変わる大切な時なんだなぁ。

もやもやが止まらない

January 31 [Wed], 2018, 0:58
しばらく忘れていた、色々な事が嫌でたまらない×という感情が溢れ出している。

なんなんだろうね。

変わらなきゃいけない時なのかなぁー。
死ぬ気で。
で、本当に死ぬなら、それまでなんだしね。
やろう。やらなきゃダメだ。

楽だということ

December 28 [Thu], 2017, 22:34
何がきっかけだったかは忘れちゃったんだけど、ある日突然気持ちが楽になった。

今までの人生は、コンプレックスの塊で、それを克服するためには仕事で成功して、見返すしかないと思っていた。

だから、とにかく必死だった。
でも、あんまり上手くいかなくて、焦っていた。

でも、ある時「成功」って一体なんだ?という疑問が湧いてきた。

そして、私は自分が心から喜ぶという単純な喜びよりも、他人から「成功者」と思われたいんだなぁーという事に気がついた。
そのために、お金持ちにもなりたいから、貯金するために、買いたい物も我慢して、節約して…。みたいなことをやってきた。

仕事で、有名な方と仕事をした時には、SNSに載せたりすることもしていた。
それは、その人に会えたことが本当に嬉しかったということももちろんあったけど、それよりも、有名な人と仕事をした「私」は凄いでしょう!って見せたかったのだと思う。

とにかく、他人からの評価を上げることに必死だった。

それが、ある日突然、くだらないことだなぁーって心から思って、自分のやりたいことをやろう!って、無理をしているのではなくて思えるようになった。

この境地になったら、怖いものは本当になくなった。

やりたいことをやるために、他人に迷惑はかけてはいけないけど、そうでなければ本当に好きなことをすればいいんだ。

今は、気持ちが楽で本当に幸せ。

そんなこんなで、そういう思考になってから約2年ぐらい経ったんだけど、最近「ノンデュアリティ」というものを知った。
もちろん、完全には理解していないけど、楽になる感じとか、凄く興味がある。

もっと知りたい!!!

焦りはない

December 22 [Fri], 2017, 15:24
定職とフリーランスと一応仕事はあるんだけど、どちらも世間一般的にみれば十分な収入といえるものではない現状。

仕事は、2016年9月までは本当にパンパンになるぐらいやっていて、それはそれで有難かったし、蓄えもできた。
今は、その資金を元に株式投資とかしていて、これまた、某銘柄のおかげで平均年収の2/3ぐらいの額の含み益がある。

まあ、これはあくまでも含み益だから、現金化しなくては意味がないんだけど、某銘柄にはまだ明確な目標があるので、今は売れない。でも安心感はある。(勝手な安心感だけど)
株式投資については、失敗している銘柄もたくさんあるけど、トータル的にかなり+なので、良しとしている。

何が書きたいのかわからなくなってきたからやめよう。

まだ、ちょっとはある恋愛感情

July 09 [Sat], 2016, 17:53
ここ数ヶ月、あまり恋愛モードではなくなっていた。

以前ホロスコープの先生に言われた、
「今年特に恋愛で大きな出来事がなければ、以前のあなたのように、もう恋愛には興味のない人に戻りますよ。」
と言われた通りの自分に戻るのかな?と思い始めていた。

去年の春頃までは、超恋愛モードで片思いなりに楽しかったから、

「あーもう、あーいうドキドキした気持ちは、私の中から消え去ってしまうんだなあ」

と少し寂しく思う反面、本来の姿に戻るんだから、楽になれるなあーという気持ちもあった。

でも、ちょっと気になる人はいたりしたんだけど、10歳も年下だし、特に脈ありな感じもないし、めったに会わないので、考えないようにすれば忘れられるかなと思って過ごしていたら、本当にそんな感じになっていった。

で、最近あまり出掛ける気持ちにもならないし、休みの日は家で思うことを書いたりしていた。

そうしたら、大きな発見があった。

私は、小学校4年生の時に、理想の相手に出会っていた。

もう、理想にピッタリだ

・頭がいい(国立大学卒業)
・運動神経抜群(超有名プロ野球チームから、ドラフト外ながらスカウトの話がきた)
・優しい
・人間が出来ている
・ルックスは素朴系
・スタイルは、スポーツマンタイプのソフトなガッチリ系

もう、素晴らしい過ぎる。

新卒の先生だったから、多分13歳ぐらい年上だったのだと思う。
国立大学をストレートで卒業って確か当時紹介されていた。
当時、私は子供だったので、大学を浪人したり、ダブったりする人の方が少ないと思っていた。
ましてや、学校の先生になる人なんて、みんな頭がいいと思っていたので、特にストレートに国立大学を卒業したという事は何とも思っていなかったけど、その先生は、スポーツでもプロから声がかかるくらい素質があり、勉強もできるって本当にすごいよね。

当時の私は、なかなかの暗い子だったし、家庭もちょっと問題あったし、あまりい良い生徒ではなかったと思うけど、本当に優しかったんだよね。

まあ、当時は、10歳と23歳ってすごい大人と子供の関係だよね。
だから恋愛感情とか全然なかったし、こんなにも理想のタイプだったということもまったく気が付いていなかったけど、今思えば、今まで他に出会ったことがないくらい理想の人だったよ。
この年齢になると、13歳差なんて全然あり得るもんね。
もっと早く気が付けばよかったよ(笑)

なんてことを考えたりしていた。
普通に考えれば、先生は結婚して、子供も成人するくらいの年齢になっていてもおかしくないよね。

でも、会ってみたいなあ。
恋愛対象云々ではなくてね。
ただ単純に懐かしい。
お互いに外見は随分変わっているだろうけどね。

そんなこんなで、先生みたいな人なら、今からでも一回りぐらい上の人も有りだなと思った。
知人で、見た目的に親子のような感じの幸せそうなご夫婦がいる。
とても素敵なご夫婦だけど、自分としては有り得ないなあと思っていたけれど、そういうのも有りだと初めて思ったし、ある意味、そこまで年齢が離れていると、父親的な感覚も出てくるだろうし、何だか穏やかに過ごせそうだなあと思った。

まあ、本当は年齢とかではなく人間性だとは思うけど。
私は父を亡くしているけど、その先生はちょっと父に似た温かい雰囲気を持っているような気がするし、そういう人なら、ダメな自分もさらけだせるし、結婚したいなあと思った。

去年の春まで好きだった人とのことを考えると、ちゃんとした自分にならなくては認めてもらえないから、磨かなきゃって思っていたけど、素の今の自分を受け入れてくれる人がいいなあと思うようになった。

そう考えると、仕事先で少し気になっている10歳年下の人は、イケメンだし、勝手に気を遣ってしまいそうだし、やっぱりないなあと思うんだよね。

でも、この間バッタリ社内で会ったんだけど、やっぱり素敵なんだなー(笑)
しかも、七夕に会った。
でも、まあ、あんまり考えないようにしよう。

とりあえず、私にはまだ、恋するモードの機能はしているということだね!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ツヨキ
読者になる
2018年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる