生活に役に立つ口コミの情報を提供しています。

イギリス英語
イギリス英語について。同じ英語でもアメリカで話されるものとイギリスで話されるものとは、発音、表記、単語の違いなど、いろいろな違いがあります。主に英語のお手本となることの多いのはイギリス英語ですが、日本では最近はアメリカ英語の影響のほうが大きいです。映画や音楽なども、アメリカから入ってくるものが多いからかもしれません。英会話学校にいるネイティブの英語教師なんかも、アメリカ出身の人が多いです。

オーストラリアやニュージーランドの英語はイギリス英語の影響が強い英語だと言われています。アメリカとイギリスの、注意するべき単語の違いを少しあげてみたいと思います。

例えば建物の1階というのをアメリカ英語では「first floor」でいいのですが、イギリス英語では2階を意味することになってしまいます。1階は、イギリス英語では「ground floor」と言うのです。
また地下鉄はアメリカ英語では「subway」ですがイギリス英語では「lift」、アパートはアメリカ英語では「apartment」ですが、イギリス英語では「flat」となります。

アメリカ英語とイギリス英語の単語の使い方の違いによって、誤解のもととなってしまうこともありますので、注意が必要です。



 / 英語勉強法 / イギリス英語
   
 Powered by yaplog!