生活に役に立つ口コミの情報を提供しています。

ダイソン dc12
ダイソンdc12について。ダイソンの掃除機は、最近話題を集めています。ダイソンの掃除機には、いくつか種類がありますが、2004年に発売が開始されたダイソンのdc12について説明します。

ダイソンのdc12の中にも、いくつかモデルがあります。性能の違いを色分けしているようですが、本体の色が白や赤のdc12は、モーターの寿命が7〜8年くらいです。掃除機本体の色が黄色や紫のdc12は、内部の異常を感知することが出来て、且つ、モーターの寿命も14〜15年はもつというデジタルモーターを搭載しているそうです。いずれにしても、他の掃除機よりは長持ちします。

ダイソンdc12の特徴として、収納するのに場所をとらないことがあります。かなりコンパクトで、ホースを丸めて収納すれば、A3用紙の大きなになってしまいます。これまでの掃除機が、押入れの中で多くの場所や高さを必要としていたのが嘘のようです。

ダイソンdc12の吸引力は、ものすごく期待しているとちょっと期待はずれかもしれません。床に吸いついて、いかにも吸ってます!という感じは、紙パック方式の掃除機の方があるようです。ダイソンdc12のようなサイクロン方式の掃除機は、力強く一気に吸い上げることはしませんから、掃除機のヘッドを何回も何回も動かすよりは、ゆっくりじっくりかける方が、集塵力が発揮されます。付属として、すきまノズル、T字型ノズル、ブラシノズルの3種類のアタッチメントが付いています。掃除する場所に応じて使い分けができるので便利です。

2007年にdc22シリーズが発売されたときに、販売が終了になったdc12ですが、日本でのダイソン製品の累計販売台数が100万台を突破した記念に、ダイソンのdc12は「dc12プラス タービンヘッド」として、復活することになりました。「dc12プラス タービンヘッド」は、サイクロン方式の吸引力はそのままに、洗浄・交換の必要がないHEPAフィルターなどが特徴の製品となっています。



 / ダイソン / ダイソン dc12
   
 Powered by yaplog!