寒くてもへいきだもん!

December 16 [Sun], 2018, 20:34
寒い日が続いても、朝一番おんもにいくのは、お約束。
元気にしておりますよ。
若いんですね〜

とはいうものの、ちょっとマフマフが育ってきたんじゃない?
もう少しスレンダーの方が、かっこいいと かーさんは思うわけで。



かーさんがちまちましてかまってくれないと、足元でふて寝していたり


ねむいんだ!なでろ!! とやってきたり


さむーーーい!!と、おんもから文字通りに飛び込んできて、かーさんにあっためてもらったり



このまま病気知らずでいてほしいと思うのよ(^^)

お正月飾り

December 16 [Sun], 2018, 20:32
姉宅の小さな飾りが壊れてしまったと。
どうせなら巨大化させました。



ついでにもう一つ作って、実家にも。
自分としては案外気に入っているので、もっと作ってネット販売すればいいのよね〜とは思うのですが(^^;;

氷が張りました。

December 16 [Sun], 2018, 20:12
この冬初めて、氷が張り、シモバシラのかけらがありました。




オタフクナンテンがきれいに紅葉していたので、この間連れてきたハボタンに、玄関先で放りっぱなしになっていたチェッカベリーで、寄せ植えを作りました。


どうやら落ち着いたので、玄関先にでも置きましょうか。

と、何とか動いてはおりまする。
12月ですから、一応少しは片づけたいとちょこっと動いては休み、ちょこっと動いては休み(^^;;

この間は久しぶりに実家に行って、生い茂った雑草枯れ野原の片づけしたり・・・
しかし 実にシダが豊富になったものだ。










東京の片隅に、これだけ自生しているっていうのも、周囲の住宅街を考えると貴重だなぁと思いました。
で、今度行ったら、一株ずつ持ち帰ろうかと(^^;;
SNSで、欲しいとおっしゃる方もいたので、そちらにもおすそ分け〜

で、草むしりしていたら見つけちゃった。
姿を見かけなくなったから、もう枯れてなくなったと思ったシノブが・・・


裏側はこんなですけどね。


そして茂みの中から・・・はぁ〜〜??
これどう見ても、水草のウィローモスじゃない(@@)




水中で繁茂する水草の中には、地上に出ても大丈夫な子は結構いるのですが、地上に出ると形態が変わることもあるんです。
これ 水中のまんまじゃない!
毎日水やりするような家じゃないのに、よくぞ生きていたもんだ。

「いらないから捨てた。もってってもいいよ」(弟)だそうで、もちろん連れて帰りましたとも(^^;;
いや うちでもウィローモスは、水槽内で繁茂していますが、こうけなげだとほっておくわけにはいきません。
ただし、苔扱いでプラケースに入れて水やりするようにしました。

さすがに午後一杯庭仕事すると、2日ほど低調ではありました(爆)
よわっちくなったもんだ。

さて、明日から少し気温が持ち直すそうで・・・
牧草 もう少し種まきしなきゃ、冬場は育ちが悪くて困ります。
スナップエンドウが思ったより育ってしまって、花までつけて、これで寒風吹いたら凍みてしまう。
ミニトマト同様、何とか風よけしなきゃなぁ〜
庭仕事満載なので、どうにか動きたいと思っております〜


そうそう 今年もよっこらしょと重い腰を上げて、どらねこさんに頂いた箱一杯のゆずを加工いたしました。
1200ccくらいのゆず汁と、たっぷりのマーマレードです。
ホット牛乳にすこーしゆず汁を垂らして、とろりとしたのも、おいしいんですよ。

野菜てんこもり

December 05 [Wed], 2018, 0:02
昨日 用があって埼玉方面へ。
目的地を前に、ママちんが「サイボクハムがすぐ近くだ!」と言って、急遽寄ってみました。
結果・・・



だーーって、地元農家さんの持ち込みが、種類は多いは、お値段安いはで、ママちんともどもテンションマックス!!
野沢菜だってあるんです。炒めても柔らかいのよね〜
のらぼう菜やカブのきれいなこと!
でも こうして並べると、食べきれるのか?と、ちょっと反省。
これでも白菜や大根など、姉のところと半分こしたのですけどね〜

もっともサイボクハムって、養豚のテーマパークなので、本来は豚肉製品が有名なのですけどね。
やはり肉より野菜の方が、テンション上がる母娘でした。

で、ガーデンセンターで、よせばいいのに、つい・・・


いつ植えだすか、見ものです(^^;;

中央連絡道を使うと、1時間半で行けます。
国バラも、このコースの方が早い。
狭山のPAをのぞいたら、さすが狭山茶の産地で、つい買ってしまいました。
で、ご飯食べてきたのに、つい茶そばを。
二人で1300円でおつりがくるって、今までで一番安い!!
お蕎麦だけなら、480円です(@@)

パピヨンじゃなくて・・・

December 04 [Tue], 2018, 23:28
昨年来パピヨンのつるし飾りのオーダーを頂いておりましたが、今回はスタプー(@@)
一瞬 頭の中パニくりましたが、とある素材を見つけて、「これでいけんじゃね?」(爆)

はい スタンダードプードルです。
白で良かったぁ。 たまたま見つけた素材が、白だけだったのですよ。


しっぽの違いもあったりして


気分は、プチトリマーです(^^;;
どうかなぁと心配でしたが、飼い主さんが似ているとおっしゃってくださって、ほっといたしました。





これでよければ、ビション・フリーゼもいけるんじゃないか? とか、余計なことを考えたかーさんでした。

むぎの畑

December 02 [Sun], 2018, 22:32
先週の金曜日は、山口先生のところへ健診に。

おんも だれかとおらないかなぁ〜


きち先生のところは見えないのですが、山口先生のところはおんもが見えるので、見せていればおとなしい(笑)

だんだんとむぎの畑が増えています。
ワイルドストロベリーとタンポポは、もうあちこちに出てくるままにしています。
夏前から農薬系はやっていないので、どこでも大丈夫でしょう。

最近 牧草が気に入っているようで、カーさんとしてはうれしいけれど、これから成長が遅くなるので、ますます畑を増やさないと。

メインプランター(大根葉、イタリアンパセリ、ブッシュバジル、葉レタス等)


ソルゴー、イタリアンライグラス、チモシー、アルファルファ


奥が牧草類とブッシュバジル 手前が葉レタスと大根葉種まきとワイルドストロベリー。


ちっちゃい芽は、イタリアンセロリ でたぁ〜♪ やっと本葉一枚(笑)


セリ箱 もう一つある もっと増やす!


他にもトマト鉢に春菊があったのですが、むぎ いらないっていうので、収穫して人間が食べて、そのあと大根葉撒きました。
スチロール箱がまだあるので、もっと牧草種まきしたい。
トマト 何かで覆わないとダメかなぁ〜??





この子ね ある日突然現れて頭をひねったのですが、うっすらとプチトマトを一つ置いた記憶が・・・(爆)
案外トマトって、こぼれ種的に生えるんですよね。
おいしいトマトがあったら、実をつぶして埋めとくといいかもです。
ただ最近はF1が多いから、親と同じものができるかは???ですけどね。

ゆず工場は、どうした?

December 02 [Sun], 2018, 22:08
えーーーっとですね。
今日も一日、山のようになったリビングの片づけで終わっちまいました(−−)
どんだけちまちまでひっ散らかしたんだか。
ちょこっとした布や部品を、残り物次から次へとそこらへんに置いておくものだから、分類して元に戻すのに時間がかかります。
ついでに、一粒ビーズがあっても戻し、1cm角つまみ用布があっても戻し・・・捨てちゃった方がはやくね?と思うのですが、たった一粒のビーズがなくて、雛人形の冠が出来ないってことも経験済みで・・・
でもさすがに、中途半端にできたものや、薄汚れた布破片は捨てましたけど。

若い時ほど体が機敏に動かない。
ついでに頭も動かないから、一粒のビーズを手に「あれ?ビーズ入れどこ?」なんてこともやってまして(笑)
いやー はかがいかないったら、ありゃしません。
遅々として進まぬ作業にうんざりし始めるのですが、「いやいや 動いていればいつかは」と言い聞かせて、夕方まで頑張っておりました。
しかし 数か月分の散らかりを、整然と戻すにはまだ時間がかかる。
病気でも、かかった日数の倍以上治るのにかかるものですが、それと同じ現象がここでも。
毎日ちゃんと片付けていれば・・・・・・と、無駄な嘆き。

ものが多いのも原因ですね。
人形だと、布各種とスチロール球と各種糸類
アクセサリーだと、部品やパーツや天然石だのワイヤーーだの。
なのにレジンの材料もあったりして。
もっと対象を絞れよ! 自分。
さすがに最近は、友禅和紙などの和紙系ハンドメイドはやめまして、頼まれたらあるものでつくるようにしておりますが。
一部屋作業部屋が欲しい。 完成品用棚が欲しい。
さて、どこをどうすればできるのでしょうか?

だいぶ前に、むぎの外囲いでツマグロがさなぎになっているのを見つけたのですが、今朝見たら男の子が羽化しちゃってました(−−)


よりによって本日曇天。 気温が上がらないと、飛べないし、第一生きていかれるのだろうか・・・
見つけた時に、何とか日陰に移しておけばよかったなぁ。

庭ではまだぽつぽつとあれこれが咲いています。




アシズリノジギク まだ咲くつもりじゃないみたい(−−)
総じて小菊類が、全く見えない。開店準備中のまま。



さて、明日はお出かけ予定。
もう少し、片づけますか・・・

12月になっちゃった!

December 01 [Sat], 2018, 22:39
あっという間に12月ですね〜
春とか 夏とか 秋とか どこに行っちゃったのでしょうね?

ここ数日 暖かい横浜です。
今日は風まで暖かく、むぎもこんな感じ(^^)



これなんか 在りし日のユキの「いきだおれ〜」って感じですね(^^;;


お日様が当たって、ぽかぽかになっていましたよ。

かーさんは 本当はゆず工場を開くつもりだったのですが、洗濯物を片付けているうちに、衣替えになっちゃって(今頃!)、そのあとはアクセサリーパーツの片づけになってしまったのでした。
あしたこそ! ゆず工場をするぞ〜!!!

今年4回目のマダムヴァンホーテ 風に吹かれてゆらゆらと気持ちよさそうです♪




五月ちび人形

November 24 [Sat], 2018, 23:16
今週はドタバタだったなぁ。
水曜に納品に行って、木曜は死にながら五月人形作ったのだけれど、なんか目が予定より大きくできちゃったので、作り直し(−−)
大きい目もいいけれど、なんとなくしっくりいかなかったのよ。
この子も 来年初節句のお子さんのところへ行くから、やはり手は抜けない。

今朝は5:20に起きて、6:30にママちんと出発。
午前中 ママちんのイベント手伝いに国際展示場へ。
設営して、さて どうしましょ。
お店番する時は、スマホで遊んでいるのだけど、眼鏡もスマホも忘れたかーさん(あーーーあ またよ!)
ママちんの使い残しのワイヤーで遊んでいるうちに、思ったより早くママちんが戻ってきたので、そっこー撤収。
帰りに横浜のダイソーで買い物して、鶏肉買って帰宅。
昨日 ひよこ家と姉宅に魚を配ったので、今回は見事完売しました。わーーーい!!

昼過ぎから、ウサギ作り直し。
ご希望は赤い目。 そのまま使うとまっかっかの目になるので、黒字の上に赤を重ねて落ち着いた色合いに。


写メを送ったら喜んでくださったので、荷造り。
差し上げる用に、ウサギ柄の友禅和紙で包みを作り、茶色の手提げ袋しかないので麻の葉とツルのハンコで飾ったのを同送。
明日発送、月曜着です。

さて、これでひと段落・・・するはずだったのですが、数日前にご相談がありまして、試作に入ります〜
ありがたいと言えばありがたいのですが、これが出来てしまうと、もうなんでもありかな〜とか思ったりもします(^^;;
トリマー遊びができるかもしれない。

今年柑橘類が実をつけなかったのは、根詰まりのせいなので、盛大に植え替えしなきゃならないのですが、いったいいつ庭仕事ができるやら。
ちまちまのめどが立ったら、むぎの畑も増産しなきゃだし。
勝手に生えてきたトマトも、霜が降りる前に養生しなくてはなりません。
庭も冬支度して、バラの消毒もしなきゃね〜
レジンもやらなきゃいけないし・・・
そんなこと言っているうちに、あっという間にクリスマスと暮れ正月だわ〜

あ 年賀状(−−)・・・・・・・・・

かまってほしいのさ

November 22 [Thu], 2018, 23:28
昨日は、レンタルボックス納品のため柴又へ。やはり遠いです〜
そして夜中に、4回もベッド急襲した息子。
かーさん ちょい寝不足だわよ。

なのに、今日もかまってかまってが昼過ぎまで続きます。


さすがにお外が寒くなったのか、ここ数日室内にいることがふえました。
そうなると かまってちゃんになるのかな?
オーダー作らなきゃならないので、ねんねの部屋にほうりこんだのですが、すぐに出てきちゃった(^^;;

かまってちゃんになるくらいなら、おんもの工事再開しなさいよ。
おとといの工事中継
ピンクのトンネルさんの工事も畑耕すのも放り出して、新規事業にいそしんでおりました。


夜中何度も起されて、さすがに3時になったらこちらが眠くなりました。
ちょっとうたたね〜  と思ったら、4時過ぎにママちんがお客さん連れて早帰りしてきました。




ありがたいけど・・・ありがたいけど・・・ハァ〜〜〜
イナダ3本 中味2本 小アジ21本
ええ せっかくの命を頂いたのですから、頑張りましたとも!

小アジは、明日南蛮漬けにします。


イナダ どうしようかしらねぇ。
この間 塩したのが、まだ冷凍庫にあるのよ。


中アジは、アジフライに。


明日 ひよこ家にくばってこようかな〜

お魚さんと苦闘したので、昨日届いた芋がら剥きは明日だなぁ。
傷まないといいけど・・・

イベント終了 むぎは甘えっこ

November 19 [Mon], 2018, 20:20
2週連続のイベントが終了しました。
やれやれ・・・ 来年はどうしようかなぁ〜
だんだんと、しんどくなってきたのでね。

今回びっくりこは、おとーさんとむぎ。
どうやらお留守番の間も、リビングでTVをみながら、むぎがおんもに出られるようにしていたようです。
時々 むぎも撫でられたりして、先代たちとはちょっと違うみたい。
良かったね〜(^^)

それでも・・・
今朝はいつも通りに、トイレの後おんもに飛び出して


あーーあ カーさんがいない間に、土があんなに外に(−−)
まぁ 一生懸命畑をたがやしたのね♪

そして、かーさんが荷ほどきして整理始めたら、「ぼくもてんけんする!」って。








ようやく片付けも終わって、ちょっとPCに向かったら、今度はかまえと。
最近は一人遊びができるようになって、朝から膝に乗ってくるということはなかったのですが(^^;;
飛び乗って かーさんバリバリして


手をナメナメして・・・


はいはい いい子でお留守番していたから、気のすむませお付き合いしましょう。


イベントでは、多くのウサギさんたちに会いましたし、中にはとってもかわいらしい子もいたのですが、やはりうちの子が一番ですね(^^)

ちょろぎ 帰りました。

November 09 [Fri], 2018, 23:32
朝一番 ママちんと葬儀屋さんへ。
二人で見送り、連れて帰りました。
帰宅途中の車の中で、ツボを持ち上げて、お外を見せました。
車に乗ると、いつもフロントガラス越しに、お外を見るのが好きでした。





おんもを見ている姿が浮かんできて、やはり涙がこぼれます。

もうどこもいかないね!
ずーーっと一緒だよ。

これでおしまい。すっきり!!

November 07 [Wed], 2018, 21:43
夜 ホームドクターに報告がてら、お話ししに行きました。

(アレンママ ありがとうね♪)



受傷からの経過を話して、状態を話して、こちらが予想していることや、まだ??と思っていたことをお話ししました。

動物の場合、実際には受傷してから日にちが立って治療というのは、良くある話。
開放骨折じゃなく、外保定していたなら、骨折自体は問題がないと。
一度オペして、うまくいかなくて再オペ、あるいは断脚ということもあるくらい。
ちょろはオペまで、結構立ったり、下手をすればケージを登ったりしていたと言ったら、「ああ 結構動いていたんですね」と、問題はなさそう。
血栓が飛んだ、ストレス性ショック それもないとは言えないけれど・・・

あくまでも予想としてだけど、もう一つ 敗血症というのも考えられる。
オペで細菌感染した。(もちろん当然滅菌していますが、無菌室でオペしているわけじゃないですからね)
通常はそれを見越して、抗生物質などを投与する。
ところが、たまに抗生物質が効かないことがある。
特に抵抗力がとても落ちていると、問題になる。
血管中で細菌が増殖し、細菌が作り出した毒素(エンドトキシン)によってショックを起こす。

ここからは、先生の話から、WiKiで調べたこと。

起炎菌が大腸菌などのグラム陰性菌であると、菌の産生した内毒素(エンドトキシン)によってエンドトキシンショックが引き起こされる。また代謝性アシドーシスと呼吸性アルカローシスの混合性酸塩基平衡異常をきたす。敗血症性ショック症状を起こすと患者の25%は死亡する。
敗血症の徴候であるshaking chill(悪寒戦慄)、呼吸数>30回/分、酸素飽和度の低下、ABGでの代謝性アシドーシス、乏尿、意識レベルの変化(大抵は低下)を危険な熱の特徴(severe high fever)という。


症状として呼吸切迫、血圧低下、意識の低下
まさに そのまんまです。
月曜のお話で、「抗生物質の投与」というのは、獣医師も「それが頭の隅にあったからじゃないか」と、先生はおっしゃる。
加えて、調べたところの症状の一つの「乏尿」。
確か「利尿剤も投与しました」と言っていたのは、これか!
つまり 敗血症も視野に入れて、対処しようとしていた。

ウサギなどでも、これは必ず出る話で、こちらも知らないわけじゃない。
最初の頃に、きち先生に代謝性アシドーシスの危険性を、教えらえているのです。
食べないことによる、ケトアシドーシスはうさぎあるある。

人間ならいざ知らず、ウサギより小さいチンチラじゃ、敗血症の死亡率はほとんど100%に近いんじゃないかな?
全くの無菌でオペなんて不可能なんだから。
機材や室内や人間を除菌しても、本人自体が無菌というわけじゃない。
いつもそばにあるリスク、というわけです。
たまたま ちょろは、それにあたってしまった。
そういうことだと思います。

ちょろを見ていてくださった先生方も、適切な処置をなさっていた。
そのあたりは、沢山のエキゾチックを見ていた経験が違いますもの。
問題は、こちらのコミュニケーション不足。
どんな飼い主かわからなけりゃ、私だって一歩引いてしまいます。
困ったときだけお願いしているのですから、なおさらです。
これが普段も健診して、先生方とお話ししていたら、また全然違ったと思います。
それに二度も同じことをして、お手を煩わせているんですから(−−)
そこは 大いに反省!!です。
本当によくやってくださったなぁと、あたらめて思います。
その結果がこれですから、飼い主以上につらかったかもしれません。
ちょろを見てくださった先生方、本当に気になさらないでくださいね。
精一杯のことをしてくださったのですから。



ということで、手前勝手ながら かーさんすっきりしましたので、ちょろの件は一件落着ということにします。
やっぱり 話に行って、本当に良かった。
どうあっても、腑に落ちないという気持ちが、心の隅に澱のようにあったのですよ。

先生に「外科もやってくださいね〜」とお願いしたら
「この間 良いプレート(骨折に使う)見つけたんですよね〜 チタンの♪」というので、非常に積極的に取り組んでいらっしゃるみたいです。
でも 外科もやるとなると資材も機材も必要。
ほぼ人間と同じものを使うから、とてもお金がかかる。
その上、チンチラなんて患者数も少ないから、なかなか経験数を稼げない。
いくらやりたくとも、一朝一夕にできることじゃないですね(^^;;


ママちんのお供え花

院長先生と話しました。

November 06 [Tue], 2018, 22:11
夕方 お花をいただいたお礼かたがた病院に電話し、「院長とお話ししたいので空いている時間を教えてください」とお願いしたら、再度5時ごろにという話。
時間を待っていたら、すぐに院長からお電話をいただきました。
結果としては、話せてよかったです。
やっとひと段落ついた気がします。


院長出張中も、入院患者の報告は受けていて、日曜も納得の状態だったようです。
昨日の朝の連絡も受けて、病院に出てから勤務医の先生と話したそうです。
でも 正直 確定的なことは、なんとも言えないと。

そうですよね。
剖検もしていないし、状態を自分で見ていませんものね。
剖検は、我が家では普通で、それがあって初めて次の一歩が踏み出せるとも、お話ししました。
ほとんどの場合、単に開けてみただけでは、はっきりと分からないことが多いです。
でもやってみて、ユキの時のようにわかる時もある。
また、問題の臓器を見て、治療があっていたのかどうかもわかる。
最後まで頑張っていたんだね〜と、あきらめがつくこともある。
飼育の仕方の答え合わせになることも。
だから 無駄な剖検というのは、決してないのです。
友人曰くの「その子の最後の言葉」を、しっかりくみ取ってあげなくてはいけない。

ただ 勤務医の先生が、院長不在の時に勝手に依頼を受けていいか?という問題もあると、友人に言われて、なるほどなぁ。そりゃそうだ。と納得です。
山口先生という第3者に剖検してもらう、というのもありまして、それは頭に入れとこう。
今回はちょろ自体が、すでに葬儀社に行ってしまっているので、無理か〜
それに腸内発酵する草食動物は、死後すぐに腸内異常発酵を始めるので、剖検するならおなかをしっかり冷やして、なるべく早くはじめなくてはなりませんから。
(一応ママちんに提案しましたが、もういいよとのこと。)

自然界なら、助からない命です。
それを人間が手を入れることにより、つなげていくことに、無理もあります。
ウサギでもなんでも、被捕食動物は弱ったら終わりの命です。
それをしのいで生き抜くシステムは、本来持っていないと思っていい。
だから うさぎの骨折の治りは、非常に遅い。もともとは、治らなくていいわけですから。
それを 年々獣医学でカバーしているのです。

一応 友人指摘の「術後の血栓が飛んだ」というのも、オペと違った環境とカラーとのストレス性ショックというのも、先生には提示してみました。
ママちんも一晩中 あれこれ調べていたようです。自分なりに納得するために。
全麻の危険性は、術後48時間。 ちょうど それぎりぎりだったんじゃないかと。
それもお伝えしました。

今回は外科手術。 患部の血管をつなぐような術式はしていないけれど、骨折部位からの多少の出血はあるだろう。
それが血栓となって、血流にのり、脳幹で詰まる。これはあり得ると思う。
実際に、母は弁膜症由来の血栓が脳へ流れて詰まって、亡くなりましたから。

環境変化や体調不良のストレスに、非常に敏感な子がいるのもウサギやチンチラ。
「受傷後オペまで6日間もケージレストで痛みもあった+オペ+エリザベスカラー+知らないところ知らない人たち」=ストレス性ショックを誘発という図式もある。

先生は、それらも「否定はできない」けど、「腹腔内オペといった内臓に侵襲があるオペではなかった。術後の経過も、予想内の範囲だった。 (通常なら普通に回復する予定)なので、こういったケースは、本当にまれなこと」と考えておられるようです。
それで いいです。
院長の見解が知りたかったのです。
こういう転帰を迎えたのも、逃れられないものだったのだと理解します。

ただ ママちんは、「もしも次こういうことがあって、オペまで日にちを待つようなことがあるなら、すぐにできる先生を探す。もちろん骨折させないことが、一番だけど」と言っていました。
そりゃ かーさんも そう思うよ。
いかにストレスを軽減するかが、エキゾチックアニマルの原則ですから。
そのためにも、山口先生にはもっともっと勉強していただきましょう(笑)
あと友人が教えてくれた「死んだ直後の全身のレントゲン撮影」というのも、頭に入れておきましょう。

ともあれ、直接院長とお話しできて、心のつかえがとれました。
飼い主のアフターフォローが、何よりも大事なんですよ〜




ママちんは・・・・・・
大丈夫です! 次の一歩を踏み出しています。
さすが なまじ今までウサギたちと一緒に暮らしていません。
それに、その前の鳥の楽園時代も、頑張っていましたからね。
まぁ ちょろのいないケージをみるのがつらいというのが、次の一歩を踏み出させている気もしますが(^^;;

昨晩は、おとーさんも「おかしいじゃないか!」と言っていて、再度お迎えした方がいいと思っているようです。
珍しいことだと思いましたが、そういえば ちょろはおとーさんもかまってあげてたなぁと(^^;;
人間よりはるかに小さな生き物ですが、人の心を和ませる力は、大きいもののようです。


涙雨か、今日も雨が降っています。
なのに、坊ちゃまはここ。
いい加減 ねんねの部屋に行って、温まってらっしゃい!

ちょろぎが旅立ちました(TT)

November 05 [Mon], 2018, 15:03
今朝9時過ぎに病院から電話。
朝になったら、ぐったりしていたと。
幸いママちんがいたので、車ですっ飛んでいきましたが・・・・・・
院長は不在の午前中。 ほかの先生が立ち会ってくださいました。

11:25 ちょろぎが卒業してしまいました。
















出会いは、本当のご縁でした。
娘を選んで、来てくれた王子でした。
こんなに早く別れるとは、考えたこともありませんでした。
一度も噛みつきもせず、本当に人間に寄り添う子でした。
ママちんの気持ちを考えると、言葉もありません。

昨日までは少しでも食べていたと。
今朝見たらこうだったと。
酸素を入れていましたが、ぐったりとして完全に呼吸が荒かったのです。
今日のレントゲンも見せていただきました。何度も見直しました。
でも 肺の炎症もなく、おなかにガスがたまっていることもなく。
どこを見ても、きれいなレントゲンでした。
今日の補液の内容も確認しました。
血液検査は、さすがにできないと。
声をかけると反応しましたから、意識はあったのでしょう。
徐々に呼吸が荒くなり・・・・・・

呼吸が止まってから、注射や心マッサージなどをしていましたが、正直しなくていいのにと思っていました。
犬猫ならともかく、エキゾチックにそれをしても、取り戻すのは万に一つもないでしょう。
病院としての姿勢を見せる、飼い主さんが「ここまでやったのだから」と思うための処置です。
正直 無駄なことだとみていました。
きち先生や山口先生なら、しなかっただろうな。

それより剖検をしてほしかった。
でも「どんどん状況(体内の)が変わるし、あれこれ注射していますから」と。
そんなことは、十分に分かっています。
でも、剖検は答え合わせです。
そこで何かわかれば、次に生かすこともできるのです。
でも、先生が賛同しないなら仕方ないし、ままちんも「もういい」と言ったので、連れて帰りました。

ちょろ ごめんね(涙)
ばぁばが、もっとちゃんと見ていれば、こんなことにはならなかった。
どんなに謝っても、取り返すことはできません。
もっともっと長い命だったのに、本当にごめんね。

いつもの葬儀屋さんに連絡しました。
一晩お家で過ごしたら、明日連れに来てもらいます。
ママちんの都合で、金曜まであちらでお留守番していてね。
金曜午前中に、立ち合いで火葬いたします。
2018年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お空の庭

ユキ娘(シジミと同腹)

2003/8/15生まれ

頭の中お花畑の天然娘。

ウサギの楽しさ賢さを教えて
くれた神様のお遣い。

ヤンチャが過ぎてお空に。

2007/9/27 4歳1か月でお空へ

死因:胃破裂



こゆき娘

2007/10/20生まれ

おにーちゃん大好き
押しかけ女房。

小悪魔的童顔かわいこ娘。

食欲魔人。

2014/12/5 7歳1か月でお空へ

死因:膀胱炎由来のエネルギー切れ



シジミ息子

2003/8/15生まれ

抱っこ大好き
一緒にねんねの愛息子

ブルーベリー大好きの

バナナフェチ

2015/11/13 12歳2カ月28日でお空へ

死因:老衰



りん娘

2014/2月にちゅんちき家に保護された子 推定4.5歳

生きる!という意思を
最後まで貫いたツンデレ娘

タンポポ大好き

クローバーもおいしいのよ♪

2017/1/28 6歳でお空へ

死因:腎不全

最新コメント
アイコン画像チーママ
» 寒くてもへいきだもん! (2018年12月17日)
アイコン画像momo
» 寒くてもへいきだもん! (2018年12月17日)
アイコン画像うさこの母
» 寒くてもへいきだもん! (2018年12月17日)
アイコン画像チーママ
» むぎの畑 (2018年12月04日)
アイコン画像青ゆめのママ
» むぎの畑 (2018年12月04日)
アイコン画像チーママ
» 12月になっちゃった! (2018年12月02日)
アイコン画像うさこの母
» 12月になっちゃった! (2018年12月02日)
アイコン画像チーママ
» 五月ちび人形 (2018年11月25日)
アイコン画像うさこの母
» 五月ちび人形 (2018年11月25日)
アイコン画像チーママ
» イベント終了 むぎは甘えっこ (2018年11月20日)
みんなで「苗木」を植えませんか?
DVD買取のもったいない本舗
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:チーママ
読者になる
座右の銘? 何があっても明日もお陽様は昇るし、子供達はおベント持って学校に行く。(だからお気楽脳天気) 最後の時に「ああ、よく歩いた♪」って思えれば、人生それで良し!
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

ガーデニングヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!ガーデニングヤプニティ
https://yaplog.jp/usausaz/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる