2004年11月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uryuudou
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
Main | すきなんやもん »
ザ・プラン9 / 2004年11月27日(土)
金曜日はプランの日も今週でお終い。
最後は、灘儀さんと久馬さんでした。
ストーリーは4回とも同じでしたが、最初と2回目はだいたい大体台本通りだったんじゃないかな。3回目の鈴木さんあたりから脇道にそれすぎないぐらいのアドリブをいれながらやっていたように思います。
灘儀さんの場合は、台詞の量が他のみなさんに比べて少なかった気がします。
4回おなじものをみたから言えるのは、久馬さんが相手のノセドコロを熟知なさっているということ。同じスーツ姿の役だから、服装ではないそれぞれの個性がちゃんとみれたこと。灘儀さんは最初からシナリオと違うことをされていて、もうこっから先ちゃんと前に進んでいくのか?わくわくさせられました。
ほんっと 灘儀さんらしいっす。

イレギュラーな飛び出しは
1回目のとなりの隣の住人は2人のOL
2回目のとなりの隣の住人は壊れた2人
3回目のとなりの隣の住人はカラオケ好きな夫婦
4回目のとなりの隣の住人は弟子入り志願とマネージャーと演歌?歌手
で、4回目はプラン総出演でした。ゴエゴエサンバ?はマツケンサンバほどの華やかさもキレのいい腰もなかったけど、楽しめました。
お笑いっていいですね♪
来月は本公演だ!

 
Posted at 22:48 / お笑い / この記事のURL
ザ・プラン9 / 2004年11月22日(月)
金曜日はプランの日。
3回目は久馬さんと鈴木さんで。
いままでの3回の中で一番アドリブが効いていたんじゃないかな
どんどん砕けていくような感じです。
もちろん、大筋はまったく変わっていなくて最後のオチも変わるはずなく進んでいます。
ウケたのは、「鍵あける」と言う名前や「ニットの車」よくその場で思いつくもんだ
口から生まれたように次々と飛び出してくる言葉は、頭の回転がよくないと的外れのものになり、誰も楽しませない。

ポンッ!と膝を打つような笑いに包まれながらウメダ花月を去りました。
さて、来週は灘儀さん。彼は言葉でなく動きで笑いをとるタイプ。
体も鍛えまくりです。1時間30分ずっと動きまくりなんでしょうか。期待してますぜ

 
Posted at 03:07 / お笑い / この記事のURL
ザ・プラン9 / 2004年11月14日(日)
金曜日はうめだプレミアでプラン9を観てきた。メンツは先週と同じく久馬さんと今回は浅越ゴエさんの2人プラス覚王山さんとメンバー2人。

先にあやまっておきます。。。。プランのお二人ごめんなさい。
眠ってしまいました。。。。!!  それも前2列目の真中で眠るなんて
プラン好きとは言えません。

まず、観た部分の内容でいえば
台詞回しがほとんど同じで、ヤナギブソンさんの方が台本通りに進んだ感じはしました
ゴエさんはもう少し余裕があると言うか 脱線させようとしてたみたい。
衣装が同じようなスーツ姿だったのが少し残念。
久馬さんは鍵を開けにくる方なので衣装が変わると不自然だけど
相手役の方は、背広でなくてもいいんじゃないかな
というか、前回が背広だったので今回は変えてくるか思っていました。

おなじ演目をなぞりながらそれでも違う個性を出すっていうのはかなり大変そうです。
台本を書き始め誰が演じるか決まっていくあたりから
その演者のキャラにあわせた台詞まわしになっていくと思っているので
今回は大筋はきちんと決められていて、相手が久馬さんの台詞がはまるように考えていくのかおもっていたので少し残念でした。

あと2週、 次はどうなるのでしょうか・・・
期待しています。

 
Posted at 00:53 / お笑い / この記事のURL
四次元ナイフ / 2004年11月10日(水)
ヨシモトには四次元ナイフというコンビがいる。
メガネを掛け坊主頭の男性が(名前わからず)職場の男性にそっくりで
ウメダ花月のスタンダードで出てくると、いの一番がこれで受けてしまう。
風貌が似ているだけでなく、振り返りざまに笑ったときに少しあがる上唇の形までそっくりでこれだけで受けてしまう。

ネタ的には、めちゃイケのときと、ざんねーん、の極端から極端。

てっか、素人さんにダメだしされてもイヤやわなぁ
スタンダードで見つけるとちょっぴりタコ焼きに青ノリが多かったような嬉しさは感じてます。

 
Posted at 00:21 / お笑い / この記事のURL
金曜日はぷらんの日 / 2004年11月06日(土)
きょう見てきたのは、久馬Plutoでした。
ザ・プラン9は5人のメンバーで構成されたユニットで
今回は久馬さんと他のメンバー1人がお芝居をします。
もちろん、そこはヨシモトやから笑い満載です。
席はC列。全身が見えまくりの席で大笑いをしながら楽しんできました。

今回の設定は、マンションの部屋の鍵を職場に忘れた男性(ヤナギブソンさん)と鍵の110番の男性(お〜い!久馬さん)が扉の前で鍵をあけるまでの四苦八苦を描いていました。
いつま経っても開かない扉とそれに苛立ちを隠せないヤナギブソンに出てくるのは宍戸錠の写真だったり、勝負草履やったりボケと突っ込みまみれでした。

笑いってすんごくエンドルフィンが出ていそう。
お笑い道の研究にも一買っておりまする。
ここで学んだ成果は、職場でいかさなくちゃ
来週も楽しみです。

 
Posted at 00:04 / お笑い / この記事のURL

 
Global Media Online INC.