2005年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uryuudou
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« 下妻物語 | Main | 「ビフォアサンセット」をみたら »
イノセンス / 2005年02月13日(日)

甲殻機動隊劇場版の続編

肉体や脳を改造することによって他者の介入を余儀無くされる近未来。
脳へのハッキングにより刷り込まれた記憶が消えることはない。人間のエゴによって作られた付加を持つアンドロイド。

人は何を切り捨て、何処へと向おうとしているのか。
不可能を可能にする挑戦が人を進化させるというのなら、そこにゴースト(心)のはいる余地はあるのだろうか

一番の相棒、少佐を失ったバトーはどこかしら精彩にかけている。少佐とのつながりによって生きがいを見い出していたようにも思える。

涙を流せば人間なのか
心を痛めれば人間なのか
では、ゴーストを刷り込まれたアンドロイドは人間ではないという言葉は人間の自己防衛でしかないのかもしれない。

95年に劇場版があり9年間の技術の進歩に目をみはるものがある。こうして、想像以上の加速で世界は変わっているようだ。

Posted at 23:59 / ネコロビシネマ / この記事のURL
この記事のURL
https://yaplog.jp/uryuudou/archive/29
   
Global Media Online INC.