インプラント埋入手術は局所麻酔がほとん

February 21 [Tue], 2017, 17:08
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
どこの歯科医の手術でも、痛くて我慢できないことはまずありません。

切り開くあごを真ん中に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。


手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長くつづくことはあまりありません。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れや痛みが収まらない場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすのが無難です。

普段よりも静かに過ごすようにして日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。
運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておけばベターです。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であっ立としてもどうしても院内感染のリスクは伴います。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかちゃんとしることがキーポイントの一つです。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をサイト上で公開している歯科医院も確実に増加していますので、まずはそこを見て頂戴。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。



仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヵ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。



インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配かもしれません。

実は、かかる費用は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。それでも、相場はあると言えます。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があったらインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうかしる必要があります。

とりりゆう、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。混同されることの多いインプラントと差し歯。



何が違うのでしょうか。決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。


差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。
それに対して、インプラントというのは、インプラント体等と呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
差し歯とくらべて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特質ということになります。



成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておいてください。すべての患者に関わるのは、高額な費用です。


高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟して頂戴。



加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないで頂戴。障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけて頂戴。



インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。しかし、インプラントを入れ立ところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎の症状かもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため至急歯科医にかからなければなりません。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみて頂戴。相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、治療を始める前に費用の見積もりを出して貰い、できるだけ何カ所か比較した後、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。ここで重視すべきなのはインプラント治療経験者のクチコミになります。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いが出来るところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯ではうまく噛めないなどで必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

入れ歯にくらべ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。



顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、すべてが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。インプラント治療は、まず何が大切かというと、自分に合った歯科医と歯科医院を捜すことです。この治療には、専門的な判断と技術を要することがある為とにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。



また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、持ちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。



出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。



これらのどこかに当てはまる方は治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。


人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫っ立ところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢して頂戴。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みがつづいていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、その原因を究明し、対応することがもとめられます。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらって頂戴。インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えて頂戴。
見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければもしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。



沿うだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ維持できなくなる異常も起こりうると考えなければなりません。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスをおこなえるかどうかや、担当医の技量によっても変わるようです。
当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、人工歯が役にたたないどころか、インプラントの寿命も左右されてしまうのです。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は見過ごしてはならないレベルです。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかり繋がることがその後の治療に関わる重要な問題です。
周辺組織を回復指せるために、ニコチンも一酸化炭素も悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではつらくても禁煙するのが正解です。
コメントする
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:杏莉
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる