『一月往ぬる 二月逃げる 三月去る』

March 27 [Fri], 2015, 15:03

3月も、あと数日で終わりですね。

ついこの間、新年を迎えたばかりのような気がするのですが。
バタバタと忙しくしているうちに、1〜3月があっという間に過ぎてしまった…と、毎年のように感じます。


そんな3月末のこの時期。
昔、お世話になっていた番組でメイン司会をされていた方が、番組の冒頭におっしゃっていた言葉を想い出します。


一月往ぬる 二月逃げる 三月去る

いちげつ いぬる にげつ にげる さんげつ さる


一月はいく (行く)
二月はにげる (逃げる)
三月はさる (去る)

と、1〜3月があっという間に過ぎ去っていく、そんな気持ちを表現した言葉。

デジタル大辞泉にも、この言葉の解説が載っていました。


この言葉通り、私の2015年の1、2、3月は逃げ去った〜と思うくらい早かったです。


月日の経つのが早いことをたとえた
光陰矢の如し

時は貴重ではるから無駄に過ごしてはならないという
時は金なり

こういった言葉も同時に頭に浮かびます。



時間は限られているのに、やりたいことが山のよう。

この瞬間、瞬間を大切にしよう!
という気になります。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
いつも応援クリックありがとうございます。

今日の話は、私の書いている2つのブログのどちらに載せようか迷ったので、両方に同じ話題を載せることにしました。

プロに学ぶ目標設定の仕方と自分の価値観を知る方法

January 05 [Sun], 2014, 22:11

さて、掲げた目標が
本当に自分が達成したいと思っていることなのか?

それを明確にするために参考にしたのが
ミリオンセラーとなった「鏡の法則」でもおなじみの
野口嘉則コーチが2005年に公式ブログに書かれていた
こちらの記事。
「自分の価値観を知る方法とは?」


この記事で、野口コーチは
「自分の価値観に基づいた目標」を設定することが
非常に大切なことということで
8項目+1の自分の価値観を探るための質問を
紹介されています。

私も、この合計9つの質問の答えを書き上げて
掲げた目標が本当に自分が達成したいと思っている事柄なのか
ということを再確認しました。

野口コーチが
+1の質問をされた理由が
その翌日の記事「今ここに生きるための質問」
に書かれています。


質問に答えてみると
自分が大切に思っていることが
はっきりと見えてくるものですね。



こうして、今年の目標を掲げる上で参考にした
プロの目標設定の仕方。

自分自身を知る上でもいい機会になりました。



プロに学ぶ目標設定の仕方と私の苦い経験

January 04 [Sat], 2014, 21:36

今年の元旦に一年の目標を設定して
すでに行動に移していらっしゃる方も多いでしょうね。

私も毎年元旦には
今年一年で実現させたいことを書き出して
目標設定するようにしています。


その目標設定する上で私が参考にしたのが
プロのメンタルコーチが
ブログに書かれていた方法。


ブログ「美人になる方法」や
ベストセラー本の著者の
ワタナベ薫コーチの目標設定の仕方です。


2012年9月の記事
「夢叶う目標設定の仕方」
2013年2月に書かれた記事
「本当にその目標設定でいいですか?」

これらの記事に
目標設定をする上で重要なことが
分かりやすく説明されています。


私が大切だと感じたことは
目標を設定する際は
達成した時のその情景を鮮明にイメージできるような
具体的な目標を掲げること。

そして
なぜそれを達成したいのか?という
目的を明確にすること。



そこで私も
昔は簡単に箇条書きしていた目標を
より具体的に五感でイメージできるほどまでに
細かく設定し直しました。


ワタナベ薫コーチのブログは
Amazonの著者ページによると
1日1万5000のアクセスがあるほどの人気のブログ。

自己啓発や成功哲学などの専門的なことを
わかやすい言葉で紹介されているので
私もよく参考にさせていただいています。

例えばこちら
「ありえないほどバカ高い夢を設定してみて!」
目標設定をする上でぜひ参考にしたい記事。
読んでいるとワクワクしてくる内容です。





さて
昔は簡単に箇条書きにしていただけの達成したい目標。
それで思い出した苦い経験があります。

それは2年前の2012年の新年。
目標をいくつか掲げたうちのひとつに
産後2ヶ月ちょっとだった私は
「痩せる」という文字を書いていました。
具体的な方法論やどのくらい痩せる・・ということは
何も書かずに。


そのあとすぐの2月半ばにガンが見つかり
結局、手術後〜放射線・抗がん剤治療終了までの3ヶ月で
私はげっそり痩せました。
それも悲しいほど病的に。

新年の決意として目標に掲げた言葉通りのことが
実際に起こったのです。
それも全く望んでいない方法で。

今は体調もすっかり良くなっていますし
痩せた半分くらいは体重が戻っているので
このことをただ単に苦い経験として書けますが・・・


プロのコーチの方法論を読んでみて思ったのですが
具体的に書き出さなくてはいけなかったのでしょうね。

例えば
’週3回ジムでのエクササイズとヨガをすることで
しなやかな筋肉のついた体つきになり
○○キロくらいの体重でスリムパンツがよく似合う体型’

これに加えて
憧れのスタイルをしている女性の写真を添えるなどして
’この写真に写っている女性のような体型になる’
というように容易にイメージできるような感じが
良かったのかもしれませんね。



2014年、まだ始まったばかりですが
今年の終わりまでにどんな方向に進んでいくのか?
考えるとワクワクしてきます。