千世の大神(ちせのおおかみ)・24

2018年09月29日(土) 8時00分
千世の大神(ちせのおおかみ)24



千世の大神は、喜び勇んでいる


透明「千世の大神様、早速ではございますが

   お願いがございます

千世「わかっておる
  
   この社殿の穢れを一層してやろう


   ふ〜っす〜〜〜〜〜〜っ


そう言うと、大神が一息に穢れを吸い込んでゆく


なんて光景だ

流石に神の所行・・・一瞬にして穢れが消えてゆく



千世「ぷはぁ〜いや〜喰ろた喰ろた〜

流奈「千世の大神様ありがとうございます

千世「なんのなんのお安い御用じゃ


見事に社殿から社殿の周囲にある穢れは

無くなっている

これで、今回のお役目も



ブワ〜〜〜ッ



突然結界の根本から何かが吹き出す


透明「け、穢れが

流奈「


とてつもない量の穢れが辺りを包み込んでゆく・・・。


透明「くっやはり、結界が壊れているのか

流奈「千世の大神様どうか、結界の修復を

千世「う〜〜〜〜ん・・・それはできん

透明「えっ

流奈「な、何故ですか

千世「すまんが、この結界を創ったのは儂では無いのでな

透明「えっええ〜〜〜っ

流奈「そ、それでは、一体・・・。」

千世「ほれそこに封じられとるもんが、創ったのじゃよ

透明「

流奈「


結界の中に・・・

ま、まさか


透明「大神様も、もしかして、大神様は

   この封じられたものを監視するために

千世「そうじゃ

   まあ、最初は此奴が社殿の主神として

   奉られていたのだがな・・・
。」

流奈「

透明「・・・穢れ落ち・・・。」

千世「うむ穢れ落ちの荒神(こうじん)の一人じゃ

   正直、此奴を何とかせにゃならんのだが、

   此奴とは古くからの付き合いでなぁ〜

   喰らうには忍びないでな・・・
。」

流奈「そうだったのですね・・・

透明「しかし、この状況・・・一体どうすれば

千世「話してみるか

透明「えっ

千世「おぬしなら、刃引きできるかもしれんぞ

透明「・・・・・わかりました

   お願いしてもよろしいですか

流奈「と、透明

千世「よし、良い覚悟じゃ


そう言うと、千世の大神は結界の中へ・・・。




次回、穢れ落ちと刃引きについてです




        続く・・・。





昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします



千世の大神(ちせのおおかみ)・23

2018年09月27日(木) 8時00分
千世の大神(ちせのおおかみ)23




喰神「こ、後悔するとは、どういう意味じゃ

透明「言葉、そのままにございます

喰神「なに

透明「神様は、何か勘違いをされておられませんか

喰神「

透明「もし、この者の能力を喰らい、この者の命が

   尽きたとすれば、それこそ後悔しますぞ


喰神「・・・それは、貴様の能力をもって、

   全力で抗うということであろう

   儂を愚弄しておるのか



突然、身を切り裂くような風が本殿に吹き荒れる


透明「・・・・いいえ

   ですから、勘違いをされておられると

   先程から、申しております

喰神「なに


風がピタリとやむ・・・。


透明「私が先程からお聞きしているのは、

   神様にとって、大切な信者を失うということを

   お伝えしておるのです


喰神「信者だと

   何を言っておる

   儂は、名もなき神ぞ信者など


透明「お気づきになられましたか

   この者は、神を降ろすことができる能力を

   有しております


   その上、巫女たらん資格もございます

   これはどういことか

   ご理解いただけましたでしょうか

喰神「ま、まさか、お主達は・・・。」

透明「はいこれより、神様の信徒として

   神様を信奉し、名を配し崇め奉りたく

   思っております


喰神「そ、そんな・・・ほ、本気か

透明「はい

   だからこそ、私の能力もお見せいたしました

   これほどの能力を有する二人がご信奉いたしたい

   と願い出ておりますので、神様におかれましては、

   能力を消し去るなど、勿体のうございます


喰神「わ、儂の信者・・・し、して、し、神名は

透明「千の世を統べる大神

   千世の大神と御神名差し上げたいと

   思っております


   我ら、修験者の神として、これからもどうか

   末永く宜しくお願い致します

大神「あ、ああ、あああ・・・。」



御神名は、人間が崇める神を崇拝する為に

用意するもの

長い年月、名もなき神としてこの世に触れていた

神様にとっては、力を得るよりも代えがたい

宝物でもある



それに、神降ろしを難なくできる巫女の存在は、

神様にとってのステータスにもなるのだ


実のところ、先程まで神様と一戦交える覚悟

だった
のだが、頭に血が登った直後から、

鈴の音が頭の中に響きわたっていて、

その音のおかげで、我に返ったいた



そして、その鈴の音が、誰のものかもハッキリ

していた



透明「(・・・まったくあの狸爺

    最初から、名もなき神に御神名を奉じる

    気でいたなら、最初から言えってぇ〜の

    まじで、取り返しのつかないことする

    ところだったじゃないか
)」

大神「許す許すぞ

   その名気に入った良い良いぞ

   良い名じゃぁ〜




あははっ・・・見た目のせいで、本当に子供みたい・・・。



透明「流奈大丈夫か

流奈「う、うん

透明「流奈も良いか

   大神の巫女として、一年に一度はここに足を

   運ばなければならなくなるが

流奈「全然大丈夫だよ

   (でも、透明こんなこと、いつ考えたの)」

透明「(あははははっ・・・たった今)」

流奈「(ええ〜っ)」

透明「(でも、座主様は、最初から見込んでいたみたいだよ

    だから、巫女になり得るお前と、交渉対象となり得る

    私をよこしたのだろう
・・・。)」

流奈「(・・・そっか・・・そうだったんだ・・・よかった)」



くすっ良いのか悪いのかわからないけど、

取り敢えず、流奈のわだかまりもとれたし、

後は最終仕上げだ


・・・しかし・・・そう考えると、あの方は一体





          続く・・・。

   


昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


千世の大神(ちせのおおかみ)・22

2018年09月25日(火) 8時00分
千世の大神(ちせのおおかみ)22



透明「な、なんでございましょうか

喰神「お前達二人の能力をあらためさせよ

   お前たちの力・・・人間には危険と

   みたのでなぁ〜


透明「そ、それは

流奈「うっ

透明「る、るな


流奈の様子がおかしい


喰神「・・・やはり、○○○○(ウマそうだ)



透明「か、神様な、何を

   えっ

喰神「次は、お前か・・・。」

透明「


か、身体が

身体の中に、何かが走っている感覚がある


ま、まずいまずいまずい



喰神「ウグッこ、こいつ・・・。」

透明「くっ

喰神「貴様の能力・・・○○○○(喰えん代物だと)

   ○○○○○○(腹を壊すどころではない)・・・
。」

透明「・・・・。」

喰神「よしお前の能力は、いらん

   だが、そっちのお前の能力は、安全の為、

   儂が消し去ってくれるぞ
ペロリ

透明「神様・・・。」

喰神「何じゃ・・・

透明「本当に、よろしいのですね

喰神「



透明の目が赤く光っている・・・。



流奈「透明ダメ



透明「流奈の能力を消し去る・・・喰らう気ですか

   本当に、それでよろしいのですね

喰神「き、貴様

透明「ご返答を・・・。」

喰神「くっ


喰神が返答に困っている・・・。


流奈「(喰神と言えど、神だって言ってたじゃない

    私のせいで、あんたが神罰をくらうなんて、

    絶対にダメだからね

    だったら、私が
・・・)」

透明「(流奈・・・黙ってみていろ

    今、駆け引きの最中だ
)」

流奈「

喰神「き、貴様・・・こやつの能力を奪ったら、

   何だと言うのだ


透明「後悔することになりますよ

喰神「こ、後悔だとど、どういう意味じゃ




事態はあらぬ方向へ・・・。





        続く・・・。





昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします






千世の大神(ちせのおおかみ)・21

2018年09月23日(日) 8時00分
千世の大神(ちせのおおかみ)21



透明「ふぁ〜っ

流奈「透明おはよう

透明「ああ流奈も起きてたのか

流奈「まったくあんたは、野生児か

   木の上で寝るなんて

透明「えっああ、私としては、ここの方が

   気力も木からもらえるから、都合が良いんだよ

   よっと


木から飛び降りる透明先生・・・



透明「ところで、流奈

   今日の打ち合わせするぞ

流奈「打ち合わせ

透明「まあ、悪巧みって言った方が良いかな

流奈「



しばらくして・・・


流奈「ええ〜〜〜〜っ

   そんなこと、本当にできるの

   それに・・・。」

透明「まあ、もしダメならダメな時だよ

   とにかく、何もしないという選択が一番

   非効率だからね


   とにかく、頭を使って動く

   これが私のモットーだから、信じてやって

   みようよ

流奈「・・・・はぁ〜わかった



それから私達は、朝食を済ませ、廃社へと向かう



ギギギッ


喰神「よう人間

   遅かったなぁ〜


透明「

流奈「



嘘だろう

流奈が降霊をする前に、既に降りてきているなんて

それも、化現せずに・・・。



喰神「おっ驚いているなぁ〜

   儂が、化現せずに降りてきているとは

   思わなんだか

   まあ、その娘のおかげで、化現せずに降りる

   感覚は掴んだからのぉ〜




甘かった〜

やはり、喰神といえど神

人間である私達の浅知恵を簡単に超えてくる・・・



私の当初の計画では、流奈に神降ろしをおこなってもらい、

願いを伝える際に、私と二人で頭を下げて結界の浄化を

懇願する予定
であった・・・。

その際、だまし討になってしまうが、揚羽の声色を

流奈の声に近づけて
、私と揚羽が願いを伝え、

浄化が終わった状態でも、流奈に触れることができなければ、

流奈の能力が完全にわかっていない喰神は、諦めるのではないか

と考えていた

その上、もし喰神が実力行使をしてきたとしても、

流奈の能力範囲は有効な為、最悪の場合は、喰神に結界の守護を

外れてもらうという、かなり強引な方法まで考えていたのだ


しかし、喰神自らが降りてきてしまっている今の現状は、

どの策も、これに該当しない・・・。

下手をすれば、何も願いを聞き入れてもらえず、

最悪、私達二人共、能力を喰われる可能性すらある・・・。


冷や汗が背筋を伝ってゆく・・・



喰神「・・・お前たち・・・。」

透明「はい

流奈「は、はい

喰神「昨日、儂を呼び出したのは、何用じゃったのだ

   お前たちほどの者が、願うということに、

   ちと、興味がある・・・
。」



流奈が、こちらをチラリと見る・・・。


透明「私がお伝えいたしたいと思います・・・

   私共は、御山の聖域を浄化すべく参りました

   その際、穢れ多大にて、御神様のお力を

   お借りいたしたく、お呼びたてさせていただいた

   所存にございます
・・・。」

喰神「ほうこの穢れを何とかせいと言うことか

透明「はい図々しき願いなれど・・・。」

喰神「・・・・今更か

透明「うっ・・・。」


それは、そうだよなぁ〜

しばらく神聖な社殿をほおっておいて、

今更、どの面下げてお願いしてるんだ

と言いたくなるのは当たり前だ・・・。



喰神「まあ、良いであろう

   その願い、聞き入れてしんぜよう


透明「えっ

流奈「

喰神「ただしその前に



うっき、きた〜





         続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


千世の大神(ちせのおおかみ)・20

2018年09月21日(金) 8時00分
千世の大神(ちせのおおかみ)20



徐々に、木々の合間から木漏れ日が

さしてくる
・・・



透明「・・・・ふ〜っ

流奈「ふぇ〜さすが、第一級・○○師

   あんなに動き続けてたのに、息切れひとつ

   してないとは・・・

透明「昨日で、この土地にも慣れたからね

   それに、今回は流奈がかなり数を減らして

   くれたから、昨日みたいに筋肉疲労も

   少なくてすんだよ


流奈「私なんて、途中から動けなくなって

   いつの間にか、落ちてたから、

   足手まといにしかなってないよ

透明「コラコラお前の悪い癖だぞ
 
   もっと自信を持てよ

   しかし・・・。」


私は、側に立っている大きな鬼を見上げる・・・。


透明「この方・・・どなた

   お前が意識を失っても、一緒に暴れてくれた

   のだけど・・・お前の意識がなくても消えないとか、

   一体
・・・。」

流奈「あははっどなたって

   この子は、私の相棒朱銅騎(しゅどうき)

   って言っても、じゃないからね

透明「えっ

流奈「まあ、この子とのなりそめは、次の機会に話すけど、

   この子は、故あって悪魔と精霊の間に生まれた子

   なんだ・・・。

   あんたが使役している式神とは違い、この子とは

   本来、友達としての付き合いなんだけど、

   呼び出すときには、能力を使わなくちゃならなく

   なるから、降霊時は、能力下に入ってもらってるんだ

   ただ、私の意識がなくなっても護ってくれたのは、

   この子の意思だと思う

透明「そ、そうなんだ・・・いつも、流奈のこと

   護ってくれてありがとう

   私は、透明以後、よろしくね


そっと、手を出す・・・。


朱銅騎「・・・・モジ・・・。」

透明「

流奈「あははははっ

   あや()ちゃん照れてる〜

   ちなみに、この子は、人間で言うところの

   女の子だからね

透明「(お、女の子〜)

   そ、そっかあ、改めてよろしくね


そう言って、頭を下げる


朱銅騎「ペコリ


見た目とのギャップが凄いのだけど・・・

でも、その眼差しからは、慈愛を感じられる



流奈「あやちゃん今日はありがとうね

   もしかしたら、またお願いするかもしれないけど、

   一旦、休んでおいて

朱銅騎「・・・るな・・・気をつけてね・・・

流奈「うんありがとう


そう言うと、あやちゃんは、私に一礼して

消えていった・・・。


透明「(・・・一応、喋れるんだ・・・

    でも、確かに声が女の子だった

    おっと、感心してる場合じゃない
)

   流奈まだ、時間もあるから、少し仮眠して

   おいてくれ

流奈「透明は

透明「私は、少し考えをまとめておきたいから、

   後でちょっとだけ仮眠する

流奈「もしかして

透明「ああ何とかなるかもしれない




次回、再度廃社にアタックします






        続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


千世の大神(ちせのおおかみ)・19

2018年09月19日(水) 8時00分
千世の大神(ちせのおおかみ)19



霧が山全体を包み込んでゆく・・・。



透明「(・・・1・2・3・4・5・・・。

    昨日より、数の増え方が早い・・・

    ・・・それに、霧のせいで霊場の圧も

    高まってしまっている・・・こいつは、

    まずい・・・
)」

流奈「と、透明こ、これって

透明「お前は、気にせずテントで休んでろ

流奈「馬鹿言わないでよ

   そっか・・・ここって元々、修練場だもんね

   ・・・はぁ〜・・・透明・・・。」

透明「

流奈「ゴメンね・・・あんた、昨日も一人で・・・。

   今日は、私が何とかするから、あんたが

   休んでなさい

透明「ふ〜っ・・・暗闇が苦手なくせに

   それじゃぁ〜、今日は二人でちゃっちゃと

   終わらせて、休み時間を確保する

   それで良いか

流奈「・・・わかったそうしましょう



私達は、背を合わせるように身構える・・・。



修練場は基本、その山の鬼門から裏鬼門に抜ける

ルートに配置されている
・・・。

いかに聖域といえど、鬼門と裏鬼門は自然の摂理として

存在している為、色々な宗派で、修行僧の経験値を

上げるため
に、これを利用しているところは多い・・・。

その上、特に修行が厳しい修練所では、ワザワザその場に

霊道を引き入れている場所もあり、そんな山には

常に魑魅魍魎が跋扈している



透明「流奈一応言っておくが

流奈「わかってるわよ

   ここは穢れてしまってるから、逃げ場は無いって

   言いたんでしょ

透明「さすが、我がキョウダイ

   飲み込みが早くて助かる

   もし、一時退却しなければならなくなったら、

   テントに潜り込め

   昨日用意した結界なら、ある程度は

   耐えられるだろうから

流奈「了解来るわよ



霧が私達の眼前を灰色の世界へと変えてゆく・・・。



ぎゃぎゃぎゃ



突然、霧の中から牙まみれの口が飛んで来る



バキッ


透明「よっと


大きな口を開けた魚の様な魍魎の類の側面に

透明の足が突き刺さる


その瞬間魍魎は陸にあげられた魚のように

ビチビチと跳ねながら霧散してゆく



流奈「降るへ振るへ・・・朱羽の王・・・。」



グワワワッ


流奈の眼の前の霧からも魍魎が飛び出す

しかし・・・。


グワ


流奈に爪が届く前に、魍魎は真っ二つになって

霧散する


そこには、赤き身体に刃の羽を持つ大きな鬼

悠然と立っている・・・。


流奈「ここは、任せたわよ


コクリ


どうやら、流奈の降霊した者は、普段から

流奈に使役されているようだ・・・

その上・・・。


透明「まったく相変わらず規格外だな〜


流奈本人にも、何者かが降りている

右手には光る三鈷杵・・・。

左手には青く光る錫杖・・・。

・・・童子か



流奈の能力の強みは、類まれなる柔軟性にある

ただでさえ、降霊したものをそのまま降ろすことが

できる上に、自分にも同時に高位の存在を降ろすことが

できてしまう・・・さらに、降ろした存在に身体を

委ねることもできれば、その存在の力だけを借りる

ことすらできるのだから、規格外すぎの能力だ

ただ、自身に降霊をした場合、通常の降霊とは違い

気力の消耗が激しく、数時間しか保たないらしいが・・・。



ガッ

ぎゃ

ごわっ


次々と、魑魅魍魎を殲滅してゆく二人・・・。

すると突然、流奈の霊圧が高まるのを感じる



透明「・・・なんか、ヤバそう・・・

流奈「ぶつぶつぶつぶつ・・・・・。」


流奈が何かを詠唱している・・・その周辺では、

流奈を護るように、鬼が次々と邪霊を

切り裂いている



次の瞬間流奈が持っている錫杖が、地面に

突き刺さるのが視える



キーーーーーーン


透明「


ものすごい金切り音が耳に飛び込んできたと同時に、

錫杖を中心に、突風が巻き起こる



透明「のわっイテテテテテッ


突風にのって、色々な物が飛んでくる

それと同様に、私達を取り巻いていた霧が

一気に吹き飛ばされてゆく


透明「すげぇ〜これで大分楽になるぞ

流奈「はぁはぁはぁはぁ

透明「る、流奈大丈夫か

流奈「ご、ごめ〜ん透明

   気力が尽きた〜

   ちょっと休憩〜

透明「了解後は任せて


霧がハレたことで、かなり動きやすくなった

これなら、私一人で十分

さ〜て、ちゃっちゃと終わらせましょうか〜




        続く・・・。





昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします



千世の大神(ちせのおおかみ)・18

2018年09月17日(月) 8時00分
千世の大神(ちせのおおかみ)18



私は、流奈に殴られた傷を冷やしながら

色々な可能性について考えていた・・・。



そして、その夜



流奈「透明〜お腹空いた〜

透明「俺は、オカンか

   腹減ったなら、自分で食べればいいだろ〜

流奈「えっマジ

   それじゃあ〜カップラーメン食べても良い

透明「

   (それが狙いかぁ〜〜〜)」

   ちょ、ちょっとま


ビリビリ


流奈の計画的犯行

私が許可を出す前に、カップ様の薄衣を剥ぐとは〜


透明「くっ

   その上、すでに御神体にお目通りを


カップ神様の御わす社の扉(カップ麺の蓋ね)を開き、

神前にまで・・・


流奈「お湯沸かさなきゃね〜

透明「くっ力技で、カップ様を降臨させるとは、

   流奈め・・・侮れないヤツ

流奈「何さっきから、ブツクサ言ってるのよ〜

   こんなの、無理やり引っ剥がせば、食べるしか

   無くなるじゃない


   流奈ちゃん、頭いい〜〜〜

透明「くっカップ神様の弱点を

   ・・・・・あっ

流奈「

透明「あああああ〜〜〜〜〜〜〜っ

流奈「な、なに

   もしかして、怒ってるの

透明「違うそうだよ

   そうかそうだよな

流奈「違うのそうなのどっちよ〜

透明「よし流奈

   カップ様をいただこう

流奈「はぁ〜

   あんた、さっきから何言って・・・ハッ

   ま、まさか・・・。

   (さっき、殴ったことで、頭が・・・。)

   ・・・そ、そうね

   カップ様の恵みをいただきましょう

   きっと、カップ様も許してくれるわよ

透明「そうだなよし、お湯を沸かすぞ

流奈「お、お〜う



お互いの思考が噛み合っていない中、私達は

カップ神様から英気をいただいた



流奈「はぁ〜

   久しぶりに食べると、美味しいねぇ〜

透明「そうだろうそうだろう

   カップ様は、至高の存在だろ

流奈「い、いや・・・そこまでは・・・

透明「

   (き、霧・・・まずいな・・・。)」

流奈「

透明「流奈そろそろ、眠くないか

流奈「はい

   今、ご飯食べたばかりでしょ

   それに、まだ20時よ

透明「いやお前は眠いはずだ

   さあ、テントに入って眠りなさい

流奈「な、何言って


くっ早すぎるだろ〜

日が暮れたばかりなのに・・・この霧のせいか



透明「いいから、早くテントに入れ

流奈「



一難去ってまた一難か




         続く・・・。





昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


千世の大神(ちせのおおかみ)・17

2018年09月15日(土) 8時00分
千世の大神(ちせのおおかみ)17



流奈「う〜ん

透明「う〜ん


私達は色々なシミュレーションを繰り返しているが、

中々コレと言った案も浮かばず・・・


透明「ああ〜〜〜〜もう

   流奈もう一度、情報をまとめるぞ

流奈「う、うん

透明「まず、結界だけど、この結界は喰神の神気に

   より構成されている


   そして、穢れてしまった結界を元に戻すのも、

   喰神にお願いしなければならない


   ここまでは、当初の計画通り・・・。

   問題なのは、この結界を作ったのが喰神で、

   お前の能力に興味をもってしまったということ

   能力に苦しめられた私達としては、能力が

   無くなるのは吝かでないけど、能力を喰われた

   場合、突然引き剥がされた者の安全は保証できない


   つまり、最悪は死も覚悟しなければならない・・・。

   そして、流奈の能力のルールには、願いを叶えてくれた

   降霊を強制的帰すことはできるが、帰すまでの

   タイムラグがあり、この時間は、術者を傷付けることは

   できないが、干渉するくらいはできる
ということ

   そして、今回私の能力を駆使したとしても、

   相手が神という高位の存在である以上は、私も手が
  
   出せないどころか、私も喰われる可能性がある


   文字通り、完全に流奈の行動を制御する人質

   なってしまう恐れすらある・・・

流奈「ううっ・・・八方塞がりだよ・・・

透明「相手が神でなければ、実力行使もありだけど、

   人間界で神に立ち向かうとなれば、それだけで大罪だし、

   神罰をくらうことは確実・・・はぁ〜

流奈「どうしようか

透明「う〜ん・・・ただ、この状況の中で、いくつかの

   謎も残っている
・・・。

   一つは、何故、結界が穢れたのかということ、

   喰神といえど神だから、結界の穢れをほおって

   おいているというのは解せない

   最初は喰神だから、穢れを食事としてほおっておいて

   いるのかと思ったけど、結界を守るという約定

   作られている結界なのだから、仕事のルールを

   破ってまで穢れをほおっておくというのもおかしい・・・。

   そして、もうひとつは、あの狸・・・いや、座主様が

   そのことを知らないはずもなく、何故、喰神に興味を

   もたれる可能性のある私達に仕事を頼んだのか


流奈「・・・・もしかして・・・。」

透明「バカなことは、考えない方がいい



流奈が考えたこと・・・それは、

御山の判断で、私達の能力を喰神に喰わせ、能力を

消し去ろうとしたという懸念だ
・・・。

確かに私達の能力は危険だが、喰神に能力を喰わせ、

能力を消し去るなんて危険は、流石にしないと・・・

・・・思いたい


透明「ふ〜っ・・・それと、もうひとつ

流奈「あれまだ他にあったっけ

透明「うん・・・実はね・・・。」


私は、流奈に鈴の音のこと、喰神が現れる前に

チラリと視たモノを説明する
・・・。


流奈「そんなことがあったんだ

   でも、あの時、助けてくれたのは、その鈴の音としても、

   あんたが喰神を降ろす前に視たのって・・・。」

透明「うん・・・多分、喰神とは違う高位の存在だと思う




謎が謎を呼ぶ状況

さて、どうやって解決するか
・・・。





         続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


千世の大神(ちせのおおかみ)・16

2018年09月13日(木) 8時00分
千世の大神(ちせのおおかみ)16



喰神(じきしん)


古来、神はこの世を作り、世界を安寧へと導く

存在であった・・・しかし、この世の理には、

必ず・・・が存在して成り立ち、

穢れである闇は、強烈な光で相殺しなければ

ならないものでもあった

そして、神の中でも特殊な存在あり

古い文献にもあまり登場しない特殊な神

闇を覆い隠し、その身で穢れを浄化する神様・・・。

その神にとって、穢れは食であり、存在を維持する

意味合い
でもあった・・・この穢れを喰らう神を

喰神と言い、神の国をも救う英雄として描かれるもの

穢れを好む神として、忌み嫌われる存在として

描かれているものも存在する・・・。

そして、この神のもう一つの特徴は・・・。



透明「喰らった者の能力を奪う神・・・。」

流奈「そ、それじゃぁ〜

透明「くそっもっと早くに気がつけば・・・

   本当に申し訳ない

流奈「で、でも、願いさえ言わなければ、

   私に干渉することもできないから・・・

透明「いや喰神といえど、大神だ

   このまま、呼び出しただけというのは、

   神罰がくだりかねん

   それに・・・。」

流奈「あっそ、そうだよね

   あんたには、傷つけることも干渉もできるんだよね

透明「もし、神の機嫌を損ねてしまったら、

   私に対して何かしてくるだろう

   私としては、それは別に良いのだけど

   流奈にとっては・・・

   まったく情けない・・・これでは、

   私が人質にとられてしまった様なものだ

   本当に申し訳ない

流奈「ううんそんなことないよ

   透明が気づいてくれなければ、今頃は・・・。」

透明「とにかく、私に策があるから、

   少し無理やりだが、付き合ってくれるか

流奈「う、うん


しばらくして・・・



喰神「む〜っおいまだか


ドンガラガラ


喰神「お、おい何をしている


突然、流奈に殴られる透明


透明「な、何するんだ

   本当のことを言っただけだろう

流奈「許さない


もう一発モーションの大きな蹴りが透明の腹に

突き刺さり、数メートル飛ばされ壁に激突する


透明「ガッ

流奈「謝りなさい

喰神「お、おいま、まて何を

流奈「神様、本当に申し訳ございません

   神様の前でお見苦しいところを見せてしまうのは、

   忍びないため、後日あらためてお願いさせて

   いただきます
ので、今日のところは大変失礼ですが、

   お帰り願いますようお願い申し上げます

喰神「お、おう



もう一発強烈な右拳が透明の顔面を襲う



喰神「

   み、見るに耐えん



そう言うと、神様は消えて行く・・・。



透明「ううっ

流奈「・・・・・


一分後・・・


流奈「と、透明〜大丈夫〜〜〜

透明「う、うん、何とか

   でも、やっぱり神様だね

   本気の争いごとは見ていられなかったか


神様の中には、争いごとを嫌う神様もいらっしゃいます

もちろん、争いごと自体を諌める神様もいらっしゃいますが、

喰神のように、自分のお役目がハッキリしている神様は、

割とこういったことを醜いと感じてほおっていって

しまうもの
なのだ・・・。


透明「しかし、流奈の迫真の演技がきいたね

流奈「馬鹿ねぇ〜 演技なわけないじゃない

透明「へっ

流奈「演技だと、神様にはバレてしまうから、

   本気でやったわよ

透明「おいおい

流奈「昔、いたずらされたことを思い出して、

   憎しみを込めておいたから、バレなかったのよ

透明「ええ〜〜〜っ

流奈「昔、あんたが私のカバンにGを入れたのを思い出して

透明「それ、ちが〜〜〜〜〜う

   それやったの、陣だったろ〜〜〜っ


流奈「あ、あれ違ったっけ

透明「うう・・・通りで、痛かったわけだ・・・

流奈「でも、帰るという行為自体を願いにして、

   帰りたくなるようなシチュエーションを作るなんて、

   さすが、透明だね

   呼び出したくせに、ただ帰ってくれとお願いしたら、

   失礼をしたということで、神罰を受ける可能性

   あったし、願いを聞いたということで、私に干渉する

   時間も作れてしまっていたからね

透明「いまさら持ち上げられても、嬉しくな〜〜〜い



というワケで・・・何とか難を逃れた私達は、

一度テントに戻り、対策の練り直しをすることに・・・。


しかし、困ったぞ

結界を回復させるには、喰神のお力を借りなければならない

しかし、喰神を呼ぶことは・・・

私は、頭の中をフル回転させていた





            続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


千世の大神(ちせのおおかみ)・15

2018年09月11日(火) 8時00分
千世の大神(ちせのおおかみ)15


透明「流奈ストップ

流奈「

神様「

透明「神様、お呼びだてしておきながら、

   本当に申し訳無いのですが、少々お待ち

   願えますでしょうか


神様「んっ・・・まあよいが、早くせいよ

透明「はい



私は、流奈の手を引っ張り、少し神様から遠のく


流奈「な、何よ

透明「ひとつ、確認させてくれ

流奈「

透明「お前の能力は知っているが、もし降霊した者が、

   願いを叶えてもらった場合、その後は・・・。」

流奈「えっ普通に帰ってもらうだけよ

透明「そうじゃない

流奈「

透明「ルールとしての縛りは、願いを叶えてもらった後も

   有効なのか


流奈「えっどういうこと

透明「つまり、願いを叶えてもらった後も、お前を傷つける

   ことやお前に干渉することはできないのか


流奈「えっま、まあ、傷つけることはできないと思うけど、

   干渉するくらいなら・・・できるかなぁ〜

透明「

   くっ 私はなんて、馬鹿なんだ

流奈「はぁ〜どうしたの

透明「もう一つ聞くが、帰ってもらうのは、強制か

   それとも、降りてきた者の自由か

流奈「それって、どういう

透明「いいから、答えて

流奈「う〜ん・・・強制することもできるけど、

   私は、問題がなければ自由にしてるよ

透明「よし強制はできるんだな

   強制的に帰す為に必要な時間は

流奈「えっそんなこと考えたことなかったけど・・・。

   大体、30秒くらいかなぁ〜

透明「

   はぁ〜・・・ダメだ・・・

流奈「ねぇさっきから、何なのよ〜

透明「・・・・あの神様は、ヤバイ

流奈「えっ

透明「見た目こそ、小さい子供のようだが、

   さっき、最後に言った言葉がまずいんだよ

流奈「えっどういうこと

   さっき、確かに耳慣れない言葉を言っていたけど

透明「あの言葉は、神霊語・・・要するに古い神の言葉

   そして、さっき言った言葉は・・・。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


神様「まあ良い・・・しかし、その能力・・・

   ・・・うまそうだな・・・。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜



流奈「

透明「・・・あの神様は、見た目と違って、かなり古くから

   存在する神様
なのかもしれない・・・。

   正直、この穢れを見て、私もお前も降りてくる神が

   穢れている・・・つまり、穢れ落ちした神と踏んでいたが、

   この名も無き神は、それ以上に危険かもしれない

流奈「も、もしかして・・・

透明「ああ私の予想が確かなら、ここの神様は、

   喰神(じきしん)だ

流奈「

喰神「ニヤッ





次回、喰神様についてです・・・。





          続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


千世の大神(ちせのおおかみ)・14

2018年09月09日(日) 8時00分
千世の大神(ちせのおおかみ)14



ズドーーーン


耳には聞こえないが、私達にはそう

聞こえるような地響きを感じていた・・・。


透明「

流奈「



ふぁ〜〜〜〜っ

   誰じゃぁ人が気持ちよく寝ていたのに



透明「う、嘘だろ

流奈「マジ



流奈の能力は、降霊術それは前回お話ししたが、

通常、降霊術師は降霊を行う際、2つの方法をとる

一つは、降霊する存在を、その存在に見合った器

降ろす方法


そして、もう一つは、その身を媒体とし、

自身に霊や霊格の高い存在を憑依させる
ことで、

話を聞いたり、その霊と縁を結んだり

協力を頼むことができる方法がある

しかし、流奈の降霊術は、降ろす相手を、

そのままの状態で現世に降臨させることが

できてしまう
・・・。

一般的には、この能力の凄さは分かりづらいかも

しれないが、この能力の凄さは、降臨させる霊の霊格も

内在する霊圧や強さも無視することができ、流奈の力が

尽きるまで、何体でも現世に降ろすことができてしまう


もし、流奈が悪魔や鬼を次々と降ろしてしまえば・・・

御山が危険視する意味もわかるかもしれない

そして、この能力には、もうひとつ稀有なルールが備わっている

それは、降臨した存在は、術者を傷つけることはできない

要求を聞くまでは帰ることができないというルール

これは、相手がどんな存在でも変わることがないと

言われている・・・。



透明「・・・・・

流奈「・・・・・

「・・・・・



そして、今、流奈の能力で降臨されたのは、

この社に祀られた名も無き神・・・のハズだが・・・



透明「(る、流奈さん

    今、ここの神様を降ろしたんだよねぇ〜
)」

流奈「(私が失敗したと思ってるの

    こ、この子・・・方は、本当にこの社の神様

    ・・・・のハズ・・・なんだけど・・・
)」

神様「何をヒソヒソやっておる

   いかにも儂は、この社を守る神であるぞ


透明「

流奈「


目を疑ってしまう光景・・・

私達の眼の前に御わす神の姿は、まさに小学校低学年生・・・。

ただの悪ガキにしか視えん


神様「ふむっ


私達は、我に返り跪く・・・。


透明「大変失礼いたしました私、透明と申します

流奈「私は、御身をお招きいたしました、術者・流奈と

   申します

神様「うむ・・・しかし、お主これはどうやったのだ

   儂も、流石に化現することなく、このままの姿で

   降ろしされたのは初めてだが


流奈「これは、生まれ持っての観似手でございます

   ご気分を害しましたら、お許し願いたく・・・。」

神様「まあ良い・・・しかし、その能力・・・

   ・・・○○○○○○・・・。


透明「

流奈「(・・・どうしたの透明)」

透明「(いや、何でもない・・・)」

神様「してお主・・・一体儂に何用じゃ

流奈「えっは、はい

   この度、お呼びいいたしましたのは



何故だろう胸騒ぎが止まらない・・・。



        続く・・・。



   

昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします





千世の大神(ちせのおおかみ)・13

2018年09月07日(金) 8時00分
千世の大神(ちせのおおかみ)13



流奈「でっどうすればいいの

透明「最初から無茶を言うけど、

   ここの神を降ろしてくれるか

流奈「いきなり大仕事ね

   いいわ任せて



オールド・コネクト能力

(ネクロマンシー能力)


流奈は、一般的に言われている降霊術師に近い

能力者だ


しかし、流奈の降霊術は、観似手を用いたもの・・・。

一般的な、「イタコ」や「死人使い」と呼ばれる

降霊術の枠を優に超えている

その能力は、あまりにも危険なため、御山でも

かなり危険視されている

流奈本人は、いたって真面目で、能力を滅多に

使わない性格
だが、あまりにも強い能力をもって

いるため、幼少期には色々な迫害を受け、

親にすら忌み嫌われ、最後には



師匠が最初に流奈を連れてきたときの印象は、

今とは全く違っていた・・・。

私達キョウダイも、色々な心の闇をもっていたが、

彼女の闇は、誰よりも深く暗いものだった

いうことを、私は今でも憶えている・・・。

そのためなのか流奈は、能力を使わず

自分の力で全てを解決しようとする傾向がある


自分自身という存在を、周りに認めて欲しいと

苦しんできた後遺症

私達キョウダイの中でも、それが顕著に出ていて、

姉御肌で周りを取り仕切ろうと一生懸命なのも

そういった経緯があるのかもしれない

初めて苦しみを共有できた、血の繋がりを超えた

キョウダイという繋がり


彼女の中での安住の地を失わないためにも、

彼女はキョウダイ達の行動に口を挟むことが多く、

よく円や昴とキョウダイ喧嘩をしていた

そんな流奈の心の闇を分かっている私達は、

流奈を特別視せず、気を使わず接している



透明「どう補足できそう

流奈「ちょっと〜私を誰だと思ってるのよ

   補足はすでにできてるけど・・・。」

透明「けど

流奈「本当に降ろして良いのね

透明「どういうこと

流奈「あんたも、気づいてるでしょ

   この結界の穢れは・・・。」

透明「やっぱり、流奈もそう思ってたんだ

   そうだね、多分、ここの神様はすでに・・・。」

流奈「良い降ろすよ

透明「OK



流奈の身体から、とてつもない霊気が立ち昇る

いよいよ、名もなき神とのご対面だ



次回、事態は意外な方向へ




        続く・・・。






昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします







千世の大神(ちせのおおかみ)・12

2018年09月05日(水) 8時00分
千世の大神(ちせのおおかみ)12



流奈「ぎぇ〜G〜がG〜が

透明「それは仕方ないだろうこんだけ

   放置されていれば、Gの100匹や200匹

流奈「ストップ

   それ以上言わないで

   想像したら、進めなくなる

透明「はいはい

   (あははっそのGに喰われそうになったことは

    口が避けても言えないかも
・・・。)」


AM5:40・・・。

朝の光が差し込む中、どんどん本殿へと入って行く



透明「ついた

流奈「今日は、昨日の二の舞はゴメンだから、

   この扉は、ついたて立てて開いておくね

透明「そうだねよろしく・・・

流奈「



な、何だ

う、後ろに何かいる

私達は、扉を見ていた為、本殿を背にしてしまって

いる・・・完全に、ミスった

背がガラ空きの状態で、とてつもないプレッシャーが

背後から感じられる

もし、即座に振り向いたとしても、1テンポ遅れるのは必至


透明「後ろを振り向けない・・・

流奈「と、透明・・・

透明「すまん、私もお前の方を見ていた

流奈「うっ・・・。」


完全に固まってしまった二人



透明「(・・・揚羽・・・聞こえるか)」

揚羽「(YESBOSS)」

透明「(私達の後ろに何がいるか視えるか)」

揚羽「(・・・・・)」

透明「(・・・揚羽)」

揚羽「(や、やばいのがいます

   ・・・で、でも、攻撃してくる様子は・・・
。)」

透明「(やばいだけじゃ分からん

    でも、攻撃してくる様子がないのなら・・・
。)」



一か八か・・・。



私は、人生で一番早かっただろうと思えるくらい早く

身体を反転させる



フッ


透明「・・・き、消えた・・・

流奈「ぷはぁ〜

   気配が消えた・・・い、一体、何だったの

透明「わからん・・・ただ・・・・。」


今、一瞬だけ補足できた、あの姿は・・・。



流奈「ただ、何よ

透明「・・・・・。」

流奈「

透明「流奈少し試したいことがあるのだけど、

   お前の能力、借りれるか

流奈「えっい、良いけど・・・




次回、流奈の能力が明らかに・・・。




      
           続く・・・。



昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

千世の大神(ちせのおおかみ)・11

2018年09月03日(月) 8時00分
千世の大神(ちせのおおかみ)11



透明「流奈は、そこのテントの中で寝てて

   いいよ

流奈「えっあんたはどうするの

透明「私は、少し考えたいこともあるから、

   もう少し起きている

   だから、気にしないで良いよ

流奈「わ、わかった


時間は、PM11:00・・・


透明「さてと・・・久しぶりに身体動かすか



修行の場となるこの山には、必ずと言ってよいほど

自己を高めるトラップが存在する・・・。

特に、高名な修行場であれば尚の事

本来は何日も山に入り、休憩地点として

社殿や寺院が配置されているのだが、

ここには安全圏は存在していない

となれば、朝日が登るまでが勝負

私は、全身の感覚を研ぎ澄まし、辺りを窺っていた



翌朝・・・



流奈「はぁ〜〜〜っよく寝た〜

   透明おはよう

透明「おうおはよう

流奈「・・・あんた、もしかして寝てないの

透明「えっちゃんと寝たよ

   ただ、寝付きが悪くて、疲れがとれた感じ

   しないけどね

   ほら私って、結構繊細じゃん

流奈「はぁ〜あんたが繊細なら、世の中の人、

   全て繊細すぎて病気になっちゃうわよ

透明「ひ、ひどい言われようだなぁ〜

   そんなこと言ってると、朝飯やらんぞ

流奈「うっ人の弱みにつけ込むなんて・・・

   わ、わかったわよあんたは繊細です

   それで良い

透明「よろしい

   それでは、これを進呈してしんぜよ〜う

流奈「ええ〜っまた缶詰〜っ

   カップラーメンは〜

透明「カップ様は、最終兵器だ

   気軽にカップ様に手をだそうとするでない

流奈「一体、何なのよ〜そのカップ様って〜


流奈は、ブツクサ言いながらも、缶詰をたいらげていた・・・。


透明「(ふ〜っ・・・さてと、ここからが本番か・・・。

   流石に毎夜、この量は厳しいぞ

   何とか早く終わらせないと・・・
。)」


足の筋肉が痙攣しているのを悟られないように

抑えながら、私達は再度、本殿に向かうことにした
・・・。





         続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします



千世の大神(ちせのおおかみ)・10

2018年09月01日(土) 8時00分
千世の大神(ちせのおおかみ)10




廃社から抜け出すと、辺りは真っ暗闇に

なっていた




流奈「く、暗い・・・と、透明

   もしかして、あの結界・・・

透明「まだ破壊して無いよ

流奈「えっで、でも・・・。」

透明「それよりも、さっき、鈴の音が聞こえなかったか

流奈「えっ鈴の音何それ


やはり、流奈には聞こえていなかったか


透明「いや良いんだ、何でもない

   とにかく、このままは危険だから、

   休める場所を作るぞ



私は、念のために持ってきていた簡易テント

広げ、その場所を中心に結界をはる


流奈「す、凄い・・・・ライトもあるんだ

   これ、つけておいていい

透明「いいけど、あまり無駄遣いするなよ

   替えの電池は持ってきているけど、

   限りがあるから、節約して使ってな

流奈「わ、わかった



やはり、流奈は暗闇が苦手なのは変わらないか

こいつの能力を考えれば、不思議なのだが・・・。


透明「さてと・・・簡単な食べ物ならあるけど、

   喰うか

流奈「う、うん


やっぱり、こういう時は缶詰だよなぁ〜

お湯を沸かせば、カップ神様もいらっしゃるけど、

今回は、何日かかるか分からんからなぁ〜

カップ神様に頼るのは、最後にしておこう


(カップ神信者降臨〜〜〜)


流奈「あっカップラーメンもあるんだ

透明「それは、ダメ

流奈「えっ

透明「カップ様に頼るのは、最後の手段だ

流奈「えっえっカップ様

   えっそ、そういうものなの

透明「いかにも

流奈「わ、わかった


ふ〜っ・・・危ない危ない


(おいおい・・・)



私達は、缶詰をいくつか空け、一息つく


流奈「しかしあんた、どれだけ備えてきたのよ

透明「う〜ん・・・念の為、ギリギリ3日分かな

流奈「み、3日分

透明「もちろん、そんなにかかるとは想っていなかったから、

   備えあれば憂い無し程度に思っていたけど

流奈「・・・・



正直、先行きが見えないこの状態では、何日かかるのか

わからない・・・。



透明「とにかく、情報を整理しておこうか

流奈「そ、そうね・・・。」



私は、そこらへんに落ちている枝を拾い、地面に絵を描く・・・



透明「私達が、いま此処にいるとして、廃社の本殿がココ

   実際、中を見ても、この状況を引き起こしているのは

   ここにある結界・・・中に入って感じたのは、

   しばらくの間、神が降りてきた気配がないということ

流奈「それが不思議なのよねぇ〜

   普通、神は自分の祭壇が穢れているなら、即座に浄化

   するために降りてくるはず
なのに、一切その気配がない

   これって、完全に本殿を見捨てたってことなのかなぁ

透明「う〜ん・・・その可能性もあるけど・・・。」

流奈「


私は、先程聞いた鈴の音が脳裏に引っかかっていた・・・。





          続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2018年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月 別☆アーカイブ