君の○は?・5

2017年03月30日(木) 8時00分
君の○は


乙坂「う〜ん・・・モテるのって、

   案外、難しいものなんですね

透明「あっいや私の言い方が、難しくして

   しまっているだけかもしれない

   ごめんね

   もう少し簡単に話をしようか

乙坂「はい

透明「乙坂さんが、人からモテたいというのは、

   人に望んでもらいたいということなんだ

   つまり、乙坂さんは、沢山の人に自分の持っている

   良さを理解してもらわないとならないということ
 
   その為に必要なのは、大げさにアピールをすること

   ではなくて、君自信から出てくる生き方や雰囲気が

   大切になる
ということなんだ

乙坂「私から出てくる生き方・・・雰囲気・・・。

   う〜ん・・・難しいですね

   まだ、わざとらしくアピールする方が楽な気が

   します・・・

透明「そうだね

   でもね、人が人を望むというのは、その人にある特定の

   魅力を感じるからなんだ

   その魅力は千差万別だから、人によって違うけど、

   一番大切なことは、モテようとせずに、

   多くの人に寄り添う気構えがあるかどうか


   にかかってくる

乙坂「えっ

   モテようとしないで、人に寄り添うって・・・。

   あれっモテたいから、人に関わって行くのでは

   ないのですか


   モテようとしないでえっえっ


くすくすここはまだ、わからないかもしれないな・・・。


透明「よしもっと砕いていこう

   それじゃぁ〜、乙坂さんがモテる為に、沢山の人に

   自分をアピールして、必死に周りに取り入ろうと

   したとしよう


   さて、そんな自分を客観的に見てどう思う

乙坂「ちょ、ちょっと、気持ち悪いです・・・・

透明「そうでしょ意外と自分がモテようと行動すると

   周りから見ると、変な状況になってしまうものなんだ

   もちろん、それに乗ってきてくれる人もいるかも

   しれないけど、乙坂さんの望んでいる、自分を望んで

   くれる人って、そういうことで乗ってくる人では

   無いんじゃないのかな

   それに、もしここで乗ってきた人とお付き合いを

   することになれば、無理をしている乙坂さんを

   一生見せ続けなければならなくなる
と思うんだ

乙坂「た、確かに、それはちょっと・・・

透明「でしょということで、核心に入るけど、

   モテたいと想う人は、モテたい気持ちはあっても、

   それを全面に出すことはもちろん、人に望むことは

   しないことが大切になる


乙坂「あっ

透明「何となくわかってきたかな

   モテたいという気持ちは、決して悪いことではない

   でも、それを表にだして行動すれば、相手に対して

   自分を望んでくれという自分の望みにしかならないんだ

   相手に望みを突きつけ、相手が望んでくれるというのは、

   非常に難しいこと

   モテる人になるというのは、相手が望むものを受け止めるだけの

   柔軟性や器が必要になるものなんだ


   望むことを強要すれば、相手は受け入れることしかできない

   そうなれば、相手が君に望むことは伝わらないと認識される

   さっきも言ったように、モテるというのは、相手に望まれること

   であって、望みを受け取ってもらうことでは無いんだ


乙坂「はぁ〜凄い納得・・・私は、モテたいと望んでいるだけで、

   相手の望みを受け入れる気はなかったかも・・・

透明「こういう柔軟性や器を、人間の格と言うんだ

   君の格はどこにあるかな




人が持つ格というもの・・・

次回、格について考えます




 

          続く・・・。

   

昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


   

君の○は?・4

2017年03月28日(火) 8時00分
君の○は



透明「それじゃぁ〜、乙坂さんは、男性とお付き合い
   
   したいということなんだね


乙坂「う〜ん・・・それともちょっと、違うような

透明「えっち、違うの

乙坂「う〜ん色々な人から声をかけて貰いたいというか、

   もちろん、その中で気に入った人がいれば、

   お付き合いもしたいし、好きになれば結婚も


   とは考えています


うわっなんだか、通常の恋愛相談より複雑かも・・・

要するに、ただ、モテたい

色々な男性から声をかけられてみたいということ

なのだろうけど、この子の場合は、恋愛という本能に

対する好奇心
の方が強い状態ということなのかも

しれないなぁ〜



透明「何となくわかったよ

   簡単に言えば、乙坂さんは、モテてみたいんだね

乙坂「はいそうです

透明「まあ、その感覚は分からなくもない

   自分で体験、経験できる事というのは、自分の努力で

   手に入れることができる
ものだけど、恋愛や結婚のような

   一人では体験、経験ができないことは、自分が努力した

   だけでは、得ることができない
ことかもしれないからね


でも、この子のこの考えでは、やっぱり難しいかも・・・



透明「少し聞いてもいいかな

乙坂「はい

透明「乙坂さんは、恋愛というものをどう考えてる

乙坂「えっう〜んと、それは恋愛観ということでしょうか

透明「そうだね

乙坂「恋愛と言うものは、相手を敬い、相手を理解し、尊敬し、

   相手に尽くすことそして、何よりも相手を大切に感じ

   側にいたいと想うこと
だと思います


うわ〜っ現代版・大和撫子的思想だ〜


透明「それは、大切なことだね

   でもそれは、乙坂さんだけがすること

乙坂「もちろん、お相手にも私を知り、理解し、大切に想って

   いただく必要はある
と思いますが、私の恋愛観としては、

   自分自身がそうあることが大切なのだと思っています

透明「なるほどね確かに、乙坂さんの恋愛観だから、

   相手に求めることでは無いよね

   それじゃぁ、モテるというのは、どういうことだと思う

乙坂「えっ

透明「ひとつ、間違えないで欲しいのは、恋愛的な思考とモテると

   いう現象は、全く違うもの
なんだよ

乙坂「そうなんですか

透明「さっき、乙坂さんは自分の恋愛観を教えてくれたけど、

   モテるというのは、あくまでも他者が相手に求めること

   つまり、乙坂さんが教えてくれた恋愛観とは真逆に位置する

   ものなんだと思うんだ

乙坂「真逆

透明「うん要するに、乙坂さんは、自分の恋愛スタイルを

   教えてくれたけど、相手に望むことはあまり考えて

   いなかったよね

   でも、もし乙坂さんが相手に望むものが強くあれば、

   それを持つ人に強く惹かれ、仲良くなりたいと想うでしょ


   この時、そのお相手は、乙坂さんからモテたということになる

乙坂「あっ

透明「つまり、モテるというものは、自分の恋愛観とは違い

   相手の望むものが君にあるかということが

   大切になってくるということ

   モテるというのは、求められる事ということを

   忘れてはいけない
んだ

乙坂「それじゃぁ、やっぱり・・・

透明「あっでも、勘違いしないでね

   別に乙坂さんに、相手が望むものが

   無いと言っているんじゃないんだ

   乙坂さんは、自分のスタンスをちゃんと持っている

   でも、そのスタンスは、相手には見えていないだけなんだよ

乙坂「えっどういうことですか

透明「つまり、乙坂さんは、ただモテたいと感情が先走っているだけで、

   自分の良さをアピールせずに私を見てと言っている

   ようなものなんだ

乙坂「えっ

   モテる為には、自分からアピールしなくちゃ駄目なんですか

透明「ありのままの自分を見初めてもらい、望んでもらう・・・。

   正直に言えば、それがベストなのだと想うけど、

   いざ、モテたいとなれば、それでは駄目だと想う



恋愛観と求められることの違い・・・。

もう少し、深く感じてもらわないといけないかもなぁ〜






           続く・・・。
   



昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


   





   

君の○は?・3

2017年03月26日(日) 8時00分
君の○は


透明「乙坂さんは、モテ期に入りたいってことかな

乙坂「は、入りたいです

   私の周りは、モテ期に突入して、次々と結婚して

   辞めていっているのに、私は
・・・。」


なるほど〜

周りが寿退社して行くことで、焦りがでてきた

ということなのかな


透明「でも、モテ期に入ったからといって、

   上手く行くかは、わからないよ

乙坂「えっそうなんですか

透明「だって、モテ期にお付き合いした人でも、

   最終的には別々になってしまう人も多いし、

   直接、結婚までいける人は、逆に少ないんじゃ

   ないかなぁ〜


乙坂「ど、どうしてですか

透明「多分、乙坂さんが言っているモテ期って、

   人間の成熟期のことだと思うんだ

乙坂「成熟期

透明「そう人は大人になると、色々な経験をして

   自分というモノを持つようになる


   これが、自分の自信になって心も身体も

   一定の成熟を見せると、運命が動き出すんだ


   これが、モテ期と言われる、恋愛や結婚の準備が

   できたという1つのライン
みたいなものなんだ

   このラインに至ると、人間は本能を刺激するような

   気を放つようになる

   それが、異性に伝達して、モテるようになるっていう

   ことに繋がるんだと思うよ

乙坂「それじゃぁ、私はまだ、そのラインに至っていないって

   ことでしょうか

透明「その可能性はあると思う

   この成熟期は、人生で何回もある人もいるけど、

   年を重ねても中々そのラインに至らない人もいる

   まあ、それがいけないということは無くて、

   常に成長を望んでいる人なんかもラインを
  
   自ら作らないから、この成熟期に入らない人も

   いるのだけどね


   逆に、60を過ぎてから、成熟期に入って、

   人生を謳歌している人すらいるから、焦らなくても

   いいんじゃないかな

乙坂「駄目です

透明「いっ

乙坂「男性ならいざ知らず、女性の私は・・・

透明「あっごめんそういうつもりじゃなかったんだ

   別に乙坂さんが、モテるのがもっと先という意味ではなくて、

   モテ期だから、恋愛・結婚に直接繋がるというものでは

   ないことだけ知っておいて欲しかったんだ

乙坂「はぁ〜・・・私はどうすれば・・・

透明「(あれっちょっと待てよ・・・

   この子、前の鑑定の時には、まだ結婚はしないとか言っていた

   ような気が・・・
。)

   ちょっと、ひとつ確認したいのだけど・・・。

   乙坂さんは、結婚したいの

乙坂「いいえ別に・・・。」

透明「えっもしかして、周りが寿退社しているから、

   焦っているということじゃないの

乙坂「別に、それは気にしていません

透明「ええ〜っ


どういうことだ


乙坂「私は、モテて見たいんです

透明「えっ

乙坂「・・・・今までの人生で、モテたこともないし、

   れ、恋愛の経験も・・・中学生の時からないし・・・。

   じ、自分で言うのも、変なのですが・・・私は、多分、

   肉食系に入るんだと思うんです

   だから、自分の置かれている状況が、嫌なんです



お〜い帰っておいで〜〜〜っ

自分で、言っていること、わかってるのかなぁ〜

ちょっと、イメージとのギャップが凄いのだけど・・・。


でも、そうか

このイメージと思いのギャップに悩まされているのかも

しれないなぁ〜




次回、乙坂さんの恋愛観に迫ります





            続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


君の○は?・2

2017年03月24日(金) 8時00分
君の○は



しばらくして・・・


透明「大丈夫

乙坂「はい・・・ごめんなさい・・・

   でも、泣いたらスッキリしました

透明「そ、それは良かった

   でも、本当にどうしちゃったの

乙坂「先生・・・笑いませんか

透明「えっ・・・・内容にもよるかな

乙坂「ええ〜〜〜っそこは、笑わないよって

   言うのがセオリーじゃないですか

透明「あははっ冗談冗談

   乙坂さんは、そのことで悩んでいるのでしょ

   人の悩みを笑うようなことはしないよ

乙坂「もう

透明「ごめんごめんでも、本当にどうしたの

乙坂「じ、実は・・・

   ちょっと、話しづらいのですが・・・

   私、生まれてこの方、全然・・・モテないんです。」

透明「えっご、ごめん

   最後の方、ちょっと聞こえなかった

乙坂「うっ・・・モテないんです

透明「あっ・・・何だか・・・ごめんね

乙坂「何で先生が謝るんですか〜

透明「ごめん、ごめん言い直しさせちゃって

   でも、意外だなぁ〜

   乙坂さん、優秀だし人に対しても気遣いできる方なのに

乙坂「先生・・・普通、皆、モテ期ってあるんですか

透明「へっ

乙坂「モテ期って、一度や二度あるって言うじゃないですか〜!

   でも、私・・・モテ期に遭遇したことがないんです


遭遇って・・・


透明「まあ、確かにモテ期ってあるっていうよね

   でも、必ずあるかどうかは、考えたことがなかったなぁ〜

乙坂「私はきっと、モテ期をどこかに落としてきてしまったんです


おいおいかなり病んでるぞ〜


でも、本人はいたって真面目に悩んでいる・・・。

しかし、モテ期か〜う〜ん





 

            続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

君の○は?

2017年03月22日(水) 8時00分
君の○は



透明「みなさ〜んおはようございま〜す

   良い朝ですねぇ〜

   今日も、頑張って行きましょ〜〜〜う




鑑定ファイル106


乙坂 千秋(おとさか ちあき)さん


30歳  OL



カランカラン


透明「こんにちは〜乙坂さん

乙坂「先生・・・こんにちは・・・


あれっ元気がないぞ・・・


乙坂さんは、結構有名な会社のOLさん

仕事もできるし、容姿端麗、頭も良い子だ

いつもは、元気一杯な子なのだが、

今日はいつもと全く逆・・・

一体どうしたのだろう


私は乙坂さんを鑑定室に招き、お茶を出す・・・


透明「さてと・・・今日はどうしたのかな

   なんだか、元気がないみたいだけど・・・。」

乙坂「先生・・・・私・・・・よくわからなくて


次の瞬間

机にへたり込み、涙する乙坂さん

何故か、ワタワタする私・・・



これは、只事じゃないぞ



乙坂さんに一体何が・・・。

鑑定ファイル106スタートです





          続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


最高の開運!プレゼント企画〜♪

2017年03月20日(月) 8時00分
最高の開運プレゼント企画〜



透明「みなさ〜んお待たせしました〜

   今回は、最高の開運

   出版&重版&多額の寄付ができた記念


   ということと、皆さんへの感謝の気持ちを込めて

   サイン本をプレゼントしたいと思いま〜す

   このプレゼント本に書かれているサインには、

   ちょっとした開運の効果を引き出す御守効果

   ありますので、是非楽しみにしていてくださいね

   今回、プレゼントする数は

        30冊〜っ

   応募が多いようであれば、もう少し増やすかも

   しれませんが、一応このくらいにさせてくださいね

   (サインに気を込めるのにちょこっと時間がかかるので)

   プレゼントの方法は、いつもの通り

   下記のプレゼントフォームから、必要事項を書いて送信いただき、

   後は、当選結果を待つだけで〜す


   もし、お時間が許せるようであれば、ブログへのリクエストや

   ご意見をいただけると、参考になりますので、

   「先生、好き好き〜」とか「先生、カッコイイ〜」とか

   書いちゃってもいいですよ〜

   (それ、リクエストでも何でもないし・・・)

   プレゼントの当選は、発送をもって返させていただきま〜す

   応募の締切は、4月5日(水)23:59まで

   沢山のご応募、お待ちしていま〜〜〜す



『最高の開運』プレゼント応募はこちらから




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします



   

御礼&ご報告〜♪

2017年03月19日(日) 8時00分
御礼ご報告〜


透明「皆さまキョウダイの方々

   お集まりいただき感謝いたします


 昴「お〜い、どうした〜 熱でもあるのか〜

透明「ご、ごほんえ〜この度、皆さまに・・・。」

 陣「透明がおかしいぞ〜

 怜「・・・いつものこと・・・

 円「こういう時の、透明が一番面倒くさいよね

瑠璃「そうなの・・・でも、キョウダイの方々って

   言っても、流奈美莉も来てないよね

透明「・・・・・。」

 円「仕事で忙しいから、透明の野暮用に付き合って

   られないってさ

 怜「くくくっ・・・振られてるし・・・。」

 陣「でも、それだと、俺たちここにいるキョウダイは、

   暇人みたいだね


 円「陣・・・ハウス

 怜「・・・陣のくせに・・・陣のくせに・・・

 陣「え〜〜〜っなんで〜〜〜

透明「・・・・ぬあ〜〜〜〜〜〜っ

瑠璃「あっ透明がキレた

透明「人が、珍しく丁寧に対応しようと想ったら、

   言いたいこといいやがって〜
 
   何様なんだ〜〜〜〜

 円「円様よ

透明「@?○△○〜

 怜「・・・くくくっ

 陣「まあまあ、透明も落ち着いて

透明「陣〜〜〜〜っ

瑠璃「どうどう

 昴「馬か

 円「っで今日は何なのよ

透明「ううっ・・・今日は、みんなさんとお前たちに

   御礼を言おうと想って
・・・

 昴「御礼

 円「おっ私の存在に感謝するようになったのね

   良い心がけだわ


ポカッ


 円「あうっ

 昴「自業自得・・・

 怜「調子に乗りすぎて・・・自滅・・・くくくっ

透明「はぁ〜・・・円がバカで、ちょっと落ち着いたよ

   ありがとう円くん

 円「むか〜〜〜っ

瑠璃「まあまあところで透明御礼ってナニ

透明「うん今回出させてもらった本の売上から、

   私の利益になるお金が振り込まれてきたから、

   早速、寄付をさせてもらったこと、皆さんに

   報告したくて

 昴「おおっそういえば、3月って言ってたもんな〜

 円「でっでっいかほどいただいたの

 怜「お金が絡むと、元気な円・・・

 円「だって〜気になるじゃない

透明「今回の寄付金は、70万6千827円

 陣「うを〜〜〜〜っスゲ〜

 円「え〜〜〜っそんなもの

透明「なんてことを言い出すんですか〜

 円「だって〜、重版したんでしょ〜

透明「それは仕方がないよ初めての出版だし、

   自費出版でもないから

   まあ、私がもっと有名で、もっと人気があれば

   違うのかもしれないけど、それでも、初めての

   出版に対してここまでもらえるのは、異例だと

   思うよ


 円「ひえ〜っ出版業界も大変なんだねぇ〜

   新人作家さんなんて、食べていくのも大変なのかも

   しれないね〜

 陣「でも、凄いじゃない

   70万ものお金って、普通、会社員の2・3ヶ月分の

   給料だよ

透明「そうだよねKADOKAWAさんはもちろん、本を買ってくれた

   皆さん
お前たちにも、本当に感謝している

 昴「でも、本当に良いのか

透明「何が

 昴「いやっ結構な大金だぞ

   本当に全額寄付しちゃったのか

透明「うんそうだよ

 怜「はぁ〜

透明「もちろん、私の寄付なんて、微々たるものかも

   しれないけど、積もり積もれば、沢山の人が

   救われるかもしれない


   このことが切っ掛けで、一人でも二人でも、

   笑顔になれる人が増えるのであれば、

   これ以上の価値はないんじゃないかな


   私は、沢山の人が笑顔でいられるように、

   お手伝いできれば、それで良いんだよ

 陣「・・・・透明・・・

 円「はぁ〜私には理解できないけど

   まあ、透明らしいんじゃないの〜

 昴「愚問だったな

瑠璃「透明エラい

 怜「・・・・無欲は怖いわ・・・

透明「とにかく、今回は、本を買ってくれた

   皆さんや、お前達に御礼を言わせてくれ


   みなさ〜ん、この度は、最高の開運をお求めいただき、

   本当に感謝しております


   この度、最初の振り込みが、KADOKAWAさんより

   ありましたので、お約束通り

   全額寄付金として振込させていただきました

   振込金額は、70万6千827円

   この寄付で、多くの人の生活が支えられると思います

   本当にご協力ありがとうございました

   これからも、本の収益は寄付させていただきますので、

   次回の振り込みの時にも、ご報告させていただこうと

   思います

   それと、今回はささやかですが、皆さんに感謝の気持ちを

   込めて、プレゼントをご用意しました

   正直、これは欲しい方がいらっしゃるか

   疑問ではあるのですが・・・

   昴の提案で、最高の開運に私の手書きのサインを書いた

   サイン本をプレゼントしたいと思います

   人生でサインを書くということがあるとは思いませんでしたが

   このサインは、多少の御守にもなるように書いていますので、

   是非、応募してみてくださいね

   プレゼント企画については、明日、詳細をのせますので、

   何卒宜しくお願いします〜

 陣「俺も透明の本持ってくるから、サイン書いて〜

透明「良いけど、皆さんの後な

 陣「おう

瑠璃「私も欲しい〜

 円「透明がサインねぇ〜

   なんだか、ピンと来ないなぁ〜

 怜「・・・・確かに・・・・

 昴「俺は、透明と皆様が少しでも繋がることができるのは、

   良いことだと想っているけどな

透明「それでは、皆さん

   明日の記事を楽しみに、是非、応募してくださいね〜




皆さんのご協力、本当に感謝しています

     本当にありがとうございました




 
 
             透明より




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします









見えないその手を掴むもの・番外編

2017年03月17日(金) 8時00分
見えないその手を掴むもの番外編



透明「みなさ〜ん鑑定ファイルを最後まで読んでいただき

   ありがとうございました〜


   今回の鑑定ファイルが、皆さんにとって、

   ひとつの学びになってくれたら嬉しいなぁ〜と

   想っています

   さてさて、今回は、番外編として、記事中にあった

   交霊術(こうれいじゅつ)の一種を少しだけ

   学んでいただきたいと思いま〜す

   (交霊術は、降霊術とは違い、

       お相手を降ろすのではなく、繋がる方法です
)

   この方法は、皆さんが想いを寄せる亡くなった方と、

   皆さんを一時的に繋げる方法です
   
   もちろん、安全の為、自分が望まない人と繋がる

   ことは無い
方法をお教えしますし、望んだ方が皆さんに悪い

   影響を及ぼさないようにも配慮もさせていただきますので、

   安心してくださいね

   それでは、早速、やり方と注意事項です



交霊術式守結(かみゆい)

この術式は、亡くなった方へ、想いを告げることができる術式です

皆さんが想いを伝えることができず、お別れをしてしまった方がいる場合

この方法で、その方と一時的ではありますが、繋がることができますので、

どうか、想いを告げて後悔を引きずらないようにしてください

但しこの方法は皆さんの安全を守るため、一方通行になっています

そのため、相手の方の言葉や想いを受け取ることはできませんが、

自分自身の想いは必ずお相手に通じますので、ご了承くださいね

それでは、やり方です

まず、下記にご用意した梵字法陣に左手をつけてください








次に、繋がりたい亡くなった方をイメージし、右手のひらを上にして

手を軽く伸ばしましょう


次の呪文を一度唱えます


オン・タタ・ギャタ・アビラ・ウン・ケン

     オン・バザラ・タラマ・キリク



ここまで出来たら、右手に集中してくださいね

この時、お相手が来てくれたら、皆さんの右手に手を置いてくれます

手を置いてくれた感覚は、人それぞれ感じ方が違いますが、

重みを感じたり右手の平が冷たくなったり暖かくなったりと

自分自身で感じることができる変化なので、その変化を感じたら、

自分の想いをお相手に言葉を声にだして告げてください

想いを告げることができたら、最後に御礼を伝え、お相手の手が乗っている

右手を包むようにして握っていただければ、終了です


皆さんの想いは必ず相手の方に伝わりますので是非お役立てくださいね

それでは最後に注意事項です



この方法で繋がることができるのは、亡くなった方のみです

面識の無い人を呼ぶことはできませんのでご了承くださいね

残念ながら、この方法ではペットちゃんと繋がることは出来ないので

 ご理解ください

この方法をおこなっても、降りてきてくれる兆しがない場合は、

 その方が、こちらに来られない理由がある場合があります

 何度おこなっても繋がらない場合は、時間が経ってから

 再度おこなうようにしてください

この方法で呼ぶことができるのは、一日に1人だけですので、

 他の方は、後日にしてくださいね

この画面に描かれている梵字は、コピーをして使うことは

 避けていただき、この画面を出しておこなうようにしてください


コピーすると多少の歪みがでたりしますので、何卒ご理解くださいね



透明「みなさ〜ん

   この方法は、無理におこなうものではありませんが、

   二度とこの世では会うことができない方に想いを告げることが

   できる方法です

   故人に想いを告げたい方や、後悔がある方は、是非おこなって

   みてください

   交霊術・守結が、皆さんの心を一歩進ませる力になりますように

   心から、応援しています

   どうか、この機会に想いを告げてくださいね



    


    


この記事を最初から読むには

  鑑定105(手をのばすモノ)『見えないその手を掴むもの』




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


見えないその手を掴むもの・19

2017年03月15日(水) 8時00分
見えないその手を掴むもの19



淳也くんを送った後、しばらく河崎さんは

放心状態で、空を眺めていた・・・


瑠璃「透明・・・

透明「瑠璃サンキュー

   あの時、助けてくれなかったら、ちょっと

   ヤバかったと思う

瑠璃「ううん・・・全部、透明に任せちゃって、ごめんね・・・

透明「まあ、お前も修業の大切さがわかったのだから、

   良かったんじゃないかな

瑠璃「う、うん・・・そうだね

河崎「あの・・・先生・・・

透明「河崎さん、大丈夫ですか

河崎「はい本当にありがとうございました

   淳也と離れたくないと、わがままを言ってしまって・・・。

   先生にご迷惑をかけてしまいました

   本当に申し訳ありませんでした

透明「そんなことは、良いんですよ

   私は、逆に河崎さんが決意してくれたことに、

   感謝しています


河崎「えっ

透明「普通で考えれば、視えない存在である淳也くんを

   感じた上で、また、離れなければならないというのは、

   正直・・・かなりしんどかったと思います・・・

河崎「・・・・

透明「それでも、河崎さんは、淳也くんのことを想って、

   送り出してあげた・・・普通はできないことです

河崎「いいえ・・・・先生が淳也の状況を教えてくれたのと、

   見ず知らずな私達に必死になってくれたからです

   先生じゃなかったら・・・私は、淳也といることを

   優先して、取り返しのつかないことをしてしまったかも

   しれません・・・本当に、本当にありがとうございました


河崎さんは、深々と頭をさげていた


透明「河崎さん・・・これからは、少し寂しい時もあると思います

   それでも、淳也くんが待っていてくれることを忘れず、

   どうか、より良い人生を進んでください

河崎「はい・・・もう二度と、淳也に心配をかけない生き方を

   してゆきます

   あの世で淳也にあった時に、胸を張って会いたいですし、

   淳也の知らないことを沢山経験して、話してあげたい

   思います

   瑠璃さん、先生お二人に出会えてよかったです

瑠璃「香澄ちゃん

   もし、寂しくなったら、いつでも連絡してね

   飛んでくるから

河崎「はい



この後、河崎さんの厄を祓い、これからの事、家の風水のことなど、

色々とアドバイスをし、河崎家を後にする・・・

帰りがけ、瑠璃の家に寄らされる私・・・



透明「瑠璃着いたぞ

瑠璃「ありがと〜う助かっちゃった

   お茶でも飲んでく

透明「いや今日はいいやまた今度

瑠璃「そうそれじゃあ、透明今日は本当にありがとう

   修業の方も、よろしくね

透明「おう覚悟しておけよ

   響にもよろしくな〜


瑠璃とも分かれ、やっとこさ帰宅・・・


透明「さ〜てと始めようか〜

霊達「わ〜んわ〜んお〜いおい

透明「・・・・あの〜・・・そろそろ泣き止んで

   くれないかな〜

   淳也くんを送るところから、ずっと泣いてて

   凄くうるさいんですが
・・・

オジ「だってよ〜〜〜〜っ

昭女「私達・・・。」

若者「そんな事情があったなんて、知らなかったんだ〜

老人「わしらは、なんてことを〜〜〜っ


はぁ〜・・・・頼むから泣き止んでくれ〜


透明「アンタたちも被害者なんだし、知らなかったのだから、

   仕方がないでしょ

   それに、万事上手くいったのだから、もういいんだって

霊達「わ〜〜〜〜んわ〜〜〜〜ん


はぁ〜・・・長い夜になりそうだ・・・



人の想いは千差万別・・・それでも、大切な人への愛情は

失われることは無い


見えない手を掴めるように、これからも頑張ろうと心に誓う

透明なのでした〜


霊体「お〜〜〜いお〜〜いおい

透明「勘弁してくれ〜〜〜〜っ






        
            




次回は、少しだけ、お役立ち情報で〜す





昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします



見えないその手を掴むもの・18

2017年03月13日(月) 8時00分
見えないその手を掴むもの18



私は、淳也くんの相手をしてくれている

瑠璃の元へ・・・。


透明「る、瑠璃


目の前には、ヘロヘロになって倒れている瑠璃が・・・


透明「お、おい

瑠璃「と〜う〜め〜〜〜〜い〜〜〜〜

   おわった〜〜〜〜〜


透明「あ、ああお陰様でって、お前、顔真っ青だぞ

瑠璃「うう〜っ・・・やっぱり、私・・・。

   ちゃんと修業しなおさなくちゃ〜駄目みたい〜っ

透明「やれやれ


でも、瑠璃の機転で助かったよ


透明「ここからは、私がやるよ

瑠璃「おねが〜い

透明「さてと淳也くんお待たせ

淳也「あっSLのお兄ちゃん


この子は、よくできた子だ〜

お兄ちゃんと呼ばれ、テンションが上がる時点で

おじさんなのだが・・・


透明「淳也くん少しお話しようか

淳也「なになに

透明「淳也くんは、お母さんと離れるのは嫌だよね〜

淳也「うん

透明「でも、もし、お母さんと一緒に、遊んだりご飯食べたり、

   ギュ〜ってしてもらえるとしたら、どうかな

淳也「


もう少し、分かりやすく・・・。


透明「う〜んと、淳也くんが、違う場所でお母さんを待って

   いてくれたら、前みたいに、お母さんと一緒に

   いられるのだけど

淳也「まえみたいって、か〜たん、じゅんのことみえる

透明「うん見えるよ

淳也「か〜たんにギュ〜ってしてもらえる

透明「してもらえるよ

淳也「やった〜〜〜っ

透明「でも、それには、少しの間、こことは違う所

   お母さんを待っていなければいけないんだ

淳也「・・・じゅん・・・ここでまってる・・・。」

透明「こ、ここだと、無理なんだ

淳也「ここ・・・ここでまってる・・・。」

透明「う〜む・・・


なんて言えば・・・。


河崎「淳也

透明「

淳也「か〜たん〜

河崎「淳也・・・・・

   お母さん・・・淳也と一緒にいたいけど・・・。

   お仕事に行かなくちゃいけないの・・・だから、

   淳也が安全なところで、お母さんを待っていて欲しいんだ

   淳也は、もうお兄ちゃんだから・・・お留守番・・・

   できるよね



必死の笑顔で淳也くんに話しかける河崎さん・・・。


淳也「・・・じゅんできるよお兄ちゃんだもん

透明「河崎さん・・・ありがとう・・・

   淳也くん、お留守番できるそうです

河崎「淳也・・・ぐすっ・・・偉いね

淳也「えへへへへっ

透明「淳也くん、河崎さんに褒められて、喜んでいますよ

河崎「先生・・・お願いします・・・

透明「わかりましたでも、その前に

河崎「

透明「淳也くんお母さんがちゃんとお約束が守れるように、

   指切りげんまんしようか

淳也「うん

河崎「せ、先生

透明「河崎さん右手を出してください

河崎「えっ


私は、河崎さんの背中に手を当て、右手を伸ばさせながら

呪文を唱える・・・。

この方法は、自分で呪文を唱えればできる方法でもあるが、

今は、河崎さんの代わりに私が行う・・・。

(この方法は、記事の最後に少し紹介しますね)


透明「さっ淳也くんお母さんの手に、お手てを乗せてごらん

淳也「うん


淳也くんの手が、河崎さん手に乗る・・・。


河崎「えっあっ・・・ああっ


河崎さんの目から、涙が溢れ出す・・・。


河崎「ああっ・・・温かい・・・淳也の手・・・・うううっ

   ・・・淳也・・・お母さん・・・淳也の手を感じるよ・・・

淳也「じゅんも〜か〜たんあったか〜い

透明「それじゃぁ、指切りげんまんだね

淳也「うんゆ〜びきりげんまん

河崎「嘘ったらはりせんぼんの〜ます

淳也「ゆびきったやった〜

河崎「先生・・・

透明「河崎さん、淳也くんの温もりを忘れないでください

   霊となった淳也くんは、忘れられることこそ、

   本当の苦しみです

   どうか、この気持を忘れずに、人生を進んでください

   そして、いつか、淳也くんと会えることを・・・。」

河崎「はい忘れません

   必ず、淳也を迎えに行きます

透明「それじゃぁ、淳也くん

   私が、ちゃんとお母さんとの待ち合わせ場所に送って

   あげるからね

淳也「うんおかあさんまってるね〜

透明「・・・淳也くん・・・今、お母さんと、ちゃんと

   言えたみたいです

河崎「淳也〜・・・・あああっ・・・


私は、淳也くんを霊界に送るべく手はずを整え、

淳也くんを霊界へ送り出す・・・

守護霊様に手を引いてもらい、手を振る淳也くん

私の徳も分けてあげられたので、もう大丈夫だろう・・・。





         続く・・・。






昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします














見えないその手を掴むもの・17

2017年03月11日(土) 8時00分
見えないその手を掴むもの17



透明「もう一つ、河崎さんに協力していただきたいのは

   ・・・淳也くんをあの世に戻してあげる

   お手伝いをして欲しいのです


河崎「

透明「河崎さんは先程、淳也くんがこの家にいるのなら

   何もしないで欲しいと言っていましたよね

   それは、このまま淳也くんとこの家で過ごしたいと

   いうことだと思います・・・しかし・・・。」

河崎「先生・・・どうしても、駄目ですか

透明「・・・・。」

河崎「やっと・・・やっと、淳也を感じられるように

   なったのに・・・どうしても、駄目ですか

透明「お気持ちは、重々承知しています

   しかし、このままだと、淳也くんは・・・。」

河崎「先生こ、このままで、淳也を助けることはできないのですか

   私は・・・もう・・・淳也と離れたくない・・・


やはり、難しいか

河崎さんも、わかってはいるのだろうけど

淳也くんの存在が色濃くなればなるほど

また離れてしまう感覚は耐えられないのだろう・・・。

しかし、ここはなんとかしなければいけない

私は、河崎さんを説得できるように言葉を紡いてゆく



透明「河崎さん・・・淳也くんの魂は、もう限界です

   もし、このままここに残していってしまえば、

   何かの切っ掛けで、魂が消滅する可能性があります

   もし、魂が消滅してしまえば、淳也くんは、あの世に

   戻ることも、転生することも叶わなくなる

   そうなれば、河崎さんがあの世に帰った時にも、

   その場に淳也くんはいない

   魂の傷を治すには、霊界というあの世に帰るしか

   方法がないのです

   どうか、わかってください・・・

河崎「・・・・


河崎さんの苦悩が感じられる・・・。

頭ではわかっていても、感情がついて行かない

ここは、河崎さんの覚悟が必要になる


しばらく、時間がゆっくりと流れる・・・。

苦痛で顔を歪めている河崎さんを直視しづらい・・・


河崎「・・・・先生・・・淳也とは・・・

   ・・・・あの世で会えるんですか

透明「ええもちろん

河崎「わかりましたでも、一つだけお願いがあります

透明「それは駄目です

河崎「

透明「河崎さんは、淳也くんを帰した後、自分も

   考えているのだと思いますが、それだけは、

   駄目です

河崎「何故ですか 私には、何も残されていない

   もう、これ以上・・・生きていたく・・・ない・・・


やはり、そう答えを出してしまうか・・・・。

私が一番恐れたこと・・・それは、自分も淳也くんの元へと

河崎さんが望んでしまうことだった



透明「河崎さん・・・淳也くんが、どんな想いで河崎さんを

   守っていたと思いますか

河崎「

透明「淳也くんは、再び河崎さんに抱きしめられることを

   望んでいる
・・・もう一度、河崎さんと一緒にいたい

   と想って無茶をしてきたのです

   淳也くんの希望は、この世では叶わないかも

   しれませんが、あの世でなら、叶えられるんです

   河崎さんが、自らの意志であの世に帰ろうとすれば、

   河崎さんは、二度と淳也くんと同じ場所には行けなくなる

   淳也くんと、会えなくなってしまうんです

   河崎さん・・・どうか、淳也くんの願いを奪わないで

   あげてください
・・・小さな子どもには、本当に当たり前の

   小さな願いかもしれないけど・・・淳也くんにとっては、

   両手一杯の切なる願いなんです・・・どうか、お願いします

河崎「うううっ・・・・・・


河崎さんの気持ちが痛いほど伝わってくる・・・。


河崎「・・・先生・・・ごめんなさい・・・淳也のこと・・・

   お願いします・・・どうか・・・送ってあげてください・・・

透明「わかりました必ず



河崎さん・・・ありがとう・・・

次は、淳也くんを説得しなければ





              続く・・・。



昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします












見えないその手を掴むもの・16

2017年03月09日(木) 8時00分
見えないその手を掴むもの16



透明「河崎さんに協力して貰いたいのは、

   2つです

   一つは、淳也くんの魂を守るために、

   冷静になっていただくことです


河崎「そ、それは、どういう

透明「これも、冷静に聞いて欲しいことなのですが、

   今の淳也くんの魂は、かなり危険な状態で、

   強い衝撃を与えてしまうと、魂自体が、

   崩壊してしまうかもしれません


河崎「た、魂が崩壊

透明「魂は、非常に強いエネルギーの塊です!
 
   普段は、肉体という防御壁に守られ、傷つくことは

   無いものなのですが、淳也くんの魂が肉体から離れた

   今の状態では、かなり無防備な状態になっているのです

   その上・・・・。」

河崎「その上・・・な、何でも言ってください

   ちゃんと、聞きますから

透明「・・・・淳也くんは、お母さんを色々な脅威から

   身を挺して守っていたようで・・・魂に大きな傷と

   小さな傷がかなり・・・

河崎「・・・そう・・だったのですか・・・

   その傷は、何が原因だったのでしょうか

透明「うっ・・・・

河崎「先生

透明「わかりましたあまり、回りくどい言い方はやめて、

   単刀直入にお話します

   まず、河崎さんは、厄年です

   この厄というものは、非常に厄介で、簡単に言うと

   厄のせいで、河崎さん自身も運が使えず無防備な状態

   なっています

   その為、淳也くんは厄から来る厄災を一身に受け止めて

   河崎さんを守ってくれていたのだと思います・・・

   その上この家は、家の家相外の風水条件も悪く、

   色々な脅威にさらされています

   先程、それらの脅威に対しては、処理しましたが、

   今までは、それらの要因からくる災いからも淳也くんが

   守ってくれていたようです・・・

河崎「そ、そんな・・・。」

透明「そして・・・河崎さんは、良かれと想って

   おこなっていたのだと思うのですが・・・

   〇〇会からいただいた御札は、霊を引き寄せ、この家に

   閉じ込めてしまう効力がある封印の札
だったのです

   その方が、どういう手法で家を守ろうと考えたのかは

   わかりませんが、もしかすると、霊を閉じ込めてから、

   祓いの義で一網打尽
にするつもりだったのかも

   しれません

河崎「あっそ、そういえば・・・札をはってから、

   何度かお祓いに来られました・・・

透明「やはり・・・ですが、霊は引き寄せられ続け、

   家から出られない状態でしたので、閉じ込めた

   河崎さんに対して、札を剥がさせようと警告

   出し続けたのだと思います・・・もちろん、

   霊障を起こそうと思ったモノもいるのですが、

   これも淳也くんが身を挺する形で守ってくれて

   いたようです・・・。」

河崎「私は・・・何も知らずに・・・

透明「もちろんですよ河崎さんは悪くないですから、

   ご自分を責めたりしないでください

   淳也くんもそのことは分かっていると思います

河崎「淳也・・・・

透明「そして、先程お話ししていた祓いの義ですが・・・。

   痕跡を視る限り、かなり手荒いものだったように感じます

   この方法では、呼び込まれた霊だけでなく、この家でお母さんを

   守っていた淳也くんにも強い影響が出てしまいます・・・。

   これらの要因が、淳也くんの魂を傷つけ、危うい状態にして

   しまったのだと・・・。」

河崎「全部・・・私が・・・

透明「それは違います

河崎「

透明「河崎さん人は、弱い生き物です・・・

   息子さんを亡くし、旦那様と離れ、一人では広すぎる家に

   残された河崎さんのことを考えると、心が痛みます


   誰かに寄り添い、自分を支えることも、大切です

   河崎さんは、悲しみを乗り越える為に、必死で頑張って

   きただけです


   結果はどうであれ、河崎さんは、前に進むために頑張って

   来たのですから、自分を責めたりはしないでください

   淳也くんもそれが分かっているからこそ、自分が

   お母さんを守るんだ
と頑張ってくれたのですから

河崎「ううっ・・・淳也・・・

透明「ですから、今度は河崎さんが淳也くんを守ってあげましょう

   そのためには、これ以上、淳也くんの魂に負担をかけてはいけません

   特に、お母さんである河崎さんと淳也くんの心はつながっている

   もし、河崎さんが取り乱せば、淳也くんも取り乱して、

   魂に負担がかかってしまいます

   ですから、なるべく冷静にお願いします

河崎「・・・わかりました・・・今度は私が、淳也を助ける番です

   そういえば、もうひとつは


次のお願いが一番難しい・・・。

私は言葉を選びながら話始める




  



            続く・・・。

 


昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
















見えないその手を掴むもの・15

2017年03月07日(火) 8時00分
見えないその手を掴むもの15


透明「河崎さん、淳也くんに分かるように、

   ゆっくり話かけてあげてください


河崎「は、はい・・・ぐすっ・・・淳也・・・。

   そこに・・・ぐすっ・・・いるの・・・

淳也「じゅん、ここだよ〜ここだよ〜

透明「ここにいるよとちゃんと返事をしていますよ

河崎「淳也・・・お母さん・・・淳也の声が聞こえなくて

   ごめんね
・・・ぐすっ・・・淳也はずっと、お母さんの

   側に・・・ぐすっ・・・いて・・・くれた・・の

淳也「ここにいるよ〜ずっと、いるよ〜

透明「淳也くんは、ずっと側にいてくれたいたみたいです

河崎「淳也・・・ごめんね・・・お母さん、淳也が・・・
  
   見え・・・なくて・・・ごめんね・・・うううっ・・・



河崎さんは、声を震わせながら、淳也くんに想いを伝える


淳也「おかーたん・・・泣かないで〜・・・おかーたん

透明「河崎さん・・・淳也くんが、泣かないで・・・・・・。」


まずい・・・私まで、涙が・・・

とにかく、淳也くんの負担を最優先しなければ・・・。


透明「淳也くんお母さんに言いたいこと、何かある

淳也「うんおかーたんと一緒に、公園行きたい

   おかーたんと一緒に、ご飯たべた〜い

   うんと、うんと・・・おかーたんに・・・

   ギュッとして欲しい〜


グッ・・・ちゃんと伝えなくちゃ・・・

私は、深呼吸し河崎さんに淳也くんの想いを伝える・・・。


河崎「淳也〜お母さんも淳也と一緒にいたい・・・。

   淳也を抱きしめてあげたいよ〜うううっ・・・


河崎さんの叫び声がこだまする・・・。


淳也「おかーたん・・・泣かないで〜え〜ん


し、しまったこれ以上は、まずい

淳也くんの魂が悲鳴を上げている


瑠璃「淳也くん

透明「瑠璃

淳也「

瑠璃「淳也くん・・・おばちゃんのこと、覚えてる

淳也「うん響ちゃんのおかーたん

瑠璃「そうだよ〜今度は、おばちゃんと遊ぼうか

淳也「うん


瑠璃は、私に目配せをし、淳也くんと遊び始める・・・。

正直、助かった

私としたことが、情けない


瑠璃がフォローしてくれたお陰で、何とか立て直せる

私はすかさず、河崎さんに話しかける・・・。


透明「河崎さんお気持ちはわかりますが、ここは一度

   落ち着きましょう


河崎「ううっ・・・ご、ごめんなさい・・・

透明「大丈夫淳也くん、瑠璃と元気に遊んでいますから

河崎「すみません・・・

透明「河崎さん・・・お伝えしにくいのですが、今の淳也くんの

   状況をお話したいので、聞いてください


河崎「・・・淳也は・・・何か危険な状態なのですか


私の言葉を聞き、一瞬で冷静になる河崎さん

さすが、お母さん子供の危険に敏感だ


透明「正直に言うと・・・。」

河崎「先生淳也を助けてください

透明「もちろんですただ、これは河崎さんにも手伝って

   もらわないといけません

河崎「どんなことでもします私はどうすれば



今の淳也くんにとって、最良の選択をしなければ・・・。





           続く・・・。






昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


見えないその手を掴むもの・14

2017年03月05日(日) 8時00分
見えないその手を掴むもの14


瑠璃「・・・

瑠璃にも、わかったようだ・・・何が起こったのか

淳也くんが直ぐに出てこなかった理由が・・・。


私達の目の前に出てきてくれたその子は、

片目が無く、左手の指も無くなっていた
・・・。

その上、魂自体にかなり大きな傷と小さな無数の傷

刻まれている・・・。


透明「淳也くん私とSLごっこして遊ぼうか

淳也「うん


なんて嬉しそうなのだろう・・・。

私は涙を堪えることに必死だった

この子は、ずっとお母さんを守っていたのだ

霊達の干渉から・・・色々な術式から・・・

厄の影響から・・・。

小さい身体で、弱い魂で・・・必死に・・・。

お母さんが危なくないように・・・


通常、霊体は肉体を持っていた時の傷や怪我、病気を

引きずることは無く、魂が抜けた時点で健康な姿に

戻る
ことができる・・・しかし、霊体の状態で受けた

衝撃などで負った傷は、霊界に帰らなければ治ることはない

もちろん、痛みは無いのだが・・・それでも、苦しくない

はずは無いのだ
・・・。


透明「淳也くんデゴイチとシロクニの汽笛の違いって

   知ってる


淳也「しらない〜

透明「教えてあげようか

淳也「うん


私は、淳也くんが失ってしまっている、人への信頼

取り戻すために、淳也くんと全力で遊ぶことにした・・・。



30分後・・・



透明「はぁ〜楽しかった

淳也「たのしかった〜〜

透明「それじゃぁ〜、淳也くん

   そろそろ、お母さんとお話しをしようか

淳也「おか〜たん・・・じゅんのことわかんないの・・・

透明「うんそうだね

   でも、淳也くんの言いたいこと、

   私が伝えてあげるから、大丈夫だよ

淳也「ほんと〜

透明「うん本当だよ


私は、淳也くんの側に、河崎さんを呼ぶ・・・。


河崎「じゅ、淳也

   そこにいるの淳也淳也

淳也「おか〜たんここだよ〜


淳也くんは、一生懸命、お母さんに手を伸ばしている

きっと、今までも何十回も何百回も伸ばしてきたのだろう・・・


透明「河崎さん淳也くんは、河崎さんの目の前に

   座っていますよ

   おかーたんおかーたんと呼びかけてます

   きっと、河崎さんのこと、そう呼んで

   いたのでしょうね

河崎「はいずっと、さんて言えなくて・・・。

   いつの間にか、おかーたんになっていて・・・。

   淳也〜淳也〜〜っ

透明「河崎さん落ち着いて

   深呼吸しましょう慌てないで

   ゆっくり、淳也くんに話しかけてあげてください


一度、興奮状態の河崎さんを落ち着かせる・・・。

お母さんの感情は、淳也くんに伝染する

そうなれば、傷ついた淳也くんの魂は、

保たない
可能性があったからだ・・・。



次回、淳也くんの想いが伝わってきます





           続く・・・。





昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします














見えないその手を掴むもの・13

2017年03月03日(金) 8時00分
見えないその手を掴むもの13



河崎「あっ瑠璃さん、先生

透明「お待たせしました

   とりあえず、家にいた霊達は、

   私の方で何とかできましたので、
   
   安心してください


瑠璃「・・・・・

河崎「あ、あの・・・。」

透明「淳也くんは、その中にはいませんでした

河崎「そ・・・そうですか・・・。」

透明「でも、あくまでも、今、対処させてもらった

   中にはいなかっただけです


河崎「えっ

透明「淳也くんは、ここにいるみたいですよ

河崎「ほ、本当ですか

透明「はいただ、まだ慣れてくれていない

   みたいですけど・・・。」

河崎「

透明「河崎さんひとつお願いがあるのですが

河崎「はい何でしょう

透明「淳也くんは着ていた服や、淳也くんのお気に入りの

   おもちゃ
とかって、無いですか

河崎「あ、あります

透明「おかりしても良いですか

河崎「は、はい今、もってきます


河崎さんは、慌てて押入れの方へ・・・。


瑠璃「淳也くん・・・警戒しているの

透明「多分ね

瑠璃「どうしてだろう

透明「それはそうでしょ家に家族と違う霊がいたり

   宗教関係の人も来たりして、人間不信になって

   いてもおかしくないよ

瑠璃「それって、どういう意味

透明「・・・・きっと、淳也くんを視ればわかるよ・・・。」

瑠璃「

河崎「お待たせしましたこれなんてどうでしょう

透明「機関車のおもちゃですか

河崎「はい淳也は、SLが大好きで、いつも持って

   歩いていました・・・

透明「へぇ〜D51デゴイチですね

   ちょっと、お借りしますね


私は、機関車のおもちゃに向かって話しかける・・・。


透明「淳也くんはじめまして透明と言います

   私は、君やお母さんを助けるために来たんだ・・・。

   お顔、視せてくれないかな


人の想いが残ったものは、必ずその魂とつながっている

私は機関車のおもちゃを通して淳也くんの霊に問いかける



透明「D51か〜カッコイイね〜

   私も小さい頃はSL大好きだったよ

   でも、私はデゴイチ以外にもC62シロクニとか

   86ハチロクとかも好きだったなぁ〜

淳也「ハチロク・・・人吉号〜



おっ来てくれた

キッチンの方からスーッと現れたその子は、

私の目の前にちょこんと座る・・・。



透明「淳也くん、人吉号好き

淳也「うんシロクニも好き〜

河崎「 じゅ、淳也



こちらに駆け寄ろうとした河崎さんを、瑠璃が止める


河崎「瑠璃さん何で

瑠璃「ここは、透明に任せて

   まだ、淳也くん、私たちに慣れてないから

河崎「な、慣れてない

   先生は初めてだけど、瑠璃さんのことは

瑠璃「・・・・・



河崎さんは、瑠璃の目から涙が溢れるのを見て、

言葉を飲み込む・・・。


瑠璃には視えているはずだ・・・。




次回、瑠璃の涙のワケとは・・・。




    
           続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


見えないその手を掴むもの・12

2017年03月01日(水) 8時00分
見えないその手を掴むもの12


透明「・・・・・

オジ「うっ・・・。」

昭女「な、何よ〜

若男「こ、こえ〜っ・・・。」

老人「ゴクリ


私が霊達に近づくに連れ、霊達が緊張して

行くことが視てとれる・・・霊に緊張される私って


透明「そ、そんなに、身構えないでよ

   何も、取って喰おうって訳じゃないから

老人「し、しかし、お前さん・・・。

   儂らからすれば、得体が知れん・・・
。」



霊に言われる言葉とは思えんが・・・



透明「失礼だなぁ〜・・・まあ、良いけど

   とにかく、話はまだ終わってない

   あなた達に、提案があるのだけど

オジ「提案

昭女「だ、騙されないわよ


騙すって・・・霊を騙して何のトクが・・・


透明「はぁ〜

   皆さんには悪い話じゃないと思うよ

若男「

老人「・・・聞かせてもらおう・・・。」

透明「今のところ、誰も気づいてないみたいだけど、

   君たちを縛り付けていた御札は、この子が

   破いたから、もうこの家から出ることは

   できるんだよね〜


オジ「えっ

若男「ほ、本当に

透明「うんただ、ここで会ったのも何かの縁だから、

   ひとつ提案したいのだけど皆さんそろそろ

   あの世に戻ったほうが良いんじゃない

   もし、戻る気があるなら、私が手伝うけど

若男「ま、まじですか

透明「うん本気と書いてマジ

オジ「う、嘘じゃないだろうな

透明「ここで嘘ついても、私にとくはないでしょ

   でも、まあ、そちらの二人は、直ぐに返事できない

   かもしれないけど

昭女「うっ・・・・。」

老人「う〜む・・・。」



この二人だけは別格・・・結構長い間浮遊していたみたい

だから、戻っても・・・。


透明「二人は、分かっていると思うけど、今帰っても

   罰せられることは否めない

   でも、これ以上浮遊し続けると、もっと立場が

   悪くなるよ


老人「わ、分かっておる・・・じゃが・・・

透明「そこで、もうひとつの提案

   今回、私が送るのにあたり、私の徳を少し分けてあげる

   その上で、私が面識のある仏様にも口添えをして

   あげるから、少しは情状酌量を貰えると思う

   正直に言って、ここまでの待遇はチャンスだよ

   さて、どうする

昭女「ほ、本当に・・・で、でも、見ず知らずの私達に

   どうしてそこまで・・・信じられないのだけど・・・
。」

老人「・・・・・。」

透明「あなた達が、この世にしがみついている理由

   分かるからだよ

昭女「

老人「

オジ「

若男「

透明「みんな、辛い思いをしたんだよね・・・

   思い残すことも多いだろうけど、今の皆さんでは

   この世へ干渉することは、殆どできない
・・・。

   もどかしいと思うけど、それが死を迎え、役目を

   終わらせたということなんだと思う・・・

   それに、ここにいる皆さんは、それほど人に

   悪い影響を与えていないみたいだから、

   私の力も貸しやすいんだ

   もし、霊体のままで人に悪さをし、魂まで

   穢れていたら、そこまで綺麗な色の魂はして

   いないからね

オジ「ううっ・・・。」

昭女「ぐすっ・・・。」

若男「あんた・・・良い奴じゃん・・・

老人「ううううっ・・・。」



さてと、答えは決まったみたいだね

後は・・・。



透明「それじゃ〜、皆、送るということで良いかな

老人「お願いする・・・。」

若男「うん

オジ「悪いな、に〜ちゃん・・・。」

昭女「お願い致します

透明「よし

瑠璃「ちょ、ちょっと、透明

   本当に良いの四人もいっぺんに、それも、

   自分の徳を分けるって・・・

透明「あっそうだね

   ここでは、いっぺんは無理か

   時間がないや

瑠璃「えっいや、そうじゃ・・・

透明「皆さんごめんねちょっとだけ付き合って

   くれないかな

霊達「

透明「河崎さんの問題を解決してから送るから、

   少し、時間頂戴

   その代わり、ちょっと狭けど、私に取り憑いて

   おいていいよ


   その方が、安心でしょ

瑠璃「

老人「えっ

若男「う、うそ

オジ「な、何言って・・・

昭女「そんな

瑠璃「そんなことしたら、透明の身体がおかしく

   なっちゃうよ〜

霊達「うんうん


おいおい何で霊達に気を使われているんだ・・・


透明「大丈夫だよ慣れてるから

瑠璃「慣れてるって

透明「どうしても、時間がない時は、一度取り憑いて

   もらって、後から時間のある時にあの世に

   送るようにしてるから、大丈夫

   それに、私の精神力は霊に侵食されるほど

   弱くはないから

瑠璃「そ、そんなこと、言っているんじゃ

透明「あ〜っも〜うとにかく、入っちゃって

   河崎さん待たせてるんだから

霊達「


一般の浮遊霊といえど、あの世に帰すとなると、

一人30分はかかる

そう考えると、時間がない・・・。

霊達は、かなり気を使ってくれているようで、

ゆっくりと私の中に入ってゆく・・・

(よい子のみんなは、真似しちゃ駄目だぞ)


透明「ふぅ〜っ

瑠璃「透明、大丈夫なの

透明「大丈夫少し身体が重く感じるけど、

   これくらいなら、問題ないよ

   さてと、河崎さんに話をしないとね



私達は、河崎さんが待っているリビングへ・・・。




 
           続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2017年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月 別☆アーカイブ